一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【Binh Duong】ここはカフェ銀座かと思うくらいのカフェ密集地の中の一件は「あのお店」の姉妹店! ~ Wood Cafe

カフェ
Sponsored Link

こんなに早くこちらにこれるチャンスがあるなんて。実はここ、最近紹介した「あのお店の姉妹店なんです!

周囲はカフェだらけのエリアにて

こちらのカフェ、別で紹介した↓のお店の姉妹店なんです。と言っても、Binh Duong店の方がずっと古いようですが。

いつか行こう、と思った数日後にチャンス到来。

この周辺、きて見たらカフェがとても多くて、ちょっとびっくり。しかもどちらもとても洒落てらして。

ちょっと近々と泊まり込みでカフェ行脚にこなきゃ、って思えるくらいにはカフェが鈴なり。

入り口のアンブレラには、Leha’s Homeとある♪
カフェの名称的には、Leha’s Homeとは入ってなかったんですけどね。

そして木々の葉が、すごい。
店が見えない。近づいてやっとドアを発見できる感じ。

わお。中がほとんど見えない。でもとても雰囲気がある。素敵。

そしてここのドアを開けるとまた素敵なの!

歓声をあげそうになる内装!

わー!
さほど広いお店ではないし、外からはあまり中が見えなかったからなおさらだったのかもしれませんが、なんという世界観!

ぱっと見ではわからないこともあったのですが、とにかく、もうそこにある空気感、ではなく、世界観、だなと思いましたわ。

ちょっとアンティークな雰囲気を醸しつつ、そこにあるものの多くは特にアンティークというものではなく、でもノスタルジックな色合いは、確かにそこにあって。

入って右手には、2階に上がる階段が。そしてその階段脇には、ソファスペース。

木肌の茶色の階段にブルー。淡いブルーに濃いブルー。所々の緑が全体の印象をキュッと締めてて、甘くなりすぎず、散漫でもなく。

これは店の奥から入り口を向いて撮った写真↓。
テーブルのペイントはお手製のらしい。どれ一つとして同じものがない。

椅子は、各テーブルごとに揃えてる感じ。

もうこのテーブルと椅子↓なんて、こちらに挨拶をしてくれてるみたいじゃない?

そこにあるテーブルや椅子たち、お客がいないのをいいことに、楽しげにおしゃべりをしているような佇まい。なんてチャーミングなの!

2階席もぜひ!

さて、今回は2階のお席に座ったのですが、2階にはソファ的椅子がメインでした。これまた各テーブルでデザインは違うけど、不思議と統一感ああるというか。

そして2階の席に座って、天井に張り巡らされている梁を見てわかった。

古いわけじゃないけど、アンティークっぽい印象を受けたけたのはこれ、この店内にあるほとんど全ての部分が、廃材から作られたものだからだ。

だから場所によって木目も色も質感も違う。普通これだけいろんな質感を使ったらバラバラな印象になりそうなのに、不思議とまとまって見えるから素敵。

ベトナムの方の徳いい技。ごっちゃごっちゃのはずのレイアウトなのにまとまって、しかも素敵に見えてしまうマジック。才能だわねえ。

1階の風景も素敵だったけど、2階のお席から見るとまた格別。もし空いてたら、ぜひ見て見てくださいね。

Sponsored Link*

お食事メニューはありませんでした

実は当初、こちらへはランチを食べにきたんです。Google Mapの写真には食事もあったし、別店舗で見た情報にもそうあった。

ですがこのときは土曜の午後だというのに、他にお客さんは1組だけ。まだ、あまり客足が戻ってないからか、お食事メニューはありませんでした。

で、ドリンクとおやつを。

確か私は単なるコールドドリップを頼んだはずだったのだけど、オレンジ入り。洒落とるな。コーヒーは…そこそこ、かな?お茶のバリエーションが多かったので、お茶の方が楽しいのかも。

3区の店舗で食べたカトルカールがとても美味しかったので、ちょっとこっちでも期待したんだけど、このオムレットは…うん。うん(笑)

生地がもともと水分が少ないタプで乾いてたし、クリームはバターも混ぜてるのかな。だったら美味しくなりそうなものだけど、ちょっと物足りなく。

不味くて食べられないいってほどじゃないんだけど、2個目に手が出ず。見目はこんなに可愛いのでもったないなーと思ったんだけど、ひとまずは記録のみ。

に、しても、2階のソファの居心地が良過ぎた。こういう古い感じの家具を使ってる場合、煤けて埃っぽいことも少なくないのだけど、ここのは綺麗にお手入れてたし、程よくゆったりで、BGMも自分好みだったので、旦那さんと久しぶりにグダグダ。良き。

PC作業をする人にも優しい作り

まあこの日は他にお客さんがいなかったからゆっくりできた、ということもありますが、そもそもこのお店は、長いウェルカムな方向性らしい。

というのが、私たちが座ったお席は、ご覧のように、木のフレームの手すり的なものから敷いたを見下ろす席だったんですが…

そんなとこにも電源が(笑)
そしてまさか?と思って他のお席も見てみたら、手すり周りのお席ほぼ全部に電源がある!

そして雑然と本が積まれたシェルフ。その前にはまた別の席が据えられてるのですが…?

シェルフの下奥。
電源があるwww

1階中央の壁から遠いところだと、どうなってるか確認できてないのですが、2階のお席のほとんどに電源が。

これ、私みたいに10分時間があったらPCで書き物したい人には、ほんとあがたい。そしいてそのタイミングで少しでも充電できると、のちに作業をする別店で電源を使えなくても作業時間の授業が伸びる。ありがたい。

天井からぶら下がってるライトも、こんな作りにしてる。木のフレームにシダ類などの葉っぱをあしらって、裸電球。素敵だわ。電球が持つ熱に関する安全性はわからんけど(笑)、流石に熱くなりにくい芋のとかを使ってるのかな?🤔

なにはともあれ…とっても素敵よ、こちらのカフェ。
スイーツは1階のショーケースに並べられてるから、ご自分の目で吟味をしてどうぞ(笑)

3区の店舗よりはちょっと素朴すぎる印象だったかな?セントラルキッチン的に、どこかの店舗が一手に作ってると思ったんだけどな(笑)

でもここは美味しいお茶とこの空間を楽しむためのカフェだなーと。

ビンズン、素敵カフェが多すぎるわ。この界隈に来たら、すぐ近くに、

ここでご飯もちょい食べできるし、歩いてほんの140mくらいのものなので、こちらのカフェとセットでどうぞ♪

楽しいよー♪

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

The Wood Cafe
201 Ngo Gia Tu, Thu Dau Mot, Binh Duong
Time: 07:00 – 22:00
Wi-Fi ID : The Wood  Pass: 201ngogiatu
※Wi-FiのIDやPassはお店の都合により変更されてることがあります

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました