一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【ハノイ】賑わう通りにある街のパン屋さんだが、もしかしたら間違ったかも?🤔 ~ An Tu

スイーツ
Sponsored Link

チェーを買いに行った帰りに、良い匂いをさせるベーカリがあって、しかも好きなタイプのパンがあったので買ってみたけどあとでよくよく見てみると…?

老舗チェー屋さんがある通り

ハノイの老舗チェー屋さん、

↑に行ったあと、ホテルまでテケテケ歩いていたら…
いい香り!

その場で焼いてるベーカリがありました♪
そして見たら、どうも、Pappa Rottiっぽい?!

もともとマレーシア発祥の、中に塩バターが入ったメロンパン状の菓子パン。ただしクッキー生地の部分がコーヒー風味になってて独特。焼きたて、押しいいんですよね。

でもだからってハノイで食い倒れて、ただでさえでも胃袋が足りない時に買うなよちぇりさん…(苦笑)

結構な品揃え

その菓子パン自体にも抹茶とチーズとソルテッドエッグ、ショコラという4種類があって、なかなかの取り揃え。あと、今どのくらいの客足があるのかわからないけど、保王府に在庫を焼いてるのも良い。

表のオーブンはディスプレイ用っぽかったけど、その雰囲気も良い。ホーチミンのPappa Rotti売ってると、人手に合わせて焼いたり焼いてなかったりするし、なんならお店の人もいないことあるから、ついでがないと買いに行けないんだよな。。。。

そしてその他の菓子パン類からケーキまで、パン屋さんとしての品揃えも豊富。だけど流石に、興味のあるパン1個で我慢。

54 Luong Can Can 東夷住所で、こんな立派な看板があるから、すぐにわかると思います。

が…?

Sponsored Link*

本家?は別にあったりする?

実はすぐそば、ほんのちょっとしか離れていないところに、

King-Roti というお店がありまして、ここで売られてるのが似たようなもの。そしてそこはいつも長蛇の列!

人気だけでいうと圧倒的にそちらの方が人気らしい。ということは…これはベトナムあるあるで、今回ご紹介してるお店がフェイキイーだったってこと?

いや、それをいうならそもそもこの手のパンが、マレーシア発祥のパン屋さんから得たアイデアってのはかなり明白、に思えるけど…

厳密にいうとそのマレーシア本家のレシピそのものじゃないし、「本家」の意味、がどうもわからなくなってしまいますが…

ハノイでは、どっちかが先だったんだろうな?東夷印象。事情を知らないのでなんとも言えませんが…なんにしろこれは次回食べ比べをしてどっちが好きか見極めないと(๑•̀‧̫•́๑)

肝心のお味は?

で、フェイクのフェイクかもしれないこちらのお店のお味。

みた感じは、日本の菓子パンの代表選手の帽子パン的な。Pappa Rottiほど、美しさでもコーヒーの香りもないけど、クッキー生地はそれらしい風合いを持ってて美味しそう。

で、今回は泣かんチョコレートが入ってるものを選んだのですが、うんっ、普通に美味しいw 確か20kだったかな?

チョコが偏ってて雑だとか、クッキー生地とパン生地のバランスがとか、ちょっと雑じゃね?とかいう細かいことは言いっこなしよ。

や、ほんと普通に美味しかったです。
これだけを買うために足をは工房かとは思わないけど、通りがかったらアリのレベル。

でも、もう一軒の方が断然お客さんが多かったから、あっちの方がおいしいかなあ?

胃袋予定をこなしてるつもりが次回の宿題を作ってしまいましいた。。。おかしいなあ。。。(笑)

 

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

An Tu
54 Luong Can Can, Hoan Kiem
(まだ地図には掲載されてないようです)

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!</p

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました