一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【パン!】ホーチミンで気軽に買えるのにとても美味しいチャバタがあって

ちぇりピク(料理)
Sponsored Link

社会隔離中、パンを焼くのにハマってしまって思うこと。世のパン屋さんは、すごい!

もちろん以前から世にある美味しいものを売ってくれるお店には感謝感謝なのですが、素人づくりのパンの仕上がりを見るたびに、「パン屋さんはすごい!」と思うのです(^・^)

チャバタって?

Ciabattaってのは、イタリア語で「スリッパ」とか「草履」とかって意味なんですってね。もちろん、由来はその長方形で厚みがあまりないシンプルな形から。

食べ物になんちゅー名前つけんねん、とは思いますが、まあ良し。

油分を使わずに作るレシピも多く、他のパンに比べるとカロリーが低く、合わせる水分が圧倒的にお多いのが特徴。一般的なパンの1.5倍量の水分を使うことも。

当然生地はゆるゆるなので、こねると言うことはせず、発酵させたら軽く折りたたむと言う作業を繰り返して生地を作って行きます。

加水率が高いので仕上がりはもっちり、表面はパリッとしていますが、フランスパンほど硬くなく、食べやすいのも特徴。

よく、フォカッチャと混同してるなと思われる発言を聞くことがよくあるのですが、フォカッチャにはオリーブオイルを使い、水分もチャバッタより少なめなことが多いので、もうちょっとフカフカした感じかな?

加水率が一般のパンより高めと言うのは同じなのですが、ちゃんと違いはあるのですよ(^・^)

とはいえ、チャバッタにもいろんなタイプがあるし、フォカッチャにもいろんなタイプがあるので、何も言わずに出されて食べて、

「はいっこれはチャバッタかフォカッチャ、どっちでしょーか?!」

と聞かれても必ず違いを言い分けられる気はしませんけどね(。-_-。)

作って見るとわかる手間

で、チャバッタを作るの、難しくはないのですよ。
ただ、時間がかかる。ものによっては、元種に11時間、発酵に21時間かける、なんてものもあり、おいおいおい、となってしまいますw

あとシンプルなだけに素材の質がモロに出る。こだわってフランスから取り寄せてる粉を使ってるお店とは、そもそもスタートが違うのです。

あとまあ単純に自分の手が慣れてなかったり技術がない、経験値が足りない、テストケースがまだまだ少ないっていう、まあ単純に言うと「努力不足」なところが大きいのですが、お店のような美味しいのはなかなかできなーい!

チャバッタって、すごくシンプルじゃないですか。だからどうしてもパン屋さんとかで見ると、華やかな他の種類のパンの方に手が伸びがち。もちろんそっちも手はかかってるんで買う価値はあるんですが…

自分としては、素通りされがちなシンプルさのパンだからこそ、プロの偉大さがよくわかるのです。

しかしそんなプロの仕事を、たったの30kで売ってくれてる店がある!!

Sponsored Link*

近くに行ったら必ず買うし在庫があれば宅配もしてもらえる

お店の名前は、Oliver’s。

市内ではどちらかと言うと少数派のシチリア風。
表面はガリガリっとしてて中は軽め。特にこちらのお店は四角い形も特徴的。そしてお手頃。今の店舗に移る前から大好きでよく食べてたんですが…(ピザの詳細は上記記事にて)

店内にあるショーケースの大体一番右に置かれているのが、Ciabatta。草履が語源だけあってほどほどの長方形であることが多い中、ここのはちょっとバゲットっぽい長細い感じ。

てか!!値段!
ね?30kでしょ???いやいや、チェーンのパン屋の惣菜パンでも、今日び、もっとしまっせ?

なーのーに。
すっごい美味しいの。

や、正直、ここよりも美味しいCiabattaはある。例えば、Micro Boulangerie さん

美味しい。ぶっちゃけ、Oliver’sさんのより上等感はある。でも価格、2倍以上するんですよね…。プレーンで80kだったっけか。その後買いに行ってないから値上がりとかしてたらわからんですがスクアクトもデフォの価格が2.6倍。

それでも価値ある金額だと思うし、決してMicro Boulangerie さんがただ高いとは思わない。ですがお店が大人気なもんで、行った時に帰るとは限らない。

まあそれは、Oliver’sさんもピザがメインのお店なのでチャバッタがないこともあるのだけど、価格が違うーっ!

それにこれ見てっ。

ああもうこの高加水特有の生地の伸び、ランダムな気泡。店頭に出してる時は当然焼き上がりからは当然ある程度冷ましてるわけですが…

高加水生地特有のしっとり感に、微かな冷やっと感。その温度感ですら香る小麦。これだけの美味しさの要素が揃ってるのに、30k。なぜだ。なんでそんな金額で出してるんだ…。

そのままで、美味しい。
美味しいのでスライスすると、ついエンドレスにもしゃもしゃしちゃう。それにパン食べる時は飲み物必須な人なんですが、程よく咀嚼を促す食感があるので、このパンはそのまま食べられてしまう。

だから、もしゃもしゃ用と、落ち着いて別用途に使うために、最低2本を買うのがデフォルト。冷凍庫にゆとりがある場合は4本だ。

もちろんシンプルな味わいでもあるので、ちょっとのバターを足すといきなりゴージャスだ。チーズ?もちろんガチマッチング。塩+オリーブオイルは鉄板だし、スープに添えても一品だ。

スライスではなく、15cmくらいの長さに切って2枚におろし、さっと切り口をバターを引いたフランスパンで軽くトースト、それにハム&チーズとか、レバーパテとか挟んで食ってみ?すんごいご馳走!

だがしかし、くどいようだが30kだ。
まぢか。ほんとになんでこれが30kなんだ。

お店の人は、Ciabattaの神様なのかもしれない。神だから無限に作り出してくれるのかもしれない。そのくらいには崇めているし、大ファンだ。

注文前にはご確認を

ただしあくまでこちらのお店はピザがメイン。
なので、いつもこのCiabattaがあるとは限らない。ので、欲しい時には事前に予約するか、最低でも確認してから注文するのが吉。

CAPICHIさんだと、商品がない時は品切れ表示になってる気がするけど、お店が忙しい時は、設定を変える余裕がないこともありますもんね。

あと、私は大抵同時にピザも頼みます。その時すぐに食べられないタイミングだったら、焼く前のものにしてもらっってラップで包んで冷凍庫へ。これでいつでもOliver’sさんのピザが焼きたてで楽しめる。

もちろん一度焼いたものを買って冷凍しいてもいいんですが、どうやったって、初回に焼いた時の美味しさには2度目焼きは叶わないため、そうしてます。

宅配の時は送料かかるし、チャバッタ30kのために30kの送料払うのもちょっと悔しい気がするし(๑•̀‧̫•́๑)

ともあれ、コストパフォーマンスはダントツです。金に糸目はつけねえぜ、って方は他にも色々お勧めがありますが、日常のCiabattaとしては最強かと。

翌日でも美味しく楽しめるので、ピザを買う時にはプラス1オーダーで、ぜひお試しアレなのです。危険だけどね。もしゃもしゃが止まらなくて気がついたらえらい量たべちゃってて危険ですけどね。

げふ(^・^)

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Oliver’s Pizza
Hem 85, Pham Viet Chanh Q.Binh Thanh
Time: 12:00 – 23:00 (月曜定休)
Spent : 99,000vnd / person

【Delivery】
Capichi:https://capichideliveryapp.app.link/M15FQvgsRkb
FB:https://www.facebook.com/oliverspizzasaigon

 
 
 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました