【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

ホーチミンで盛岡冷麺と登泉堂並みに美味しいかき氷! ~ Fuji Saryo

富士茶寮のベリーミックスシロップのかき氷カフェ
Sponsored Link

かき氷。年中暑い国に来たらどんなにたくさん食べるだろうと思ってたら、冷房効いてるところが多くて意外と食べないし、そこまで爆発的に流行ってもない。でも…美味しいところは別ですよねっ( ・`ω・´)b

シンプルな外観とまさかの内装

ひょんなことから人様に教えてもらって俄然興味を持ったので、教えてもらった翌日に行ってみた。

通りの名前はHo Hao Hon、と自分的にはあまり聞いたことが無い上に、記憶にもあまり無いエリア。でもバックパッカー街からはさほど離れていなかったので、単に盲点だったというだけか。

着いてみると、外観がとてもシンプル。探してなかったら特に足を止めようと思わないくらいには控えめ。

なんか看板が下げてあって…水曜と木曜日は学生さんたちにお得な日?この日は雨が降っていたのと午後2時くらいと中途半端な時間だったし、雨が降って肌寒かったのでこちらのお店に行こう、という話にはなりにくかったのか他にお客がいませんでしたが…

タイミングが良ければ、お若い方に人気のお店なのかもしれない。
と、ここまでは良かったが…

お、おぅ…(・∀・;
例えるならビジネスホテルのエントランスフロアに机並べましたって感じで、萌え絵がバッチリ。いや、その辺の文化はお若い方に受けてると聞くから、狙ってのものではあるんだろうけど…

BGMのアニメ系がバッチリ( ・`ω・´)b
サントラ的にセリフが入ってる箇所も随所にあって、ち、ちと私とは波長が。。。(・∀・;

でも考えてみたら全部日本語だったので、こちらの方には理解できる部分もあろうが、なんとなくの「雰囲気」を楽しめるようになっているのかも。

お子さんとかはプリキュアのセリフとか流れて来たら喜ぶのかなーとか思ったけど、普通にキャッツアイとかもかかってたんで、大きなお友達も喜ぶのかもしれない(。-_-。)

かき氷がメインのお店です

正直、カフェや食事をするところ、と捉えると店内デザインに違和感を感じますが、かき氷屋さん、と特化して考えるとこういう感じなのかなと。例えば、

⬆︎のお店も、店舗に凝るというよりは、「買って持ち出してもらうのがメインで、まぁそこで食べてもらってもいいよ」くらいのスペース。

そんなに席に落ち着いて粘って食べてもらうものでも無いし、価格帯も回転してなんぼなところがあるのかも。

それを思うと、今はなき、

このお店は絶妙だったなぁ。未だに惜しまれる。。。

で、メニューですが…

お、結構攻めてる。
Sunset Fujiというのがどうやら推しメニューらしい。
下の、このWhite Snow Fujiというのも気になった。

どうしても果物屋シロップで華やかにしがちなところ、もしやみぞれシロップとかを使ってるのかな。白、で攻めてる。かっこいい。

他のメニューはカラフルで、果物などを使ってるのが多いかな。かと思うと、黒蜜にきな粉を使ったものも。

まだまだページは他にもあったけど、キリがないので、こんな感じですよってことで。

まさかの盛岡冷麺

で、かき氷だけ食べに来るには、自分の家からはかなり遠かったのですが、こちらのお店、事前にネットで調べたら、冷たい麺があるっていうじゃない?!

調べたらなんと盛岡冷麺!!と、茶そばがあるらしかったのですが、この日メニューからは外されてました。

ま、元から冷麺狙いなので無問題。
で、ジャンっ。

おおおおおおっ、盛岡冷麺やっ。
ホーチミンで食べられる韓国冷麺より少し太めの白い弾力のある、そして表面が滑らかな独特のあの麺!

これ。。。スープとセットになってるやつかなぁ…と侮ってかかったら、元はどうだか知りませんが、ちょっとローカルアレンジをしてるのか、結構唐辛子が散らされていて、思ったよりも辛かった(・∀・;

冷たいと思って勢いよくスプーンからスープをヒュ!!っとすすったら、唐辛子が喉を直撃!エッホエッホwww

でも、辛すぎるというほどではなく、全体にサリサリとした絡みの粒子が散ってる感じ。私は好み。でも辛いものが苦手な人は気をつけたほうが良いかもしれない。

トッピングとして乗ってるキムチから溶け出しただけとは思えない、通常盛岡冷麺にはない辛みだったと思います。(好みで調味料で足すことはあるかもしれないけど)

で、温度はキンキンにまでは冷えてないけど、氷も浮いてて、ちゃんと冷たい麺になってました。このお店、おそらくはローカルの方がメイン顧客層だと思われるんですが、この麺、出てるのかなぁ。。。こちらの方、あまり冷たい麺を食べないと認識してるんだが。

麺の硬さもちょうどいい。ちゃーんとわかってオペレーションをされておられる。冷たい麺、あまり受け入れられてない分「間違った調理法」をアプライしてるとこ、珍しくないんですよね…。冷やい麺好きなので結構探して歩くんですが、ハズレが多いジャンルでもある…。

スープのファーストインパクトに昆布っぽいものを感じた気がしたのですが、おそらくそれはワカメ由来。ものすごいたっぷりのワカメが乗ってたw

やーっ、増えるワカメちゃん的なものだと思うんだけど、久しぶりや!そして美味しい!!いつか日本に帰れる日が来たら、鳴門の乾燥わかめたくさん買ってこよー!

最後の方、見やすくなったのでスープの様子を再掲すると、ね?結構チリが散ってる。

後口が長くヒリヒリするほどではないけれど、なかなか全体をギュッと引き締めてる。これ、ありだなぁ。

肝心のかき氷は登泉堂を彷彿と?!

さて、冷麺を食した後に、デザート。
というか、こちらがこの店では本来本命であるべき一品。

って、うわあっ!
一番小さいサイズを頼んだのにこれ!!いや食べるけど!!

思わず「ねえこれでSmallなの?!」と聞き返したけど間違いなし。これはSmall=80k。種類によって価格は若干違ってたけど、このメニューはRegular=160k、Large =240k。

でも…Sでこれだけって、Largeは一体どんな大きさ。やだ、友達連れて来て頼んで見たい(((o(*゚▽゚*)o)))

カップからあふれんばかりに(いやあ溢れてた)盛られた氷にはジューシーそうなベリー系のソースがたっぷりかかってて、それに優しいアクセントを加えるミルク。

見てこれ。お分りいただけるでしょうか、このベリー感。

実際食べてみると、メーッチャ、ジューシーなシロップやんけ!!!

うん、80k、安くないですよ。学生さんは是非とも半額の日を狙って行ってって感じですが、こりゃするわ。こんな贅沢なシロップ使ってたらそのくらいする。むしろやすいと私は思う!

そして何より…
思い出すのは、今治にある登泉堂さん!!

ここ10年くらいのかき氷ブーム…というか、どんどん豪華になっていく傾向が現れる前から存在し、その得意で豪華でダントツな美味しさを誇る、自家製イチゴシロップがかかった大盛りのかき氷は愛媛は今治の風物詩。

毎年イチゴの季節にまとめてイチゴのソースを仕込み、夏になるとかき氷にかけて出してくれるのですが、仕込んだ分だけのイチゴソースが終わるとこまでが販売期間。

だから毎年付近の人らと「まだあった?」「まだあったよ!でもいつ頃くらいまでかもって情報が…」みたいなのが、8月半ばくらいになると飛び交ってた。

店に行っても行列必至。暑いさなかにさらに並んで暑い思いをして食べるあそこのイチゴのかき氷はそりゃもう、絶品だったのですが…

これ、シロップの風合いは結構近いっ。そう、この果物そのもののジューシーさを氷に染ませてもなお楽しませてくれる贅沢感が、とても近い!!なんてことだー!!!これを、これをホーチミンで食べられるとはー!!!

氷はご覧の通り、台湾式というほどふわふわでもない。また雑に削ったり水の質がよろしくないというわけでもない。多分これはこういうスタイルの氷。

見た目より重くないし、ふわふわ過ぎるのより、「かき氷食べてる!」という実感があり、ソースとの一体感が素直に感じられて、私は好きだー。

果物を直接乗せたりするには、あのふわふわが美味しいけどもね。

そしてトップだけでなくちょっと上層部にも咬ませてあるミルクが素敵。ちょっとした舌休め。おそらく色々あるメニューの中でも、さすがイチオシ、これ、すごくコンビネーションが良いわ!

というわけで、「ひゃー!大きい!」とか言ってたくせに、瞬殺っ(๑•̀‧̫•́๑)

一番大きいのは流石に冷麺後には難しかったかもしれないけれど、多分、Regularサイズだったらいけたな、自分。

家からちょっと遠いけど、愛媛の今治に出向く事を思えば「ちょっとそこまで」の距離なので、ここはまた是非行きたいと思います!

いやーーー、盲点でしたー!!!

 

更新情報その他はFBで!
https://www.facebook.com/cheriaatw

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

お店情報

Fuji Saryo(富士茶寮)
44A Ho Hao Hon Q1
Time : 10:00 – 22:00 
Spent : 200,000 vnd  / person(冷麺とかき氷食べてます)

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました