一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【Grab Food】ホーチミンでハノイの酒のアテを食べる! ~ Bun Dau Homemade

ベトナム料理:ローカル
Sponsored Link

Bun Dauは北のハノイで有名な料理。以前にもご紹介したことがありましたが、これが酒のアテにぴったりなので、一人飲みの夜、頼んで見ました。うん、やっぱりこれ旨い!

Bun Dau はベトナムの珍味として賛否両論?

このBun Dauという料理。Bun=米の麺、Dau=豆=豆腐や揚げ豆腐などを使っていることが多い料理で、間違いではないのですが、主役は、Mam Tomという、エビを発酵させた調味料。

これに米麺を押しかためてブロック状にしたものや(米でいうとおにぎり的な?)揚げ豆腐、野菜をつけて食べる料理。このマムトムってのが、非常に臭気豊かで、慣れぬ人外国人が苦手とするベトナムの味としてよく取りざたされます。

しかし考えて見てください。エビに塩を足して発酵させてる、他の材料はほとんどない、となるとこれは、旨味の塊です( ・`ω・´)b この旨味に一度魅入られると、もう食べずにはいられない。他の旨味では代用が効かない独特の味。

ただし、かなりの塩分でもあるので塩分制限、またエビが材料であることから尿酸値が高い方にも要注意ではあるので、あまりご年配の方はしょっちゅう食べない方が良いかなーと思いますが、旨い。この誘惑凄い。抗いがたい。

ちょい飲みの時には茹でモツで!

さて、この年末年始の連荘アテンドを終えてグッタリだった昨日。昼もいつの間にか気絶して気がついたら夕方。これは何か食わねばならぬと思うものの、キッチンに立つ気力もないし、食欲も大してないので、なんかちょっとビールのあてでも…と、いつものGrab Food(宅配)。

そこでちょうどいいもの見つけました。以前店舗に行ったことがある、

こちらのお店のデリバリーがある。デフォルトは、先ほど述べたようにブンやら揚げ豆腐やらお野菜の盛り合わせとなるのですが、今日は「つまみ」という一点で絞り込み、

Long Heo Thap Cam Luoc

というメニューを頼んで見ました。

Long heo=豚の内臓? Thap Cam=色々 Luoc=茹でたもの。おー!!ハノイで食べたやつやんけ!

しかし私は知っている。ホーチミンの店でこれを頼むと、イマイチなことが多いんだよ。しかし店舗で普通のBun Dauを食べた時は美味しかった。あのお店の手入れだったら間違い無いのではなかろうか?と期待を込めて、デリバリー。

Sponsored Link*

デリバリー特価な容器が意外としっかりしてました

で、到着。

あらやだ、凄いしっかりしたデリバリーボックス。以前は透明な容器にざっくり材料入れただけのものが多かったけど、最近はデリバリー容器もあれこれ工夫されてますなぁ。

って…

しんちゃん?!(・∀・;
子供が食べれるんかいな、マムトム。。。

いやでも食べれるんやろな。マムトムの正しい食べ方を教えてくれてます。曰く、マムトムには添付の柑橘を混ぜてやね、なんならお好みで砂糖を入れてよく混ぜて食材つけて食べてください、とご指導くださっている。しんちゃんが。

というわけで、インストラクションに従いますよーっ。
しんちゃんがすなるマムトムなるものを、ちぇりもしてみむとてするなり( ・`ω・´)b

しんちゃん先生、どうでしょう!?
ちなみに私は最初から砂糖は入れません。まず柑橘とマムトムで楽しんだ後に、徐々に砂糖を入れて違う味を楽しむのが好きです。

日本だと手元調理で砂糖と塩を使うことは少ないですが、ベトナムではこのバランスを上手に使う料理が多いですね。

砂糖と塩?!と意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、餅につけて食べる砂糖醤油だって塩気と砂糖、ハムの仕込みにも砂糖と塩、パンだって砂糖と塩のバランスがないと美味しくなりません。これをもっと直接的に楽しむ場面が多いのが、ベトナム料理ですなぁ。

で、中身はこんな感じでした。

豚モツオンリーw
いや、それを包んで食べるしそとかは、右の仕切りのところに結構詰まってたんですけどねw

しかしそれにしても。。。女子一人の食卓とは思えない光景…ですが知ったことか、こっちは疲れとるんじゃ。ビール飲みたいんじゃ。さあ食うぞ!

絶妙豚モツ色々つまみ

茹で物は、暖かいまま空気に触れてるので、蒸気が上がるとともに多少の乾燥と変色が見られているものの、今までホーチミンで食べた中では一番美味しい!?

上はレバーの部分ですな。しっかりと茹でられてる割にパサつきがなくて味わい深い。

韓国のスンデのように、餅米や他の内臓、多少の血液を腸詰めにして茹でたものもある。これがまた滋味深くてねぇ。血液、と聞くと「寄生虫とか大丈夫?」と思われるかもしれませんが、ここのはガッツリ茹でて加熱されているから大丈夫。

どこの部分やろ、この軟骨もコリュッコリュして大変美味しい!!マムトムの塩気等旨味、かなり強いので、食材もこのくらいガツンとしたやつが合わさると、なんとも言えない恍惚感が引き出されます。うっとり。。。

あと驚いたのが腸の部分で、手入れが本当に素晴らしい。それが業者によるものなのか、このお店によるものなのかは不明ですが、旨みはしっかり残しつつ、でも雑味が混じらぬよう、丁寧に掃除されていて、ベトナムのモツの扱いに改めて感服した次第。

ちなみにビールも美味しいが、この味は焼酎なんかにも確実に合います。もちろんNep Moi(ベトナムの米焼酎的なもの)なんかにもバッチコイ。

決して決しておしゃれな席に持って行って「キャァ素敵♡」とかいわれる料理じゃありませんが、酒とちょっとしたうまいもんがあればええねん!というこの日の夜のような時にはピッタリ!

ああ、これが自宅で手軽に食べられる幸せよ。クセはあるけど、マムトム、うまああああい!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ 食べるんだったらこの店、おすすめ!

お店情報

Grab Food
Bun Dau Home

お得なクーポン、ブログでは書かない小ネタなどなど!!

ご登録お待ちしてます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました