一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンNo.1のパン屋さん?!と思っていたけど最近はちょっと気をつけて ~ Voelker

スイーツ
Sponsored Link

2区の小さな、でも本格的なパン屋さん

2014年9月

2区のお店を色々教えてくれた主婦友さんが、こちらも教えてくれました。パン屋さんです。その方は、ここのチョコデニッシュが大好きだそうで、

「もしかしたらホーチミンで一番おいしいかもしれない」

とまで仰ってました。ええ、物っすごく直に釣られてちぇりも買いましたよ(笑)

まだ家には冷凍しているパンがあるというのに、チョコデニッシュと、イングリッシュマフィン! 

ちぇりが気がついてなかっただけかもしれないけど、そういえばあまりホーチミンで見かけてなかったかもしれない。イングリッシュマフィン。単に興味がそっちに行かずに買ってなかっただけかもだけど。さてでは実食。まずはチョコデニッシュを。

th_IMG_3888.jpg

ちょっと写真では伝わりにくいかもしれませんが、これ、買った時にサイドに裁ち切れてるバターの層はパリッパリしてました。

持って帰ってすぐに食べたらさぞや美味しかったろうと思うのですが、諸事情に寄り(買った時に他のもん食べ過ぎてたな?)ちょっと時間を置いて食べる事に。美味しかった時の為に半分は相方さんに置いておこう、と奇麗にナイフでカットしたら。。。

th_IMG_3895.jpg

うぉっふぁー!!!!!
何この層!!!なんでこんなにパフってるの?!デニッシュはその生地のしなやかさと伸びの良さ、そしてバターの質、焼き上げ温度と釜内の状態など、あらゆる要素が渾然一体となって生まれる芸術作品。

そもそも、生地を作る段階での「室温」や「湿度」もものすごく繊細なコントロールが必要、と聞いてるんだけど。。。

この常夏の国で、こんな見ただけで確実に美味しいデニッシュ生地をどうやって作ってるんだ…???

すごい…すごい…っ、食べる前から鳥肌立つパンとか出会った事無い。しまった、これは買った直後、まだ表面がサクサクしてる時に食べるんだった。もしかしたら自分、ものすごくパンさんに対して無礼を働いたんではなかろうか?

で、食べてみたら。。。案の定。時間経っててパリパリ感こそなくなってたものの。。。。

バターの香りはまだフレッシュで、ギトることなく風味豊か。ほんのりとした甘さは絶妙にバターの塩分と相まって、ちょっとの生地をクミックミと噛み締めてるだけで、えらいこと豊かな気分になれる。。。(ちょっとをクミクミて、豊ってより、みみっちいがな…)

チョコレートはかなり奥ゆかしい量でしたが(笑)、ちぇりはこれ、チョコ入ってなくても買うね。チョコと合わさっても勿論美味しいけど、生地だけでこれ、すごい御馳走。

実はちぇりさん、日本でも有数と言われるデニッシュ生地が美味しい飛騨高山のパン屋
さんに、わざわざ(ほぼその為だけに)足を運んだ事があるんです。確かに美味しかった。美味しかったけど。。。

ここの店の、その方向性は多少違えど、ちぇりの好み度で言うと楽々その店、超えてるかも。。。。(^^; 

まぢか。まさかこんなに身近に、かの有名店を超えるかと感じられる(←あくまで個人内比較です)お店があったとは。。。。

個人的にかなりショックだったのですが、嬉しいサプライズでもありました♪だって、ちょっと遠いとは言えど、どう考えたって飛騨高山に買いに行くよりお手軽だもの(笑)

以前はTAX センターや1区の他所にも置かれてたそうなんですが、現在はこちらの2区のお店だけのようですね。ま、身近にあったらあったで、四六時中頬張りたくなって怖いけど(笑)

イングリッシュマフィンの方も、お粉の風味が良くてとても味わい深い♪そもそも、何も手をかけてない状態で、すごい美味しそう。家にパンのストックあるからデニッシュだけ…と思ってたけど、この姿を見たら買わずにはいられなかった(笑)

th_IMG_3889.jpg

日本に居る時はスーパーに売ってる大手量産ベーカリーの奴を良く買ってたなー。

こう言う専門店のものと比べてはいけないと思うけど、やっぱり格段に美味しかった♪高さ半分くらいの位置にぐるっと点線を入れるようにフォークを刺して、両手でバリッと割り、断面がぼそぼそになった奴をトースト。ぼそぼそ部分がカリッカリになって凄く美味しいんだよね♪ 

そのカリッカリのとこにバター落としたりジャムを置いたり。時間がある時はポーチドエッグを作り、粒マスタードを塗った上に起き、オランデーズソースをとろぉり。。。( ̄¬ ̄)

トロトロに作ったスクランブルエッグを乗せてオープンサンドにしても良いし、カリカリに焼いた後で更にチーズを乗せてとろけさせてもまた美味至極。シンプルに蜂蜜だけを垂らしてもいいねー♪ カリカリの所にジュワッと染みる蜂蜜。それを噛んだ時に今度は舌の上にジュワッとそれが。。。(滝涎)

甘いようにも塩っぱいようにもアレンジできるのがイングリッシュマフィンの魅力♪いいですね♪

他の種類のパンを買った方も、すごく美味しかったと言われてました♪ 今度行ったら冷凍保存用のパンと、即食べる用、翌朝食べる用、おやつに食べる用を買い込もう(どんだけや…)。4〜5種類はあったように思うキッシュも気になる所。ライ麦系のも食べてみたいなー♡

ホーチミン、チェーン店のパンでも美味しい美味しいと思ってたけど、ここはほんと、食べ込む価値があると思うわー。教えてもらってほんっと良かった!!次回が楽しみすぎるのでした(*´艸`*)

しばらくぶりに行ってみました!

2015年8月

わーっ、一年弱行って無い事になってる(^^;  でもやっぱり美味しいこちらのパン。人様に買って来てもらったりなんだりで、結構定期的に頂いてます。今回は初めて買った物がいくつかあったのでご紹介。まずはカヌレ。うんこれは今一つwth_IMG_5415_201510190357373c8.jpg th_IMG_5417_201510190357396ff.jpg

ブレブレや。。。
実物の見た目はよかったんだけど、蜜蝋の使い方が寂しすぎたのと、生地もちょっと水分不足と言うか、モソモソ感が強かった。

カヌレ好きだから期待したんだけど、残念。でもこっちは美味しかった。ブリオッシュ!

th_IMG_5421_20151019035742292.jpg

ブリオッシュって言うと、サイドが波波になってるカップケーキ型に入れた生地のトップをぷくっとつまんだ形の物が多い気がしますが、まぁ生地の配合でブリオッシュと言えるから四角いのがあっても不思議じゃないわな。。。

思ったよりも目の詰まった、ちょっとケーキに近い感じの生地でしたが、タマゴとバターの香りが濃くてほんのり甘く、スライスした後にフライパンで両面を炙ると。粗立った表面がカリッカリになって美味しい♪

紅茶との相性がバグツンです。こちらのライ麦パンは、ライ麦なのに、もの凄くしっとりとした生地が特徴。

th_IMG_5419_20151019035740134.jpg
th_IMG_5420_20151019035740f21.jpg

この手の黒系のパンは、以前紹介したキノコ型の黒パンのように、質実剛健でしっかりと噛み締めて味わう物が多いように思うのですが、こちらのは予想に反して、ふぅんわり♪ もちろん表面は固いのですが、この風味の粉を使ってもこんなにしっとりと作れるんだと言う驚き。そして新鮮な食感。

ちょっとトーストで焦がしてハチミツなんかを垂らしますとたまりまへん!フルーツジャムなんかも合いますねー。こちらはコーヒーとの相性が◎。

うーん、物によるけどやっぱり全体的に、そして素朴な物程美味しい気がするこちらのパン。1区に住んでるとチョイチョイ気軽に買いに行けないのが残念ですが、気軽に買えちゃうと食べ過ぎの危険が出て来るからこれくらいの距離がちょうどいいのかな(^^;

ちなみにたまにしかいけないので、行ったら多めに買い、カットして冷凍して保存してます。凍ったままトーストして頂いたら十分美味しくいただけますよ♪

お菓子系も充実してまいりました

ちょっとご無沙汰してたのですが、久しぶりに行ってみました、2区のパン屋さん。クロワッサンの美味しさは前に述べた通りですので割愛するとして、今回はスイーツと別のタイプのパンに手を出してみた♪

スイーツは、チョコレートのクランチ寄せ。言うたら、高級なチョコフレークの塊みたいなヤつ(笑)

チョコフレークよりかはベースがしっかりした歯ごたえだったので、少しずつ少しずつこれをガリガリやってく感じでしたが、甘過ぎなくて大変美味しい♪th_IMG_5471_20150118002617807.jpg

経常的な食べ難さはあるけど、それが食べ過ぎ防止になっていいかもしれない…(笑)

お次はキッシュ。小さいタルトサイズで食べ易いし、ブランチタイムのチョイ食べなんかにはとても良い感じですね♪th_IMG_5469_201501180026171d4.jpg

味のチョイスが色々あったんだけど、今回はキノコを。これでもって程キノコが入ってて良いダシ出てたなー。トースターで温めるか、軽くレンジで温めたあと、そこのタルト生地部分はフライパンで熱して水分を飛ばすのがよろしいかと。

で、今回イチ推ししたいのが、こちらのパン!名前は失念しましたが、ま、このルックスで店内にあればすぐに分かります(笑)          th_IMG_5691.jpg
th_IMG_5692.jpg th_IMG_5693_20150118002621614.jpg

ズッシリとしたドイツパン的質感で、実際の量もかなりあります。が、カットしてしっかりラップをして冷凍しとけば火持ちもするので大丈夫。

ライ麦ベースなのか、香ばしさよりの微かな苦み。充分な塩気。天然酵母でつくったような(実際にどうかは不明)微かな酸味。適度な歯ごたえを醸す生地に練り込まれた雑穀類。

すくなめのひと口を齧って、モグモグモグモグ。うーん、味わい深い。近所にあったドイツパンのお店が無くなってしまって、こう言うしっかりした食感と塩気、噛む程に滲む旨味が売りのパンを食べられる機会が減ってしまったので残念がっていた所にこちらのお店のパン。これはうれしい♪

味わいがしっかりしてるので、ハチミツや個性の強いジャム等を合わせても美味しいのですが、パン自体がとてもおいしいので、気がつくと、そのままちょっと齧ってはモギュモギュ、ちょっと齧ってはギュイギュイ、とやってる間にあっという間に無くなってしまうことも多々(^^;

ビールやワインとも合うし、最近すっかりお気に入り。これは常備しておきたいパンだと思いましたー♪

Sponsored Link*

ちょっと見ぬ間のExpanded 

2019年9月

先日、例のMalikとゲストと話をしていた時に「2区のパン屋ならVoelkerが美味しいよねー」って話がMalkikの口から出た途端、そこにいた人間全員が「Voelker!」と大合唱。愛されとるなぁw

Malik はフランスの方。そしておの彼がおっしゃるには、「フランスの僕が住んでた街とかパリで食べる味そのまんまだよ、すごく好き」。そっかーっ、美味しいとは思ってたけど、私はパリに行ったことがないのでその発言はできないんだけど、彼がいうならそうなんだろうな(๑•̀‧̫•́๑)

で、その名前を聞いたら久しぶりに居ても立ってもいられなくなって行って見たんですよ、ご用事の帰りに。そしたら…

おや。お店の様子が変わってる?そういやかなりしばらく来てなかったもんなー。えっと、前はオレンジのフードシェードが目印だったんだけど、シンプルになった?いや、それだけじゃないな???

なんだっけなあ、と思いながら扉を開けると…???

うぉい!!レイアウトが全然変わってる!!ってか、イートインスペースができてる!!(((o(*゚▽゚*)o)))

ナニーっ、じゃぁ、ここで焼きたてを待って出て来たのをすぐ食べるってことが可能になるのか?!(いや待たんでも。。。)

お店の様子は変わったけれども、打ち粉たっぷりのバゲットは健在。ライ麦のカンパーニュなんかもめちゃ美味しそう。

クロワッサンや菓子パン系はレジ横に並べられてて、お姉さんにお願いして取ってもらうスタイル。こっちはちょーっとレシピやスタイルが変わったかなー。焼き色は素晴らしいんだけど、生地の目に乱れがあったり、ちょっと各アイテムにはふさわしくない様子が見られてたりしたので、レシピが変わったか作り手さんが変わったか…

でもまぁ、食べて見ねば始まりません。クロワッサンとチョコクロと、今日はライ麦カンパーニュを買って帰りました。で、ライ麦パンのスライスをお願いしたら、えらい豪快なスライサーを使われておられた。。。

ゆで卵カッターの自動版みたいなやつで、ピアノ線みたいなのが張り巡らされてる上からパンを落として通過させることでカットするんだけど、上下振動させてる割には切れてねーっ(・∀・; 女の子が手を切りやしないかとヒヤヒヤしたわ。。。

しかぁしっ。そのカットされて出て来たパンはグレードアップしてましたな。

あ、いや、カットされたことでグレードアップしたんじゃなくて、ものそのものの品質が上がってたってことねw 

見てこの不揃いな気泡。この手のレシピのパンは、気泡が綺麗に良い子出揃ってちゃいけません。このように不揃いに通っている方が、うまく発酵がいったという証、と私は思ってます。

そして味わいも以前と変わりなし。やっぱりクロワッサン…もしくはデニッシュ系は見た目から懸念されたように若干、味が変わってたように思いますが、それでもまだ美味しかったな。

今度は是非、お店でいただきたいわぁ。2区では店舗展開もしている人気の他店がありますが、ここに記していないように、色々食べても私は全く惹かれてなくて、圧倒的にこちらの味がお気に入り。

久しぶりに食べて確信を深めましたわ。やはりここのベーカリーは非常に優秀。そしてフランスの方の間でもお気に入りだと言われてることでさらに美味しく感じてしまう単純脳w

週末の朝とかにふらっと出かけて頬張りたい。そんな日常の中の「美味しいパン」なら、こちらお勧めですー♪

かつてはオススメしていましたが… ⬅︎NEW!

かつてはこちらのお店がホーチミンで一番お気にりいだったし、実際そのように人にもオススメしていました。

クロワッサンも相当なレベルであることは今も代わりないでしょうが…ご存知の通り、今2区はベーカリー戦国時代。

加えて、ただ正当においしいだけでなく、作り手さんのフィロソフィーを映すまでにレベルが上がってきているので、こちらも色々と変わってきていたわけですが…

なんということか。
不均等な膨らみ、揺らぐクープ、生地目にも乱れが著しい。この日は友達のお買い物についてきただけだったのですが、ちょっと驚愕。

これじゃまるで素人の作りではないか。いや、素人でももっと綺麗に作る人知ってるわ。どうしたの。

愕然としてレジのところに目を移すと、スコーンですらこの有様。
カップケーキなんて、ちょっと反射して見辛いかもしれませんが、生地がゆるすぎ、無造作に散るに任せた不恰好な膨らみ。

作り手さんの未熟さが随所に見られ、それをジャッジする監督者もいない。売り子さんはそこに疑問を持っていないか、持っていても上に物を言えないのか。

以前の威光を知らなければ、即座に店を出るレベル。Voelkerさん、いかがされた。。。

パン屋さんがたくさんできてるから職人さんが引き抜かれた可能性も考えられるな。とにかく、以前行ってた「市内一かも?」というのは撤回した上で、しばらくは様子見。

もしかしたらこの日たまたまだったかもしれませんので、買いに行かれたら都度、ご自身の目でジャッジして見てくださいね。

※この記事アップした翌日、リアルにあった方からも、メッセージでも「やっぱりですかー!」とのご意見が。以前の記事をご覧になって行かれたのに残念だったという方、すみません。
エビデンスが手元にないので詳細は伏せますが、お話を聞く限り、キッチン内の方が変わってしまわれたのだろうなぁという予測。あくまで推察ですが、残念。。。

お店情報

Voelker Bakery
37 Dugon Thao Dien Q2
Time : 06:00 – 20:00
Spent : 130,000 vnd / person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Sponsored Link
 

コメント

  1. 最近、こちらの村に少しだけ足をいれたワッタカッタ!と申します。
    次から次へと、美味しそうで魅力的な店の数々のアップ、
    たまらず、ご挨拶にうかがいました。
    ガイドブックには書いてない情報、本当に参考になります。
    これからちょくちょく伺いますので、よろしくお願いします^^

  2. ちぇり より:

    わぁっ、コメントありがとうございます!
    ホーチミンは、現地料理のポテンシャルも去ること
    ながら、各国料理やカフェも充実していて、ほんと、
    ネタには事欠きません( *´艸`)
    ワッタカッタ!さんのホーチミン旅行紀も拝見しました!
    いやー、在住していると失いがちな視点が沢山…。
    身近な場所後沢山出てきていたのですが、改めて新鮮な
    感覚&感心しきりで拝読しました♪
    もしまたホーチミンにお越しになられる機会があって
    ご都合・ご気分が向かれましたら、ぜひお声かけくださいね♪
    なんか美味しいもの食べにいきましょー(^∀^)

  3. とら より:

    こんにちは。
    ボルカーの記事につられて入りました。
    私もここのクロワッサンが大好きです。
    以前はレタントンに路面店があったので毎日通っていました。
    今は1区ではアンナムに少しだけ置いてると思います。
    お店の人の話では生地ごとフランスから輸入しているという話でした。
    あそこのを食べたら他のは、、、、ですよね。

  4. ちぇり より:

    とらさん、コメントと情報、ありがとうございます!
    なんと、フランスから仕入れておられるのですか!!どーりで…(^^;
    ホーチミンの製パン技術には注目していたところではありましたが、
    どー考えてもあの生地を作るには凄まじいコストと技術がいるだろうに
    どうやってるんだ???という疑問が解けました(笑)
    生地ごと、ということはおそらく冷凍でしょうから、その品質を落とさず
    適温を保って移送してくるだけでも大変だと思いますけどね、この国では(^^;
    アンナムにあるかもですか!!それはちょっと探ってみます♪
    あそこのパン、あまり買った事が無かったから全然気づきませんでした。。。
    色々情報、ありがとうございます♪ 
    同じお店の味を共有できて、とても嬉しいです(※^^※)

タイトルとURLをコピーしました