一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ビンズン◇まさかの場所でまさかのウナギを食べて見たら、えらいこと美味しかった件!~ Muoi Nam Tri Ky 십년지기 빈증점

アジアン料理
Sponsored Link

Binh Duong 熱が止まらない。まだまだ台湾系のお店でご紹介したいお店もあるのですが、ちょっとこれも感動したので先に!今度は韓国ですよ!

ビンズンはアジアン多国籍!

勝手に「リトル台湾」と言う通商をつけて片っ端から絨毯爆撃、凄まじい当たり確率で快進撃を続けているビンズンレポですが、実は中華系だけにあらず。韓国の方も多くいらっしゃる。

と言うことで、韓国料理もけっこう多いいのですが…

以前ちらっとこの記事の中でご紹介したホテルに泊まってまして、周辺区域でなんかないかなーと探してましたら…

気になるお店が。
なんか思いもよらない食材を使った料理の写真がとても目につき、気になって気になて仕方なく。

しかし韓国料理のお店は、けっこうポーションが大きく、夫婦二人ではせいぜい食べれて一品か二品…と思ってたら旦那さんが会社の方にお声かけくださって、胃袋をお借りすることに(・∀・)

いや、初めてのお店やし!
美味しくなかったらごめんなさいーーーー!でも助かるうううう!!!ってことで、この日は5人で伺いました♪

大きな通り沿い

地図で見ても分かる通り、かなり大きな通り沿い。通りが大きすぎて中央分離帯でがっつりガードされてるため、Uターンできるとところが少ないです。

なのでお店がある側と反対の車線を進んできた場合は、ちょっとお店を行き過ぎてからUターンしてくることに。

こんな感じでバーンと店名がでてるのでわかりやすくはあると思います。

ただ、Google Mapにハングルでしか表示がされていないことがあり、この店名で検索すると、別の場所に連れていかれると言うトラップがあるので気をつけて。

Muoi Nam Tri Ky 
または、
십년지기 빈증점

で検索すると、今回ご紹介したところが表示されます。何件か出てくるから支店があったりするんかな?

こんな感じで大きい施設に見えますが、左っ側の入り口部分がお店です。

メニュー!

看板にもベトナム語で「ウナギ!」的なことが書いてあるので(多分、Eelのくくりなので、ニホンウナギっとはまた違う種類のものだとは思いますが)一応は専門店的な?もしくはそれが目玉なんでしょうな。

メニューの表紙にもおるし。ウナギ(・∀・)

で、何と言っても目玉はこちら。

一目見て分かるウナギの様相。
そして価格は、1200k/kg。

一キロて!!と思われることなかれ。ちゃんと500gも用意されてます。うん、それでもかなりある気がするけど(笑)、ウナギ系は脂があるので、調理をすると結構それが落ち、嵩が減ることがある。

そもそも初めてのお店なので、お越しいただいた皆さんにもリスクを与えてしまってるのでちょっと悩んだのですが、まあウナギメインで食べにきてるし(私が)、ちまちました量を分け合うのもなんだかな、と思い、今回はキロで( ・`ω・´)b

なんかこの海鮮焼きみたいなのも気になるわあ。写真にあるのも、もしかしたらホヤとかあわび?ほやってこっち、獲れるんかいな。輸入?

いかにも韓国料理なからそうなソースで炒め煮にしたあれこれやら、鍋やら。

あっ。Ca  Duoi だ!ちぇりまっぷの特集ガイドに予定しているブンタウ記事で書いた!(まだ誰も知らんがな)が、この日は品切れ。ってか、こんな内陸までどんだけの時間をかけて持ってくるのか。あやつ、時間勝負やで???

この辺までは結構どれもポーション結構大きそうだったのですが…

こも編からはぐっとリーズナブルに。ランチにささっときていただける量ですね。麺系なんかも美味しそう♪

と言いつつも、今日は初志貫徹でウナギです( ・`ω・´)b

Sponsored Link*

まさかの石焼き?!

パンチャン

まずは韓国料理屋さん名物のパンチャン。

毎度のことですが、もうこれに白飯頼んだら十分ちゃうか?と思ってしまう(笑)

様々な常備菜系のお皿が並び、本当に壮観。これ、ある程度金額とるとこもあるようですが取らないところもある。しかも大抵の場合はおかわり自由だ。

パンチャンの定番のこの茶碗蒸しみたいなやつも美味しいよね。

で、消費者的には嬉しいことですが、店側としてはまあ大変。コストとして括って料理の値段設定をすれば良いだけとはいえ、これが少ないとか美味しくないと、韓国の方からは非常に厳しく指摘が入るのだそうで、なかなかお店側は大変とのこと。

お察し申し上げる。でも私は毎回行く時の楽しみでもあり、ありがたく頂戴する(-人-)

こちらのお店はキムチ類もそんなに辛くなく、ばくばく食べれてしまえて危険でした。メインが来る前にお腹いっぱいになってしまうがな😅

で、真打ち登場。
ちょっと楽しく談笑しているところでのことだったので、ジュウジュウ効果音がお聞かせできなくて残念ですが、石焼きかー!!!めーーーーーーっちゃいい音、いい香り!

この香りでまず「あ、これ美味いやつや」と分かります。ウナギ的な形状の魚は脂が多いので、モノや調理がアカンやつだと、この段階で脂が焦げた時の匂いに出る。でもこれは…めっちゃいい香り!

しかも!

半分白焼き、半分ピリ辛タレ焼きですわ。
なにこのサービス精神。

ちなみにこの石焼き一枚で500g分。二人で食べたらかなりな贅沢食い。他に料理を頼むなら、3〜4人でつついてもいい感じ。

でもこの日は5人だったので、キロ=この石焼き2枚を頼んで潤沢にいただきましたよっ( ・`ω・´)b

白焼きは、香りが高く旨味があり、余分な脂がサムギョプサルのそれのように上手いこと落とされ、さっぱりしつつも味わい深い。美味い。美味い。とっても美味い。皮の部分が香ばしく焼きあがって散るのもまたいい。

そしてピリ辛の方ですが…こいつは結構キリッと辛い!
ので、サンチュに巻いて食べたりします。なんならコチュジャンまぶしのパンチャンの一品も一緒に包んで食べたりします。

わあああああっ、うなぎをっ、こんなっ、贅沢な食べ方したの、初めて!

でも炭水化物がないので、かなりパクパクいける。そして胃に重たくない。でもウナギや。なにこれこんな料理知らんかったわ。

ちょっと調べたら、韓国の方はうなぎを結構召し上がるんですってね。炒め物とかお鍋?揚げ物?とかがあると聞きました。

そういえば贅沢にアンコウを使ってるケースもありましたなあ。

その時に、韓国料理に使う魚介はとにかくゴシゴシ洗われて味抜けるんちゃうか?ってくらいに新い倒すと言う話を聞きました。全体的なことなのか属人的なことなのかはわかりませんが…

このうなぎも「徹底的にクセを取る」と言う作業があってのこの味なのかもしれませんね。それにしても、美味しいわあ。

ウナギはそこそこポピュラーでも、この調理法がどのくらい一般的なものかはわからず。7区のお店にも当たりするのかなあ。あると知らないから目に入ってこなかっただけかしら?なんにせよ…

このお店の石焼きウナギは美味しかったですよ!!!これはまたぜひ食べに行きたい!

タコの炒め物

さて、さすがいウナギだけと言うのも愛想がないので、これまた評判がよかったタコの炒め物を。

お野菜もたっぷりで、めちゃくちゃからそうに見えますが、実はどちらかと言うとコチュジャン系で甘みもあって、辛味は辛味であるんですが、食べやすい。

そしてタコがプリーッと元気で口の中でハゼまくりつつも柔らかく美味しい。食べやすいし、白飯と合わせても美味しそう。

おいくら万円?

結果、この日は上記二品を頼んで、5人でちょうどいい感じ。まあパンチャンもありましたしね。

単品価格だけ見るとちょっとお高そうですが、韓国料理はポーションが大きいと言うことを勘案すると、頭数を揃えられた場合の結果一人当たりの金額はさほどでもない。この日はビールもマッコリも飲んだけど、400k/人くらい?

とても、うなぎを食べた時のお会計とは思えない(・∀・)

え。もしかしてこれ、ビンズンの方には有名なお店なんかな??石焼きウナギなんて、わたし聞いたことなかったわ。美味しい美味しい!

もう今は帰国だスライドだと散り散りになってしまった嘗ての食べ友達がいたら、きっと躊躇なく遠征していたことでしょう(笑)。そのくらいにはお気に入り。

今度、ホーチミンの韓国料理屋さんでもウナギ、さがしてみようっと♪

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Muoi Nam Tri Ky  십년지기 빈증점
245 Dei Lo, Binh Duong
Time : 10:00 – 09:00  (Google Mapによるとこの時間ですが、23時間営業、なくはないけど微妙なので確認されたし)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!</p

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました