一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ハノイの人が羨ましいぞ!ホーチミンではなかなか食べられそうにない「美味しイチゴ」念願かなって買えました! ~ 日越農産

食品
Sponsored Link

果物天国のホーチミンではありますが、手に入りにくいものもあるんです(ノ_・。) いつもはホーチミンのことを発信していることブログで、ハノイの人が羨ましくなる本日のネタ。いいなー。

ホーチミンは果物天国だけどイチゴが残念な件

2020年12月

ホーチミン、本当にいろんな種類の果物が美味しくて、しかもお安いので、日々の生活に果物が欠かせません。

ジュースといえば生搾りだし。

しかしそこは常夏。栽培場難しい果物もあります。例えば、イチゴ。

あるにはあるんです。
手に入れることもさほど困難ではない。でも…

今ひとつ美味しくない(-“-;)
この場合の「美味しい・美味しくない」は、私が人生で最も多く食べてきた日本のイチゴが基準になっているので、甘いとか、ジューシーである、という項目が主なのですが…

最近は少しマシになってきたものの、その昔こちらでイチゴをいただいた時はびっくり。

ガーッシガッシとリンゴをかじるかのような硬さで汁気が少なく、甘みに関しては強烈な酸味に圧倒されて全く感じられないほど。(それでも糖分がないわけはないのだけど)

まあその酸味を生かして、ちょっとスイーツのアクセント的に使うとか、コンポートにすればむしろ美味しい。キーワードは「加糖」になってしまいますが…

リンゴのお菓子を作るときには酸味が豊かな紅玉を使うのが好ましいことがあるように、加工用としてはいいと思うんです。でも生でいただくには…

辛い。
日本のイチゴってすごいんだなって思います。

値千金・1粒のイチゴが認識を変えた

しかし、です。
あるところにはあるんですよ。

先日、ハノイから戻られた方が持って帰ってきてくれたイチゴをいただく機会をもらったんです。で、早速いただいてみたら…?

……っ!!!
あっまーい!

いや、ただ甘いだけじゃない。かじると、様々なベリーの香りが弾けるようにポポポンっ!と広がって、これは…

ただのイチゴ、といってはいけないのでは?ってほどの可憐な味わい。

正直最初の一口は、なんかの間違いじゃないかと思いました。なので2口目は慎重にかじったのですが…

ポンポンポン♪

やっぱりいろんなベリーの風味が弾ける。うーん、香りにこんなに明確な「感触」があるなんて知らなかったよ。

なんて…リッチで可憐で豊かな風味!何事?これ、ベトナムのイチゴなの???と思い、これを食べる機会をくれた人にお尋ねしたら…

Sponsored Link*

イチゴ栽培をされている日本の方がいらっしゃるそうです

栽培場所は、ハノイから西に車で5時間前後?ソンラ(Son La)省にあるモクチャウ(Moc Chau)という高原地帯だそう。

位置的にも高原、ということからも、かなり涼しそうですね。イチゴの栽培には向いてるのかも。

に、したって、農作物って土やその他の風土で相当左右されると聞いてます。イチゴなんて繊細そうだし、この国でこんなに美味しく栽培するにはいったいどんだけの労力が…。

日越農産、という会社のお名前が示すように、那花さんという日本人の方が栽培に関わっておられるのだそうです。このイチゴを教えてくださった方曰く、

「苺仙人さんのような方」

らしく、調べたらこんな記事が出てきました。

きっと愛情と情熱をイチゴの栽培に注いでおられる方なんだろうなぁ、と。

で、なければあの、ただ甘い、ではない、これまでに私が食べたことがないような、畳み掛けんばかりの多重な風味に甘みのイチゴは、きっとできなかったことでしょう。あんなの日本でも食べたことない。

すごいわ。
あのイチゴ食べに、ハノイに行きたい。あんなイチゴ、初めて食べた。すごい。

どこで買えるの?

基本的にはハノイだそうです。
イチゴは気温にも衝撃にも弱いデリケートな果物ですから、まだホーチミンまで移送してくるのは難しいらしい。。。

そしてこの時期は、他の農家さんのイチゴも収穫時期のようなので、市場では紛らわしいかもしれませんから、売ってるところをお尋ねしました。

主なところ、ということで、他でももしかしたら手に入れられるかもしれませんが、

谷島さんのお店
リンランにあるハノイ商店
イオンのハドン・ロンビエン両店舗

が、メインだそうです。
私がハノイのお店について明るくないため、店名や表現が的確でなかったらすみません。でもハノイにいらっしゃる方なら、お分かりになるかな?

羨ましい。
本当に、ハノイにお住いの方が羨ましい。

聞いたところによると、今月中旬くらいからが本格的な出荷シーズンになるそうです。日本のもののように、ではなく、日本でも食べられない美味しさのイチゴ。

ハノイにお住いの方は、どうぞ堪能されてくださいね。いーなーーー!!!

念願叶って

2022年4月

約1年半ぶり

人様から頂いた2粒のいちごに感動しいてから1年半ぶり。行けるものならこのイチゴのためだけにハノイに行きたいと思ってたくらい。

ですがみなさんご存知の通り、それは叶わなかった。でもずーっとずーっとずーーーーっと、恋い焦がれてたんです。でもそのうち、記憶のだけにある時間が長すぎて、美化しちゃってるんじゃないかと自分の記事を読み返しながら思ったり。

そう、必要がなければ滅多にしないんですが、那花さんのイチゴの記事に関しては、何度も読んだ。よだれ垂らしながら。

だから今回のハノイ行きでは、初日にチェック!
誰にも、まだこの時期に売られているか聞かなかったのですが、とにかくハノイ商店さんに行ってみた!

親切な店員さんに助けられた、ハノイ商店!

もうハノイ在住の日本人の皆さんには今更情報だろうから、ハノイ商店さんの記事は立てませんが、ここ、こんな綺麗なお店だったのね…。

もっとローカルの商店ちっくなところを勝手に想像していたので、おしゃれすぎいて最初通り過ぎてしまいましたわ😅

店内に入って果物などがある棚を見るも、イチゴなし…。奥の方に入って見るも見当たらず…。がっかりして、攻め店写真だけでも納めて行くか、と、お店の方に、写真を撮ってよいかどうか尋ねると、快く了承してくれました。

なんか生産者さんのお名前が入ったマンゴーがあるから、これでも買って帰るかー、と思いつつ、あっ、ナイフがないわ(安宿だったのでカトラリーなどは置いてなさそうな部屋だった)と思わず口に出したら、

「あ、だったらカットフルーツありますよ?」と、冷蔵庫から、カップに入ったこのマンゴーをカットしたものを持って来てくれた!なんて気がきく!

で、彼女の後にノコノコついてって冷蔵庫に行くと、そこにあったー!!😆

買ったあれこれ

ってなわけで色々購入。
とても大きく売れたイチジクや、勧めてもらったカットマンゴーも一緒に。

ああ…やっと会えた…。やっと買えた…。人からもらった2粒だけで記事を書いてしまっていたが、これでやっと経緯を示せる。でも…

1年半。この期間に行き奥の中の感動の味とリアルな味がずれてしまってる可能性は大いにある。ちょっとドキドキ。

イチヂクはとても綺麗だったんですが、味がほとんどなかったな😅 家に持って帰れたら赤ワイン煮にしたかった。

Chinさんのマンゴーは穏やかーなお味。甘さだけでいうと、そんなに甘くはなかったけど、品のいい感じ。

葉っぱで包んだおこわは、残念ながらかなり水分が飛んでて、蒸し直しが必要なタイプだった。。。味はとても良かったのですが、お米が乾いてガチガチだったので、買うタイミングが良くなかったかな。

できたてか、蒸し直しができる環境だったらとても美味しかったと思われる。

イチゴー!

で、イチゴ!
さあ、まだドキドキ。イチヂクやマンゴーでは、まだドキドキが収まらないw

美味しいかな。美味しかな?

ってか、うおーーー!綺麗!

そして食べて見ると…?ジューシー!!あまーい!!!そして何より、あの印象的な香りも健在!記憶、間違ってなかったー!

美味しい、美味しいよ…っ。やっぱりこのイチゴは別格。甘いだけじゃなく、華やかな酸味もあって、本当に美味しい。

これだけのものを、この果物が本来はそんなになかったであろう土地で育て上げてきたって、どれだけの労力や時間をかけられて来られたことだろう。

すごいなあ。。。別に同じ日本の方というだけで私が偉そうに言えることではないのですが、ほんっとありがたいし嬉しい話。

1パックには十分な数があったので、買って帰った日に半分、翌朝の朝ごはんに半分いただきましたよ。ほんっと美味しいっ。

ホーチミンに持ち帰ってみた!

さて、ホーチミンに帰る当日。フライトは昼過ぎだったので、午前中、ハノイ商店さんの周囲にあったお店開拓もかねて、ちょっと距離があったのですが、再度訪問。

一度買ったくせに、あまりん動揺していてパッケージの様子を覚えておらず(写真見たらわかるやん)なんとなく勝手に日本のイチゴのように、ペラッとしたフィルムが上にかかっているだけなイメージで、

(重ねられないから1パックしか持って帰れないかな…)
と思ってたら…?

あ、ちゃんと上部に空間をとってるパッキングだった!じゃあ2つ買っちゃえ!ってことで、購入!

さすがにゴロンゴロン放り投げられてかねない預け荷物の中に入れる勇気はなかったので手荷物で持って帰りましたよ。

国際便だと生の果物を相手方の国には持ち込めないことが多いですが、国内線だとそれができるのが嬉しいところ。

そして、無事に持ち帰り完了。1粒たりとも傷つけずに持って帰りましたよ!

さらには見てっ。上下段の間にはエアクッションが!

洗ってもなおしっかりしていて、手荷物で丁寧に持ち帰る分には大丈夫そう!

そしてやっと旦那さんにも食べてもらえた…。喜んでくれてましたっ😆

ちぇりさんはもう、ネズミを捉えて加えて帰った猫状態で鼻高々っ。私が育てたわけじゃないんですけどねw

かくして一年半ぶりの念願叶って、やーっと購入が叶いました。来年もイチゴの時期にハノイに行けたら必ず買うっ。そしてハノイの方は、今しばらく楽しめるのではないかと思います。

イチゴ仙人さんあ丹精込めて育てられたこちらのイチゴ。
値千金。本当にごちそうさまでした!

 


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました