一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【Sapa】初めての Sapa にハノイから豪華列車で行ってみた!電車の旅は楽しいぞー! ~ Chapa Train Express

イベント等
Sponsored Link

憧れのサパ。やっと一緒に行ってくれるという方とタイミングが合って行って来たよ!久々の電車旅ー!

乗り物大好き小僧

ワタクシ、乗りものが大好き。乗り鉄、なんて言葉がありますが、鉄道に限らず、バスも飛行機もバイクも車を運転するのも大好きで。

でもホーチミンではそもそもバイクも車も運転が実質封じられており(主にワタクシの運動能力を勘案した際に、周りにご迷惑をかけないことを最優先)それでなくても乗り物欲が満たせていない。

ので今回の電車旅は、めっちゃ楽しみにしてたのでした!
手配はお友達がしてくれたのですが、Sapa旅行でよく耳にする有名グループの、

Victoria Express Train
https://www.victoriahotels.asia/en/56-can-tho/installations-de-loisirs/85-meeting-room

は、今回取れなくて、

Chapa Express Train
https://www.chapaexpresstrain.com.vn/

というのを手配してもらいました。

ちゃぱ。
まず名前が可愛いのでワクワク(^・^)

初めてのハノイ駅!

というわけで、ハノイ駅から出発です。
うおー。駅だ。そりゃそうなんですが、駅だ。

ベトナムではあまり駅を利用する機会がなかったのと、ここ数年日本に帰ってないままなこともあって「駅」というものにまず感激する。

向かって左奥に続く建物は雰囲気があるけど、何に使われてるんだろう。素敵。

駅の入り口には、Kiosk的なものが!
知らない食べ物があったから買おうと思ったけど、よくみたら、Sapa名物って書いてあったからグッと我慢。だって今からSapaに行く(・∀・)

ってか、これが駅の前の駐車場なんですが、わー。日本の駅の敷地内にある駐車場みいたいだ。

そしてちょっと目線を遠くにやると、駅前から伸びる大通り。それが始まるかどの両脇には大きなビル。日本だったらデーパート、ホテル、銀行あたりが建ってる感じかしら。

なんかすごく日本の駅前の空気感(笑)
しかし中に入るとちょっと様相が違ってくる。

まず人がいないw
加えてなぜか天井からはシャンデリア。駅に。

こういう時刻表があってくれるから駅っぽい様相ではあるが、それにしても人がいないな。日本みたいに通勤云々や日常生活の足として列車を使うためのお駅じゃないからかな。

2階にあるという乗り場を確認しに行くと、さらにガラガラ。
そして目指す「豪華列車」の待合場所はこちらです。

もう一度言いますが、豪華列車です。

ちなみにせっかくなので駅のトイレにも行ってみた。そもそも人が少ない上に、古いっ建物の細い通路の奥、という大変趣のあるお手洗いまでの道。

ちょっとした短編ホラーが書けそうだなと思ったけど、トイレに行けなくなってちびってはいけないので自粛。

ちなみに31日の夜に発ちました。
連休前。もっと混雑してるかな?ともったけど、言ってみれば平日でもあったので、全く混み合うことがありませんでした。

そういえば、ホーチミンを31日の昼前に発ったときもドメスティックラインはガラガラ。平日はそんなもんだと言われたけど…


※2022年8月31日(連休前)午前9時半くらいのTan Son Nha空港の様子

ちょっと怖いくらい人いなかったわ。
バゲージドロップしてセキュリティ通過まで10分ちょっとて。。。

しかし、普段なら休日に動こうとは思わないのですが、必要が生じたときはできる限り直前でも前倒しにするとかすると、結構移動が楽なのかな???たまたまだったのかもしれませんが(-人-)

ベトナムで初めて見かけたコインロッカー!

単に私があまり電車旅をしないだけか、コインロッカーがあるところに行ってないだけの可能性が高いのですが、コインロッカー!初めて見た!

この表示、駅の2階にあって、搭乗ゲートも2階にあったのですが、コインロッカー見るためだけにまた1階に戻りましたw

しかし…

エスカレーターがどちらも登り…。
まあ…1階に何があるわけでもなく、2階に用事がある人が下に戻る理由はそんなにないわけで、合理的と言えば合理的。

しかし、今回の旅程トータル6日分の荷物が入ったキャリーを抱えて階段で降りる羽目に…orz

そうまでしても見たかったコインロッカーがこちら。

おお、コインロッカーだ。使うわけではないんで細かくは読んでないんですが、資料がてら写真だけ載せておきます。

すごーい。どのくらい使う方がいるんだろうか。
そして当然、紙幣仕様。紙幣の方が圧倒的に繊細だろうから、故障とか大丈夫かなー。そこ、心配(笑)

注意書きなども結構細かく書いてる様子。

ここは英語で書いてあるので必要とあらばかなり詳しく理解できるかなとは思います。こっちもやっぱり使わないから今回は真剣に読んでないけどw

もし写真の解像度とかの問題で読みにくいなどあればおしらせください。オリジナル画素のものをお伝えするのでw

ちなみに1階にはチケットブースがあり、正面中央入り口に向かうと右手側にあるようですね。

ちなみに上の写真の左側。Meeting Roomとあったので、待合室かな?と思い入ろうとしたらおこらりた(・∀・)

どうやら駅所属の方か、やんごとなき方の「会議室」の意味合いの場所だったようで、入ろうとしたら早々に追い出されました。ごめんなさい(-人-)

あとチケットッブース&第1ゲートがあるようで、そこは結構賑わってました。

出発ゲートへ!

さて時間が近づいてきたので出発ゲートへ向かうべく、再度2階へ!

1階の電光掲示板には、3種類のゲート番号が書いてあったのですが、あれ、全部が正解だったんだろうか。見る限り、こちらの2Bしか、発車番線には行けなかった気がするのだけど…別ルートがあるのかな。

おおおお…駅だ駅だ!
新幹線の駅にあるような、2階に上がったらそこにゲートが、ではなく、地方の路線によくある、ゲート通過後、各該当線路におりて行くスタイル。

荷物があるとちょっと大変です😅

しかし…
電車だー!(ですよね、ここ電車の駅だしw)

そもそもベトナムでは列車に乗る機会が少なく、日本にも3年近く帰ってないので、この光景、久しぶりー!😆

ああ…鉄分補充…(*´ω`)

そしてっ。
こいつだー!

おーっ、かっこいい!😆
さていよいよ乗り込みますよ!

電車の中の様子はこんな感じ!

お席のグレードはいろいろあるようですが、今回はええとこ頼みましたっ(๑•̀ㅂ•́)و✧

うああああっ、
なんだこのオリエンタル!

あ、実際にはこの壁の飾りがないお部屋を使いました。そして上部には折りたたみ式のベッドがあり、4人で利用する可能。

ただしその場合はもちろんもうちょっと圧迫感のある空間になります。

Sponsored Link*

お部屋の設備

ところで、ベッドはシングルベッドサイズ程度、そして各ベッドに電源の差し込み口があり(かなり緩めではありましたがw)携帯の充電がしっかりできます。充電器は持参する必要がありますが。

また、睡眠中の盗難などの心配はありますが、内側から鍵をかけられるようになっているので、少しは安心。シンプルな鍵なので絶対安心とは言えませんが、物音なしには明けられなさそうなので、少しは安心。

ただ外からはかけられなさそうなので、お一人の場合は、貴重品は持って出た方が良さそうかな?

残念なことは起こらないと思いたいけど、念のため。

あと、歯ブラシがついてました。
どうかなー?思いつつ、うっかり用意してくることを忘れてたので助かった…

出発直後

お部屋に入って程なくすると、なんとワゴン販売が!スナックにカップヌードル、飲み物数種類。

せっかくなので、お腹は減ってないけどなんか買ってみるかー、と軽い気持ちでポテチを買ったら…

100kドン!😳
ま、まあ…特殊空間だもんな…。でもなかなかな価格。ネ…ネタにしたから元は取れた…か…?

で、電車。
最初はめちゃくちゃゆっくり走ります。徐行、くらい。そしてしばらく行くと、線路とは筋を違えてバイクが走れる細そうな道が。

そしてそこにはカップルさんがいっぱい!

片側には電車。片側には水辺。。
なるほどここはデートスポットであるらしい。たまにこちらに手を振ってくれてる人とかもいて、なんとものどか(^・^)

そして車内からは陰る赤の流れ布。
夜の紺とほのかな明かりと相まって、なんともそそられる旅への期待。あーっ、いいなーっ。鉄旅!😆

お手洗いはとても綺麗

各車両ごとにお手洗いと洗面所がついてるようなのですが、豪華車両の洗面所はこんな感じ。ちょっと掃除道具なんかをおきっぱなしにしてるのはアレでしたが(笑)、綺麗にされてますね♪

お手洗いは特に広くはないですが、普通に使いやすい状態。デコレーションなんかもされちゃったりして。

ちなみに連結部分近くにあるのですが、隣の車両が見えたので試しに、と行ってみたら…

うん、こちらも綺麗。
でも明確に違いを出してますね。

まあ洗面所なんてシンプルな方が使いやすそうな気もしますけども😅

夜が明けて

さて、一眠りして明け方隣、空も明るくなってきた頃。

時間調整なのか、行き交う列車があったのか、所々で止まったりゆっくり進んだりをしつつ、予定より少し遅れた感じでのどかに進んでいました。

かと思おうとスピードが上がったりで、その調整はわかりませんでしたが、出発から朝まで、さほどビュンビュン飛ばすわけでもなかったようで、揺れやエンジンの振動おは、私には気になるほどではなかったかな?

敏感な方は気になったりするかもですが、山道の悪路を走行するバスよりは断然過ごしやすかったことをお伝えしておきます。

ところで前夜にワゴン販売があった時に、「モーニングコーヒー、いる?」と言われ、お願いしてたんです。

到着が6時くらいなので5時ごろくるね?と言われたのですが、コーヒーが来たのが6時ごろ。到着は7時前くらいになりました。

熱々のインスタントコーヒーでしたが…ストロー付き❤️
罰ゲームかな(苦笑)

インスタントではありましたが、さほど甘すぎることもなく、美味しく頂戴しました。これは20kドン/杯、だったかな。

モーニングコーヒーは定時、というより、到着の小一時間くらい前、という感じで、持ってこられる時間はその時々でまちまちになりそうですね。

到着!

到着直前に、目覚ましがわりの車内放送があるんですが、それがなかなか強烈。ベトナム後の歌、であることはいいのですが、絶対に1人残らず叩きこすぞー!という強い意志を感じる音量。

そしてその音量に耐えきれない放送機材。タダですら凄まじい音の上にハウリングが重なり、ありゃどんな人でも目を覚ますと思われる(-人-)

そんなこんなで到着!

あー、この電車を降りた時の空気感!
なんだろ、日本のそれと近いなあ、と思ったり。

そして外に出ると、駅ー♪(そりゃそうだ)
あと、事前予約が必要ですが、目的のホテルまで送迎してくれるサービスがあるようで、電車のチケットを手配してくれた人がこれもひっくるめて予約してくれてて助かった(-人-)

私1人だったら、Grabを呼べば大丈夫かーとか思ってオロオロするところだった。Grab、走ってないから(-人-)

車は快適。
道も結構綺麗で乗り心地も悪くないです。

途中のどかな場面もあり…

そして同乗者の方が泊まっているお宿を順序良く回りつつ…

到着。
うおー。見たことのない街。夜行列車に乗って到着!

今回は1泊のみの滞在なのであまり多くはご紹介できませんが、追ってSapa旅紀行、お送りしますね♪

 


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

列車情報

Chapa Express Train
https://www.chapaexpresstrain.com.vn/

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました