一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンで頼りになるドクター・Raffles Medical 中島先生がご本を出されました

中島先生の著書雑貨

このブログでも度々登場し、医療情報などにアドバイスをくださっている上、私も不調の時にはお世話になってる、Raffles Medical Ho Chi Minhの中島先生が、ご本をお出しになりました!

 

「グローバル人材に必要なヘルスリテラシー」

8年ほどホーチミンにいて見聞きしていると、意外と「ヘルスリテラシー」に関しては意識せず過ごしている方が多いなと感じることが。

元気な時は良いのですが、いざ、って時になって、

・実は予防接種せしてませんでした
・保険がありません
・仕事のサポートを得られません

みたいなことがあっては大変。そして日本だったら、その医療体制でリカバリーが早いところ、ホーチミンではままならない、というようなことも多々あります。

ホーチミンだけでなく他の地域、他の地方でも起こり得ること。ホーチミンはこれでも恵まれている方で、地方だったり、保険がかけられない国や地域があったりもします。

当事者になる可能性がある私たちはもちろんですが、送り出す会社側も、色々と知っておく必要があるのでは?と思いますが、じゃあどこでしればいいの?ってお話ですよね。

そこで、中島先生が、ベトナムの事例にならって、

🔴パート I: 海外進出企業の、労働者に対する安全配慮義務について
🔴パート II: 渡航や企業の海外進出の際に検討すべき、健康や医療に関するリスク
🔴パートⅢ: ベトナム進出の際に、考えるべき医療安全のリスク
 
という流れでご本に記してくださってます。
これは海外に人を送り出される企業さんも、海外にこれから出て行く方も、なんだったら今いる方も、確認のために読んでおいて欲しい内容。
 
Amazonで買えますので、ぜひご一読。
 
 

更新情報その他はFBで!
https://www.facebook.com/cheriaatw

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

本の購入情報

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました