一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ブンタウ ◇ Vung Tauらしくはないかもだけども朝ごはんに食べに行って美味しかった石焼PHO!

@Vung Tau
Sponsored Link

ホテルに泊まると朝食は付いていることが多いかもしれませんが、(この時は)ホーチミン市内ではあんまりたくさん見かけないタイプだったので、友達も巻き込んでわざわざ食べに行ってきました!

住宅街的な場所にポツンと

Google Mapであたりをつけて行っただけだったので、住所頼り。周りの環境などはあまり調べないままに行ったのですが…

なんか…Pho屋さんらしくない…?
でも一応看板にはおめあてのものが書いてあるしな。この店の前の通りを撮ってなかったのですが、突然香川は高松の「さか枝」さんという、うどん屋さんがある通りを彷彿としてしまった。

いやもうそれもかなり昔の話なので、今は変わってるかもしれないし、そもそも自分の記憶があやふやだったのですが、早朝から開いているところといい、(さか枝やん…)と一人心で呟いておりました。(伝わらん表現するんじゃないよ)

にしても、なんとういか、Pho屋さんらしくないというか、なんかこう…

公民館とか、どっかの社食的な?学食かな?
コロナの山を一回超えたところくらいの時期だったので、意識してスペースを取っていたのかもしれませんが、それにしても簡素な(笑)

でも清潔感があって、旅行社さんでも行きやすいお店かなーと思ったり。

メニュー

下段、Pho To Da、東夷のが恐らく石焼きという意味かと思われる。上部には普通のメニューもあるっぽいが、石焼きメニューにも種類がいろいろあって、チキン・ビーフの違いや、麺もフォーやミーの違い、と言ったものが。

よーわからんかったら、写真を見せて石焼きが食いたい等意思表示をし、Ga(チキン)とか Bo(牛)、また麺もPhoやMiの指定をしたら食べたいものには行き着けるかと。

卓上の調味料の容器も綺麗にしてはるなあ。あまりお客さんが多いシーズンじゃなかったのかもとは思いますが、それにしても綺麗にしてはる。

Sponsored Link*

ぐつぐつ登場

というわけで、登場。こちらは、Pho Ga。かなりぐつぐつ状態で来て、鳥もある程度は火が入った状態で出てくるのですが…

おい、見るからに美味しそうな鶏だな?!

私は、牛で。

ちなみにこれね、ぐつぐつはしてるけど熱源があるわけじゃなく、温められた石鍋の余熱があるだけなので、熱いうちにとっとと全部入れておいた方が良いです。特に火を入れたい肉。これはお早めに。野菜やPhoは、肉を加熱したのちの余熱でもなんとかなるけどね。

ちなみに、Miを頼むと、この即席麺がやって来ます。この場合、麺も先に入れておいた方が良いですね。Phoはぶっちゃけ、生ぬるいスープでもなんとかなるけど、こいつは厳しい。。。

それにしても、お野菜が綺麗。アジアンバジル系もですが、もやしが。めっちゃ太くて豆部分が大きくて、美味しい!!

Phoって、割とやんわりした温度のスープでいただくことが多いじゃないですか。熱い国ではそれはそれ、なんですが、あっちあっちで食べるPhoもこれまた乙。

というか日本人的には、ちょっと嬉しかったりもします。特に朝は温かい汁物、お腹に優しいですよね。

Vung Tauに行くと、ついついシーフードが食事に登場しがち。でもエビ・カニ・貝類、なんだったらお魚もしっかり加熱したものって、結構胃腸に負担がかかったりします。

まあ数日くらいなら楽勝だよ!という方も思いますが、意外と気づかないうちに胃腸が疲れてたりするので、朝はお粥やこういう温かい汁麺+消化の良い麺で胃腸を労わりつつ…

次の食事に備える、という戦略はありかもしれません(๑•̀ㅂ•́)و✧

恐らくはどこのホテルに泊まっても、この店までは車移動になると思います。そしてこの周りに何かがあるという訳でもありません。ですが、いうてもVung Tauのこの周辺はそんなに遠いところでもないので、街の様子を眺めながらのリサーチタイムとして移動時間を使いつつ、よろしかったらお越しください♪

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Ta Ta Pho
935M 56H, Vung Tau
Time : 07:00 – 21:00

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!</p

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました