一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【ホーチミン】Le Thanh Ton の路面店で97kの寿司ランチ?!それ美味しいの?🤔 ~ 寿司 敏

日本料理

人間、聞きたいものしか聞こえず、見ようとしないと目に入らないと言われますが、自分の場合はそれが激しく、マヂで全く気づかなかった…。レタントンにリーズナブル日本食屋さんができてると聞いたので!

レタントンのモロ路面店

ツイッターを見てたらこんなツイートが。

Tweet / Twitter

これを見たときはレタントンのお店とはわからなかったのですが、97kという金額と、寿司の様子にまず目がいった。

綺麗に握られとるやないか。
これにどうも、お味噌汁とかもついてるんでしょ?それで97k。日本でいうところのワンコインランチ的な金額でこのシュッとした綺麗なお寿司を握ってるということだけで、注目に値する。

で、その後リプ欄のやりとりを拝見してたら、れ、レタントンにあるんですって?!え、知らない。全く記憶にないんですけど(・∀・;

ヘムの中かな。だから目に入ってなかったのかな?と思ったのですが、ガッツリ表の通りでしたわ…。

レタントン。ほんと誠実なお店には濡れ衣でしかないのですが、個人的経験値から残念な思いをしたことが多くて、数件以外は、もうエリアごと忌避してたもんで、多分目の前通っても一切目に入ってなかったんだと思う。。。

最近は、Umenomotoさんとか、鳥料理でいうと鳥みつさんとか、同じ表通りならIL CORDAさんとか、TuさんがやってるKOMEとか岐阜屋さんとか、お買い物でいうなら木村屋さんとか

あれ?結構好きなお店、あるな?🤔

でも負のイメージってものすごくしつこくて強大なんですよね。お店がなくなったところも多いけど、今もなお、あのエリアでガッカリしたときの感情がエリアのイメージとして染み付いてる…。

でもアップデートしないとな。
好きなお店もいっぱいあるじゃん。そして今回みたいに、こんなに良さげなお店なのにスルーどころか目にも入ってなくて…ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい(-人-)

ということで、早速!

入り口にメニュー色々でわかりやすい!

Google Map に10時からとあったのでブランチがわりに、と行ったけど、やっぱり11:30からでした(笑)

他にも代表的なメニューが抱えられてて、どんな価格帯のお店かわかりやすくてありががたいね。

ちょっと他で時間潰して、ランチタイムを待とうと思ってたら店員さんがお掃除に外に出ていらして、ちょっと早かったからあとでまた来るねー、と言ったらすかさず「今日はうなぎもあるんですよ!」と爽やかに営業。

日本語がお上手で、営業熱心。
素晴らしい。

ボックスシートで心地よく

店内はこんな感じ。

ボックスシートがメインでかなり広々スペースを取ってます。
これ、私みたいなひとり客の場合は、相席をしない限り非常にロスが大きいのですが、贅沢ですよね。

そして小さなお子様が一緒でも座りやすそうだし、半個室、とまではいかないものの、グループごとの囲われ感が心地好さそう。

まだできて2ヶ月くらいですって。
ってか2ヶ月もの間、気づかなくてごめんなさい…orz

いかんわー、いかに個人的な経験に良くないものがあったからといって、目に入らぬほどの不要な忌避感を持つのは勿体無いし、誠心誠意やってらっしゃるお店に失礼だわ。。。

メニュー

さてメニュー。
表にも掲げられてたものは、こんな感じ。セットランチが、お寿司だけでなく、いろんなものをメインにしてお得。

がっつりいきたい方にはフライものの定食も。
それも100k以下のものがあるな。。。すごい。。。

個人的には素麺を出してくれてるのがツボ。
まあどう調理テルかにもよるんだけど、これは食べに行って見たい。美味しい素麺、お外で食べられるところ少ない気がする。

日本食屋さん、そこまで通いつめてないので私が知らんだけかもだけど。

店内メニューでもメニューブックとは別に1枚紙で取りあげられてて興味深い。グランドメニューとは別に、目を引くものをと色々工夫されておられるんだろうなあ。

そのおすすめもよsやっぱりお寿司がメインのようで、セットものもあるのだけど、諸々の中から3種類選べるというシステムはいいね。1メニュー2貫セットだと、一人の時に色々頼めなくなるんだ。握る側にしたら面倒かもだけど。

そしてコマーシャルされてたうなぎ。
質がどういうものかってのは気になるけれどもお手軽はお手軽。でも某大陸のゴムみたいなのはガッカリ感が半端ないので、結構賭け。

なのでこの日は初志貫徹でお寿司をいただきます。
ってか、島寿司とかいう知恵、どこで仕入れてきた?(・∀・;

確か東京沖の八丈島の地元料理かなんかではなかったか。漬けにしたネタを使って、わさびの代わりにからしを使うんだよな。めっちゃ引かれたけど、まずはデフォの質を見てからだ。

勢い込んで初めてのお店で確認前に色々頼むと失敗する、というジンクスが自分にはあるのでグッと我慢。

ってか…コースものもあるのか。コースだと全般いいろんな料理のお腕前が見えて便利なのだけど、うん、やっぱりこの日はランチセットで様子見だ。初見だからな。はやるな自分。

天ぷら、焼き物、蒸し物、椀物、所々にベトナムのポピュラー食材も取り入れて、うまいこと構成してはる。赤だしあるの、いいなあ。

そして寿司と、「一口そば」みたいに、ちょい麺を合わせたセットがあるのも嬉しい。寿司一人前食べたら、丸っと一人前の麺ものは要らんのよな。お若い方にはラッキーセットかもしれんけども、自分みたいな歳になって来ると、それで頼んで足らんのだったら追加する、が、具合良い。

ッチューカ、なんなん?この巻物の金額。
カッパとかお新香巻きとか、ちょっとこの界隈では見ない金額じゃない?これが20kだったとしても、まだ「安っす!」と思うと思うが…(・∀・;

とか思ってたらこれ。
グランドメニューの最初のページは差し替えられるようになっていて、その時々の仕入れで内容が少し変わるのかな?と思うのですが…

クエの握り、13kってなんだ、13kって(・∀・;
2貫でも26k。100円寿司のノリじゃねーか。

まあ仕入れによってその日の目玉は変えるんでしょうけど、思い切ってるなー(・∀・;

そしてお酒の値段もそこそこですなあ。
まあお隣がローカルのお客さんをがっつり取り込まれてるお店なので、ローカル照準も忘れないようにされてるのかも。ぶっちゃけ最近この通り、韓国料理屋さんも異様に増えてるし(もともとこの辺には韓国料理屋さんが多かったと聞きますが)

ドリンクもほどほど。
ソフトドリンクに至ってはカフェより安いケースになることもあるな?

全体にかなりおてがるなようだ。

お寿司ー!

握り寿司セット

というわけで、実食です。
セットの全容はこんな感じ。

小鉢、寿司7巻に巻物、お味噌汁、デザート。
いやいやいや、これ97kってすごすぎでしょ。

たとえ微妙に雑なものが出てきても文句言えない値段んですが、実に丁寧。そして握りの型にセンスを感じる。

気持ち小ぶり。
山なりにネタがしっかりシャリ玉に馴染んでる割に、シャリは硬くなっておらず、ハリのある粒の輪郭を保ちつつ、ほどよくまとまってる感じ。

包丁の手入れも使いも気を使われてるようで、細巻きのカット面もこの通り。

シャコーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

ホーチミンでは割に多用される寿司ネタなのが嬉しい。そして卵は自家製。ってかまあ、日本と違ってホーチミンで溺愛卵を使うと、そっちの方がコストかかるってのはあるんですが、ちゃんと江戸前の仕立てにしてるのは嬉しいね。

ネタとのバランスもケチくさくなく、かと行って大仰にならないネタの存在感がとても良い。97kだから、と、貧相さを我慢することなく、と行って、もちろんこの値段なのでびっくりするような高品質というわけでもないが、この価格帯ではこちらが経験してきた最大限以上のコスパを叩き出していると思う。

お味噌汁も、丁寧に作られてて美味しかったー。
とい言うわけで、細巻きを残したまま、島寿司に突入だ( ・`ω・´)b(え?

島寿司

他には出してるお店があるんだろうか。
7貫セットの方がお得だが、すでに地人前のセットを食べているので4巻のものに抑える。ちぇりさんえらい(๑•̀‧̫•́๑)(いや、追加する時点で…)

4貫で200k。さすがに97kセットよりも上等なものが出て来るね。そして漬けの加減も程よく、しなったネタが、やはり解いシャリ馴染み。

隠し包丁の入れ方にもこなれた感があり、かなり握り込まれてるのかなあ、ここのシェフ。

ちらっとお行儀悪く覗いてみると、うん、わさびじゃなくてからし。と言ってもそんなにガンガン聞いてるわけじゃないので、風味を少し感じる程度。

それにしても美しくないですか?ネタの様子、シャリの艶、形、バランス。

極上ものとは言わないまでも(ってか、こんな価格で極上のものを臨とか消費者としては如何なものかと思うわねw)、お値段に対して十分すぎるクオリティ。

あーなんかランチに軽くお寿司食べたいなーと思い立ってすぐ寄れれる場所、財布の心配をしなくても良い安心感。むしろ、他の日本食を食べるより節約になるケースもあるかもしれない。

そんなお店が、レタントンに。
これは相当にありがたいお話じゃないかと思うんですよ?

あ、ちなみにどちらにもついてたかっぱ巻きはお持ち帰りにさせてもらいました。さすがに(・∀・)

お心遣いのあるサービス

あとお店の方数人と会話をしたのですが、この日のランチタイムは、その全員が日本語をお話しになられてた。

しかもどなたも誠意杯のお心づくしをされているのが伝わってきて、かーちゃんもう「がんばれー!(≧∀≦)」と言う気持ちでいっぱい(笑)

そう言えば、お席にはこんな一覧表もありまして、寿司ネタの魚の英語・ベトナム語の勉強にもなりそうだった(・∀・)

ご商売のためとは言え、こちらの方が日本語をあれだけ勉強してくださって、サービスに役立ててくれているのですから、住まわせていただいているこちらも多少は…と 思いますわねえ。

ちなみにこの一覧的なものがオーダーシートになっていて、例えば食事途中でお寿司を追加したい時、テーブルにいろんな国籍の方がいても、まとめて集計しやすいようになってましたわ。

それにしてもこのお店。日頃よくSNSで目にさせてもらってる方がオススメされてなかったら、もし目に入ってたとしてもスルーしてたわ。あの場所柄でこの値段。かなり心配になっちゃいますもの。

まだお寿司しか食べてないのでお料理のほどはわからないのですが、お味噌汁の具合やらお寿司のお手入れのご様子を伺うに、下手なことはされていないのではないかと推察。

日常のランチにお寿司という選択肢。
これからは気軽に美味しいものが楽しめそうで、いいですね!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Sushi Bin
17/15 Le Thanh Ton Q1
Time: 11:30 – 14:00 / 17:00 – 22:15
Spent: 320,000vnd / person (2食分食べてます)

※Wi-FiのIDやPassはお店の都合により変更されてることがあります

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました