一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ハノイ小ネタ集 ~ 食べ物、風景、その他色々

ベトナム料理:ローカル
Sponsored Link

旅先で、その人の目に飛び込んで来るものというのは人によって違いますよね。今日は私がハノイで見た小さなあれこれ。そして気がつたこと、1回分のネタにはならないけど食べたものなどをアレコレと。

 

 

快晴のハノイ お散歩日和♪

年間を通じての日照時間が多くはない、とされるハノイですが、今回滞在した3日間は殆ど晴れでした(・∀・; 

 

 

暑い時期とはいえ、ホーチミンよりちょっとくらいは涼しいかな?と期待したのが鬼ハズレて暑っつい暑いっつい(苦笑) 今度はあえて寒い日を狙ってきてハノイらしさを堪能しよう。。。

ちなみに上の写真をご覧になってもお分かりになるかと思いますが、旧市街ですら、道が綺麗。車通りの多いところに行ってもこんな感じ。歩きやすい。

 

 

歩道広いし、少なくとも私が歩いていた時は、バイクが不意に歩道を突っ走ってって「こわ!」と思うことも少なかった。写真みたいな場所は道にゆとりがあるから、わざわざそんなことせんで良いってことなのか、一応お上からも「それやったらあかんで」みたいなのでてた気がするんだけど、お膝元だから厳しいのか。。。

 

 

 

旧市街には風情が満載!

 

すんげーゴチャゴチャしてるんだけど、旧市街の商店街はとても賑やかで、いろんなお店がまさに「ひしめきあってる」感じ。そしてそれらの店の前を、悠々と自転車の移動販売が通っていくのです。

 

 

うん、ホーチミンにもいらっしゃりますよね、こういう形態のご商売されてる方。でもバイクが多い気がするし、なんとなく、自転車でのんびり(かどうかは、あくまで私の受けた印象ですが)ご商売をされてる方が多かったような。中には…

 

 

天秤の方もいる!
いや、これもホーチミンにもいらっしゃいます。お食事作ります系の屋台だすのに、この天秤担いで移動されてる方。でもすぐ雨率が高かった気がするんだよなー。

 

 

色とりどりのおやつを売られてる方もたくさんいらして、圧倒て形に風情があるなーと。ホーチミンにも行くとこ行きゃぁあるんでしょうが、ハノイのこういうご商売屋さんに目が奪われることが多かった、ということは、ホーチミンでは見る機会が少ないんだろうなー。

 

 

 

知らない通り名がいっぱいあった

 

んなもん、住んでない街だから当たり前じゃん、と思われるかもしれませんが、ベトナムの通りの名前は、歴史上・文化上、著名中田の名前が使われているのがほとんどだ、と聞いたことがあります。

で、そういう方が無数にいらっしゃるわけじゃないので、南部にも中部にも北部にも、同じ名前の通りがあります。Hai Ba Trungとか、より名前が知られている方が特に重なるのかもしれませんが、例えば「ベトナムのHai Ba Trung通り」はいくつもあるので、住所はよくよく、最後まで見て、どこの地方のことかを確認しなければなりません。

紛らわしいっちゃ紛らわしいが、旅先で馴染みのある通り名に遭遇すると、ちょっとホッとしたりもします。しかし。。。

 

 

例えばこの交差点にある通りの名前とか、どっちも初耳。いや、ホーチミンにもあるだけで、私の行動範囲外なだけかもですが、耳慣れない。こういう時にちゃんと発音記号を読めるようになっておかないと、と思うのですが、南部とはまた音の加減も違うと聞くし、タクシーに乗った時とか、かなりヘタレでした(´Д` )

せめて‪Grab‬だと、文字では伝わっているので、ドライバーさんが確認してくれた時に「あ、そこそこっ」みたいに相槌も打てるが、流しのタクシーに乗る時には、形態画面でしっかり行き先を示せるようにして乗ってました。。下手くそなんで、ベトナム語。。。

 

ホアンキエム湖は以外に手軽なお散歩コース

 

なんか地図で見るとすごく大きな湖で、観光に行っても一部しか見れなかったり疲れ倒すんじゃないかと思ったけど…あれ?そんなことなかった(・∀・;

 

 

一番長いところでも700m。ってことは、ザーックリ、一周、2kmもない感じ?だったら。。。大濠公園くらいじゃん!(福岡の人以外わからんやん、そんなの…)

 

 

でもほらほらほら。こんな風景、大濠にもあるw ランニングやウォーキングしてる人もすごく多い。愛されてる場所なのねー♪

 

 

 

湖の周りの場所によっていろんな表情があるし、気がついたらくるっと一周近く歩いてました。暑い日中は勘弁だけど、朝や夕刻の涼しい時なら気持ち良さそう♪

 

 

 

 

旧市街のホテル群

 

旧市街や、ホアンキエム湖周辺のホテルは便利なのでやっぱり人気!なので、私のように、たび直前までグズグズしてると絶対取りたいところが取れないw 

 

 

ここ、ちょっと泊まってみたかった。けど満室で部屋取れず。ここの何が良いって、外観も素敵だったんだけど、上の方、見て。両脇に空間があるでしょう?これ貴重。

旧市街は細長いビルがギュウギュウに詰まっていて、建物の両脇が建物、ということが結構多い。入り口と反対側にある道路までが通じている、厚みのある建物はあるんだけど、正面から見た時の幅が薄い。

 

まぁ薄いのはいいんですが。。。両側に建物があることで、「窓がない」んです。これは苦手な方には結構辛い。幸い私はそこまでではないのでよかったんですが…

 

 

東南アジアの広々と開放的で、窓が大きなお部屋に慣れてしまうと、結構寂しいものがあった。。。というか、お日様のないお部屋、苦手。。。寝てるとまだ夜中なのか、もう起きなきゃ行けない時間なのかもよくわからんし(。-_-。)

 

 

そういえば以前泊まったハノイのホテルも窓がなかった。まぁ一人であまりこだわらず、お安いところを選んだからだろうけども、立地環境から行くと、そこそこなお値段のものでも割に窓がないとこ多そうなのでご注意を。

 

 

 

Sponsored Link*

Mau Dich Ca Phe

 

 

大興奮の豚モツ・マムトムを食べた後に行った、その近くのカフェ。

 

 

1階はオープンエアで暑いのですがw、深緑トーンでちょっとCong Cafe的な背景を感じながら、湖を見つつの一杯。

 

 

お忙しい中、井の字さんにはここまでお付き合いいただいてですね。最初は普通にカフェスダ(アイス・ベトナムコーヒー練乳入り)をお願いしょうとしたら、彼はいつもフィン(アルミのベト式コーヒーフィルター)でいただくというので真似っこ。

 

 

特にどうしてもここでないと、ということではないのですが、雰囲気が「っぽく」て良いし、豚モツ食べた後には良いし、割に知られたお店のようなので行ってきましたよ、ということで。

 

Mau Dich Ca Phe
48 Pahm Huy Thong  Q Ba Dinh
Time : 07:00 – 23:00

 

 

 

 

Dilmah の直営カフェ?!

 

どっかに移動してる時に見かけて速攻、地図メモ。うーーーーーおーーーーー。我が愛するDilmahの直営店?という確証はないのですが、そうとしか見えない造りのお店がっ(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

食べるのと食べるのの合間をむって、直行したよね。ちょーワクワクしながら。そしたら。。。

 

 

すんごい昭和な、割にやりっぱなカフェだった(。-_-。)
正直、お店に入って「わあ!!」みたいなのは一切ないどころか、かなりすすけてるので、デートに連れて行くとがっかりされること請け合いw

 

 

でも安っすいです。基本、紅茶1杯20kドン。約100円。ほいでもって、Dilmahさんから出てる、いろーーーんな種類の紅茶が飲める。

 

 

プラスαで、ミルクティバージョンがあったりフルーツバージョンがあったりもします。もちろん他にもコーヒー、フルーツジュースなどもある。

 

 

けど、あっついお外から入ってきていただくアイスティの美味しいことよ。そして何より20kドン。遠慮なくグビグビ飲める。

 

 

そしておうちで飲むのと違うのは、なんか物によっては、アイスを頼むとシャカシャカシェイクしてくれるっぽく、別にそれでどういう効果があるのかはわからんけど、ほんっとに紅茶が生きてるのよね。

じわじわ、じゃなくて、アイスシェイクで急激に冷やしてくれる、とかいう効果があるんかもしれんな。もともと、ティーバッグなのにとてもしっかり濃くて美味しい、がポイントだったので、当然ながらアイスにも向く。

 

 

ね。もう色が綺麗じゃない?ティーバッグがそのまま入ってるのはご愛嬌、というか、この店のアイデンティティだから、当然と言えば当然なのか。色気はないが、味は良い!そして安い!

 

 

おしゃれさはないけど庶民の憩いの場になっているようで、結構なお客さんが入ってました。町内に昔からある老舗喫茶みたいな感じ?

私的には、大好きなDilmahさんのカフェがあるとしれただけで大満足♪ わざわざ行くお店じゃないかも(←わざわざ行った人w)

ちなみにPC開いて作業してて、うっかり2時間以上経ってしまってたので、別のフレーバーのお代わり、いただいちゃいました。それでも40k。

ローカル食べ物サイトによると、こちらで出してるらしい麺料理が良い感じらしい。今度は食べに行ってみよう。(またわざわざ行くんかーいw)

 

Dilmah 
32 Dien Bien Phu  Q Ba Dinh
Time : 07:00 – 22:00
Spent : 40,000 vnd / person

 

 

 

 

Bum Rieu Cua

 

出してる料理が店名です。
なんだかみなぎる自信を感じて行ってみました。旧市街ど真ん中の古そうなお店。

 

 

ホーチミンにももちろんローカルで小さなお店はあるのだけれども、ハノイの旧市街内の古そうなお店は、本気で古い。そしてこちらのお店は古いと、ちょっとバッチぃ…もとい、庶民感覚溢れる感じが溢れてました。

 

 

私も普段かなりのところに行ってますが、ここはなかなか。。。店に足を踏み入れた瞬間、「お、おぅ。。。」って感じでしたが、まぁ入ったからには後には引けない。

 

 

料理はねー、小綺麗なんですよ。ですがテーブルに置かれた調味料、おそらく薄い酢水のようなソミュールに入ったニンニクあるじゃないですか。あの水分の上に妙な膜みたいなのが張ってまして。。

いや、日々使われてる物だから悪くなったからそうなってる、というよりはそういうものなんだろうとは思うんですが、お店の様子と相まって手を出せず(。-_-。)

 

 

でも料理の見た目は美味しそうよねw 味はというと、予測したよりかなりあっさりで、トマトのストレートな味が前面に出ており、懐かしいな、なんだろなこれ、と思ったらあれだ。ワインとかバルサミコとか洒落たものを一切入れない、家で作った素朴なトマトソースの味w

 

 

Bun Rieu Cuaとして、かなり長く続くお店のようだし、おそらくは正統派ではあると思うし、こういうものなのだろうなと納得させるだけのものもあるとは思うが、あえて「是非行ってください」とオススメはしないw

 

 

すんごく美味しそうに見えたこのサテ(チリペースト)も、見事に旨味がなかったしなー。でもスープがあれだけストレートにトマト出しててカニ味も極力抑えめだったから、全てにシンプルさを求めてる店なのかもね。

 

 

あ、お店のお母ちゃんは、すげー優しかったですw

 

Bun Rieu Cua
11 Hang Bac  Q Hoan Khiem
Time : 07:00 – 22:30 
Spent: 30,000 vnd / person

 

 

Banh Da Cua

 

これも旧市街にあるお店。うん、一つ前に紹介した、Bun Rieu Cuaと連勝kしました(`・ω・´)ゞ

 

 

ってか、店名、どこももちょっと捻らんかね。。せめて番地の数字入れるとかさ。。。わかりやすいけど人に説明しにくいわw

はい、こちらは人に説明したくなるお店でした♪ ローカル店には違いないし、椅子もテーブルも超ローカル仕様、エアコンなんてないオープンスペースのお店ですが、それなりに、清潔感はありました。

ってか見てこれ。

 

 

麺がっ、バンダーが!!!ツヤッツヤ!!!キッレー!!(((o(*゚▽゚*)o))) お店に入っていい?って聞こうと思うより早く、店先のこの麺にすっかっり目を取られて立ち尽くしてしまったわよ。

 

 

こうやって店先でちゃっちゃとやっていたので、当然汁物が出てくるのだろうと思ってましたら…(ってか、汁以外のバンダーって食べたことがない)

 

 

なんと汁なし!!ではどんな濃いたれが底に沈んでいるのかと思えば、全然濃くもなければ、そもそも水分らしきものがほとんど見当たらない。これどーやって食うんだよ、と思ったけれども…

 

 

ふおおおお!!これ、油そばや!小麦麺のゴッツリしたやつは、プラス油たっぷりのタレがヘヴィすぎて苦手だけれども、これは米麺。少し粗めの表園に程良い油気のあるタレが見事に絡んで、これは美味しい!!

当たり前ですが、ちゃんと味あります。まぁ濃い、という味じゃないけど、品の良い出汁。このパターンの時は…

 

 

 

ニンニクとチリの入った「酢」。私これ好きですねん。昔、長崎皿うどんに酢をかけてる人が理解不能だったのですが、いつからか、ある麺には酢が合う、って思い出したなぁ。酢はうま味調味料やからね。

 

 

酢はペットボトルに入ってるし、サテはうまいし、こら、薄味だったとしてもなんとでもなりますわな。もちろん、ヌクマムも置いてた。うん、ここはまた食べにきたい。ハノイのBanh Daはもっと色々ありそうで比較できてないからここのがどの位置のものかわかりませんが…

この時麺、2杯目なのに、ペロリヽ(・∀・)ノ

 

お店の人も、やれ、茶はあるか、扇風機の風が当たるとこに行きなさいよ、とか甲斐甲斐しい。ロンリープラネットあたりにも書かれてるのかな。西洋人のお客さんもちらほら。

一点難をいうなら…

 

 

こいつがずーっと横にいて、「なぁそれうまい?うまいん?よかったらちょっとくれへん?なぁ?ええやん、ちょっとくらい」と言わんばかりに、ずーっとニャゴンヒャゴ、フゴフゴ言ってたこと。食いにくいわっ(。-_-。)

 

Banh Da Cua
17 Hang Chinh  Q Hoan Khiem
Time : 11:00 – 17:00 

 

俄然楽しみが増えたハノイ

 

というわけで、ガツンと大ネタ的に美味しいお店もあったけども、ちょいちょい小ネタも多くって、知り合いができたというのが何より大きいけれども、ハノイ、俄然興味が湧いてきた!

ハノイ宣伝のためにスポンサーついてくれたら、これもっと頻繁に行けるのだけども(笑)、でもまた是非とも行きたいです♪

あ、あと、よく南の人の方が気さくで陽気?と聞いてたが、まぁハノイでも観光客レベルで行くと変わらないかも。みんな優しかったですよー。ただちょっとハニカミ度が高かったかな?それがまた可愛かったり(*´ω`)

久しぶりの旅行者目線。なかなか楽しい旅でした♪ また行く機会を作りたいと思いますので、ハノイの諸先輩がた、色々教えてやってくださいませーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました