一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンの隠れビストロ ~ Baravin

フランス料理
Sponsored Link

ホーチミンで人気のビストロ店の一つ、Cocotteさんの上にバーがあるってご存知ですか?って、昨年のうちにできていたのでご存知の方も多いかもですが、今更ながらのレポでございます!

 

 

隠れ家的なスペースに こんな素敵なビストロ・バー

 

みんな大好き、Cocotte さん。

 

ホーチミンにあるビストロの中でも特に気軽に、価格的にも気を貼ることなく楽しめるお店として、すっかり定着した感がありますよね。

現在、本店のあるベンタン市場近くの店舗とNguyen Thi Minh Khai の店舗がありますが、今回ご紹介するのはベンタン市場近くの店舗の二階です。

1階のCocotte さんには大抵お客さんがたくさん入っているのですが、そこをズンズンと奥に入って階段を上がって行くと…?

 

 

 

はいかっこいーっ。
環境としてはビル群の中に吹き抜けてきスペースがあり、そこの一辺にこちらのお店があるって感じ。

 

 

半屋外というか外席もこんな感じで、デザインはキッチュなんですが、古いビルに取り囲まれた中庭的な空間がベトナムチック。そもそもCocotte さんがあるヘムが雰囲気ありますものね。

 

 

えーっ、これから暑くなるからエアコン効いてる席が良いーって方は、屋内席もあります。バーチックなスペースもあるけど、テーブル席も。

で、見てたら、テーブル席はテーブルが狭いせいか、ハイティータワーの原理を使って、テーブル上にシェルフ置いて料理を並べたりしてたんですよね。ちょっとこの写真じゃ見づらいけど。。。

 

 

これ、やりたい(๑•̀‧̫•́๑)(どういうモチベーションだよw)

ともあれ、なかなか素敵な空間なのですよ。

 

 

お店のサク飲みコンセプト

 

で、ここのコンセプトが、一応料理はココットさんと同じものを提供してもらえるのですが、特に料理を頼まなくても良い。会社帰りに気軽に寄ってサクッと飲んでてってもらいたい、というコンセプト。

だから昼過ぎからココットと同じにお店を開けてて、22時〜23時くらいまでの時間でさっとしめる、ダラダラしないバーなんだそう。

長居してもらってもそれはそれでいいのだけれども、気軽にちょっと立ち寄ってくれるのを何度もやってもらえる、そんな居心地の良いお手軽バーを目指してるんだとか。その気持ちはここに現れてますねっ。

 

 

ちょっと暗いんですが、メニュー。これのボトルのところを見て見てください。なんと550kからある?!(´⊙ω⊙`)

ええ、もちろんん頼みましたとも。で、これが悪くない。なかなか美味しい。というか、そもそもこちらは Cocotte さん関連のお店。フランス人がオーナーさんです。しかもとても誠実な。

 

 

彼がいい加減な保管のものを出すことは考えにくいし、万が一、彼の管理の及ばないところで何かあっても、言えばきちんと対応してくれること間違いなしなので、これは安心して頼めるでしょう。

ホーチミン、関税の絡みか、日本に比べるとなかなかワインがお高いので、これくらいで提供してもらえるのはめっちゃ嬉しいですよねー♪ ちなみにスパークリングも620kからある。神か。

 

 

お料理はちょい飲み用に良い小さなポーションのものと、Cocotte さんからのお料理を楽しめます。

 

 

 

ちょい食べも、がっつり食べもどちらもできる便利なお店。なんならデザートも充実なので、ワインとスイーツ、とかいう組み合わせもありかもね。ここのスイーツ美味しいからさ。

 

Sponsored Link*

ラクレットがありますの!

 

で、ここの何が嬉しいって、ラクレットがあるんですよ!!ラクレットといえば今は亡き、

 

 

Swiss House さん。あそこのラクレット美味しかったなぁ。。。以降、飲み屋さんで「ラクレット」という名前のメニューは見かけるのですが、食材にすでに溶かしたチーズをかけて皿で提供してくるという蛮行を平気でやってるようなものばかりで…

こちらでこのメニューを見たときも、そういう提供の仕方かも?と思い、お店の方に確認すると、

 

「とんでもない!!」

 

と即座の答え。そうだよね。あのオーナーさんがそんな心ないことをするわけがない(๑•̀‧̫•́๑)

人間、あまりに同じ憂き目に会うことが重なると、期待するだけ傷つき加減が大きくなるので「諦めて」しまいがちになるんですが、希望を捨てずに求め続けることって大事ねっ。

 

 

こちらはこうして鉄板を用意し、カットしたラクレットチーズをのせていただくスタイル。

 

 

味に全く影響はないけど、サイドの牛さんが可愛らしいっ( *´艸`)

食材はこちら。

 

 

ラクレットチーズにジャガイモ、そしてコールドカッツ。待って、このメニュー、確か200k以下。千円でこれを食えるというんですかっ。

しりゃ一人でふらっと来た時には多すぎますが、2人3人いる時だったら、これだけでワイン飲めちゃない?!

鍋じゃないけどこんな感じでチーズとかして…

 

 

使うのはこれっ。小さなヘラっ。

 

 

おぉぉぉ…日本人的には、もんじゃ焼きを彷彿とさせるこの親近感。。。いいじゃないか。。。(多分お店の人、その褒め方されても嬉しくないと思う…)

で、こんな感じ。

 

 

写真が暗い!!でもはい、おいしそー!!!ってか、美味しかったー!!!チーズをなんでも溶かせばいいってもんじゃない。ラクレットチーズだからこその美味しさが、ぷっくりぽってり、お口の中に満ちる幸せ。

はい、ここで白ワイン、グビー!!!まだ夜風涼しいこの時期に、屋外席で幸せ満載!!

ちなみに、単品のコールドカッツは、このラクレットに添えられてくるものとほぼ同じなのでダブルで頼まなくても良いと思います。たくさん食べたい人は頼むと良いと思うけどw

 

 

実は頼んだら出てくるこちらのパンも美味しいのよね。特にメニューには乗ってないけど、これにコールドカッツ、多少のラクレットがあればワイン、なんぼでも飲めますやん。食べるものが軽くあれば良いって人には十分よねーっ。

え?私?はい、十分じゃありませんw ので、こちら。

 

 

ダックのコンフィー!!!
はーい、おいしー!!この店でダックが美味しいのは Cocotte さんレポでも同じみ!なんですが、メニューをリニューアルした時に、オレンジソースが亡くなったらしいのよね。

めっちゃお店に猛抗議したけど、今の所復活の兆しがない。。。ならば、コンフィだ(๑•̀‧̫•́๑)

 

 

カットしたのがこんな感じ。仲間でしっとり、味がぎゅーっと詰まってて、ウメェ。。。コンフィなんて家でやらないからさあ。。。作れと言われりゃ作れるけども、手間暇かかりすぎるやん?

 

 

付け合わせのカリッカリのポテトミルフィーユも美味しくてねぇ。。。ホーチミン、アヒルが身近な食材でほんとラッキーよね。フランス料理との親和性もとても高いし、恵まれてるわぁ( *´艸`)

 

というわけで、会社帰りにちょっと一杯。お気に召したらガッツリと。

 

 

お値段お手軽で出してくれるので、おしゃれなんだけど気軽に行ける街のビストロ。私も常連になるまで通うんだっ(๑•̀‧̫•́๑) Cocotte さんを通り抜けて行かねばならないあたり、旅行者の方とかお連れするにも、プチサプライズでいい感じじゃない?

ホーチミンになかなかないポジショニングを取りに来ているこちらのお店。すっかりお気に入りになったので、イベントでもできたらなーと、通ってお店の方にアプローチしております!

叶いましたらまたご連絡いたしますねー!!

 

 

 

 

 

お店情報

Baravin The Wine Bar
136/11 Le Thanh Ton Q1
Time : 11:00 – 23:00
Spent : 550,000 vnd / person

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました