アプリで簡単、日本語対応!! KameMartネットスーパーで、毎日のお買い物を質良く便利に!

ホーチミンに異色カジュアルダイニング登場!!日本人のお客様向けキャンペーン! ~ Cục Than Bistro

その他の国
Sponsored Link

ホーチミンの新規のお店に行く際に、◯◯料理であるかは確認して行くわけだし、お知らせする際にも明確にするのですが。。。

ここはさぁて、何料理だ?(・∀・)

Googleマップに正しく登録されてないので気をつけて

場所はPhu Nhuanなんですが、通りの名前を全く聞いたことがなく、且つ、Go Vapに近いエリア。え。あの二つって隣接してたっけ???(・∀・;

未だにホーチミンの地理がよくわかってません。。。そしてこちら、Googleマップで店名で検索すると、違う場所に登録されてます。‪Grab‬を使う際には、必ず住所で行き先指定してください。それにしても。。

全く来たことがない通りだし、名前すらも聞いたことない。他路地と変わらず、小さなお店がたくさんあるのは「よくある道」と言えるかもしれませんが、全く土地勘がない(・∀・;

でも間違いなくこちらのお店。一応修正案は出したので、近いうちに修正されることを切に願う。。。

 

キャッチーな店内

一歩入ると、あら素敵♪
周辺のローカル度合いからは予想ができないポップさです。

カウンターバーなどもあり、ドリンク類はここできっと作られるのね。こう言うカウンターがあると、気楽な感じがして良いですよね。

そして2階はこんな感じ。シンプルですが、程よくスペースもキープしてくれているので居心地が良い。

とってもスッキリしてるんですけどね。

あとテラス席も!日中はさすがに暑いかもだけど、これからの季節(年末年始に向けて)夕涼みには気持ちいいかも!

失礼ながら、あまりに周りの環境からは想像しがたいほどの素敵なインテリアだったので、これどなたがデザインされたんですか?とお尋ねしたら、なーんとこちらのお店の企画運営をされてる若きオーナーさんが全部一人でやられたんだって!(´⊙ω⊙`)

知ってる、ベトナムでは時々「お店を開く!」となったら、経営とかだけじゃなく、デザインから施工まで全部自分でやっちゃう人がいるってこと。でもここまでやるかー!(笑) しかも若いし。びっくり。

この個性的で素敵なカトラリーや、その後出てくる料理が盛られたお皿なんかも、ぜーんぶ彼のセレクトなんですって。お料理はシェフが別にいらっしゃったから、レシピなんかは共同考案なんでしょうが。。。

ほとんどのことをご自分でコントロールされてる印象。スッゲー。

興味深いメニュー

まだオープンしたばかりなので、今後このメニューは変わって行く可能性があるかもですが。。。

Protein Loverのセクションにあるトップメニュー。Chocolate Glaze Drumstick。なにそれ、気になる。お値段もほどほどだから、きっと量も少なめだろうし、行っとくか。

ラストの、Coffee Crusted Tenderloinってのも気になるな。ベトナムらしい採用ではあるけど、なかなか他では見ないメニュー。

お米や麺のセクションでは…?
Takesumi Risotto。はい?(・∀・;

ちょっと色的に目先の変わったものをと言うことだったら、イカスミ使いそうよね。でもタケスミ…そう言う呼び方の食材が出回ってるんですかね。

あとここ、ビーフウェリントンがあるのですよ!!さすがに予約なしでは難しいお料理だろうから、これは次回に回しますが、以前これと同じメニューを見つけてトライしたお店のは、ちょっと残念だったもんなー。こっちに期待。

で、このお店、かなり期待できるかも?と思ったのが、デザートの最後のチョイス。

Cocolate Chorizo と 赤ワインのコンビネーションがある!
あー、こんなのメニューに載せるってことは、お店の人これ相当食べ混んでるし、チョコチョリソーを美味しく作れる腕もあるってことよな。期待値上がるわぁ!!

オリジナルレシピが魅力的なお料理!!

さて、実食。最初にリゾットが出てくるところはベトナムっぽいのですが(これ、地中海料理的には別におかしいことではないらしいですね)

タケスミのリゾット。

イカスミのレシピほど黒くはなく、コメも長粒米ではない感じ。想起されるのは「おじや」的なテクスチャーで、非常に優しく、これ日本人好きな味や、と。

上にゴロゴロのっているホタテの貝柱のソテーも非常に適宜な調理をされてて、しかも量が踏んだんんです。ちょっとちょっと、これ900円くらいだったよな。かなりお値打ち。

コーヒークラストをつ使ったテンダーロインは、見た目、コーヒーが使われているとはわかりにくく、且つ、ブラックペッパーの方が目につく感じ。で、食べてみると…?

ひっじょーに柔らかいお肉には旨味が十分に詰まってて、ステーキとしてまず優秀。ってか、これも千円ちょいなのか。。。

肝心のコーヒーはどうなのかと言うと、正直言うと、コーヒーの面影はあまり感じなかった。ただこうも言える。あまりに胡椒やその他のスパイスと一体化しすぎてて自然に感じられた、とも。

コーヒー、と言う素材の部分に関しては、そこまでインパクトがなかったけれども、料理としては、とても千円のレベルじゃない。そしてこれがただ「焼いただけ」のものでないことは強く伝えておきます。センスいいぞー。

そして。
こいつです。

ちょっと焦げ気味に見えるかもしれませんが、チョコレーグレイズのドラムスティック。って。。。

でっかーい(・∀・; 
もうこれ、七面鳥くらいでかいニワトリだったんじゃないか(笑)

これは750円くらい。量的には、これが一番ボリューム/コストがある。でもまぁ問題は味だ。それが良くなかったらなんの意味もないのですが。。。

周りの黒く焦げたように見えるのは、使っているチョコレートなどを加熱した時に生まれる必然であり、調理の不備ではありません。

それが証拠に、焦げの苦さではなく、チョコレートの大人な苦味がサクサクとしたテクスチャーとなって皮全体を覆っています。それと真っ向対峙するように、中はプルップルにジューシーなお肉!!

よく知る美味しい鶏肉の味わいに感じる親近感と、なかなか組み合わせないチョコレートの風味、しかしチョコレート自体は知っていて、しかも実に効果的な使い方がされているので大きな混乱はなく、それでいて新鮮。

呆れない程度の、程よいサプライズ感がここにはあって、料理として実に面白い!!!

驚きすぎることがあるとしたら、この価格帯で、そしてこのカジュアルな環境下、エリア特製の中でこんな料理が生み出されていることかしら。

 

「最初はステーキハウスにしようかと思ってたんですが…そんなの、今のホーチミンにはたくさんあるじゃないですか?特に繁華街にあるわけじゃないし、やるんだったら、ここに来ないと楽しめないような、自分たちだけの料理を提供したくって!」

 

とは、オーナーさん談。シェフも後から出てきて卓を囲み(ええまだお客さんがほとんどいなかったんですw)お料理の話などをしたのですが、ヤーッ、オーナーさん共々、若っかーい!(・∀・; 

若いからこその意欲と発想と、それを実現させるだけの着実に積んで来られた実績がこのお店の柱になっていると、私は見たのですが、お店の皆さん実に清々しく、しかし料理への情熱は熱く、謙虚でありながらやるべきことへのベストを尽くしている自信が感じられ。。

実に気持ち良い。心地よく敬意を持てるし、それは「若いのに」などと言うハンデがなくても向けるべきものであり…

何でしょうね。お若い方がこんなに誠実に料理・飲食店に力を注いでいるのを見ると、実に頼もしい。母ちゃん、ついつい応援してくなるよ。

 

デザートもお忘れなく

お料理だけでなかなかお腹がいっぱいだったのですが、どうにもさっきのデザートの組み合わせが気になってならない。しかし酒を飲む空気でもなかったので、お店の方にお任せしたら。。。

おお!!チョコレートチョリソーが付いてた!!ヽ(・∀・)ノ

チョリソーってのはあれですね、スパイスが効いたスペインのソーセージ。これはそれを輪切りにしたものに「見立てた」もので、決してチョコレートを入れたソーセージではないのですが(笑)

しっとりとしてクッキーとはまた違う。程よいナッツ感があり、口溶けも良く、なるほどこれは赤ワインに合うなと。

そして右奥にある、小さなアイスキャンデーみたいなのは…?

ホワイトチョココーティングを施した、ギモーヴ!!!ベリー感たっぷりのマシュマロなんですが、これが美味しい!!

えらく洒落たデザートを出すもんだな?と思ってたら、なーんと、ここのオーナーとシェフは二人ともお若いながらに海外でも経験を積まれていて、その時に得たコネクションに…

何と14歳で、Master Chef Junior Russia 、つまりロシアの料理の鉄人のジュニア部門で優勝した、Sofia Ponkina さんがおられ、彼女と共同でレシピ開発をされてるんだとか!!

上の、インスタリンクに飛んでもらえると、今回のこのギモーヴの写真も載ってました!これは。。今後この店、デザートに関しても楽しみだな。

お店に彼女はいませんでしたが、ベストスーツを着たロシアの青年がデザート担当&諸々のマーケティングなどでおられて、実に説教的に日本料理についてとか、日本人のデザートに対する姿勢などを訪ねて来られて…

息子みたいな歳だと思うんだが、とてもそうは思えない敬意を持つべき集団だったし、あれですよ。なんかこう、どんどん前進している感じがビンビン伝わって着て、実に心強い!!

何より、大変なことが多いであろう中、思いっきり楽しんでいる様子が好ましい!!

正直。。。場所はよくないです。特に日本人には、未踏の地だと思われる方も多いはず。だから彼らの勝負は実了頼りになりそうですが、ワタクシ、目一杯応援したい。

店を出る時にはすでにその思いが非常に強く、せっかく足を向けてもらうなら、この周辺に何か他にも楽しんでもらえるものがなかろうか、と探したところ、あったあった!!

と言うわけで、別記事でご紹介します。Cuc Than BISTROに来たら合わせて楽しんで欲しいネタ!しばしお待ちあれですよー!!

Beef Wellington、スッゲーぞ!!

(2019年12月5日)

さあすでに更新です。こちらのお店に行かれた方は気づいたかもしれませんが、入り口の窓に、とある料理の写真がドーンと飾られている。

ご自分がこのポジションにどんな料理を飾るか、というのを考えたらご想像いただけるかもしれませんが、推し、と考えるのが順当ですよね。しかもこれ、私が大好きな料理。ビーフウェリントン。

覚えておいででしょうか。

こちらのお店で見つけた時も、予約金払ってまで食べたメニュー。で、上のお店では外したのですが。。。さもありなん。そんな簡単に安く食べられてたまるもんか、この料理が。

しかしそれをやるという。
この料理はとても時間がかかるし、お店によって仕込みの時間は違うので、2日前までに連絡を入れてしっかり予約。最低でも24時間欲しい、と言われていたので、できればそれ以上のゆとりを持ってお伝えた方が、仕入れからシェフに楽しんでもらえますよね。

あ、そういえば。。。

ほんの一週間くらいの間に、メニューが進化してました。
使ってる素材も良いものだし、写真もセンス良い。自分があまり出向いたことがないエリアだったから、もっと素朴なイメージを持ってたんだけど、やりおる( ・`ω・´)b

全部のメニューの写真があるわけじゃないけど、イメージがしやすくてありがたいですよね。

そして写真が良いと、ただメニューを開いているのも楽しかったり。

そういえば、最初に来た時に、オリジナルのカクテルも試してみて欲しいと言われてたんだった。2回ともちょっと飲むタイミングじゃなかったのでまだ試してないけど、夜も飲みに来ないとなー。

ひとまず、人を待ってる間に、シェアリングプレートの小さいもので場つなぎ腹つなぎ。

シーフードのケイジャン風なんだけど、やっぱりソースが凝っている。美味しい。旨スパイシー。

パスタやリゾットが一番に出て来るのはイタリアン系の影響なのかもしれんが、日本人的にはちょっと驚くw どうしてもシメに持って来たい人はオーダー時に伝えるといいと思う。

そして別の肉料理を食べに行ってるのに、やっぱりこれは外せない。ってか、一緒に行った人に食べてほしくて、頼んじゃった。チョコレートグレイズドのドラムスティック。安定して美味しい。

そ・し・て。

うおっほー!!
あ、ちなみにこれ、通常の倍くらいあります。そういうオーダーです。メニューにある2ポーション分だと、もっとぐっと小さいです。が、すごい迫力!!こら仕込みに時間かかるわ!!

静止画でもう一度。

枕?(・∀・)
間違いがないよう、再度言いますが、これは体感4ポーションくらいある量です。通常はこれの半分くらい。ただし事前予約の際に、Can you  make it for 4 person?などとサイズ指定をすれば、このくらいまでは大きくしてもらえそうです。

大きさに限界がある料理だろうっと思われるので、10人分とかって場合は、2つに分けてですねw

あと、これしか頼まないなら人数分量でいいのですが、もし他にも頼みたいものがあるなら、人数ー1人分くらいでいいかも。最低ポーションは2人前からなので、それ以下には出来ませんが。

断面図。下に肉汁がジュワッときてるのわかります?そして火の入れ具合も完璧です。

周りのパイ生地は程よい厚さに整えられててモサつくことがなく、肉との間にはキングマッシュルームのソースが、たっぷりと詰められてます。

通常、ビーフウェリントンはスライスしたのちにたっぷりのソースをかけて食べることが多いのですが、こちらではソースなし。おや、と思ってたら。。。

うんまいんだわ。肉がしっかり仕込まれてるのと、絶妙な火加減。キノコの旨味。ご想像の通りパイ生地があるので、スタッフィーではあるのですが、ソースがない分、味覚的・胃の負担的に優しいのもありガツガツいける。これは美味っっ。

ってか、この料理をガツガツ食べられる幸せよ。。。

少なくとも英語ができるスタッフがいるので「必ず予約、出来れば2日前に予約」してお楽しみください。1日前でも受け付けてくれるとは思いますが、24時間は欲しいだろうから、ランチに食べたいなら前日のランチタイムまでに( ・`ω・´)b

もし、英語での予約はちょっと。。。っていうときは、LINE@から私に連絡いただければ予約代行いたします。そうまでしてでも食べて欲しいわ!

シェフとひとしきりお話ししたんですが。。。なんと、すごいことが判明。こちらのホールを担当している方は20代後半で予測が当たってたんですが、前回もお話ししてとても落ち着いてて非常に感じがよく、かつこれだけの仕事をするセンス研技術があるシェフは。。。

まさかの21歳ですってよ!!(・∀・;
もう今年一番の驚愕。若いから、経験がないからまずは勉強から、10年後には店を持って…と段取るのも悪いことじゃありませんけど…わぁ。。。21歳でもうご活躍!そしてお店の他の方とも実に良いタッグを組んでやっておられるんですよね。

すごいわ。私、21歳の頃何してたかしら(苦笑)

このパスタ食べてー!!このチーズも食べてー!

なんだかんだで、あのチョコレートグレイズどのチキンを外すわけには行かず、なかなか新規開拓が進まないのですが、まずはビーフサラダ。

サラダっつーか、もうこれステーキ。薄く切られてはいるけど、味わい、その食感、クオリティ的に素敵と言って良い。それにワッサリお野菜。

バルサミコベースのドレッシングも程よくてですね、これ、なんかヘルシーな感じで良いですわよ。炭水化物は欲しくないなーって時のライトランチに、まぁピッタリ。

そしてこいつだ。モッツァレラ。サラダ部分にはトマトやレーズンが散りばめられてて、ドレッシングがシンプルなだけにおしゃれな感じ(^・^)

そしてこのモッツァレラがなかなかの物。たまにゴムみたいな味気ないのがあるじゃないですか。ではなくて、モッチョモッチョと食べる際にとってもミルキーな感じがして良い。

そこにキュッとバルサミコ。もしくはしっかりとした味のお野菜がアクセント。軽くすませたいときは、このモッツァレラサラダだけでもいいかもしれない。

いや、さっきのステーキサラダと一緒でもいいな。ダブルサラダのボリュームランチ。ボリュームあるけどお腹にライト。しかもこれ、どっちも500円くらいじゃなかったかな?

500円のサラダはあちこちにあるけど、この味的ボリュームとバリューがあるサラダは貴重だと思うわー。お得に美味しい(^・^)

そして今回のゴリ押しはこれ!!
このパスタ!!!

超美味しいー!!!
もう運ばれてきた時からの香りが尋常じゃない。チーズや香草系もだけど、ガーリックとハマグリの香りがガツーンとしてて、たまらん!!もう香りで白ワインが飲めてしまう!!

何より見てよ、この様子。

とろりとしているオイルソースの見事な乳化。これがパスタ全体にマッタリと絡む秘密。なんちゅーか。。。

仕上がりを見るごとに、一つ一つを丁寧に、っていうか、道理がわかっており、その上で研究して自分のレシピに到達し、首尾よく手際よく作っていらっしゃるんだろうなというのが鮮やかに見て取れるお皿。うまい、これ本当にうまい。

もうね、喉を滑り落ちるように吸い込まれてく。美味しい。そしてこのソースが少し皿に残ったんですけどね、とても無駄にする気にはなれずに、パンを頼んで、最後まですくい取っていただきましたよ。うまし!

2020年5月24日〜日本人のお客様にスペシャルお試しデザートプレゼント!←New!

(2020年5月22日)

さて。お久しぶりのこちらのお店。
コロナの後、「どうしてるー?」みたいな感じでSNS越しに連絡を取ってたのですが…

「ちぇりさん、こんなの作って見たんですけど、どう思います?」

と、デザートの新作を紹介してくれたので、早速Grabでデリバリー。いやほんと便利よね。お店でもデリバリーでもクオリティの変わらないものなら、家に居ながらにして試食ができる。

正直、すごい時間がセーブできますわ。以前だと、お店まで足を運ばないと意見を言うことできなかったし、その一方で好きなお店の新作となると気にもなるから、時間も交通費も費やしてたもの。

で、これなんです。

ローカルのデザートとして見たことありませんか?ヨーグルトと穀類を甘く煮たものを合わせたやつ。でもここのシェフのレシピを考えたら、ありきたりのものを作るわけはない。

のでとても楽しみにしながら食べて見たのですが…ヨーグル、ト…??だとは思うのですが、もっとミルキーでフワフワというかトロトロしてる。優しい優しいお味+あずき…?

「いえ、それはViolet Riceなんですよ」

えーーー!!何かこう、小豆の皮の部分のような食感もあって、中も豆のようなふくよかさが…でも、米?!悪いが私は米とヨーグルトを合わせる趣味は持ち合わせてな…

(あむあむあむあむ)

おいちい(。-_-。)
なんで。なんでヨーグルトと米のコンビネーションが美味しいの?似てる量産品を食べたことあるけど、あれはこんなにマッチしてなかった。

タイの、餅米+ココナツミルク+マンゴーのデザートにも慣れる時間が必要だったから、このヨーグルト+米にも慣れただけかもしれないけど…いや、やっぱりこれはちょっと違うな。別格だ。

それでもここまで読んで、まぁ別にこれいらんわーと思った人、多いんじゃないかと。正直、お店の人も私に食べさせるの、恐る恐るだったみたい。日本の食文化にはない組み合わせだと知ってるから。そして実際私はこの組み合わせにこれまで好意的じゃなかったのだけど…

食べてみたら変わるかも!
ってことで、日本の方にもベトナムのこのデザート知ってほしい!ってことで、お店に来てくれた方全員にお試しプレゼントしてくれるそうです!

で、いくら使ったらいいの?と聞いたら、No Conditionで、だそうです。いやいやそれはあかんやろ、せめてほら、ランチセット、とか200k以上、とか…

「いや、立ち寄ってくれたら別にこれだけ食べてってもらっていいですよ!知ってもらわないと好きか嫌いかわからないじゃないですか!」

私は、それはないんじゃない?って止めましたからね?それでもこんな時期だし、ちょっとでもお楽しみがあったほうがいいじゃないですか!ってことで、お店が提供してくれるそうです。いやそれどうよw

ちなみに、本来なら1つ35k。お店に直接言ったら、Grabでデリバリーしてくれると思うので私はそれで楽しもう。お店に行ったら私も日本人なので(だよね?)食べさせてもらうっ(๑•̀‧̫•́๑)

あ、お店への連絡は、FBからか私経由でも連絡取れるんでなんでも言うてくださいねー。かあちゃあん、若い子たちのこの店、全力応援するつもりなんでw

と言うわけで、お店からのご厚意、お伝えしましたからねっ。よかったら付近に行った際、試してみてくださいね♪ってか、ご飯もめっちゃ美味しいからなんか食べてって。マヂで美味しいから。詳しくは前回までの記事⬆︎⬆︎⬆︎をどうぞ( ・`ω・´)b

※周辺情報追加しました!!

せっかく珍しいところに行ったのなら、他のお楽しみもあった方が良いかな?と思い、こちらのお店周辺で見つけたものを描いて見ました!

ホーチミン中級者以上向け?ローカル散策!Cuc Than BISTRO周辺のお楽しみ! ~ ATOOBEE / ローカルマーケット
さて、先日お伝えした、 こちらのお店。ついつい入った力が伝わったようで、いつもにもましての反響をいただき、嬉しい限り。ぜひ行って見て欲しいのですが、なんせ馴染みが薄い上に、少しだけ離れてもいるので、「ついで」情報をお伝えしてお...

ホーチミン市内にいながら、ローカル再発見。楽しいですよ!

 

お店情報

 

Cục Than  Bistro
306 Nguyen Thượng Hien, Q. Phú Nhuận
Time : 11:00  – 22;30
Spent : 400,000 vnd / person

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました