インスタのストーリーで、ブログに書いてない小ネタも色々アップしてるので遊びに来てね♪
【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

ホーチミン生活に必須アイテム・ベトナム製のラップは薄い?くっついて使いにくい?を逆手に取ったこんな便利な商品が! ~ Coop Select

雑貨
Sponsored Link

日本から持ってくるものの中にラップを入れてる人は結構多いかもしれません。使い慣れたものが良い、というのは当然ですが、ちょっと試してみませんか、ベトナム製のスライダー付きのラップ!

使い慣れないものも見方を変えれば味方になる?

(2018年3月)

ホーチミンに来たばかりの頃。日本といろんなものの仕様が違って戸惑ったことがある方は少ないないんじゃないでしょうか。

砂糖(上白糖)がないとか、フレッシュの牛乳が少ないとか、お肉買うときに部位がわからないとか、色々。

そんな中にラップの違い、ってのもあると思うんです。サランラップ的なやつ。

毎日使うものだし、特に気温の高いこちらではなるべく空気に触れないようにして冷蔵庫で保管すべき食材が多い、となるトとラップを使わないわけにはいかない。

でも。。。なんか薄い(・∀・;

ベトナムのラップ、なんか薄い。から、ヘノヘノしていて、切ってる時にあっちゃこっちゃに張り付きクシャクシャ。使えなくなったりすぐ破れたり。

日本のラップの方が厚くてしっかりしている=日本のものの方が良い、と言う風に感じている方が結構多いような気がします。

そうですね、丈夫さだけを言うのなら、日本のものの方が良いのかもしれません。ですが!!厚いからこそのデメリットもあるんです!

Sponsored Link*

薄いが利点もあるベトラップ

日本に比べると買い物が不便なベトナムでは、生鮮食品も冷凍保存するなどして活用することが多いと思うのですが、その際に大事なのが、食材とラップの間になるべく空気を入れないこと。より密着させることが大事です。が。。。

日本のラップ。しっかりしているが故に、細かいカーブに弱かったりする。それが折り重なるとさらに隙間は大きくなって、例えば曲線の多いドラムスティックを包んでもこんな感じに。

では、ベトナムのラップを使って見ましょう。ただし、手で持って切るタイプのものではなく、置いて、スライドカッターできるタイプのもの。

ケースを置いたまま、ピーっとラップを引っ張り出して、作業台の上に広げます。そしてこれは先でも後でも良いですが、箱上部手前につけているスライドカッターをツーっと滑らせカットします。

するとラップは美しく広がったままカットされることになり、スムーズに作業に入れます。

で、包む。はい、上の写真、すでにラップで包まれてるんです。

お分りいただけるだろうか。最初の写真との違いを。日本のラップで包んだ時との違いを。

密着度が全然違う!!!

パッと見には包んでいるのかいないのかわからないくらいに密着してる。これです。冷凍の時に必要なのはこの密着度。

特に魚類なんて冷凍焼けしやすいですから、真空パック機がない限りは、この薄手のラップでピッチリと密着させて冷凍するのが吉かと思われ。

しかもこのスライド式、すんごい使いやすい。
各社から出てるのですが、色々使って見た所、私はCoop Martのオリジナルブランドのやつが使いやすい、と思い使っていたところ、料理を本職にしておられる方、おられた方などのご意見もこれに集約されることが多いので、やっぱり使いやすいんだと思います。

もちろん、日本のラップにはラップの良い所があります。しっかりしていることで食品の保護やレンジなどの加熱なんかにも向いていると思います。

しかしその厚みがない ≠ 良くないラップ、ではないと私は思ってて、しかも使いにくさまで改善された形状に仕上げられてる商品だったら、活用しない手はないよなぁ、と思うのです。

どうしても合わせられない条件として、この形状のもは150m巻のサイズからなので、ちょーっと大きめになるんですよね。

私の友達に、キッチンにこれをむき出して置くのが嫌だから使わない、という方がいました。

日本で使う通常サイズのものを専用ケースに入れて使うオシャレさんだったのでああ、そこはどんなに性能が良いと押しても仕方ないなぁ、と諦めたことがw

なのでそこをこだわる方には、お勧めしません。しかしそこはいいや、と思われる方、是非一度試して見てください。ちょーいいですよ。

仲間内では共通認識になっていたため皆さんもよくお使いになっているんだろうかと思いきや、最近人をお招きする機会が多くなって、何かの拍子にラップを出した所、「これなんですか?」って質問を受けることが結構あったので、これは改めてお知らせしておかないと、と思いまして。

お好みはありますからね。やっぱり日本のラップが良いと思われる方もおられましょうし、似た形状のベトナム製でも、他のメーカーのものが良いと感じられる方もいると思いますが、ひとまずのお知らせでした。ええですよ、これ。未体験の方は、是非お試しあれ♪

Coop Mart オリジナルブランド商品なので、
コープマートに売ってます(^・^)

パッケージがリニューアルされてます ←NEW!

(2020年5月30日)

何かと時々話題に出るラップ。特に最近は普通なら帰国時に補充するものが補充できないので、「もうなくなっちゃいそう!」って話が出てきて、そこにラップが上がるんですね。

私はもうすっかりこちららのスライダー付きのラップに慣れてしまい、さらに使い勝手が良いので逆に日本のラップには戻れないのですが、上に書いている通り、利点も多いベトナムのラップ。

で、お知らせしていたコープのラップなんですが、以下のようにパッケージが変わってます。

前のパッケージを探された方もいらっしゃったようですみません、もう2年も前の記事ですものね…。

加えて、他社製品もグレードアップしているかもしれませんし、もしかしたら他にも良い商品はあるかもしれませんが、ひとまず私はこちらのメーカーさんのを使い続けております。

置いたまま、ラップを引き出し、器にかけるか食材を乗せて、スライドでシャーっと切って包むやり方、ほんと便利ですよ(^・^)

 

 

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました