一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

日本人に不思議な形でフレンドリーな韓国系デリバリーサイトが面白い!&おいしいホットク見つけた! ~ Mr.Hotteok @DeliveryK

アジアン料理
Sponsored Link

またまた面白そうなサイトを教えてもらいました!デリバリーもしたんだけど、まず見てるのが楽しくて、ここ数日ずっと眺めてます(笑)

海外ならでは?な、お楽しみかな(笑)

こんなデリバリーサイト

以前もブログに登場していただいたErikoNodaさんから、またもや有力情報。

「ちぇりさん、このデリバリーサイトご存知ですか?」

教えてもらたのは韓国系のデリバリーサイト。ヤーッ、知らない知らない。英語対応してくれてるかなー、私ハングルさっぱりだから…と思ってたらなんと。

「ちぇりさん、このデリバリーサイト、翻訳が面白くてwww」

翻訳が。
面白い?(・∀・)

それはデリバリーサイトの評価項目としてあって良いものかどうかわかりませんが…(笑)

まあとにかくみてみよう!

アプリはこんな感じ

アプリストアでのロゴはこんな感じ。検索かける時、うっかり、Delivery K、と、Kの前にスペース入れたらなかなか出てこなかったので注意。

https://apps.apple.com/jp/app/deliveryk/id1456285291

そしてトップ画面はこんな感じ。おーっ、プロモーションなどの画像レベルは流石に翻訳されてないけど、テキストレベルのものは自動翻訳がかかってる?

そしてなんとなーく「今日は何を食べよっかなー」と迷ってる時に嬉しいジャンルわけ。ばくぜんと「何か食べよう」くらいに思ってる時って、こうやって具体的な提示してくれると、ちょっと助かりますよね。

で、ジャンルを指定すると、それのジャンルに登録してるお店一覧が出てきます。訳されていないものもあるけど、訳されてたってわからないものもあるしね。

そして予想される配達料金が明治医されてるのはいいね!「予想配達チップ」って表記になってるけど、これ送料のことですね。

あとお支払い方法もここにっ表示されるケースがある様子。多分何も買いてないところは現金がメインかな。

でも「口座振替」「クレジットカード」に対応してるところはそう表記されてる。なんかアプリ側が「現金とクレジットカード」みたいにくくるものかと思ってたけど…

お店ごとに決められるってのと、諸々オーダー実務に必要なことが一目でわかるようになってるのねー。

そして下にあるメニューバーの「配達ピック」のところで見ると、なーんと登録されてる料理の写真一覧が!

あーっ、これはまた、ぼーっと「なに食べよっかなー」って時のサジェストとしては賢い。当然気になった写真をタップすると、そのメニューがあるところに飛ぶ。

名前見てもわからなかったり、写真で探そうにも、何件もページをスクロールするよりは、ビジュアルで受アピールされた方が決めやすそう。

面白い(^・^)

噂の翻訳

そして噂の「翻訳」。例を見てみましょうか。

ま、これは英語に直せば、Promotion なのでわからないでもない。
でも自分とこの商品を「余分な」呼ばわりするのはいかがなものかw

かと思うと、韓国語がわからない人間には、突然の強そうな名前。

↑ゲマトサル海苔巻。
サクッと調べただけだと、練り物…?

かと思うと突然の打撃!
デブ海苔巻!↓

太っちょ海苔巻、都会いう訳は…なかなかでてこないんでしょうね。。。
そしてデブとストレートに言ってきたかと思ったら

オデタンとか、途端に甘えた感じの呼び方に。。。(いや単に韓国語の読みをそのままなんか充ててるのかと。。

そして突然大人な時間がやってくる。

一人妻寿司。
何だろう。昔、タウン情報誌で町井の映画館スケジュールを担当してて、その中には大人しか行っちゃいけない映画館もあり、かなりの「タイトル」を校正してきた身ですが…

初めての響き。一人妻寿司。
映画があるなら見てみたい。

なんならホラーものもありそうですよ。

奇妙な餅炒め。
星新一的な感じ。
猟奇半分は、実際に韓国映画にありそうだな。

↓奇妙な無骨鶏足とかになると、アニマル系ホラーかなとか。

↑奇妙なオドルボーンとなってくると、白骨化した鳥のホラー映画とか。。。

怪獣ものもありそうだ。
↓キングドンカス。強そう。

店名にもこんなのあった。
また、って、そんなうんざりしたみたいな店名。。さらには、2群。どないな訳や。。。

THUUUUUUUUUUUとかなってるのは、これを登録した時のお疲れ具合が想像できて、思わず敬礼。お仕事、ご苦労様っす!!

サムソンってのは、韓国では良くなる呼称・名称なんですかね。外国の人にも良く知れ渡ってるブランド名。だから、これは店名を冠した何かなんだろなとはわかるのですが…

↑サムソンちゃんぽんんとか、サムソンうどんまでは順調でしたが、泣いちゃってますね、サムソンちゃん。。。なにが、あった。。。

そんな泣いちゃったサムソンちゃんのためなのか↓「おしゃぶり」メニューもあったりします。え。。。何だろう、おしゃぶり。。。気になる。。。

そしてこちら、プレミアム店としても推されてますが、「エゴマシレギないプジョム」↓。なんだろうこの意味はわからないけどシックリくる語呂の良さ。

映画のタイトルにもなりそうだな。。。

と言う完成したセンテンス的店名があるかと思うと、メニューがいきなり数式みたいになってるやつもある。

↓「であれば、」
しかも句読点付きだ。前後を勘案すると、

マグロの海苔巻 であれば、チャパゲッティ。
意味が通りそうで微妙にわからない世界観。これ、具体化できたらシュールSFとかのストーリーができるかもしれない。

ちなみに今回ここでご紹介したのは、ほんの一例。全体店舗数はそこまで巨大じゃないのだけど、見てて飽きない(笑)

デリバリーアプリは本来デリバリーを頼むためのものですが、ここ数日はちょっとエンタメとして楽しませてもらってるw

ま、こう言う文言の話だけじゃなく、やっぱりローカルとも日系ともセレクトが違うので、知らないメニューとかもたくさんあってべんきょうになるしね(^・^)

しかしデリバリー機能がちゃんとしてないと話にならない。試しに頼んでみようじゃないか。

Sponsored Link*

注文して見た!

さて、最初はまず小額なものから、と思い見てたら…

わーい!ホットクがある!!
釜山だったかなあ。市場の近くに出てた夜店で買って食べたのがめちゃくちゃ美味しくて、それ以降、見つけたら食べたいと思いつつ、意外と自分の目につくところには現れてくれなくて…

かと言ってどうしても手作りして食べたいかと言われるとそこまででもなく食べ損ねてた韓国のおやつ!

店名が韓国語なので、狙い撃ちでは探せなかったのですが、ジャンル検索や写真一覧で発見しました。

店名、別の翻訳機で訳したら「Mr.ホットク」みたいな感じだったのですが、意味では検索ができないのでリンク、貼っときますね。
https://www.deliveryk.com/shops/1778

多国籍な方が多い土地だと、こう言う工夫があってくれるといいですな。

まず星のレートも気になりますが、あれは基準が個々人で様々なので(お腹いっぱいになったら5星な人もいれば味にこだわる人もいる)レビューの数や注文数が多ければある程度の指標になりますよね。

3000品以上の注文は、一見だけの客層ではなかなか行かない数字=リピーターがそこそこいそう=ある程度美味しいのではないかと言う期待。

そして上記の写真はどのメニューも「準備中」になってますが、営業時間外に見るとこういう表示になります。もしくは品切れの時ね。

あと画面上、一目でいろんなものが把握できるのはいいね。最近若い人の主流は、一つの店舗、一つのメニューを大きく写真表示することらしいあ、あれだとスマホ画面にぱっと見で、2、3個しかチョイスが入ってこないのでまどろっこしいんよな…

例えば文字でも、こんな風に書かれるのと、こんな風に書かれるののギャップくらい、理解度が変わる気がするんだが、そう言う見方はもうおばちゃんらしい…orz

ま、それはさておき、メニューの横にすぐ、カートにプラスできる表示があるのも良きですな。メニューを開かないとカゴにい入れられないタイプのアプリも複数ありますが、あのステップが面倒だったり。

注文時にあれこれカスタムチョイスがある際には、その1ステップがどうしても必要なんだろうけど、不要なケースも多いもんね。

ちなみに今回は振込での支払い方法を希望。すると…

注文前の内容確認画面にすでに先方の銀行口座情報が出てきて、オーダーが完了するとチャット画面に。

こちらはデリバリーアプリを通さず直接お店とやり取りするスタイル。そこに改めて、口座情報があり、口座番号をコピーできるようになってます。

銀行アプリまでは飛べませんが、銀行名さえ、自分の持ってる口座アプリで探せればあとは簡単。

えー、やり取りって言葉が困るんだけど…と思いきや、基本メッセージがそもそも日本語に訳されてるし、英語や韓国語できた場合にも各発言に「翻訳」ボタンが付いてて、それを押すと訳も表示してくれます。そしてこの訳が悪くない?!😳

一度などは、一旦口座振込を希望ということでオーダーしたものの、相手の銀行口座がこちらの取引位対象になかったため、「ごめんやで、やっぱり現金払いに切り替えて良い?」などのリクエストもスムーズに変更。

ちなみに現金払いかどうかは、お店がものを出荷する時に、お店が把握していないと段取りできない(宅配業者に代引きで依頼するかどうか)ケースがあるので、変更がある時はなるべく早めにお伝えしておあげるのが良いと思われます(-人-)

ちなみに英語構文の方が、相手の方が翻訳した時に、より的確な訳になるかな?と言う勝手な判断で返答を英語にしましたが、多分日本語でも、よほど特殊な書き方をしない限り、それなりに行けるんだと思う。

(ただ、別口で最近使ってる日英翻訳機で思うのは、日本語って主語飛ばしても通じるもんだから、それらがしっかりある諸外国言語に訳すと不確定要素が増え、誤訳率が上がるのです…)

というわけで、無事に商品ゲットー!

うっほー!ホットクだ!
これは蜂蜜が入ってるやつ。

シンプルなんだけど、生地もーっちもち!腹にたまるやつなので、ヘヴィなおやつにはなりますがw ホットケーキと餅の間の子みたいな生地でこれ、大好きなのー♪

そしてこちらはメニューに、お菓子焼き餅、とあったメニュー。
餅は、生地的な意味で把握したが、なんだ菓子ってww と思い、頼んで見たらこれ、あんこ!

トロトロ熱々の、あんこ!
おー!大当たりだ!!!

そしてこれも生地はモチモチ。

もう一つは、このモチモチ生地シリーズかと思ったらたんにホットサンドだった(・∀・)

でも見て、この焼け具合。トースターじゃなく、バターか、そう言う油脂を使ってパンフライしてる。

トースターで焼いたパンは冷めるとあまり美味しくなくなってしまうと私は感じるのですが、油脂分を与えてしっとり軽めに焼いたパンフライは、劣化が少ないのですよね。

 

中身はスパニッシュオムレツみたいな卵焼き。ボリューム満点だし、またワックスペーパーで包んでくれてるのが良い。

あーっ、なんかこれまでのデリバリー体験にない味!良い!

初心者さんには心許ないかもしれませんが

とはいえ日本語サポートがあるのは「訳」だけ。なので、ホーチミンに来られたばかりの方や、ヘンテコ訳を脳内で英語変換して見たり、単純に楽しめない方には不向きかと思いますが…

Grab でも Capichiでもない楽しさがこちらにはある気がします(^・^)

また逆に、使いなれたGrabや、日本語対応してくれるCapichiさんの使いやすさ再認識にも繋がると思うので、まあ一度見て見てくださいって感じ?

私はもっぱら自分の知らないメニュー対策や、単純に訳が面白いのでエンタメとして楽しんでますw

韓国料理は複数人で頼むことが多いらしく、ポーションが大きい=単価も高いことが多いですが、もちろんそんなお店ばかりでもなく、今回みたいにおやつだけ、みたいなところもあれば、単身用に量も単価もお手軽なお店も色々あるので、日々のデリバリーバリエーションを増やすのに是非(^・^)

印象としてはデリバリーフィーがちょっと高いかな?と言う印象。ま、7区のお店が多いようなので、単純に私の家までが遠いと言うこともあるのですが、それにしてもちょっと割高?

いえいえこのご時世、自分が外に出ていくことを考えたら片道分以下で済んでくれるのはありがたいですな。

そこら辺も含めて大人なスタンスでご利用になられると楽しく美味しくいただけそうなアプリのご紹介でしたー♪

 


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

アプリ&ホットクのお店情報

DeliveryK
https://apps.apple.com/jp/app/deliveryk/id1456285291

ホットクのお店(御免なさいハングル店名なので読み方や意味合いなどが明確にわからず。。。)
https://www.deliveryk.com/shops/1778

※Wi-FiのIDやPassはお店の都合により変更されてることがあります

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました