一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

一人勝手に、Robin Weekをやっていたが、やっぱりすごいな ~ BABA、シュークリーム、チョコレートクッキーなど

スイーツ
Sponsored Link

お友達のお誕生日があったこともあって、なんだかんだでここ一週間、ずっと彼のケーキと一緒にあった気がするよ。

イチゴの季節も残り少ないのでプッシュしとく!

BABA!

BABA!と言われると音に敏感になってしまうお年頃ではあるが、日本ではサバラン、とか呼ばれてたりする定番のお菓子。

スポンジ部分を、洋酒をたっぷり聴かせたシロップにザブンとつけてジュブジュブにしちゃうという、初めて食べた時は衝撃的な味わいだったお菓子なのですが、それをきりっと冷やしてクリームと合わせると、えも言われぬ大人の味わい。

これのいちごバージョンが、イチゴの時期限定であるってんで、いつ食べよういつ食べようと虎視眈々。ここしばらくちょっと忙しくて、あまり家にいなかったのでタイミングが難しかったのだよな…

でも…?

なんとかかんとかオーダー。
ねえ、ホーチミンで美味しい生クリームを食べられないとか言ったのは誰?(笑)

この炎天下のデリバリーを経てなお美しい様相を保つクリーム。もちろんそうできるう技法は色々あるけれど、それにしたって綺麗で美味しい。

さらには…?

中にババの生地とクリームの間に、イチゴのコンフィチュールがたっぷりとー!!なんて贅沢な!

イチゴのタルトの美味しさが未だ忘れられない状態のところに、これまたフレッシュクリームと合わさるキュートな味わい。たまらん。これは、たまらん。

洋酒はそんなに強くないです。濃いめの紅茶と合わせると極上ハッピー。これもイチゴ次第なので、イチゴの季節が終わればなくなる。食べられるうちに食べたほうがいいよー。

シュークリーム!

王道シュークリーム!
ですが、ルックスからして全然王道じゃないロビンのシュークリーム。

生地はクッキー系のしっかりザグザグしてるやつです。それの今回はキャラメルとショコラフレーバー。確かプレーンとストロベリーもあったはず。

トップにこんなクリームとソースを仕込んでるのは珍しいなと思ったのですが、かじってなとく。かなり外側がドライな感じなので、クリームの水分はあって正解。そして中のクリームとのつなぎに、ソースがあって正解。

んでまた中のクリームが。。。モッタリとリッチ。そしてシューとトップのクリームとソースと中のクリームを全部一緒に頬張ると…?

これはもうシュークリームと呼んではいけないのではないだろうか…。

ものすごく食べ応えがあります。
90k。シュークリームにその値段?と思われる向きもあると思います。私も安いとは思いませんでした。でも彼の仕事なのだから、それを下回るものではなかろう、と踏んで買って正解。

お値段以上、と私は思います。
超幸せ。

チョコレートクッキー!

これは是非とも室温保管で食べてほしい。もちろん長くおくときは冷蔵庫で保管しないとですが、食べる際には是非室温に戻して食べてほし。

なぜなら、クッキーといいつつ、こちら結構厚みがあって、そしてしっとりなソフトクッキー。薄いケーキだと言ったらそれも通用するくらいの柔らかさ。

この水分量だと、冷蔵庫で冷やした場合、小麦粉が織りなすタンパク質の状態が大変残念なことになる。しかし温度を戻せばかなり良くなる。例えば翌日食べる、程度なら常温で保管してていいと思う。

たただし、戦うべきもの、それは蟻っ🐜🐜🐜
市東神には包んでくれてますし、こちらの蟻は必ずしも甘いものに群がるわけではないので、これが標的になるかはわかりませんが、ジップロックやタッパーなど、奴らが入る隙を作らないのが正解。

ちなみに全体はソフトな上に、甘みがまた寸止めなんだわ。ぶっちゃけかなりの甘さのものを覚悟してたが、なんならラズベリージャムとかをどっさりのせて食べても美味しかったと思う。

ちなみに今回はラム酒と蜂蜜を混ぜたものを垂らしていただきました。背徳感マシマシ。ここまでリッチなクッキーを出されると、もっと贅沢に食べたくなるもんで😋

Sponsored Link*

ショートケーキじゃないけどカカオニブのホール、格別

すいません、ショートタイプは、以前ご報告した通り。なのですが、お友達のお誕生日にカコつけて、ホールケーキを買っちゃった😁

この迫力。そしてこのデザイン。美しいがすぎるだろ。
そしてこれを切り分けていただくのはまた、ショートタイプとは違う感覚もあり、やっぱり大変美味。私、彼のケーキの中で、どれも美味しいこと前提で敢えていうなら、今の所はこれがダントツ。

飲んべえが集まる会だったので、赤ワインと合わせてもいいなと思って選んだのですが、うん、やっぱりみんなそこ、楽しんでた(笑)

人の誕生日に便乗して、自分が食べたいケーキをプレゼントと称して買ってくる狡猾な女、ちぇり。我ながらずる賢い😁

3台目に突入

もう食べた方もかなりいるであろう、こちらのイチゴのケーキ。
ワタクシももう、今期3台目をいただきました(笑)

これは年末のお友達宅での宴会時に持参したもの。これが白でもロゼでも赤でも合う。

私、もお元と酒と甘いものの組み合わせ、好きなんですよ。もちろん組み合わせにはベターマッチングってものがありますが、以前日本で住んでたとこにはあったんですよね。

極上スイーツ作る子がバーテンダーやってるお店で、飲むためのスイーツ・スイーツのためのバーってのが。ああいうのがなかなかないので、自分で美味しスイーツ見つけていろんなお酒と合わせてる。

このイチゴのタルトはワイン全般と、ブランデーはもちろんのこと、意外とジンとかもポップな感じになって好き。

今の所、お酒が飲みたくなるスイーツを見つけるのは至難なので、せいぜい楽しんでいるところ。

はっきりとした時期はわかりませんが、イチゴ、多分2月の半ばから下旬くらいまでかなあ、という予測らしです。イチゴの出来によっては延長してくれるかもですが、あまり長くはない可能性も。

食べられるうちに、是非楽しんでおいてくださいね!

Robinについてはこちら!

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Robin Mouquet
https://www.instagram.com/robin.mouquet/
Instagramのメッセージにてお申し込みください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!</p

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました