一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンといえば Hu Tieu だぜ! ~ Tung Hung

ベトナム料理:ローカル
Sponsored Link

ホーチミンで楽しみたい麺料理といえば Hu Tieu である。みんなフォーを食べたがるけど、あれは北のハノイのもの。南のホーチミンで名物の Hu Tieu を食べないなんてもったいないぞ!

これ、フーティウ、って読みます。よろしくね!

存在感のあるお店

前から気になってたんですよねー。
Tran Hung Dao通り、ベンタン方向からグググーッと西に行きまして、電化製品街みたいなのがある Dan Shin 市場があるあたりを過ぎるとわりとすぐの左手にあります。結構大きな店の構えなので分かり易いかと。

th_IMG_7536.jpg

 

ローカルであまり洒落た感はない「食堂」って感じですが、清潔感があって旅行者の方とかでも安心してお連れできそう。道端のお店とかは結構個人個人で許容範囲のラインっちゅーもんがありますからね(^^;

th_IMG_7538.jpg

 

メニューは大きく、フーティウ、フーティウ+エッグヌードル、ワンタン、バインコットと言うカテゴリーに分かれており、バインコット以外には、トッピングを別にまた選ぶ、というシステムのようです。

 

th_IMG_7537.jpg

 

バインコット、と言うのは大ぶりのたこ焼き焼く半球状のくぼみがたくさんある鉄板で生地と具材を焼いた、英語では良くパンケーキと書かれてますが、それを言うならカップケーキの方が近いんじゃないかと思われるもの。

まぁお好み焼きとたこ焼きの中間みたいなもんでしょうか。今回は1人だったのでメインのフーティウだけで。トッピングにはポークリブ、エビ、ワンタン、叉焼、肉団子などがあり、それらのうちのどれかだけ、とかどれかとどれかを組み合わせたもの、等のバリエーションが。

今回はお店の人が「ポークリブとエビがいいんじゃない?」って言うからそれにしてみました。ドン。

 

 

澄みやかな美しいスープのフーティウ

 

で、見てくださいよこれ。

th_IMG_7542.jpg

 

おーーー!澄んだスープに透けて見える中に沈むフーティウの麺。なんて凛としたお姿なんだっ。麺って庶民的でシンプルな料理だけど、だからこそ、目の前に出て来た時の表情が豊と言うか、物語るもんが多い気がするんよなー。ここのはもうメチャクチャどやってますwww

スープをひと口啜りますと。。。うんまーい!!!そこはかとなく讃えられた柔らかな甘味。塩気は控えめなんだけれども、丁寧にふっくりと含まされた旨味がなんとも滋味っ。たまらず麺を持ち上げてみると。。。

 

th_IMG_7543.jpg

見よ。この流れる様な麺のしなだれ。
美しい。。。。

フーティウ、とひと口に言っても本当にお店によって色々ですねー。これも米麺ですから、コシを求める様な物じゃないと思うんです。

実際、これまで食べて来たお店の物も美味しかったけど、スープがおいしい、という印象が強く、麺にあまり着目した事は無かったのですが。。。

しゃんと立った輪郭。堂々とした太さ。ほどよい弾力。なんというか、米の麺でもここまで出来るもんなのね、と、新鮮な驚きを感じるほどの主張感。さすがの専門店さんやなぁっ。喉通る時、一本一本の輪郭が内喉をツツツ…と撫でて行くのがなんとも艶かしく、おもわず(ふふ…///)と1人ニヤけてしまうようなイヤらしい完食。

それでいて口の中に含んだ時にはエッジを立ててお固い様子をしているのだからそそる仕草の上級者にもほどがある。エロい。スープはとても穏やかなので、卓上の薬味で好みに調味。

特に私はフライドガーリック&オイルを入れた時の変化が好きでしたが、甘酢に漬けてある小ぶりの小さなニンニクも、ぐっとスープに厚みを出してくれて、中々楽しい変化をもたらします。

 

th_IMG_7545.jpg th_IMG_7544.jpg

 

で、メンとスープだけでもワッホイ!状態だったのですが…

 

th_IMG_7546.jpg

 

ポークリブっ!!!骨付きなんですけどね、そしてそんなに脂が多い部位じゃないのにですね、もうすんごいトロトロなの!!!

ホロホロ、に炊いてるお店は結構あると思うんですよ。骨離れが良くて、繊維に沿ってお肉がホロホロホロってほぐれるヤツ。でもこの部位で、全体がシットリしていて且つ、とろぉり♡とお口の中でとろけるお肉はちょっと知らない。なによこれっ!!(≧∇≦)

よくレポーターさんなんかが最高級のステーキとか焼き肉とか食べて、「溶けてないなった!!」とか言うけど、ああいうのは脂の力が大きくて、トロけるかもしれんけど、ちと口がクドくなる。でもこれは。。。。

余計な脂は除いてあるし、そもそも脂の少ないとこだし、とろける食感でありつつさっぱりしてると言う、それ、両立せんものなんやないん?って思うのだけど、両立させちゃってる見事な一品。

一品っちゅーか、それがメインじゃないんだけどね。単なる付け合わせやこれ。でも食べる価値ある。トッピング、せっかく自分で選べるんだから、これ、ぜひチョイスしてほしい。

ここまで美味しいんだったら、全部乗せのやつ、頼めばよかったなー。60kドンと70kドンの違いやし。お店の人、なんで高い方勧めてこんのやろなwww
うーん、特にワンタン気になる気になる気になる…と思ってましたら。。。

思いついてしまった。旦那さんに、ワンタンに+ポークリブをトッピングしたヤツをマンヴェー(持ち帰り)しよう!!!(笑)

 

th_IMG_7557.jpg

 

旦那さんに食べさせたい、というのももちろんあったのですが、それより先に、自分がワンタン食べてみたくて食べてみたくて。。。(笑)

いーよねー、ベトナムは大抵どんな物でもお持ち帰りさせてもらえる。保健衛生面から見るとリスクはあるんだろうけど、中るときなんか店で食べても中るんだから、こうやって来れない人も口にする事が出来る機会を増やしてくれる
方がありがたい。個人的にはね。

で、スープもターーーーっぷり。店で食べるよりスープの量多いんちゃうか?ってほどあって、お野菜もついてるし、ワンタンはふやけないように別包みにしてくれてます。この辺のお心遣いもありがたいよね。食べ終わったらビニール袋だから捨て易いし。

 

th_IMG_7573.jpg

 

で、やっぱり旦那さんにも大好評。まずスープをとても気に入ってくれたみたいだし、ポークリブ。予想通りの反応でしたわっ。とっても美味しかったみたいヾ(@⌒ー⌒@)ノ 

 

ワンタンは、 Quyenky Migia の方のが好きでしたが、それでも全般にやっぱりレベル高い。お持ち帰りでも素晴らしい。

これはぜひとも、食べてほしい麺料理だわ。ほんと、フォーだけじゃない、ってか、個人的にはフォーより好きな麺料理を出すお店が段々増えて来た気がします(^^; ほんとに食べ尽きることがありませんなーっ。

 

 

Sponsored Link*

久しぶりに行って見ました ←NEW!!

 

レポ後もちょいちょいは行ってましたが、レポはあまり上げてなかった。上のレポでかなりの部分は伝えてたからなー。持ち帰りまでして(笑)

 

 

ぬおーーーー!!なんかえらくポップになっているwww でも店名は同じ。出してる料理にも変わりはなさそう。

マネジメントが変わって店が別物になったって言う雰囲気はないけど…えらい変わったな。何があったwww

 

 

店内レイアウトも大幅に変わって、フルーツジュースアピールがすごい。なに、ラブリーになっちゃって( *´艸`)

 

 

今回は迷わず全部乗せ。美味しいぞー!スープは変わらず甘みと旨みがちょど良い感じだし、「うまいっ、あーうまいっ」と、なんども口に出さずにはいられない美味しさ。

ってか、染みるのよ。フーティウのお出汁浸透圧って、日本人にちょうど良い。旨み成分は日本のお出汁と違うけど、方向性や濃度が近くて、すっと身体に入ってくる。

口の中で味わうだけじゃなくて、胃の腑に落ちるまでの間にもスゥッと身体にしみてく感じ。こう言う体感も「美味しさ」の内。

 

 

そしてこの美しい麺の流れも健在。フーティウってこの麺の流れを見るのもご馳走の一つよねー。良いっ。

 

 

そしてこの店で忘れてならないのが薬味。相変わらずここのガーリックオイル、美味しいわぁ。

 

 

上は1サジ目の写真ですが、最終的には4サジ入れた。1サジごとに味を見つつ、色々足していくのです。

酢につけてあるニンニクもうまいぞ。ニンニク風味、ってだけじゃなく、ニンニクの旨み成分が溶け出してるのでスープの味がグンと深まる。

フーティウのスープは深く美味しいけれども澄んでおり、その透明感であらゆる薬味の個性を取り入れ、美しく影響し合うのです。

 

 

はーい、写真ブレブレヽ(・∀・)ノ
とにかくガッつきたくて、写真がすっかりおざなりに。。。(苦笑)

すんません、それだけ美味しかったと解釈してください(笑)。ちょっとね、ここ私の生活圏から離れてるのでそんなにちょいちょいは来れないんですが、用事があって、周辺を通りかかった時には寄りたい美味しいお店。

th_IMG_7569_201510131722257b1.jpg

価格帯はなかなかです。60k〜85kとか。でも価値はあります。フーティウ初心者には、冷房の効いた綺麗なお店構えの中で食べれて落ち着けるかと。だから日本からのゲストをお連れするにもいいんですよね♪

ホーチミンに在住の皆さん、そしてフーティウをお好きな皆さん、積極的に推して行きましょうよ、フーティウを!ホーチミンでもフォー食べたいフォー食べたい言われるばかりじゃなく、ホーチミンなら「フーティウ食べたい!」と、ぜひ観光客の方にも思ってほしい!!

フーティウ推進委員会(架空)、メンバー募集(๑•̀‧̫•́๑)

 

 

汁なしフーティウ!!Hu Tieu Kho

 

さて、フーティウを食べに行った場合、そのお店のメニューにあろうとなかろうと、通用する頼み方があるのです。それは…?

汁なしフーティウ( ・`ω・´)b

 

 

うーん、トッピングの選択によるあれこれメニューは書いてあるけど、汁ありか汁なしかってのは特にチョイスしろと書いていない。他のフーティウ屋さんも多分、似たり寄ったり。

あ、こちらのお店では明確にメニューに書かれてましたが。。。

 

 

路上のお店なんかだと何をか言わんや。でも、こう伝えれば、スープに浸かったフーティウじゃないものが出て来るのです。

Hu Tieu Kho。

Khoは、Dryという意味で、東南アジアでの麺料理(調理済)にDryがついた場合は「汁なし麺」を意味します。そう、フーティウには、スープ麺と汁なし麺があるのです。

紹介されている媒体によっては「フーティウを食べるとき、ツウは汁なしを選ぶ」なんてことが書かれてたりすることが、ままあるようですが…

うるへー。んなもん好みだ。それに店によって汁アリが得意なところと汁ナシが得意なところがあるんだよ。一括すんなヽ(`・ω・´)ノ

と言うわけで、こちらがこのお店のドライバージョン。

 

 

茹でられた麺がすでにタレで和えられており、ネギとひき肉が載っております。あら美味しそう。

しかし汁麺に比べたらなんか貧相じゃない?と思ったかた。汁ナシタイプを選んだ場合、汁は別添えでついて来るのです( ・`ω・´)b

 

 

パッと見汁あり麺と同じように見えますが、トッピングはオーダーしたものそのままに、スープに入って登場します。なんだよこれ、タレで麺を和えてくれてる分、手間かけさせてるじゃないか。

でも同じ値段なことが多いんです。なんてことだ。忙しい時に、Khoを頼まれたら(ったく七面倒くさいなオイ)とか思ったりしないんだろうか?

しないんだろうな。この国の人たちは、美味しいものを食べることに手間暇、ほんと惜しまないものな。

んでな?食べるまでには作り上げた直後から、若干のタイムラグがあるじゃないですか。その間に麺が寄り添いあってほぐれにくくなることがある。そんな時には…?

 

 

別添えのスープを少しかけてほぐすといいよ。スープは飲むためのものでもあるけど、麺に味をつけるものでもあり、ほぐすためのものでもあり。

そこにさらに「いつもの」ガーリックオイルをだな。ふっふっふ。ふぉーっふぉっふぉ。うんまぁああいヾ(@⌒▽⌒@)ノ

 

 

んで、前回は頼まなかったんですが、今回はトッピングに Xa Xu、サースー???チャーシューですw を頼みました。そしたら。。。

 

 

ンベローン♪
これ、めっちゃジューシーで美味しいんですが!!これは今後、ここでフーティウ食べる時のチョイスに必須。ここのXa Xu、美味しい!!

そんなトッピングの美味しさバリエーションを楽しみながら、モンニモンニと汁ナシ麺をハムハムします。んで、ちょっとばかりンッガンッグ、となったところで。。。

旨みのあるスープをズズッと。口の中が緩み、するりと麺を胃の腑に落としたら、また新たなトッピング…今度はポークリブがいいかいね。ガブリとそれを食べた後に、ドライ麺をモンニモンニ…(以下略

これは。。。タフ・チョイスだなー。ここにきたら汁ありか汁なしか。悩ましい。できれば2人で行って半分こ、が理想?一人で二つ食べちゃあかんよな(・∀・;

いや、食べれるな?誰にも言わなきゃ。。。わからん。。。な?な?

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベトナム産 Bun Gaoライスヌードル(2mm)排米粉400g
価格:360円(税込、送料別) (2019/1/30時点)

楽天で購入

 

 

 

お店情報

 

Hu Tieu Tung Hung
147 Tran Hung Dao Q1
Time : 06:30 – 23:00
Spent: 70,000 vnd/ person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

  1. 中村奈穂子 より:

    閉店してました(涙)フライドチキン屋になってます。でも、近くにBun Rieu Cua の美味しいお店を見つけられてよかったです。

タイトルとURLをコピーしました