一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンで七草粥の代わりにいかが? ~ Lotus Soup

ベトナム料理:ローカル
Sponsored Link

日本では七草がゆの日ですね、今日。ホーチミンでもやろうと思えば、バリエーション豊かなハーブで七草粥ってできそうですが…

要は、年末年始で食べすぎた胃腸を休めてあげればいいんですよね。だったらこんなお料理はいかがでしょう?

 

 

ベトナムではスープが身近

 

このブログでも何度か紹介したことがありますが、ベトナムではスープ、特にカニスープがとてもポピュラー。

でんぷんでトロミをつけられたアッツアッツのとろとろスープ。その専門店も数多く、道端のおやつとして売られてるものの中の一つでもあります。つまり、すごく頻繁に遭遇するし、買いやすい。しかも安い。

日本にもチェーン店のスープ屋さんがありますが、美味しいけれどもアホほど高い。あんなの毎日飲んでたら、体に良くても財布が伏せる。日本じゃスープは「ちょっとええもん」

 

 

しかし、ベトナムではデリバリーをしてくれるお店があるほど身近で庶民のお味。Sup Sen。ロータススープという、如何にもな名前のお店があったので、早速頼んでみましたよ。

 

Sponsored Link*

具材が色々なスープの種類

 

メニューを見てみると、定番のカニスープに、エビスープもある。ホタテもあって、なぜかカニカマwww いや、ええやん。一番最初のメニュー、カニスープやったしww 

 

リアルカニを使って採算とってるんやから、カニカマあえて使わんでもwww と、思うのですが、ただまぁあれだ。こちらではカニカマが結構高級品的扱いなのかな。結婚式の結婚式のお鍋とかに、リアルのカニが入ってても、あえてのカニカマ追加したりしてるしなw

 

 

おお、ビーフスープなんてのもあるのか。さらには私の大好きなピータンも!!ピータン、スープとかお粥の中で温まってくれると美味しいんよなぁ(*´ω`)

と、そこに?
写真はないけど見逃せない一品が。

 

 

はい、カニのスープに欠かせない(いや、たいていの場合はオプションだから欠かしていいよw)Pork Brain Soup!!豚の脳みそ!!

 

ゲーーーー!!って声が聞こえてきそうですが、うまいねん。豚の脳みそ、うまいねん。しかもベトナムの周辺諸国のどの料理と比べても、ベトナムで調理されてる豚の脳みそは味が綺麗。

捌き方なのか、手入れの仕方か、はたまた調理の方法なのかはわかりませんが、うまいねん。この脳みそのアサリ蒸しとか最高。これ食べられるなら、もう私一生、フグの白子、食べられなくなってもええわ、と真剣に思う。

むしろフグの白子よりも味が綺麗で生臭みがなく、価格も安い。プラス、ギョッとされるかもしれませんが、脳の部分って、極端に菌が少ない部分。正直、内臓系を食べるよりも、よほど安心というか、積極的に食べる人がいてもいいののにな、と思える部位。

手軽にお試しになりたい方は、

 

 

あの、ナッツや布地がたくさんある、タンディン市場の食堂街にあるカニのスープ屋さんに行くと、オプションで入れられます。

Oc Heo というのが、豚の脳みそのことなので、デフォルトのスープに、店内のどこかに買いてある、この文字見つけて指をさせば入れてくれます。150円くらいなので、どーしても食べられなかった、という場合にも痛手が少ない。

が、もしかしたら、生涯の中でも屈指の食経験を、たったそのくらいの金額でできるかもしれませんよ( ・`ω・´)b 

ましてや、私基準ではありますが、周辺数カ国の料理でいただくよりずっと美味しい。ダントツで美味しい。素材を活かしたシンプルな味付けやのに、一番綺麗で美味しく感じる。ベトナム料理で感心しまくった中の最たる食材が、豚の脳みそ。素晴らしい食材ですよ。

 

 

せっかくデリバリーするので3種類ほど

 

スープは一食30k とか40kとかなりやすいので、1食だけ、というのもなんとなく色気がないし、冷蔵庫に入れておけば保存もできるので、3種類ほど買いました。

 

 

まぁベースはどれも同じなので大して変わらんといえば変わらないのは覚悟の上。いいんです。私この手のスープ好きなので。

 

 

はーい、蓋を開けても大して変わらん3種類のビジュアルですね。今日の記事は間違い探しみたいになってるはず。でもよくよくこれをみてみると…?

 

 

これは牛肉。ホタテもピータンも今日はないと言われたので仕方なく選んだものではあったが、これが悪くなーい!

価格から考えるにローカル牛を使ってるはずなのに、柔らかいのに海鮮ベースのスープに牛の味わいが意外と生きてて、これは良い!!肉をガツガツ食べるという感じではないけど、牛肉がどういう旨味を持って立ち回るかが、素直に伝わってくる一品。

こういうの大事。こういう「食材の役回り」みたいなのを知っておくと、他の料理の時に応用が効く。人もそうやん?個人の特性や得意分野を把握しとくと、いろんな場面で活躍の場を提供することができますもんね。食材も同じこと同じこと。

 

 

ちなみにこちらはカニのスープ。この手のスープの基本とも言える一品ですが、ええ、かきたまに見える左側半分、ぜーんぶカニの身。贅沢ぅ!!

ベースのスープにやっぱり一番しっくりくるのがこれですな。ほぐされたカニの身が使われてるのも食べやすくて嬉しいですよね。こんなスープが30kとか40kで食べられるって、なんて幸せな(*´ω`)

 

で〜っ、こいつが話題の?(あんたが勝手に話題にしとるだけな?)

 

 

豚のノーミソスープーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
左側の、フヨフヨ浮いてる白っぽいのがそれです。さすがに脳みその形そのまんまじゃありません。レストランのあさり蒸しとかだと、形そのままのことあるけどね。

スープ自体がトロっトロで脳みそもふんわりクリーミーだから、テクスチャー的にはとてもバランスが良いし、脳みそだけ食べても美味しいのだけど、とろみのついたお出汁がうまいこと絡んで、お口の中はヌルぷわ天国。

 

これをアテに日本酒とかもいけそうよ。いや、焼酎も美味しいねん。こんなつまみだったらきっと体にも優しいよなぁ。なんにしても、デリバリー時に1.5杯を完食し、翌日の朝には残りもすっかりなくなってしまいましたと(・∀・)

 

 

プラスワンと温め直し時の注意

 

ところでこのスープ、結構な量がカップに入っており、かなりの粘度。ということは、電子レンジで加熱をすると、バーン!!と破裂する可能性があります。

 

 

 

対応策は、カップの中身を半量にする、あまり高ワットで加熱せず、600wくらいで1分〜30秒〜30秒くらいの感覚で様子を見ながら、くらいでしょうか。

急激な加熱を放置すると、バーン!と行っちゃう可能性があります。色々危険、というのももちろんあるけど、恐るべきは、その後の掃除。飛び散った粘度の高い液体は拭き取りにくく、万が一拭き損ねて乾いてしまうと、さらに落ちにくくなる。恐ろしい。(レンジの機械的な危険性の方を懸念しましょう)

というわけで、冷蔵庫・冷凍庫にストックしといて、お夜食がわりにしても良いですね。これならさほどカロリーないけど「なんか食べた」という満足感に満腹感を得られてしまう。優秀なお夜食になるじゃないか。

あっ、量があって飽きちゃうじゃないかという人には、添え付けのチリを途中でちょっと足して見るのをお勧めします。

 

 

結構辛いので、極々少量から試してほしいが、このチリオイルがまた美味しいの。辛いので当然スープだけでは使いきれないのですが、冷蔵保管して、自分が作った料理にも活用しております。

 

何はともあれお腹に優しい美味しいスープ。胃腸が疲れてる時などにどーぞヽ(・∀・)ノ

 

Sup Sen  – Lotus Soup

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました