一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

条件満たせば入国が容易になったベトナム🇻🇳にお越しになるご予定の旅行者さんへ

ちぇり info(生活情報)
Sponsored Link

入国規制が緩和されましたね

長かった。旅行者さんが気軽に来れなくなった頃から、明確に国が外国からの入国者を制限し、なんならご家族がベトナム国内にいてもなかなか戻ることができなかったこの数年。

まあどこにいても旅行どころの騒ぎじゃなかったわけですが…

一定条件を備えての、入国解禁が先日報じられましたよね。とても嬉しい。そして旅行関係者の方から聞こえてくる、GWの予約状態。解禁が報じられてかなりすぐのタイミングで、結構な予約の数が入って来ているようです。

喜ばしい。
ホーチミン、個人的に大好きなので、もっともっとたくさんの日本の方に知ってほしいし、「旅行」はそれを肌で感じてもらえる貴重な機会。

幸いにもリピーターさんが多く、すでになんども来たことがある、と言われる方、また私がこちらにいる間に、10回と言わず再訪を重ねてくれてる方などがおられたことが以前はとても嬉しかったのですが…

ここ数年は寂しかった。
それが、急にではなくても戻ってくる、と知れるのは本当に嬉しい。

の、ですが。
この点もぜひ知っててほしいです。

Sponsored Link*

解禁 は、コロナがなくなったことを意味しない

日本とベトナムのコロナ感の違いがあることを知っておく

みなさんご承知のこととは思いますが、もろもろの規制が緩くなったことと、コロナの状況とはまた別問題。コロナのウイルスがいなくなったわけではありません。

また、感染が広まり始めた当初から対応中の期間まで、日本とベトナムでは国の対応や、それを受けての国民の温度差も大きく違いました。

私はこの2年半以上、日本に帰っていないので、日本での様子はネットで見聞きすることしかなく、リアルな感覚がわかりませんが、おそらくホーチミンのそれと違うことは間違いないと思います。

実際の日本の感覚がわからないので、何がどう違うのかは言えませんが、ホーチミンでは感染することが珍しくない状態。ほとんどの人がワクチン接種済みで、過敏が過ぎなくなったのは良いことだなと思うのですが…

誰が感染してもおかしくない状態ではあります。特にホーチミン市内は、もとより日本よりも人口が密集する機会が多く、感染しやすい環境かもしれません。

基本的に備えておいた方が良いと思われること

そこで、以下くらいのことは一応心に留めておく方が良いのかな、と。

・病院を受診する必要が生じる可能性考えておく
・その際に利用可能な保険を用意しておく
・ホーチミンの医療状況は日本のそれとは大きく異なる
・ベトナム政府の方針転換は非常に急なことがあると心得る
・状況により政府から指示があった場合、拒否する選択肢がないケースがある

少なくとも感染すると一定期間 or 陰性結果が出るまでは飛行機に乗れませんから、旅行後にお仕事などのタイトなスケジュールを抱えておられる方は、そこに対処できる準備をしておくべきかと思います。

その際の変更事項にも対処できる体制は持っておくべきと思います。

具体的には、飛行機の便の変更や宿泊先の確保など。政府からの指定があればそれに沿う必要がありますが、自前で対処できるかどうかも検討しておく方が賢明かと思います。

自前で確保できないのであれば、利用する旅行会社に、そういう場合にサポートしてもらえるかなどの確認や相談をしておくことをお勧めします。

VISAの問題

観光の際にベトナムに入国される方の中には、ノービザ(15日間?)で来られる方も多いかと思いますが、感染云々で足止めとなった場合、必要延長期間中のVISAがどうなるかということも考えておかねばなりません。

感染した場合、許容期間内に必ず陰性結果を得られるという確証はありませんから、万が一の時はどうするか、とういことも、ある程度知っておく必要があると思います。

現地でのPCR検査場所の確保

旅行社さんを利用しての手配の場合、帰国前の現地でのPCRに関しても組みこまれたご案内があっているものと思いますが、検査に必要なタイミングでどこにご滞在されているかにより、検査を受けられる場所の選択肢も変わってくるかと思います。

ホーチミンに来てずっとホーチミンに止まってる場合はまだ簡単ですが、ベトナム国内の移動も今はかなり自由なので、ホーチミン以外の土地に行かれる方も多いかと思います。

ホーチミン市内のことなら私もサポートできるケースがあるかと思うのですが、よその土地となると全くわからないので、スケジュールを立てたら、必要なタイミングで検査を受けられる準備をしておくことが必要かと思います。

水を差すようでごめんなさい

ベトナム入国解禁は、国際間の移動に関して久しぶりの明るいニュースです。そしてもともと、もっと多くの日本人の方にホーチミンの楽しさを知ってほしい、と願っているものとしては、少しでも早く旅行者さんに戻ってきてほしいと思っています。

が、一方で、ベトナムの特殊な環境や特性を考えると、準備できることはしてきてください、と言わずにはおれません。

社会隔離時のような事態は、そう簡単には再び起こらないだろうと思っていますが、長く住んでいる人間でも、

・病院問題
・ビザ問題
・変更による諸々の手配関係

では、手こずった方が多いのです、。旅行者さんともなれば、準備して、しすぎることはないと思いましたので、老婆心ながら。

嬉しいことで賑わう中、水を差すようで申し訳ないのですが、準備不足で不必要に「ベトナムって面倒だ」と思われることがありませんように(-人-)

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!</p

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました