一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミン・お一人様で極上 Pizza ! ~ Pizza Tonda

イタリア料理
Sponsored Link

ピザ屋さん、増えてますねー。一時期のナポリ系流行りの中での上下だけじゃなく、小麦粉の使い方などをまるっきり変えた生地が魅力のお店など、バリエーションも増えてる昨今。さて今回のお店はどんなタイプ?

 

ホーチミンに70年の歴史ある Pizza 店のフランチャイズ!

ベンタン市場からすぐのレタントン通り、Bep Me In 

 

のカバンが見えるすぐそばにあります。ちょっと外観が地味かなー。せっかく撮ったのだけど、保存ミスで写真ないですが(。-_-。)

 

 

1958年に創業し、ヨーロッパからフランチャイズを始め、シドニーやドバイでの展開を経て、このホーチミンやシンガポールにも展開し始めたのが、創業70年目の今年になんだそうだ。

外観からは小ぶりのお店だったし、プライベートレストランでピザ屋をやってるところも少なくないので、すっかりその系統かと思ったら、がっつりバックグラウンドのあるお店のようでした。

お店入ってすぐの1階部分が調理場となっていて、装備を見たら確かに個人がこじんまり始める感じの機材じゃなかったな。。。

 

 

シンプルな店内、シンプルなメニュー

1階はほぼ調理場で占められていたので、お席は2階に。あまり広くない床面積でシンプルなデザイン。カメラの調子が悪く、また保存し損ねてるんだけど、階段上がった背中側に、オーダーカウンターみたいなのもあります。

 

 

でも実際には、店員さんがお席にオーダー取りに来てくれる普通のレストラン方式。カフェにもあるようなデザインだからスペシャル感はないけれど、代わりにチョイ食べしやすい雰囲気ですかね。フランチャイズの大衆店みたいだし、サクッと行けるのが魅力なのかと。

 

 

まずはピザ。シンプルなものなら69kからあるのでかなりお手軽ですね。ちょっと凝った具材になると120kオーバーとかもあるので、かなり値段に開きはあるようですが、サイズは同じ。

うーん、ここは王道のマルゲリータにでも行っとくか、とも思ったのですが他にも気になるのがいろいろあるなあ。。。

 

 

コールドサラダもホットサラダもある様子。ただし種類は少なくてシンプル。迷わなくていいよねw あと気になったのがパスタ。

 

 

茹で方が悪く美味しくないと言われ続けてるホーチミンのパスタですが、意外と私、悪くないなと思うことも結構あって、ついつい頼んで見たくなっちゃう(笑)。でも、今日はピザ(๑•̀‧̫•́๑)

店の表で見かけた写真の生地がちょっと気になったんですよねー。サイズ感も面白かったし。期待期待。

 

プロモーションやってます

 

まだオープンしてすぐなので、プロモーションをやってます。

 

 

ピザを2枚頼んだら、マリナーラかマルゲリータを1枚、プレゼント。って、今回一人やから、2枚も食べれんやろうし、3枚目もらっても困るー!ってことで、ひとまずは1枚だけ。

いつまで、って書いてなかった気がするので、試して見たい人は早いとこ行って見てください。お持ち帰りにもしてくれるそうです。

 

 

Sponsored Link*

こんなピザでした!

 

で、今回頼んだのは、カルボナーラ!!それってパスタのメニューちゃうん?って話ですが、まぁピザでも再現しておられまして。。。

 

 

わっはーーー!!たまご乗ってるー!!!(≧∇≦) しかもフルフルの半熟。安全度は知らんw しかし後はシンプルにクリームとチーズで美味しそうだし、やっぱり生地が面白そうやなーっ。アメリカンではこんな表面の質感にならんし、ナポリ系のモッチャラモッチャラではこの気泡の含み方はしない。

へーっ、どんなんやどんなんやーっ、と、写真をバチバチ撮りながら見てたら、横にカッター持った店員さんが待っておらっしゃった。。。すんません、気づかんかったわ。。。

 

 

で、カットカット。幾つに切る?と言われたけど、これ、直径10cmくらいやねん。ほんと、調理パンサイズ。なので4つにカットしてもらったのですが。。。

 

 

はーい、たまご崩壊ーっ(笑)
いやええねん。ちゃんとシート引いてくれてるから、溶けたたまごに生地つけながら食べたらいいと思うねんけど。。。その前に。

 

 

生地、うま!!!!(´⊙ω⊙`)
あれや、La Creperie さんとか、 Oliver’s さん

 

 

 

の、系統だけども、スクエアじゃなく、もちょっと薄さもある。周りがまだらにガリガリ、ザグザグとした小気味好い食感で、ランダムな気泡を含み、小麦の味わいがファッと香った後にクッとくる塩味。

 

 

チェーン、フランチャイズと聞くと、チープなイメージがありますが、これは突き詰められた上で安定も獲得しているレシピですな。

都度手作業の、その時々のセッション的な楽しみはないかもしれませんが、非常に味わい深い。そして具材とのコンビネーションもバランスが良い!

チェーンにありがちな、ゴムみたいなチーズもどきなんかはもちろん使っていないし、生地もチーズ部分も楽しめる。またトロトロ卵との兼ね合いがすんごく好み(*´ω`)

 

 

そしてこのサイズ感。4つに切ってもらい、それの半径辺同士を合わせるように折り曲げたら、軽く片手に収まる上に、具材が漏れない。

大判のピザは放射線状にカットしても、具材が乗ってクタクタになった生地の部分が大きすぎて、でれぇんとしちゃって食べにくいですが(笑)、なるほど、このサイズなら食べやすい!!

というわけで、瞬殺( ̄ー ̄)

気にはなっていたけど、まさか生地がこんな美味しさとは知らなかったため、俄然食欲を刺激されてしまい。。

 

 

まさかの2枚目マルゲーリータ

 

頼んじゃった(*´ω`)
おまけのもう一枚はお持ち帰りにしてもらった。トマトソースがどーーーーーしても気になってさ。ほら、気になったものは調査しとくべきじゃない?ない?(誰に言い訳しとんねん)

 

 

さっきのカルボナーラの半額近くの価格のメニューなので具材は若干控えめですが。。。具が多けりゃいいってもんじゃないんですよね。特に生地が美味しいピザは、具材は添え物、ですらあってくれて良い。

ああ、もうちょっと工夫して写真を撮ればよかったな。こう表面、特に裏面が細かくガギガギとした、独特のクリスピーさを表しててですね、いい感じに美味しそうだったんですよ(*´ω`)

 

 

カルボナーラにはなかったトマトソースが気になってたんだけど、かなりフレッシュでストレートな味わい。あまりゴテゴテ色々して煮詰めたりしてない感じが爽やかで良い。

そして生地だけ部分が、カルボナーラより多かったわけですが、それが愉悦。。。こう、クッと塩気が聞いていて香ばしく、もっちり感はあるものの、あのモチモチを異様に強調した、噛み切るときにはンギー!!となって、口の中ではモッタラクッタラ団子になるタイプではなく、ほどほどの「もち(・∀・)」くらいの愛嬌で。

これ、ビールと絶対合うわ。ワインもええかもしれんけど、これ、私だったらビールやわ。その後に約束があったため、今日はパッションフルーツジュースとか日和ってしもたが、次回は絶対ビールだわ。

で、結局おまけ3枚目はテイクアウトにしてもらいました。さすがに2枚食べたらお腹いっぱい。でも結構良いスピードで2枚目もペロリと食べましたがwww

 

 

気になるメニューが他にも続々

 

ピザ自体も結構メニューが多いので、例えば4人で行って4枚・4種類頼めばいろんなフレーバーを楽しめますよね。パスタもちょっと気になってる。

日本の方は、旅行に来たらベトナム料理を優先させる傾向がある気がしますけど、欧米の方は長期滞在のケースもあってか、結構この手のピザやらハンバーガーのお店に来てますよね。言うたら、私らが日本食料理屋さんに行くと和むようなもんなんですかね。

なので、日本人ターゲットじゃないのかもですが、あのサイズ的には日本人にはすごく良いと思うのですよ。逆に欧米の方だとあれ、椀子そばみたいに10枚くらい、ぽいぽい食べないと間に合わないんじゃないかしら(・∀・;

ピザっていうと、一人で食べに行くとなると、なんとなく一人鍋をしに行くかのようなハードルの高さを感じますが、ここなら気軽に、実際の量も頃合いですのでいいですよ。Oliver’sさんも、La Creperie さんでも美味しいピザは食べれますが、そのちょうど中間的な位置にあるので、全部知っといたら便利やん?(笑)

新しいサイズ感と、オリジナリティのある生地のレシピでどこまで行けるか。ホーチミンのピザシーン、ますます活気付いて来てますなぁ♪

 

 

 

 

お店情報

 

Pizza Tonda
134 Le Thanh Ton Q1
Time : 10:00 – 22:00 
Spent : 247,000 / person

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました