一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

Bun Mam ベトナム麺マイナー種 ~ Quan Bun Mam Cua Dong

ベトナム料理:ローカル
Sponsored Link

ベトナムといえばフォーですが、南部に来るとフォーより美味しい麺がいろいろあるんです!そんな中でも、支持するのは少数派かな?と思われるのが、Bun Mam。さて、一体どんな麺あのでしょう?(^・^)

 

Bun Mamとは?

 

Bun 、は、機械押し出しの断面が丸いコメの麺。太さはいろいろあるようですが、南部ではもっぱら、こちらの方がフォーより見る機会が多いかも?ってほどポピュラーな麺。Mam、というのは「醤(じゃん)」的な意味合いがあるのかな、と勝手に解釈してるのですが、例えば、私が大好きな、Mam Tom。最近ではこちらのお店をご紹介しました,

 

 

Mam Tom.
Tom はエビを指す言葉。Mamはその醬(じゃん)的なもの。ただし発酵してるものって意味合いも加わるかも?あ、発酵ってことは、味噌、と訳す方が近いのかな。

ともかくそんな感じのものです。Bun Mamは、スープにその魚を発酵させて作った味噌的なものを溶いて作ったたっぷりのお出汁にコメ麺を入れた麺料理。でも、あんまりメジャーじゃない気がします。

実際、専門店を目にする機会も、他の種類の麺料理より圧倒的に少ないし、即席麺でも、なかなか見当たりません(あるにはある)。初めてベトナムに来た旅行者さんで、これにトライしたことがある方っていうのは、きっと少数派じゃないかなぁ。

 

 

最もメジャーなBun Mam屋さん?

ここがメジャーかも?と思うのは、味じゃなくて、場所。

 

 

ベンタン市場東側出入り口の真向かいにあるので、意識して見たり覚えたりはしてなくても、かなり多くの観光客の方が、店の前を通ったと思われるロケーション。同じ通りには、以前ご紹介した、

 

 

Bun Rieu屋さんもあります。このお店は味的にもまだ受け入れられやすいためか、知っている人も多い気が。

 

 

まぁ場所が場所なので、このBun Mam屋さんもかなり人気だとは思うんですが、そういや食べたことなかったなー、と思い、行って見ました。

 

 

とってもローカル店

 

お昼時にはちょっと早い11時前でしたけども、結構お客さんが入ってて、そのほとんどがローカルの方。地元でも人気のお店なんですかねー。と言うか、Bun mam専門店があまりないので、これ食べたいと思ったら、自ずと場所が限られてくると言うのはあるかも?

 

 

この辺のお店は老舗が多いのか、お客が呼ばなくても入ってくる場所がだからなのか、注文取りに来たおばちゃんが、にこりともしない強面で久々にビビるなど。

よく、ベトナムの人は愛想がなくて怖い、と言う話を在住者や旅行者の方から聞くことがあるのですが、私、ほとんどそんなことをされた経験がなくて、むしろニコやかすぎるほどの対応をしてもらうことが多く、ありがたい限りだと思ってっるんですが(だからこそこの土地に住むのが好きだと思ってるし)、たまぁにこう言う方に遭遇すると(あ、これ?)って思っちゃうw

 

 

お米メニューもあるのか、別のお店が併設されているのか、麺以外のおかずなんかも結構あって、忙しそうにされてっ厨房。そこに立ってたお団子ヘアのお姉さんは、ぶっきらぼうなおばちゃんとは対照的に、めっちゃニコヤカで美人さんだったので相殺(*´ω`)

 

 

私のテーブルに直のお世話をしにくることはなかったけど、オーダーしたいなーと思ってる時に目があった時もニコーっとしておばちゃんに繋いでくれたし、帰り際も、めっちゃ人懐っこい笑顔で「ありがとう!」って言ってくれた。可愛い(*´ω`)

 

 

価格は書いていないけど、わかりやすくメニューが書いてあるので、通じない時はこのメニューのそばまで行って指差しでもいいかと。一瞬、Banh Canh Cuaに心が揺れるが、初志貫徹。今日はBun Mamを食べるのです(๑•̀‧̫•́๑)

 

 

Sponsored Link*

思いの外具沢山のBun Mam!

さて、実食です。以前、こちらのブログに書いてはいないけど(まだ始めてなかった)食べたBun Mamは、キリッとしょっぱめなスッキリ出汁のイメージでした。相当前の記憶なので、かなり薄れてますけども。

プラス、こちらはかなりの老舗っぽいし、地元の方からの支持が高いと言うことで、相当クセのあるものを覚悟していたのですが。。。

 

 

まずめっちゃ具沢山!!
そのスープの深く濃い色味からしても、しょっぱいかなぁ、Mamの臭みが強いかなぁ、とかなりの警戒を要したのですが。。。

 

 

げ。甘い。
しかもタマリンド的な甘酸っぱさ。もちろん旨味のコクはMamが支えてるっぽいのですが、思ってたのとかなり方向性が違う。甘酸っぱい、なんならBun Rieuとかの方向性に近い味。トマトの酸味部分を、タマリンドが肩代わりしてる感じで。

 

 

 

別添えソースが、このスープに寄り添った、と言うかお前が元ダレか?と思うような、これまた甘酸っぱい味付けで、うん、エビにはとっても合うんだけども、これ全体が麺のスープかぁ。。。

 

 

野菜もわっさわっさ入れられるだけついてくるし、その野菜にもスープは合わなくもないが、もっとクセのあるがツーンとしたのを期待してたので、あれ?あれ???と拍子抜け。まずいわけじゃないんだけれども、Bun Mamってこんなのだったけなぁ。。。という記憶違いが舌の上で不整合を起こしてる(苦笑)

 

 

魚の発酵ペーストベースなのに豚肉が入っていたりするのは面白いなぁ、と思いますし、思い切りの良いナスのローストなんかは、家の料理にも応用しようと言うアイデアをもらえて、非常に楽しいのですが、甘い。。。

 

 

魚のすり身ヤプリプリのシミ魚、それにうずらの卵まで入ってて、とにかく賑やか・具沢山で、食べ甲斐あるなー!!的なテンションは上がるけど、甘い(´Д` )

幸いにもベトナムは、自分調味に寛容な国。甘さを軽減するには醤油系・ヌクマム系もありですが、まずは酸味で調整するのが有効。そこでさっぱりしたところに、ヌクマムの旨味を足してく手順で、なんとか逐一「甘い。。。」を思わずに食べれる味に。

 

 

まずいわけじゃないんです。むしろ気になるのは甘味だけで、Mamのクセはさほどでもないため、「この旅でBun Mamを食べました!」って事実作りには逆に良いのじゃないかなーと思うのですが。。。うーむ、自分の記憶違いで、これはこう言う料理なのかも。またはお店の個性。これは、確かめなければなりません。

 

 

Bun Mam比較、やってみます

 

ビリヤニに続いて今度のターゲットはBun Mam。自分でも調べてリストにいくつかは候補が上がっているのですが、もしもみなさんのお好きなBun Mamがあって、オススメ教えたるで!と言うのがあれば教えてください。

ちなみに、インスタントのこいつは、パンチがあって好きでした。

 

 

置いてないところも多いのですが、たまたま見つけて食べてみたら、ベーススープとMamのペーストが別袋になっていて、ベーススープがまるで昔の中華そばの醤油ベースのスープのようでした。そこに、がツーンとした魚臭いMamを加えると、スッゲー「漢」な感じのスープになるのっ。骨太。インスタント麺でここまで攻める?!みたいな(笑)

これもメーカーさん、商品によって味の傾向は色々だと思うので、これがスタンダードとも言えませんが、今回のお店の味とはあまりにかけ離れていたので、よそのお店のものも気になります。

探求してもしても、次々興味が湧いてくるベトナム料理、ほんとすごいわ。特に麺類はお安いので助かります(。-_-。)

あ、でもこちらのお店のはお会計でびっくり。お水を一本頼んだけれども、80kドンでしたわよ。。。お水が10kだとしても70kの麺。高い。。。でも1区ではそれも珍しくなくなってきてますね、うん。。。ローカル攻めよっとw

 

 

 

 

 

 

 

お店情報

Quan Bun Mam Cua Dong
22 Phan Boi Chau  Q1
Time : 08:00 – 20:00
Spent : 80,000 vnd / person

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

Sponsored Link
 

コメント

  1. くに より:

    ふふふ、行ったことあります!(笑

    • ちぇり より:

      >くにさん
      さすがです!まだBun Mam歴が浅いので、色々食べてみたいと思います♪ 自分的にはもうちょっとキリッとしたのが食べてみたいなーと希望中(๑•̀‧̫•́๑)

タイトルとURLをコピーしました