【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

ハノイで有名らしいお店、ホーチミンではここでだけ? ~ Cafe Mai

Cafe Mai コーヒーセットカフェ
Sponsored Link

打ち合わせの場所として教えてもらったコーヒーのお店。あまり聞いたことがない店名だったのですが、どうやらハノイで人気らしい?

中心街からちょっとだけ外れたローカルエリア

遠いわけではないのですが、あまり自分には行きなれないエリアでした。打ち合わせにてご指定いただき、聞いたことのないお店だったので、ちょっとワクワクしながら伺いました。

Cafe Mai 外観

カフェはカフェなのですが、古風というか、ちょっと民芸品的な様相も感じさせる外観。

Cafe Mai 民芸品店のような外観

中に入るとシンプル至極。なんというか…昭和の喫茶店的な空気感が漂います。

Cafe Mai 内装

驚いたのは、入り口にあるグラインダーと多種類の豆の収納容器。そりゃベトナムはコーヒーの産地ですから色々あるのはわかるんですが、それはブレンドによるものやローストの違いなどで作っている「商品群」であることが多くて…

Cafe Mai グラインダーと多種類の豆

豆自体にこんなにバリエーションがあるのは珍しいかも。
いい香り!

メニューにもコーヒーバリエーションがいっぱい

というわけで、メニューにもいろんなコーヒーが。
アラビカもあるし…あっ、バンメトートのもある!

Buone Me Thuotってやつ。あれ?空港とかは、Buon Ma Thotって書いてあったと思うけど、Meって表記する方法もあるのか。地域によって違ったりするのかな。

Cafe Mai メニュー

コーヒーにこだわるからといって、バリエーションレシピを拒否してるわけじゃなく、ラテはもちろん、キャラメルテイストやエッグコーヒー(Cafe Trung)もあるし…

Cafe Mai メニュー

わお。
バラの蜜のコーヒーとかある。Cafe Da Mat Hoa Hongってやつ。どんなんだろ?

Cafe Mai メニュー

待ち合わせでついてはきたものの、コーヒーって苦手…という方にも安心。お茶の種類も豊富だし、ジュースもあります。

Cafe Mai メニュー

シントーもあるし、ヨーグルトも。なんというか、コーヒーメインのお店というのは前面に出ているけど、喫茶店として(あえてカフェというより喫茶店の方がしっくりくる)充実してます。

Cafe Mai メニュー

Arabicaを頼んでみました

こんな感じで。
たまーにあります。ポタリポタリとフィンから落ちる間にコーヒーが冷めてしまうのを避けるために、湯煎にしてくれてるケース。

Cafe Mai コーヒーセット

滅多にないですが、丁寧な。その後氷に入れて冷やすなら問題ないと思われるんだが、お気持ち。そしてその湯専用機の中に、

Cafe Mai オーダーしたコーヒーの名前が湯煎の中に

頼んだ豆のネームが入ってたw
可愛い(^・^)

フィンでコーヒーを出すお店、特に街中では年々減ってる印象なんですが…(そりゃ時間も手間もかかるから、客の回転数と手間を減らそうと思ったら排除になるわな)

やっぱりいいなぁ。この風情。こうやって豆の様子も確認できるし。

Cafe Mai フィンの中

そして蓋の部分をひっくり返してテーブルに置いたら、その上にフィンを置く。こうすると、もしまだちょっとポタリポタリとしててもテーブルが汚れないという寸法。

Cafe Mai 蓋の上にフィンを

豆の量はそんなに多いと感じなかったのですっが、かなり色濃く出てますね。そして香りもしっかり。

アラビカ、というので、もう少し酸味があるかな、と思いましたが、コクの方が印象的。ディープなコクではあるけど、煎りすぎの苦みではない感じが好き。

アラビカはあまり苦みの強い豆種じゃないので、煎り方を深くすることで苦みを出そうと無理してることがチェーンなどでは多々ありますね。単に苦いだけみたいな。どことは言わんが。

Cafe Mai コーヒーに練乳プラス

コーヒーなのでもちろんサラサラのテクスチャーなんですが、練乳を混ぜるとき、ほんのかすかに、そして緩やかにとろみを感じるような表面の様子が素敵。

Cafe Mai 練乳を混ぜる

で、このまま飲んでもいいけれど、相当濃いので、熱いままが良い人はここで熱湯頼んでください。私は冷たいので飲みたかったので、氷の中へ。

Cafe Mai 氷の入っている器に移す

はい、ここで気づいた方。
私は気付かずコーヒーを注いでしまいましたw

そしたら店員さんがすっ飛んできて、スプーンを替えてくれました。そう、ドングのスプーンがなぜだか逆に刺さってたのに気付かなかったwww

これ、多分お店が間違えたわけじゃなくて、ちょいちょい遭遇するんですよね。意味は不明。で、今回は私が見逃してしまったw

Cafe Mai 氷と混ぜながらいただく

でもあのタイミングですっ飛んでくるってのは、このお店では結構ちょいちょい起こってることなのかも知れないなと思ってみたりw

でも改善しないというのは、なんか意味があるんだろうなぁw

ともあれ、ベトナムコーヒー(いやこれもベトナムの豆なんですが)とはまた少し趣の違うアラビカの豆でいただくベトナム式のコーヒーの飲み方。美味しかったです。

他にも色々種類があったので試してみたいな。
ちなみにこちら、ハノイにたくさん店舗を持たれてて、何かと表彰されたり取り上げられたりするお店のようです。壁にその様子の写真がずらりと並んでました。

ホーチミンにはここ1店舗っぽい。降ろしたりはされてるんでしょうが、最近のおしゃれカフェとは一線を画す、骨太な感じのコーヒーショップ。こういうお店をチョイスに持っておくのも良きですな♪

 

更新情報その他はFBで!
https://www.facebook.com/cheriaatw

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

お店情報

Cafe Mai
52 Co Bac Q1
Time : 07:00 – 21:00

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

  1. くに より:

    ハノイで、コーヒー豆のお土産を買うときの定番のお店ですね。
    お値段は高いですけど、日本からのお客様には好評なようです。

    僕は、自分用にはチュングエンのNo.3をスーパーで買いますけどね(笑

    • ちぇり より:

      >クニさん
      やっぱり有名なお店なのですね!はい、お値段はなかなかでしたけども、こだわりがあちこちに見られ、一杯オーダーしただけのものもその場で挽いてくれてましたし、納得の美味しいコーヒーでした! お土産用の数少ない機会と、日常で継続的に使う場合は基準が違いますものねー(^・^) No.3とは、また良いところをお選びになられる♪

タイトルとURLをコピーしました