一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンの日本人街にある韓国料理のスンデのお店はアチアチスープメニューが満載! ~ Jin Sundae

アジアン料理
Sponsored Link

韓国料理、というとちょっと構えますが、こちらは日常のランチタイムに、しかもライトにもヘヴィにもいけるメニューが揃う「スンデ」のお店!

スンデって何?

スンデというのは、形状はソーセージみたいな感じで、豚の腸に豚の血・もち米・春雨的な面などを入れたもの。

見た目がちょと黒石、日本ではあまり使わない豚の血を使ってるということで敬遠される方もいるのですが、食べてみると意外にクセがなく、独特の食感がとても美味しい。

そのまま食べることもありますが、スープの中に具材の一つとして入れたりするなど、結構多様な楽しみ方が。

これがねー、私大好きなんですよ。
日本の、私が住んでるエリアだと、あんまり食べられるところがなかった。

というのが、これ韓国では自家製のものが多いのですが、日本だとその食材を手に入れることから大変なため、お店で提供しているところは、作ったスンデを韓国から買ってきているところが結構あったようで…

もしくは「出さない」という選択をするお店が多かった。高級なところに行けば自家製でイチからやってるのかもですが、高級なとこ、そんなに行けないし(・∀・)

ってことで、ホーチミンに来てからの方がスンデ、楽しんでますね(^・^)

まさかのこんなところにあったとは…

ところでこちらのお店、Le Thanh Ton にあるんです。あの界隈をよく活用される方にはポピュラーなお店なんでしょうか。私は全く知らなくて、友達にここの店の事を聞いたときも、

「えーーー、そんなお店あったっけ???」

ってな感じでした。
ほんと人間、知らないものは見えない、ですなあ。。。(あんたは特にな)

いや、ほんとにスルーしてた。
一つには、この界隈にあった昔の韓国料理のお店を絨毯爆撃して、全て撃沈した、という記憶が、私のお目目をシャッターガラガラ状態にしていた可能性は大。

私、嫌いなものとか人とか、本当に視界から消えるから(-“-;)
嫌なものを気にするの無駄だと思う人なので、この世から無いも同然の扱いするんですよね…ひどい。。。

ところでランチタイムのピーク12時過ぎにはほぼ満席になるくらいの人気店です。そしてその全てが韓国の方でした(笑)

まあ日本食屋さんに日本の方がたくさんいらっしゃるような感じでしょうか。こんなに本家の方から人気があるなら期待だわっ(๑•̀‧̫•́๑)

筋が通ってるシンプルなメニュー

さてメニュー。
食べたいものは決まってたけども一応全部見てみると…

これ、ランチメニューっぽかった。流石に Le Thanh Ton なのでこちらのお店は英語対応もしてくれててありがたや(韓国料理店、がっつり韓国語だけのところ多い)。

牛骨スープベースに、肩ばら肉、スジ(!!)、モツ(!!!!!)などを組み合わせたものなどなど、いきなりお宝がー!!!

しかし今回の私の目的はこちら。

上の写真右上。レギュラーメニューの一番最初(左は、各料理についての解説っぽい)。断面が丸いなんかが乗ってますやろ?これが、スンデ。

他にもギュモツ系のスープだ売ったり、豚リブがガンガン乗ってるやつだったり、そういう大皿・大鍋では見るけど、これ、一人分をこの価格でやってくれるってありがたい!!

ああああああっ、豚モツ満載のスープもある!!!

400kとか500kとか、えらい高いなー!!という単価のものは量がごっついやつだと予想されるのでお気をつけあれwww

何度韓国料理店でやらかして、その場で3食べ7持ち帰る、という事をやったことか。。。(笑)

ちなみに先ほどのスンデの料理はスープに入ってるものでしたが、こうしてカットして単体で売ってる皿もあります。

ところでさっきの豚モツの鍋。。。

上の写真でも十分辛く見えるのですが、中央にあるのはたぶんヤンニョン?確か漢字で書くと「薬念」???薬味類をすりつぶして合わせた、あらゆる料理に使えるあわせ薬味的なやつ???

というのが、そのすぐ下に同じメニューだけど「スパイシーバージョン」ってのがあって、それなら上の写真のは辛く無いのかな?と。

もし夜に、数人で宴会方々にきたとしたら、下のような盛り合わせメニューもよろしいねえ。

ホーチミン市内の多くの韓国料理屋さんでは、こんな感じの大皿盛りを主体にしたお店が多く、一人じゃ入りづらいんだけど、ここはどっちにも対応してくれて良さそうだなあ。

ほらほら、こんなのとか。
ビールのアテにシンプルにこれ。別に一人で頼んで残ったの持ち帰ってもいいんだけどさ。まあ、うん。ちょっと寂しいやん?(・∀・;

ちなみにお酒のラインナップはこんな感じ。

はいはい、お安い。
そして牛すじの炒めたん(上の写真左側・真ん中のやつ)もつまみとしてはえらいこと美味しそうだな。。。食べたひ。。。

Sponsored Link*

知っときましょう

うん、私が知らんかっただけかもしれんが…

卓上に箸が置かれてなくて、料理を運んでくるときに同時に持ってくるんかな?と思ってたけどそれもなく、あらあら忙しいから忘れちゃったのね♡とか思いながら、

「すいませーん、お箸ください♪」

とやったら、なんと、テーブルの通路側に引き出しがあってそこに収納されてた(・∀・;

ああ…たぶん大皿料理多かったり、パンチャン(料理についてくる大量の小皿料理)が並ぶ事を考えたら、箸立てを箸立てを置くスペースももったいないわな…なんて賢い。

そしてこちらは流石に知ってましたが、お茶ではなくお水が出てくる韓国料理店。その場合、すでに水差しに波波入れられたものがテーブルに置かれ、これまた置かれたカップに各々好きな好きなときに注いで頂くというスタイル。

辛いもの食べるときに何度もお願いしなくて良いという客側の利便性と、忙しいときに水で呼びつけられなくても良いというお店側の利便性と。

このシステム、いいよねー(・∀・)

さてご飯!

ランチはお手軽価格ですし、そんなにたくさんんっパンチャンは出てきませんが…

キムチが4種類ヽ(・∀・)ノ
で、私が頼んだスンデのスープはこんな感じ。見た目こってりの動物性スープなんですが、まー見事に匂いは抜かれてまして、博多のトンコツみたいなムンムン動物臭はほとんど気にならず。

というのが、韓国の方は素材の下ごしらえとして、徹底的に洗う、とか、匂いを抜く、というケースがままあるのだそうです。

もちろん料理にもよるのでしょうが、韓国料理を作ることにもかなり精通していらっしゃる方が、そんな風に教えてくれました。

で、これが、スンデ。
実はスープの中に入ってるのを頂くのは私、初めてだったのですが…

初心者さんにはオススメかも。スープを吸ってふんわりしている。口に入れるとホロホロほどけて、そんなに強い味わいは感じません。が、美味しいヽ(・∀・)ノ

スープ全体がね、シンプルに美味しいというのはあるんですよ。これ、牛と豚の掛け合わせスープかなあ。。。豚だけにしては綺麗だし、牛だけにしては良いコク出てるし…

そこまでは判明しませんでしたが、それにネギたっぷりですやん?あー染みる。これ、二日酔いとかの時だったら、かなり染みるwww

別添えであんまり辛くない胡椒が出てくるんで、それをゴッソリ入れてもまた美味しい。

添えられてるキムチなんかを途中に口に入れてもいい。一部スープに入れてもいい。卓上のあらゆるものを活用しながら楽しんでくだされ。

それらに臨機応変に対応できるくらいには辛味がないスープなので、いろんな薬味でアクセントつけてください。さっきのヤンニョンとか。

そして、これだ。

ある程度の具材を食べたらそこに残るはこのジャゴジャゴ!いろんな食材の崩れたところが寄り集まるこのジャゴジャゴ!

そう!カップヌードルの底の方に溜まってる「アレ」感!!うまいー!!!(お行儀悪い食レポしない!!)

で、お友達が頼んだのはこちら。というか「ちぇりさんが食べて見たいもの頼みましょ♪」とか言われて、遠慮もせずに「ほなら!」となって(甘やかされすぎ)豚モツ頼もうとしたらなかったので…

骨つきのお肉がゴロゴロ入ってるやつを。Pork on the Bone Soupってやつ。こっちは、辛い。辛いけど味わいのある辛さ。

これを取り分けてもらっていただいたんですが。。。おお。こちらはベースにかなりの薬味類が溶け込んでて、辛いんですが、旨い辛さ。

私結構辛いもの行けると思ってるんですが、あのただ辛いだけのはどうも苦手で(辛さ抜いたら味がないとか、白湯を飲んでるに等しい。いや、お白湯はお白湯で美味しいけれども)ちゃんと美味しさを含んだものが料理としてはありがたい。

で、これはまさにそれ。
ただものすごい急先鋒な味わいというわけじゃないです。だってご覧の通り、ここは食堂。旨味はあってもかなり穏やか。

私がいただいてたスープもそうだけど、週にちょいちょいきても良い・飽きないという体の味。穏やかに、手軽に美味しい。これは、良い!

ところでこれが美味しかってん

さて、ちょっとみなさんにここにきたら食べて欲しいものが。パンチャンのなかのひとつなので、もしかしたら出てこない日もあるのかもですけど…

ニラの、キムチ。
かなりフレッシュなにらに辛味薬味をまぶしてある感じなんだけど…

シャッキシャっキで柔らかく噛み切れ、そして、甘い!!!え?!生のニラってあまり食べる機会なかったし、加熱すると結構繊維質が強情で噛み切りにくいって印象があったんだけど…

え?美味しい?!え?!
料理が辛かったことも手伝って甘く感じたのかなあ。ちょっと衝撃。美味しかったんで、もし出てきたらぜひ食べて見て!

そしてさっき話してた…

ヤンニョンらしきものも追加で出てきます。ただしこれはそんなに辛くありません。ひたっすら濃厚な薬味合わせ。ですからスープに足すと非常に風合いが変わって良い。

ただコチュジャンのような甘みや塩気は控えめなので、これをただご飯にのせてもそんなに響かない。しかしそこに醤油をかけると激変します。

んで、最後の最後に気づいた。
さっき卓上にあるものはなんでも活用して…とか言ってた割に。。。

なんかつけダレ2種類あったけど、使うの忘れた(・∀・)
これ、何に使うものやったんやろ????(・∀・;

まあ、何かを探さないけない物足りなさはなかったということですなあ。(逃げるな)

ってことで、日常で気軽にちょいちょい使いたい韓国料理食堂。スープがメインのランチになるってのも、ええよね。それでいて物足りなさもないし、価格に照らすと満足度も高い。

そもそも牛骨スープだ豚骨スープだって、骨から取る出汁なんて家でやるもんじゃない。技術的には可能だけど、光熱費と時間がかかりすぎてコスパ悪い。それらはお外で食べるが吉。

でも私の場合、ラーメンはヘヴィだなーと思うことも多くて、だったらこういうスープメインのものを目的に楽しめるお店は結構ありがたい!

他にもちょっと試してみたいものがいくつかあったので、また近々行きたいと思いますー!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

お店情報

Jin Sundae
17/9 Le Thanh Ton Q1
Time: 10:00 – 23:00
Spent : 180,000 vnd / person

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました