2021年 テト休み中にホーチミンで開いてるお店はどこ?!
【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

ホーチミンだけじゃなく海外中の方へ:日本からのEMS、手書き伝票では送れなくなったそうです

ちぇり info(生活情報)
Sponsored Link

日本に気軽に帰れなくなってから、そろそろ小一年くらいたちますね。日本からの荷物を送付することで凌がれている方、多いと思いますが、EMSについてのお知らせです。

EMSを送る際のルールが変わったようです

私もお友達から教えてもらったのですが、EMSに新ルールです。

なんと、郵便局から海外に荷物を送る手段としてメジャーで便利なEMSですが、手書きの伝票では送れなくなっている模様。

じゃあどうすりゃいいのよ!
家のプリンターじゃ伝票なんて印刷できないわよ!という方、落ち着いてっ(๑•̀‧̫•́๑)

EMSで海外にものを送りたい際に取るべき手順

荷物を準備したら、こちらのサイトにアクセスします。
ええ、PCか携帯使えないと難しいかもしれません。

↑にアクセスして登録作業をしたら、PC、スマホそれぞれの操作サイトがあるので、使われる方に行って必要事項を記入してください。その後は…

PCなら普通のA4用紙に印刷ですって。伝票へのプリントじゃなくてもいいんだ。

ただし、専用のパウチに入れて荷物に貼らなくちゃいけないらしい。それは多分郵便局に用意されてるんでしょうね。とりあえず、送る荷物と印刷した送り状を持っていけば良しなにしてくれるのかと。

スマホの場合は、送り状の情報を入力した後は。郵便局にある「ゆうプリタッチ」ってので印刷するらしい。

ただ、対応可能な郵便局とそうじゃないところがあるらしいので、事前にチェックしていくと良いと思われます。(「ゆうプリタッチが利用できる郵便局を検索」という項目があるようです)

これで印刷した場合は、直接に貼り付けることが可能らしい。私もやってないからざっくり申し訳ないのですが、ともかく手書きがアウトらしい。

Sponsored Link*

どーしても難しかったら郵便局へ

これねー、スマホに慣れてる同世代のお友達とかだとチャチャっとやってもらえるんでしょうが、ご年配の方とかで、そもそもスマホもあまりされない、という方だと、ちょーっと面倒臭いかも。

どーしても難しかったら最悪、郵便局に持って行って相談したら助けてもらえるかな?と思いますが、これ郵便局員さん、しばらくの間は大変だな。。。

というわけで、なるべく上記のサイトにトライして、できるところまでやっていくようにしましょう or 荷物を送ってもらう時にはお願いしましょう。

やーっ、色々変わってくな。
お知らせしといて、いざ自分が日本に行ったらちゃんとできるかなー(・∀・;

日本にいらっしゃる方の体験談と補足

①今の所手書きも認めてもらえることもある?

記事更改後、このような情報をいただきました。

まだルールが変わったばかりで、若干の移行期間的なところがあるものの、その際に生じた不都合の保証はできない、というスタンスのようです。

そもそも郵便局で手書きは止められるか、システムを使っての印刷のものにするように指導があるとは思いますが、そこをゴリ押ししてもいいことはなさそうなので、素直になるべく可能な範囲で、新ルールに沿うようにするのが諸々スマートな気がします(。-_-。)

②荷物に送付状を貼るためのパウチは自分で注文すること?

上記で、送り状を荷物に貼り付けるための専用パウチは郵便局においてあるのでは?と書きましたが…

実際に利用した方が「次回からはご自分で注文してください」と言われたそうです。情報を入力する際に、購入申し込みをするようになってるのかな?

少量なら郵便局にももちろんあるようですが、定期的に送る場合、数が多い場合などは、事前に申し込みをして受け取っといてくださいとのこと。ちなみに無料。郵送費も国持ちなのか。えらいこと経費かけてくれるな。。。

ちょっと私自身が試してみることができないので、あやふやな感じで申し訳ないですが、もし入力される必要が生じた際には気をつけて見て見てくださいー。

 


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました