一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【Ho Chi Minh】思いっきり一等地にあって警戒しまくりなカフェだったけどアレ?アレレ?と言っている間に2回目訪問 ~ The Dreamers Desert Bar

カフェ

敬遠していたお店に入って見たら、うん、なんか悪くなくってついつい2回行ってしまったw 偏見はいかんね、偏見は😅

鬼門カテゴリー by 個人的偏見

あの、該当するお店をお好きな方がいたら大変恐縮なのですが、コロナ前1〜2年くらいから出て来たおしゃれスイーツ店、たまたまなのかと思いますがひどい目にあうことが多くて、わたくし、大変苦手意識が強かった。

1、2回行ったくらいでは良いものを見逃してる可能性は多々あるのですが、えらくひどい外し方をする店が続いてげんなり。引いては、こういう手合いのお店全達に忌避感が生まれてしまってまして。

よくない。
先入観で見るの、よくない。

と言いつつも、ここも相当時間がかかったなあ。やっと来店。統一会堂からもほど近く、観光客さんも多いだろうから知らないままってのもなあ、と思い半ば一生懸命行ってきました(失礼なっ

程よいサロン感

ああ、これか。
インスタなんかでよくみかけるやつだ。天井が、お空♪

公園が目の前にあるから、うち側から見るとドアの向こうが緑で綺麗。
1階はあまり酷くないのですが、座り心地の良さげなベンチソファとくすみピンクの椅子。

可愛いだけじゃない感じのサロン感がいいですな。

ショーケースに並ぶパンとケーキ

商品的にはこちら、パンとケーキが半々くらいなんですね。

ローカルの定番、ガーリッククリームチーズのすごい小ぶりなのがあるのはいいけど、6個単位。。持ち帰りにはいいかもだけど、この場で食べるにはちょっと不向きかな😅

あとはクロワッサン、デニッシュ系。
なかなか強気。

価格に開きがある…というか、額面自体は近いんですが、かなり大きなもの、小さなものが混在してて、量あたりの単価にかなり工程がある感じ。いえ、大きさが全てを決めるわけじゃないですが…

これはデニッシュ生地の何かなのかな。
ちょっと変わってる。

ケーキは…クレープのミルフィーユ、ブラウニー、グラサージュを施したケーキ、チーズケーキ、シフォンケーキなど多岐にわたっていて傾向が見えない。

これなかなかてまがかかりそうだね。
ちなみにイースター前なので、こんな卵型のお菓子がありました。

そして追加でさらにたくさんのタマゴ(型のお菓子)、作ってた。
一瞬、養鶏所かな、とか思ってしまった(・∀・)

メニュー

ケーキは見ての通りなのですが、ドリンクはタブレットでのメニューで、ちょっとおしゃれ階層のカフェのアベレージ。

ソフトドリンクは良心的、の域。
長居した時は私、ソーダを追加したりしています。

ポットティはTWG。
私はあまり得意じゃないのであまり頼んだことがないのですが、多分二人でシェアできるサイズなので、130kは割にお得。

あいにく、2度とも暑い中歩いて行ったため滝汗をかいており、冷たいものを欲したというのもあり、ポットやティーセットの様子はわかりませぬ(-人-)

さてお味は?

初回はペストリー

まずは冷たいライチティーなどいただきつつ…

まあこれは可もなく不可もなく。でもあまりベタ甘すぎずよかったです。

今回はこの小さなペストリー。
ショーケースにあったのはラズベリーが載ってましたが、これはイチゴ!ラッキー♪

 

さてこれが思ったよりも結構外側、パリパリしている。ザクっと切り込んで見ると…

あ、なかなか美味しそう。
小さいからよく焼けてるし、あまり中の生地部分の比率が高くないので、口当たりよし。カスタードが鋳込んであるのですが…

クリームは、えっと、……素朴な感じ?(・∀・)
いや、普通に美味しいのです。ただのお店の雰囲気とか価格、このペストリーのルックスからすると、もうちょっとしゃれたレシピで出てくるかな?と思ったのですが、かなーり素朴。

だから悪いわけじゃないけれど、他のケーキへの期待値がちょっと抑えめに。

でもペストリーは気に入ったので買って帰ることに。
そしたら…

サイズの問題か、どちらかというと「パン感」が強い生地でした(笑)
ほんのり甘く、バターも柔らかく香って程よく美味しい、気張らずに食べられるクロワッサンって感じでしょうか。

アーモンドクリームがかかってるやつは、旦那さんがお弁当に持ってったのですが、クロワッサンとはまた違ってて、単にアーモンドクリームがかかってるだけ、ではなかったようで、もう少し菓子パン感があったようです。

ふむ。
すっごく推し!って感じじゃないけど、安心して楽しめるあじというか、起こささんとかも好きそうな味。決してクロワッサンやデニッシュの好みとしてはそこまででもなかったけど、穏やかに美味しい。良き。

あっという間に再訪

で、気になったので、あっという間の再訪です。
気になっていたコーヒーシフォンを頼んで見た。ケーキには期待できないかも?と、前回のカスタードクリームの時点で思いつつ、このコーヒーシフォンだけは私を呼んでたwww

あ、コーヒーはアメリカーノのアイス。
こちらはさらっと普通に。ノンシュガーで、ケーキを食べるときにはちょうどいいと思います。

そして、ケーキ。
生クリームを、このタレ具合ジャストでビーター止めるのって、慣れと見極めが入りますよね。固いとムラになる、やわいと下の曲線が維持できない。

でも見て、この艶、この曲線。
そりゃ相手はプロで毎日やってるんだからできるだろうよ、と言われたらそれまでなのですが、だからこそお金払う価値がありますよね。

素人の1回2回はまぐれのでき。もしくはできなくてもご愛嬌で済ませるんだもの。

で、生地はシフォン。
だから、ふっかふか。スプーンを入れた時は、なんだか悪いことをしているかのような錯覚にとらわれるほど、柔らかい。

ほぼ抵抗がない。こんな柔らかくいたいけなものに切り込むなんて、自分はなんという極悪非道な人間なんだ、という罪悪感に見舞われながら、ふかふかざくり。

あああああっ、これは!おいしい!
クリームにも生地にも程よいコーヒーの香り!そして、冷やっとしたクリームの温度、そしてそれがそこにあるのかないのかわからないくらいのゆるさ、さらにはシフォンの軽さ。

コーヒーの香りとクリームの冷ややかさと滑らかさは感じるのだけど、ケーキを食べてるって感じではなく、絹の生地とクリームが、ただただそこで溶け合って消える、そんな感じ。

ほら、切り込んだ後でもクリームが押し流されてたところで止まってるの、すごいよね。ギリッギリ攻めてる。

そしてシフォンのクオリティ自体は、ご覧の通り、そこまで特筆するところはないのです。ただこれがクリームと相まった時の食感、風味、甘さ、官能が素晴らしい。

なんやの、なんでもないフツーの子なのに、舞台に立った途端、俄然強い魅力を放つ、みたいな。

コーヒーシフォン、恐ろしい子っ。(これも多分もう若い人には通じない…)

ともあれ、やっぱり精鋭のレシピって感じではないのだけど、なんか安心する、そして私とは相性ええんやろな。そしてなんかこう、誠実さを感じるレシピ。

お値段も、安いとは言わないけど、不当な金額を取っているとは思わない。場所柄もあり、お店の方も親切なので、これからもちょいちょい行くかもしれない。

よかった、ここは人にオススメできる店。
まあスイーツ、まだ一つしかっ食べてないから、他はなんとも言えませんが、このコーヒーシフォンの風合い、意外と他のお店にはなかった気がするので、私はオススメしたいかな。

お値段105kくらいだったかな。
プラスドリンクで、160k〜190kくらい?

こんなお店の様子なのに、実はコンセントもそこそこあってくれるので、作業勢にも嬉しいお店。場所も便利なので使いやすさ満載だと思われますー(^・^)

 


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

The Dreamers Desert Bar
15 Han Thuyen, Q1
Time: 08:00 – 21:00
Spent: 190,000vnd / person
Wi-Fi ID: The Dreamers / Pass: thedreamers
※Wi-FiのIDやPassはお店の都合により変更されてることがあります

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました