今更ソーセジの焼き方 – フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

今更ソーセジの焼き方

「美味なるものには音がある」

の、CMに洗脳されて、わたくし、お家で
食べるソーセージは、できるなら「パキュ!」
と齧った時に音がして、その噛み口からは
ほとばしる脂、噛めば伝わる肉肉示唆を備えた
ものが大変理想。

しかしホーチミンには、そのCM元の
シャウエッセンがない。
というわけで、市販のソーセージをより
美味しく食べるために、巷で人気の、
ソーセージの焼き方を試して見ました。

ソーセージって、ただフライパンで焼くと、
なかなか仲間で温まらない。中途半端な
火入れは美味しくないだけでなく、その後に
置く時間の長さによっては、お腹を壊す
原因にもなりかねない。

かといって茹でると。。。
ものによっては腑抜けた味になりますよね。
そこでその二つを合わせたこの焼き方。

 

まず熱したフライパンにソーセージと、
ソーセージの底が1/3ほど浸る程度の水を
入れます。グツグツ。


途中ソーセージをコロコロしながら、
水分が少なくなるまで加熱。

 

ほぼほぼ水分がなくなったら、ここから先は
お好みですが、そこでストップして良し。
そのまま加熱を続けて焼き色をつけても良し。


おっほー!!パキューン!!
もちろん素材によって必ずしも望むものに
なるとは言えませんが…

なるほど、この餃子式の焼き方だと、
不要に脂が茹で湯に流れることなく、
空焼きよりも水を使った方が熱伝導率が
高いので、しっかり中まで熱が入る。

理にかなってます。
つまりは、仕上がりは素材によるところが
大きいものの、どういうものを熱するに
しても、適していそうと思われるやり方。
うん、これ有用( ・`ω・´)b

こういう、特別なものを使うこともなく、
難しい技術を要するわけでもないのに、
美味しくできる、とか便利にできる技に
気付く方とか、それを知らせてくれる媒体って、
その成果の貢献度に大きく貢献されてるよなー
としみじみと。

ま、私の場合は伝聞ですがw
これ、よかったですよ♪
お試しください(^・^)

 

 

 
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
    

        こっそりこっちでだけ教えちゃう♪

          <Vol. 046【ワインバー38】>更新! 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】
 

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です