一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【Ho Chi Minh・inago会】ロビンとMaSa さんのコラボ朝食で朝会を! ~ Robin Mouquet x MASA

食品

2024年3月23日からRobinを Thao Dienで!

2024年3月

後手情報になってごめーん!
Robinのパンやお菓子、美味しいけどデリバリーがメインだったり、買いにも行けるけど10区は遠くて…という方に朗報!!

なんと今日から!!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Robin Mouquet .R(@robin.mouquet)がシェアした投稿

孤高のフレンチレストラン、Herve(ごめんこれはちぇりまっぷでしか書いてない)さんと敷地を同じくする、フレンチタパスの店、

にて、販売開始されるんですって!!
えーーーっ、Thao Dien エリアにお住まいの方、めちゃくちゃうらやま!!

23日の今日がオープニング。
私はホーチミンを離れてるから行けないけど、この週末、行ける人はぜひ行って!

もちろん今後も引き続きそこにあってくれるわけだけど、オープニングの時って、景気付けというか、多くの方のエネルギーが励みになるから!!

営業時間は日中のみ

営業時間は、8:00 – 17:00(販売店舗;ブランチは14時まで)

となってるようなので、夕方お出かけの際にはもう遅い(´Д` )
のでお気をつけて。

さすが我らのロビン

覚えておいででしょうか。
The Reverie Saigonが、まだ今のような事態(トップが贈収賄で大変なことになっている)になり、レベルが低下する以前に、お声がかかって午後茶をやったことがありましたよね。

The Reverie。
間違いなくその装備ではしない位置で、国内外への知名度で行くと圧倒的なバリューを誇っていたホテル。ロビンのような職人気質の、そして誠実にコツコツやってる小さなお店に声がかかるというのは相当のこと。

実際、ひと月かけて週替わり・複数人でやってた午後茶月刊だったのですが、満席だったのはロビンの時だけだっただろうと予測(なぜなら他の回はギリギリまで集客を頑張ってたようだから)。

しかも早々に売り切れてましたからね。
そしてThe Reverieのアフタヌーンティとしては、過去最高の評価を、少なくとも私の周りでは感じ取れました。

私もそう思う。
それを頂点として、The Reverie はその後残念なことになった…というか、昔に戻ったというか。

そもそも昔のThe Reverieは、午後ちゃにあまり力を入れおらず、私も「雰囲気で楽しむ」ことを強調してたw 

が、その後日本人のマネージャーさん?もっと上のポジションだったら恐縮なのですが、その方が入られてからグイグイと力をつけ、私も何度も通ったのです。その頂点とも言える時に、ロビンにお声がかかった。

そして今回は、Chef Herve のお声かけ。
可動かはわかりませんが、あの素晴らしいギークなシェフとロビン。職人同士のいいコラボレーションだなあ、としみじみ思うわけですよ。

ロビンは、決して我が我がと前に出るタイプではありません。
そんな彼が、超一流どころからこぞって声をかけられる意味。考えなくても、わかるな?

流れを作ってこられた人

ロビンがどんなに素晴らしくても、ホーチミンでの実績がなければ、一流どころからいきなり声がかかることはないでしょう。

またロビンが活躍を始めた頃には、彼を呼ぶに値するホテルもなかったし、そもそも市場に、アフタヌーンティーのコラボレーションを楽しむ、という洋菓子の土壌ができていなかった。

そして、Chef Herveのような素晴らしい職人で、素晴らしいパーソナリティの方が開くレストランも、以前はなかった。

そういう、ほんの数年前までは世界中に散り散りで、それぞれの機がまだ熟していないピースが、徐々に徐々にホーチミンという場所に集まり、育ち、出会い、花開く。

なんというかこのニュースを聞いた時に、ホーチミンでの活動を最初から最初から目にしてきた自分は、素晴らしいものを目にしているのではないかと、半ば唖然としながら震えたものです。

ああ、気が流行る。
ホーチミンに戻ったら、早くお伺いしなければ。

この週末、ホーチミンにおられる方はぜひ、足を運んでみてくださいな♪
ロビンのあれこれ、これらの記事に書いてます。

“Robin” の検索結果 | フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん
ベトナム・ホーチミンの美味いもんが満載!

新店舗では置いてないものもあるかもですが、Robinをご存知ない方のために。
美味しいですよ(^・^)

MaSaさんとコラボな朝食も素敵!⬅︎NEW!

2024年4月

夢のコラボな入り口

と言うわけで、Thao Dienに進出したロビン。
ほんっと、Thao Dienの民が羨ましい。

で、こちら。

わーお、本当にMASA、もしくは Herve の場所所にロビンが。
なんて誇らしい。

社会隔離中にデリバリー専門でひっそりと始まった彼のペストリー達が、今やあちこちで乞われる存在に。すごいわねえ。

とか感慨に浸ってたら、

なんだって。
彼のスイーツやパンを変えるだけじゃなくて、朝食が、あるの?パンのイートインがあるってだけ?

ああ、それにしても良い光景。
Chef Herveの写真に MaSa のロゴ、そしてロビンのロゴ。感慨深い。

販売スタンド

パゴダな客席の奥の方、エアコンで気温をコントロールしてるエリアに、Mの文字。

マカロンにクリームクロワッサン、スティックタイプのミルフィーユ。ロビンの定番商品があれこれ。

そして最近は生ケーキも置いてある!
うぎゃああああっ、この日はその後動き回る予定だったから買えなかったわ。

でも Thao Dien に住んでる人たちには、これが身近にあるのね。。。う、羨ましい。。。

と言うわけで、生ケーキはまた次回にすることにして、この日はフィナンシェ買いました。ライムのフィナンシェですって。

え?この手は誰かって?

Robinに会えるかも!

こちらのブランチは日が浅いことと、朝食も提供していることから、しばらくはロビンがいるんですってー!

常時いるかはわかりませんが、この日はラッキーにも彼がいた♪
ああ、この笑顔よ。
なんかこの世の幸福を全部引き寄て振る舞ってくれてるみたいな笑顔よねw

先ほどの手は彼の手で、あれこれ説明してくれたのでした。

こうして屋根はあるもののオープンスペースなので、正直10:30を超えると暑くなってきます。

朝食は07:30かららしいです。
ちょっと早起きできた日、涼しい朝の時間にロビンのクロワッサンで朝食を。なんて優雅な。

優雅さは実はそれ以上

で、こちらがメニュー。
コンボは、シンプルにパンとドリンク。コーヒーとオレンジジュースがセットになっているのがとてもフレンチ。

それにMaSaコンボは、クロワッサンかシナモン・ブリオッシュを選んで、バゲット付き。バターにジャムにコーヒー、オレンジジュース。

Herveのコンボは、コーヒーか紅茶+オレンジジュース、バゲットにソーセージにベーコン、パンケーキ、ヨーグルト、そしてフルーツサラダに選べるサイドディッシュ。

うん、これは一人で食べられる量じゃないので、シェアがおすすめw
280kと言う金額はなかなかに見えるけど、実際には二人で分けられるから意外にお手頃。

または。

卵やサイドを選んで卵の調理法を選び、自分で組み立てられるプレートもある。

アラカルトディッシュも魅力的。

しかもこれ、MaSaスタッフが作るんでしょう?
めちゃくちゃ Worthy やないかい!!

めっちゃ贅沢や。。。

で、この絵面。
Herve’s Breakfast だけでも二人で十分と思ったのだけど、クロワッサンベネディクトの誘惑に負けてオーダー。

卵スクランブルエッグを指定したんだけえど、オムレツにw
まあよくある。

そしてこの卵の写真は色修正なし。
この卵はきっとあの卵だわね。

フルーツサラダはかなり賑やか。
だし、ボウルにたっぷり入ってて、食べきれないほど。

そしてクロワッサンン・ベネディクトは頼んで正解。
イングリッシュ・マフィンで作る一般的なものより随分と美味しいし、このソース。。。オランデーズ、ではないのかな。とても美味しい。

カロリーは忘れよう。

もちもちのパンケーキは後でやってきた。
あまり自分の得意そうなパンケーキ生地に見えなかったけど、もちもち系で、ついついムグムグ食べたくなるやつ。

バゲットは小ぶりのサイズで、ブールっぽい生地間で、たっぷりのベリージャムに美味しいバターがたっぷりと。

もう一度言う。
カロリーは忘れよう。

それにしたって、卵はとっても味が濃くて美味しいし、ベーコンも上等。MaSa さんと同等のものを使ってるかはわかりませんが、そしてドン!っとボリューミーに見える朝食ですが…

 

上等よ。
とても美味しい。

大満足のオープンエアな南国の朝食。
その上、ロビン’s ペストリーをお土産に買って帰れるという素敵すぎるThao Dienの朝。

よろしかったらお試しあれ(^・^)

inago会で朝食会!⬅︎NEW!

2024年5月

ロビンのスポンサードで!

うふふ。久しぶりの朝会。
ってか、少数人数ではちょいちょいやるけど、inago会で朝は初めて?

以前記事を書いたことに対してロビンが何かお礼を。。。と言ってくれたのだけど、このブログはお金もらっては書いてないので…と返したら、

「じゃあちぇりのお友達呼んで朝ご飯会しよう!」
と言ってくれたのでお言葉に甘えて😁

ということで、今回のベースはロビンのスポンサードです。
でももう散々書いてきてる人のことだからね。許されたし。あと読者さんのためになることなら喜んで頂戴するw

こちらはご覧のようにオープンスペースですが、パゴダ調の造りがとっても素敵。

まずはドリンクを飲みながら、「おーなかーが減った!おーなかーが減った!」と子供のように待ってると…

ふおおお!!!

なんすかこの夢のような並びは!!
今回は焼き菓子のあれこれもお試しさせてもらえて幸せ。うん、私も食べるの間に合ってないものあった。

特にこの指先でつまめるダクワーズ!!
ダクワーズの1番の楽しみどころの表面のカシュカシュ比率が、高い!!

商品名は、Coco Crackって言うんだけど、表面にココナツシュレッドをあしらってるのも特徴。

中にはナッツクリームが挟まれてて、でもこのサイズなもんだからポイポイ食べれてやだ怖いw

ヴィエノワズリーとクロワッサンが美味しいのは周知の事実。

取り分けやすいように、カトラリーまで用意してくれて本当に至れり尽くせり。

おかげで少しずつ切り分けていろんなものを食べられました。

クロワッサンにはピスタチオクリームを。
しっ。だれ?カロリーのことなんて話そうとしたのはっ。内緒っ。内緒だからっ。

 

エクストラ

ところでちょっと甘いものが続いたので、サラダは自分たちで頼みました。

こういう料理系は、Chef Herve監修のお料理という贅沢さ。

Chef Herveのお料理に関してはちぇりまっぷの有料記事でしか解説差し上げてないので、表ブログに出せてなくて恐縮ですが、久しぶりに行きたいなあ。

そしてこの日は涼しくて、私たちかなりダラダラしてたんですが、一部の方がお帰りになった後もダラダラしかかってたら。。。

Chef Herve御大がいらっしゃった!(´⊙ω⊙`)
え、ランチ営業とかしてるわけじゃないのに、こんなに早い時間にキッチン入りするの?!

そしてこんな差し入れを。

トリュフとかものケークサレ?って言っていいのかな。セイヴォリー。そうなのそうなの、しょっぱいもの欲しかったのよ。

ってかシェフ、私すっかりご無沙汰してるのに、よく覚えてくれててくださってヽ(;▽;)ノ

そんなに親しいとか言えるほど私、お店に回数行けてません。なのでこれはひとえにシェフのお人柄、シェフのご厚意の賜物。

美味しかった。。。
思わぬ特典。。。

inago会とかtamago会やってると、たまにこんなラッキーに遭遇します。必ず、じゃないのでそれを条件にお誘いすることはできませんが、お店の皆様のご厚意により、いつも素敵な会にしてもらってます。感謝(-人-)

朝会のススメ

いやほんと、ここでの朝食は気持ち良いです。
朝08:00 – 10:00くらいまでなら比較的涼しく、この日は雨の後だったこともあって、かなり過ごしやすかった。

ちょっとホーチミンには少ない環境、雰囲気、デザインのお店ですし、お料理を頼まなくても、ロビンの焼きたてパンとコーヒーでフレンチモーニングでもいい。

でもまあ、Chef Herveのお料理そのもの、とは言わなくても、監修のお料理が食べられるのだから、それを食べない手はない、とも言える。

そしてここ、旅行者さんにはめっちゃ行きにくいところなので、お連れすると

✨✨在住者感をバリバリ出せる✨✨

お店でもあると思います😆
お友達と会うにしても、朝方の1時間2時間だけ、サクッと楽しく過ごせたら、日常の所用も邪魔しないし、楽しい1日になりそうじゃない?

まだ行ったことがない方は、ぜひぜひおイオでくださいませ。
あ、ロビンの生ケーキを楽しむことも買って帰ることもできますので、それも利点。

一流の人が一流の人を呼んで作られた空間。
Thao Dienの至宝の一つ、ですわねえ😊

 


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Robin x Masa
204/20 Nguyễn Văn Hưởng, Thảo Điền, Quận 2, 
Time: 8h – 14h(日曜定休)

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました