一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

Hai San Ganh Hao 〜 海辺のお洒落な海鮮料理屋さん!

@Vung Tau
Sponsored Link
Vung Tauに行ったら海鮮料理!!ですが、あまりにローカルすぎるところはハードル高い!という方に、屋内席もあるこちらの海岸沿いを臨めるレストランをご紹介!

Thanh Phat よりちょっとだけおしゃれ?

(2016年3月)

Vung Tau と言えば、我家が行くともうド定番のお店ばかりで、毎回更新するのもなんだから、と、しばらく放置しておりましたが。。。

そして実際、シャコ食べに行ったり、夜は屋台で貝料理を堪能してたりするわけですが…(笑)

th_IMG_5534_20160327233354310.jpg
すんません、お店の入り口の様子が見辛くて(・∀・;
今回は、海鮮料理のGanh Haoさんというところに来てみました。

旦那さんのお友達で、以前こちらでバイトしていたと言う女のコが居て、日頃は別の場所で生活してるのだけど、この日はたまたま、ご家族を訪ねてヴンタウに来てると言うので同行してもらったのです。いや、持つべきものは(旦那さんんの)お友達♡

ここ、かなりの人気店で、良い席を取ろうと思ったら予約必須だし、7時くらいともなると、広々とした店内が殆ど埋まってたくらいですから、席の善し悪しじゃなく、時間帯によってはとにかく予約が必須かもです。特に週末。

th_IMG_5537.jpg th_IMG_5536.jpg

入り口ゲートを潜ると左手に長く降りる坂があって、其の先に海岸沿いの席などがパーッと広がってるのですが、奥内席もあって、そこを通して見える海がまた奇麗♪

この日は土曜日だったこともあってか、18時前と言う時間にもかかわらず、人がいっぱい。サンセットを見ながら夕食なんて、雰囲気いいですもんねー♪

th_IMG_5541_20160327233358ddf.jpg

メニュー!

さて、面白かったのはメニュー。英語できる店員さんは少なかったようですが、メニューには一応英語があります。でも英語があってもわからん単語がいくつもあった。。。(笑)

th_IMG_5556.jpgvth_IMG_5557_20160327233504dcc.jpg
th_IMG_5558_20160327233504df9.jpg th_IMG_5559.jpg

でも、貝だけでも種類分けでいくつものメニューを出してるし、お魚はもちろん、お肉類も結構充実。とにかく料理の幅が広い。随所にSashimiの文字があるのも、おーーーーっ、て感じ。

奮発して伊勢エビを頼まれてる方も多かったようだなー。ヴンタウは海鮮がとても安いですが、それでも伊勢エビとかはちょっとお高目なのに、みんな豪気だ(^皿^)

th_IMG_5561_20160327234852f31.jpg

あと嬉しかったのは、お粥メニューがあること。海鮮を使ったお粥が何種類も!これはスープ代わりだったり締めに良さそう(*´艸`*)

th_IMG_5554_201603272348536db.jpg

Sponsored Link*

食べるぞー!

ってことで、お料理行きましょうか♪

th_IMG_5565.jpg th_IMG_5566_20160327234855ecb.jpg

まずはベイビー・オイスターの卵とじ。ネギがタップリ遣われてて、小指の先程の小さな牡蠣をたくさん焼き込んだもの。

タイ料理に似た料理がありますが、それよりオイリーではなくさっぱり目。小さいながら牡蠣の旨味がジンワリ卵に滲んでて、また卵が其の旨味を一滴残らずまとめてて大変美味♪ お醤油をつけて食べるように促されたけど、なにもつけ無くても充分美味しい!!

そして昼も食べたんですが、牡蠣の炭火焼・ネギオイル。うまいわー。何回食べても美味いわー。ネギ油+塩+ピーナッツ。これ絶対日本でもやった方が言いと思うの。素材の味をそのままに、というのも素敵だけど、チョイ足しで何倍にも美味しさが倍増するならやるべきよっ( ・`ω・´)b

th_IMG_5567.jpg th_IMG_5571.jpg

定番の、酸味+ニョクマム味のサラダは赤貝を使ったもの♪もちろん、殻を剥いたヤツ。仕事が細かい!!そしてこの赤貝がキッチリ火は通されてるんだけどプリップリ!!

ゴロンゴロン入ってるし、軽く火を通された野菜は味が良く馴染んでて食べやすいしこれは満足なサラダだわ♪ 定番の海老クラッカーに乗せてサクサクと頂きます♪店名にあるようにHao=牡蠣料理が名物だということで、牡蠣の皿をもう一品。これです。

th_IMG_5572.jpg th_IMG_5573.jpg

そう春巻き!!
ナーんでこれに今まで気づかなかったのか!!

カキフライなど、油で揚げると言う調理法は活用していたものの、春巻きの具材にするって余り考えたこと無くありませんでした?私は無かった。でもこれがすこぶる具合よい!!

少し厚めの春巻きの皮(若しくは重ねを多くする)でしっかり包んで揚げられてるので牡蠣の水分が逃げ難いのか、熱はしっかり通っていてもプックリしてて、ブジュワ!っとジューシー。

シンプルながら牡蠣の美味しさが存分に生かされた一品、且つサイズ的にも食べやすく、ビールのお伴として大変優秀!!これ、今度やってみよ!

そして今回印象深かったのが。。。

th_IMG_5577.jpg

エビの刺身ー!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
他のお魚でも刺身を色々出してくれるようだったのですが、正体不明の名前のものを頼んだらこの日は品切。次に希望したのも品切(笑)ってことで、無難に海老に。

海老も種類が色々あったからなー。ちなみにこれはFresh Shrinpという表示でした。それ、固有名詞か?(^^;

キロ単位の価格を確認してから必要量を注文。この日はキロ550kドンで300gお願いしたので、写真の量で165kドン…900円くらいかな?1ダースくらいはありましたから安いもんでしょー♪

しかも見て下さい。アルミが敷いてあるでしょう?その下には氷が敷き詰められてるんです。海老がぬるくなって身が緩んでしまわないようにしっかり冷しつつ、しかし氷に直接当たって水っぽくならないようにとのお心遣いでしょうか。背わたもしっかり取られてあり、迷いの無い包丁で食べやすくカットされてます。

愛がある。食材とお客さんへの愛がある( ・`ω・´)b

その愛の成せる技か、この車エビのまー美味しかったこと!!小粒ながらブリンブリンとしてまして、歯で噛み締めるとブチブチブチ!!!

と音がするくらい威勢が良い。それでいて噛みしだいて行くとトロリンと甘く、それでいてベトナムの他の魚介と同じようにアクが少なく奇麗な味なのでもうなんぼでも食べられる。私独りで半ダースは食べた(笑)

お醤油やワサビも用意してくれてたんですが、個人的にはレモン塩が美味しかったな。もう口がそろそろベトナム式になって来てるんかも(笑)しっかし、エビの刺身なんて、日本でもそんなに食べてなかったですわ(笑)

超嬉しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ
更に嬉しいことには。。。

th_IMG_5575_20160327235504bac.jpg

かーっっ。
解ってはるなぁ!!

そうそう、海老は頭もとっても味が良い。そこをタダ捨てるなんてもったいないことこの上ないっ。

店に寄ってはこの頭だけ集めてソースにしたりもするようですが、こちらはキッチリお客に甘言。丁寧に、低音からじっくり揚げて最後カッと温度揚げて仕上げてあるので、中までサクサク。味噌の部分もジュンワリ味わえるようになってまして、これ、ビールが進むし!!!

別にこちらがリクエストした訳じゃないんですよ?お店の判断。嬉しいじゃないですかー。食材の美味しい所をちゃんとしってはっててそれを良いようにしてお客さんにキッチリ出してくれるって、こんだけの量があったら一品多く頂いたも同然ですもんね?

もうあんまり美味しかったから、手元もっ回載せちゃいます。おわかりいただけるでしょうか。この美しさ。シュッとしてるでしょ?そして中身の澄んでること!

th_IMG_5582_20160328000844838.jpg
もう翌日まで何度もフラッシュバックして、お家の中で蘇るあの跳ねる感覚。。。生海老好きにはもうたまりまへんで( ̄¬ ̄)

もちろん、生が苦手と言う方には色んな調理法もそろってますんで、それで楽しんで下さいませ。海老だけじゃなく、今度は他のお刺身も試してみたいなー。

で、締めは今回はWhite Clam…ハマグリさんのお粥にしました♪おかゆにも魚を使ったものだったり赤貝使ったものだったりと色々あって選ぶ楽しみがありますね♪小さいバージョン、大きいバージョンがあって、この日は4人だったからもちろん小さいバージョンを頼んだのですが。。。

th_IMG_5587_20160328000845671.jpg

うん、まぁデカイ(笑)
でもお米は少量で事前に炊いてあって、3分粥くらいかなぁ。かなりライト♪でもハマグリのお出汁はコックリ!!レモングラス蒸しなんかの時にはちょっと物足りないくらいにアッサリ調理されてますけど、これは結構しっかりとした貝のお味。

そこに大葉、ネギ、モヤシ、フライドオニオンなどがタップリ投入されましてコクも出る。貝類のエキスはお酒の分解にも役立ってくれると言いますし、汁物=水分補給もまた有効。

炭水化物も多少はあった方が糖質となってお酒のあとには良いようですが、それを取り過ぎずに居られるのもお粥のメリット。ええなぁ、締めにお粥。美味しいし身体が楽です♪

っちゅーか、どのお皿も今回は大当たりでしたわー♪そら広大な敷地の中の席が満席になるっちゅーお話で。

自分らが頂いたのは2階席だったのですが、海に近い方が良いなら1階席をオススメ。また生け簀もあって(そこもなんかお洒落にしとる)元気に泳ぐ魚や伊勢エビがたくさんいたので、その辺を見て選んで調理してもらうと言うのもありかもですね♪

th_IMG_5593_20160328001815c56.jpg

こちら奥内席もあったので、日中で日差しや熱さが気になる際は、そちらを使うと良いかもしれません。

th_IMG_5598_20160328001817ba2.jpg

いつも行ってるThanh Phat

ももちろん良いのですが、あちらよりもちょっとお洒落な感じで、例えばデートだったり、なんかのお祝い事だったり、久しぶりに友達とワイワイ賑やか敷くええもん食べましょうか、と言う時には超オススメ。

まだまだ私も食べたいものがあったなー♡
ヴンタウ、距離的には一泊二日、ヘタしたら日帰りでも行けちゃいますが、胃袋的には数日あっても足りないなー(^^;

またまた行っちゃいました!

(2016年9月)
 
週末にヴンタウ行っちゃおっかな?とか考えてる方の為のレストラン情報w先日お友達6人程で車を借り切り、海鮮食べに行こうぜ!ってことになったのですが、最近は悩むんですよね。Thanh Phatか、こちらのお店か。それぞれに良さがあるんで実に悩む。
 
が、今回は華やかかりし奥様方の集まりでしたし、ちょっとお洒落なこちらにしましょうか、ということで、ランチに行って参りました( ・`ω・´)b
 
はいはい、エビのお刺身はやっぱりおいしかったですよーっ。お醤油もでてくるけど、ライム塩で食べるの最高っ。
 
th_IMG_4348.jpg 
 
ちなみに海老はこの量で500g。一品料理でない場合は、結構キロ数でオーダーかけるケースがあって、いったいそれがどのくらいかわからず戸惑うことがあるんですよね。そのときの個体サイズにもよるし、頭も含んでの重量ですから、500gで15〜18尾くらいってとこでしょうか。
 
th_IMG_4350_201610012327326de.jpg  th_IMG_4357_2016100123322424a.jpg
 
塩で食べても美味しく感じる程手入れが丁寧で綺麗な味なんですよねーっ。ほんっとにお見事。あいかわらず、頭の部分は(こちらが指定していなくても)サクサク食べられるフライにしてくれるし、ほんとにわかっていらっしゃるっ。
 
日頃はナマモノに警戒心を持って節度ある態度をお持ちの皆さんも、結構今回は乗ってくれました(笑)
 
まぁ私に合わせられても責任持てないので、日頃はそのくらいでいてくれる方がありがたいのだけど、この日ばかりはこの海老、食べてもらえて良かった♪
 
意外と初めて食べる!という方が多かったのが、赤貝のタマリンドソース炒め。貝料理屋さんに行ったら定番の味付けなんだけど、そうか、路上の貝料理屋さんなんてそんなにみなさん行かないか(・∀・;
 
th_IMG_4344.jpg 
 
赤貝も、ベトナムのんって旨味あるのにアクが少なくて美味しいんよなぁ。アクのある貝に甘酸っぱいタマリンドソースなんか回したらクドくてしかたないけど、貝の味がこれはとてもきれいだったんで超美味しかった♡
 
しかし更においしいものが。
私的にも、これまで食べた中でも最高峰!と思ったのはソフトシェルクラブの唐揚げ。ここのお店の、めーーーーっちゃ良い!衣の加減も絶妙でねーっ。もちろんチマチマ手間をかけずにガブリと食べられるし、何よりカニの味が良い。
 
th_IMG_4351_20161001232733eb7.jpg 
 
一区・三区での海鮮は「金を積めば食べられる」という認識でしたが、あれだな。ブンタウだとそもそもの味が違って感じる気がするな。まぁ使われてるカニがブルークラブ的な物で海のカニである事が前提だけどw(さすがに種類まで特定できんw)
 
なぜかカラマリとかですら美味しかったんだよな。ですら、というのは語弊があるかもしれませんが、私の経験上、カラマリフライで「お!」と思わせる物にであった事が殆ど無いんでそういう評価になっちゃうのよね。。。
 
それがどうです。これは素材もだけど、衣が美味しかった。フライ衣なんだけど、ほんのり甘いと言うか、そういうセットパウダーがあるにしたって、揚げ方もお上手。
 
th_IMG_4352_20161001232735e21.jpg 
 
とにかく一品一品手ぇ抜いてないなー。そして本日のメインイベントはこちら。でたー!!!!巨大シャコーーーーー!!!
 
th_IMG_4353_20161001234753992.jpg 
 
…の、Chien Toi=ニンニク炒め。
Thanh Phatさんでも定番として頼むのですが、こちらの店にもありました。メニューにもあるけど、メニューの種類が多くて探すのが大変だから、今回は思い切って全てベトナム語で注文したら通りましたっ。
 
Tom Thic Chien Toi( ・`ω・´)b
まぁ上の写真見せたら問題なく注文できます(笑)
 
こちらもキロ換算での精算になるけど、さすがにここまで大きい物だと「何匹」という単位で注文します。これまた時のサイズによるのでザックリだけど、1尾200k前後くらいと考えてオーダーすると良いと思います。
 
初めてでどんなもんか分からん場合は、人数÷2の匹数でもいけるんちゃうかと。気に入ったり足りなかったらまた注文しても良い訳ですし。
 
しっかしそれにしてもまーーー、カニに引き続き、これも過去最高級レベルの大きさとお味だったの!もうこの日、皆で行くのを知ってて、どなたかが取り置いてくれてたんちゃうか?というくらいのクオリティ。
 
 th_IMG_4361_20161001234757f75.jpg
 
デカいわー。半分の長さでこんな対比。しかも子が入っとる!!そら美味い筈やーっ。卵生む直前のとか、一番旨味があるやつじゃないか。実際食感も実にプリプリで、溢れる肉汁の旨味といったらなかったわーっ。
 
また大量にかかってるにんにくフレーク(多分パン粉も混合)も単独で美味しくってシャコ食べた後もそれをちみちみ食べながらビール飲んだ(笑)
 
これね、旅行者の方でヴンタウに行く機会があった人が食べたら、ほんっと良い記念になるんじゃないかと思うの。こんな巨大シャコ、しかも美味しいヤツ、日本じゃとても食べられないもの。
 
th_IMG_4362_201610012347598e7.jpg 
 
にんにく炒飯は、大体どのお店で頼んでも安定の美味しさなのよね。これ、ほんとベトナム名物にすれば良いのに。
 
シンプルなんだけど、場所に酔ってはまるっこい粒のお米を使ってて、水分は少なくパラパラしてるはずなのに、とぅるりとぅるりと喉を滑り落ちて行く。
 
そこに、正体不明なんだけど、サックサクした粒が沢山混ざってて、噛んでも食感がよく、にんにくの風味も美味しい。これにチリをちょっと浮かせた醤油をかけつつ食べたら至高っ。自分が炒飯でビール飲める女になるなんて、若いころに思いもせなんだ。。。
 
女性としてタブーな事の一つの様な気もそこはかとなくしてたんだけど、知った事か。うまいんじゃ。
 
これにまだ春巻きやらナニやら頼んで、1人2千円ちょっとくらいやったかなぁ?500kドンでおつりが返って来た気がします。日常のランチにしたら大豪遊やけど特別なオケイションの為のランチだったら安いんちゃう?酒も飲んだのに(´⊙ω⊙`)
 
やっぱり良いわー、このお店。
実は以前このお店に来たことあると言う方が今回の仲間にいて、そのときはむしろ「美味しくなかった」という感想だったらしいので、頼むモノにもよるのかもですね。
 
ただここに写真で上げてるヤツは、どれも美味しかったですよっ。「海鮮食ってる!」っていう充実感に溢れてました!
 
忌憚ないご意見を頂ける、気の置けない友達だからこそ信頼できる反応ですが、喜んでもらえてなによりでした♪メニュー、一手に任されて、実はちょっとドキドキやってーん(・∀・; ←今だから言う
 
でも初めての人とかもっと何頼んでよいかわかんないだろうしな。またなんか美味しそうな新しいメニュー頼んだら追記しますね♪メニューの選択眼、磨いときます(`・ω・´)ゞ
 

お店情報

Hải Sản Gành Hào
03 Trần Phú, P. 5, Tp. Vũng Tàu, Vũng Tàu
Time: 07:00 – 23:00

Spent :500,000vnd /person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました