一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンで秘密のフエ料理にはワインが合うぞ! ~ Secret House 

ベトナム料理:カジュアル
Sponsored Link

Secret Garden, Mountain Retreat, The Hue Houseと、ホーチミンでは堅実な人気を誇るお店の姉妹店。

 

 

 

 

私が行く際には日本人は少なく、バックパッカー街が近いせいか、西洋人のお客さんが多い印象ですが、ここの料理、ワインとすっごい合うんです!

 

 

ちぇりも歩けばお店に当たる

 

ある日ご用事があって周辺をテロテロと歩いていた時に、見つけてしまった。路地裏にある、「え?こんなところにこんな店が?!」と言う佇まいの店。

 


ああ、外観があまり上手に撮れてない。。。でも、なんかこう、おしゃれ臭さ満載で
(臭い言うな)、そんなお店が全くない、どっちかと言うとローカル寄りの空気感漂う通りだったので意外だったし、心の中で叫んだよね。

 

「ちぇりさんデカした!これは穴場だ!!」

 

そしたらまぁ、その自画自賛、数分で崩落。Wi-Fiのpassを聞いたら、secretgarden
だって…orz

めちゃくちゃメジャーどころじゃねーか。このお店ができたことすら知らなかったので
えらい素敵な店を見つけたとチョー嬉しかったのに、なんだよ、もし宣伝打ってるんなら、みなさんもうご存知じゃないか。しょぼん。

それでも素敵なお店には違いないので、食レポ続行。

 

日本でいうなら、古民家的な雰囲気漂うホッコリしつつも狙いすましたデザイン
って感じ。こういうのをいやらしい、と捉えることもできるけど、乗りましょうよ。楽しんだもん勝ち。ここのグループのマーケティングはほんと鋭いと思います。

 

店内からお手洗いのある屋外に行くまでには、農園のようなテラス席が。はい、虫除けスプレー必須ですのでお忘れなきようw

ちなみに屋内は冷房ガンガンってわけじゃないけど、程よく自然な涼しさでした。暑いのが苦手な方は屋内にどうぞ。

 


メニューはもちろん写真入り。観光客なり、外国人客の実績が高いグループですから、この辺抜かるわけがないですね。

 

 

ソフトドリンクに使われるストローが空芯菜なのも、反プラ対策。抜かりない。

ざっと見たところ、中部以北の料理が多い感じかな?確かにこのグループで
こういうメニューの絞り込みをしたところは少なかったかも。美味しいくて雰囲気の良いお店造りをされているので、私も客人を連れて

Secret Garden
Mountain Retreat
Ncoc  Chau Garden

 

にはちょいちょい行ってて、そのどこもが微妙な違いは見せながらも、系統的には似た
メニューのラインナップが多かった中、こちらのお店だけ、チョーっと雰囲気を違えてる印象でした。

で、料理。
私、しじみ料理って大好きなんです。フエの、コムヘン(しじみご飯)とか超好き。味も好きだけど、あれ、自分でやろうとは思わなくない?www

そらもちろん商用に加工するため、便利な手段はあるのでしょうが、全部自前でやろう
と思ったら気が遠くなりません?なんなら日本じゃしじみ貝のお汁は出汁を飲むもので、しじみの身は食べるもんじゃないって派閥があるくらいに面倒なものとされてるのに。。。

 

これですよ。
一粒一粒バラしたしじみの身。これをザクーッとスプーンですくってワフーっと一口で食べられるとか幸せじゃない?ありがたくて美味しさが倍増しない?w

嬉しすぎるからアップで載せちゃう。

 

オーーー!!!ここのしじみはなんと唐揚げ!!これはっ、これはDim Tu Tacのエノキの唐揚げに続く、手間かかり唐揚げ選手権のトップ争いに躍り出てくるチマチマ加減!(笑)

これをこう、クラッカーの上に乗せましてね。バクーっと。バクーっと。

 

ビールだ!!!
誰かっ、ビールを持てえええぃ!!!!(笑)

と言いたいところだったけど、その直後に人に会う用事があったのでぐっと我慢。なんの拷問。。。

 

貝攻めですが、こちらも美味しかった。ゴリュゴリュした、多分、タニシみたい
なやつかなぁ。結構大きめの貝の身をゴロゴロに切ったものを葉っぱで巻いて揚げたもの。さらにそれをマムトム(エビの発酵調味料)につけて食べるという、これまた酒のつまみやがな…orz

 

 

葉っぱで巻いて食べてよし。そのままをたっぷりのマムトムにつけて
食べてもよし。これ、貝もマムトムも味が良いから、口の中に数段階で旨味の層が押し寄せてくる。

たまらん。ビーーーーールーーーー!!!щ(゜ロ゜щ)

この日は急ぎの一人ランチだったのでこの2種類しか食べれませんでしたが(いや
十分じゃね?)ここはちょっと追求したい。ビールのつまみネタがどんだけあるのか、
突き詰めたい。ビールガブガブ飲みながら探求したい(๑•̀‧̫•́๑)

接待とかにはちょっとカジュアルかもですが、雰囲気も素敵やし、女性にはきっと受けるし、飯が出て来たら、男女問わずビール・酒好きの方にはピシャリとくるんじゃないかと予想してます。

最近じわじわと日本人の行動半径が広がっていて、この周辺にも面白いお店ができて来
たり発見されたりしているので、このお店がそれにさらに拍車をかけてくれるんじゃないかなーという期待もあったりします(^・^)

系列店がお好きな方はもちろん、ベトナム料理店のレパートリーを増やしたい方も、
ぜひ訪ねてみてくださいね。夜21時以降は、その時間帯には珍しいカクテルだけ50%オフのハッピーアワーもあるそうなのでちょい飲みをしにくるにも良いかもですよ(^・^)

 

 

Sponsored Link*

ワインとフエ料理の相性の良さを改めて発見!←NEW!!

 

久しぶりに日本からのゲストと一緒に行ってみました。総合的なベトナム料理のお店にばかり行ってると、特に旅行者さんは、ついつい似たようなものばかりを頼みがち。

揚げ春巻き、とか空芯菜の炒め物、とか。

いえ、美味しいから何度食べても良いとは思うけど、たまにはちょっと変わったものを。とはいえ、せっかくベトナムに来ているのだから、ベトナム料理が良いですよね。

そこで、フエ料理の登場です。

フエ料理は、いわゆる「ベトナム料理のお店」としていろんな料理を揃えてあるお店とはラインナップが微妙に違う。フエ料理として出されてるものを含むお店も多いけれども、チョイスが自ずと違って来ますので、「ベトナム料理を楽しむ」という点は叶えられるし、目先は変わる。良い。

 

 

メニューもやっぱり西洋人を意識してか、The Hue House さんほど、バインベオなどの米粉の蒸し物にはこだわっていないようですが、やっぱりちょっと優しい印象がありますね、全体に。

 

 

「例の」シジミの唐揚げはビールのつまみにもってこい。ちょっと今回は塩味が控えめだったので、お醤油垂らしていただきました。いやこっちの方がうまいかもw

 

 

ハマグリのレモングラス蒸しは、どのベトナム料理屋さんでも結構定番ではありますが、さらに味が綺麗な気がした。これはフエ料理だからというより、このお店だから、なのかな?

蒸し汁が美味しくて美味しくて、それ飲みながら酒が進むwww

 

 

四角豆の炒め物も、優しい仕上がり。ガーリックも使ってるし、野菜の味もヴィヴィッドなので、アタックが強くなりそうなのに、それでも優しい。

で。これらの料理に加えて、こちらでぜひ頼んで欲しいのがこの料理。

 

 

巨大タニシ、なんて言われることもあるこちらですが、そのネーミングとルックスから敬遠する人が結構多い。

しかしながらその実態は、中身の貝の身を粗く刻んだものを豚ひき肉と混ぜてそれを殻に詰め直し、レモングラスで蒸している、という手間のかかるお料理なんです。家でやるのは面倒なので、これこそお外で食べる料理。

そしてたまたま頼んでいたこちらのワイン。スペインの白で、なんと650kというお手軽さ。約3200円。その他も色々ありましたが、これが2番目くらいのお値段で、全体に700k前後のチョイスが多く(高いものもある)、このクラスのレストランとしてはとってもお財布に優しい価格。良い。

 

 

で、特に意識せずにいただいていたのですが。。。

 

 

これ、今回頼んだフエ料理と、ごっつい合う!!
特にタニシのやつ。素晴らしいコンビネーション。。。(涎)

 

 

ああ、美味しさのあまりピントがワインに合ってしまってる。。(言い訳)

まぁ、シジミの唐揚げはビールかなって感じでしたが、その他の料理がこのワインにしっくりくること、しっくりくること。

もちろんきっと他にも合うワインはあるんじゃないかとも思いますが、ひとまず今回はこれ「も」美味しかったですよ、とういことで。白ワインたって色々ですし、私は銘柄だけで判断できるほどワインに詳しくはありませんので、経験したものを一つ一つ記録して行くくらいしかwww

でももしここでワインを、という話になって、どれを頼むか迷ったら、ぜひこちらのワイン、お試しください。好みはあろうが、あまり個性が立つタイプじゃなく、旨味とシャープさが程よい感じのバランスだったので、どの料理にもほどほど良いと思います♪

 

 

ま、この日ご一緒した方達がとても楽しいメンバーだったってのはあるかもですが、ワインとフエ料理。考えてみたら、そんなに合わせたことがなかったので、今更ながらの嬉しい驚きだったのでした♪

 

 

Secret House
55/2 Le Thi Hong Gam Q1
Time: 08:00 – 22:00
Spent: 190,000 vnd / person

In the mood of country side, Original arrange
added to traditional Vietnamese Cuisine.
Good to go with beer. Happy hours for 50%
off cocktail starts from 21:00.

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 
☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
    

     はい、そこの男性、タイトルだけでそんな顔しないw

          <Vol. 053【マカロンの謎】>更新! 
    【ホーチミンの美味いもん~ちぇりのココだけの話】
 

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました