一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミン5区は中華 エリアと言われてますが、その近くの10区にあえてのウェスタン!再訪! ~ Tiem Mi Mua He

ブーラッタのサラダイタリア料理
Sponsored Link

ホーチミン5 区といえば、チョロンエリアなど、チャイニーズエリアとして名が知れ渡ってます。だからあの辺に用事があると「ランチは中華」になりがちですが…

隣接する10区にめっちゃいい店見つけたからっ。しかもあえてのウエスタン!

An Dong 市場に行った帰りに

An Dong市場はこのブログでも何度かご紹介したことがありますが、

今住んでいるところからはちょっと距離があるので、あまり行かなくなってました。でもちょっと用事があったので久しぶりにお友達と。

「ランチはあんたに任したからよろしくね!」(意訳:外れてもいいから新規開拓したいなら好きなとこに付き合ったるで!)

というありがたき言葉をいただいたので、周りを検索して見つけたお店がこちら。流石になんともいえなかったので、候補に一応飲茶のお店もピックアップしてったけど、どうにもこちらが気になったので押してみた( ・`ω・´)b

わっかりにくい外観

小さなお店です。爽やかに彩ってはいるものの、中が見えにくいし、店名に一切、外国語を入れていない。

もし通りがかっただけだったら私、見逃してたし入らなかったと思います。そもそも飲食店とも思わなかったかもしれない。

でも、お客さんもちらほら。そしてデリバリーを受け取りに来てるおじちゃん達も、結構いる。

およそ、チャイナタウンらしくもなければ、ベトナムローカルの洋食屋さんという感じでもない。もちろん、ハイエンドなウェスタンでもない。

なに???

ファーストフード店のようなストラクチャ

入ってみると、正直、チープです。奥のキッチンに続くカウンターがあって、そこの上部にメニューがある。これじゃまるで、タピオカミルクティ屋さんだ。

もしくは類似のファーストフード的なもののお店を居抜いたか?

でも多分夜になると可愛いのかも。イルミネーションをあちこちにあしらってたし、お若い方には入りやすい印象。

2階は今回は見てないけど、同じようにカジュアルな感じなんだろうと思われる。

 

若いお嬢さん方が可愛らしいくおしゃべりしながら食事をしてたり、窓際のテーブルを予約したカップルさんが仲よさそうにメニューを選んでたりと、可愛いったら(*´ω`)

この広さには不似合いいなくらいのしっかりとしたエアコンが入ってて店内は快適。結構ローカルの洋食屋さんに行くとエアコンがききづらかったりして暑いことがあるんだけど、快適。

ここまでは、まだヨイヨイという感じ。いくら気の置けない友達だからと言って誘った限りはどうしても気負ってしまうわけですが、ここまでくらいは予想の範囲内。

だって、ウェスタンのお店を選ぶときには、まず上がってこないエリアのお店だもの。かなりローカライズされてると踏んでおく方が自然。

メニューはイタリアン系?!

メニューはパスタがメインというのはわかってたのですが…や、安い…?(・∀・;

少なくとも100kはするだろうと思ってたのですが、なんと79kが主要価格帯。まぢか。

これやちょっと雲行きが怪しく。流石にそこまで安いパスタはどうなのか。昨今下手したらローカル麺でもそれくらい取るぞ。

 

むしろサラダ類の方が高い。でもこれ構造的にはわかる気が。パスタ、コストを安くあげようと思ったらかなり安くあげられるものな。

対して野菜は価格も手間も結構かかる。良いものを使おうと思ったら。だからパスタより高いサラダも理解。

なんとリゾットやラヴィオリなどもあるようで、こちらはお店おすすめメニューであるだけあって、ちょっとお高め。それでも680円とかのレベルだけど。

一応ステーキなんかも置いてて、それでも千円前後。ダックもあるのか、気になるな。

廉価のパスタとは別に、ホームメイドのパスタもあるらしい。私はタリオリーニ狙いだったのでこちらのメニューをじっくり凝視。

とはいえ、ものが良ければかなりお値打ちな価格です。でもこの値段「だから」こんなもん、という結果にもなりかねない。さて…?

Sponsored Link*

ぶっちぎられた予想

ドリンク

お酒がないのはちょっと残念だったけど、ノンアルコールのドリンクが素敵だったんです。

バジルのモヒートと、お店特製のハッピーモヒート。ハッピーってなんやねん?と思ったのですが…

ローズマリーをふんだんに使ってるところがベトナムよね。こういうハーブをケチらない。そして甘みも抑えめで実に爽やか。絶妙なハーブの使い方。

できればジンをここにぶち込みたい希望はあるが、ノンアルとしては大変魅力的に仕上がってました。へーっ。

圧倒的に華麗なサラダ

サラダは卓上にお得キャンペーンメニューがあったのでそちらを頼んでみることに。なんとブーラッタだそうですよ。

このチーズを使うお店は、だいたい仕入れが決まってるので味の予測はできたつもりだったのですが…

なんとっ、見目に美しい!!
そしてブーラッタの肌が…知ってるものとは、違う…???

トマトはプチトマトはフレッシュで。大きいトマトはドライトマトに仕立ててあって、葉っぱの一つ一つまで丁寧にバランスよく盛られてるのが印象的。

全体にフルーツが多く、ソースもブルーベリードレッシングなんだけど、ベースにバルサミコのドレッシングを敷いてて底支えをしていて、見目にも完璧。

そして食べてみると…?

うぉっふぁーー!!
すんごいミルキーで美味しいチーズ!しばらく食べたくなかったから知ってるとこが作り方を変えた?グレードを上げた?それとも別の仕入れ?

そしてこのあっさり味のチーズはヴィヴィッドなフルーツととてもよく合い、さらにそこにベリーソースをかけると…?

なんとも華やか!なんともチャーミング!えーーーー!!すごいんだけど!!!

すごくガーリーだけどマチュアな感じもあって、男性が作っているように見えたのだけども、とても美人さんなサラダ!しかも量もたっぷり。2人で食べても大満足。なんなら3人でも楽しめる。

ドリンクから始まってた「バランスの妙」は料理にも生きてる。。。これは…これは…っ、もしかして期待できちゃう?!

まさかのマヂ旨・カニソースパスタ!

パスタはお高めラインのカニソースパスタ。
うっ、美しい!!!

そしてこのソースが絶妙。決してくどくない。クリームの脂肪分の加減はチーズに預けて、カニの出汁を有意義に生かし、ソフトだし塩気も決して強くないのにカニの旨味でじっくり食わせる。

挙句にこれ、冷めることでのデメリットが少ない。冷めてもそれはそれの美味しさがあるんですよ。これ、デリバリーにも向いてるのかも?と思ってたら…

うん、ガンガンデリバリーのオーダーが入ってましたね。
みんなよく知ってるなぁ。。。
ロングパスタはデリバリーでは頼まないのが私の中では基本なんだけど(頼むのならショートパスタ)ここの自家製麺は、ちょっと頼んでみてもいいかなぁ。

同行したお友達もこれ絶賛。酒を飲ませる味じゃないけど、実に繊細、実に「頃合い」な落とし所を寸分違わず狙って落としてるって感じ。な、何者、ここのシェフ…?

マッシュルームソースのニョッキ・トリュフオイルの香り

もう一品は、ニョッキ。これもかなりお店のクセが出る料理だから、初回で頼むことは少ないのだけど、あまり期待をしてなかっただけに、行っちゃえ!みたいな勢いで頼んでしまった。

で、上にダックが載ってるらしいのですが、その焼き方まで聞いてきました。ほお。

そしてでてきたのがこれ。

あ、やばい。
これ美味し奴。

カニのパスタを先に食べてシェフの腕に驚愕してたこともありますが、ピシャリで火入れしてきてるダック。香るトリュフオイルの香りに溶け込むマッシュルームソースの湯気。

まぢで。
何者。
ここのシェフ。

ニョッキは芋の甘さを十分に引き出した丁寧な作り出し、それに絡まるソースもとても、とても美味しい。

先ほどのパスタと同じように塩は強くないけれど、素材の風味が存分に引き出された上に融合されてる感があって、すごい。

そしてダックがやっぱり完璧。旨味を精一杯閉じ込めた焼き方になってて、皮目は薄く薄くカリッと。

なんで…なんでここにワインがないんだー!!!(多分販売免許とかの関係かな)

これがホーチミンの楽しいけれども怖いとこ

正直期待してませんでした。
周りの環境、ネットでのプレゼンの仕方をみても期待できない。ただ、写真はよかった。しかしそれはお客によるものでもあったので店の戦略ばかりとは言えない。

名前すら、ベトナム語で打ち出してるので外国人が認識することが難しい中、さらに価格帯が相当に安いというのに、ここまでのレベルを叩き出してくる店がある。

だから新規開拓がやめられない、というのがホーチミンの楽しいところ。でもこれ…

この価格でこの環境値でやってるお店がゴロゴロあるということでもある。

私が、砂漠の砂の一粒を探し出したわけじゃない。結構数があるところにたまたま行き当たっただけだと考えるのが自然。

ってことは、飲食店さん、凄まじいレベルの競合店が山ほどあるってことですよ。それを考えるとゾッとする。

この原価の掛け方。
自分がマネジメントやってたら卒倒しそう。そして利幅が狭い単価の中で、ここまでの手をかけられるシェフを抱えるという。

こえー。ホーチミン、こえー。
そしてこのレベルのものを食べてる若い人が、今後購買力をつけるわけですよ。経験をつけた上で。なまじっかなものじゃ太刀打ちできない。

やっぱり、すごいポテンシャルだ、この街。
一点、なんどもいうけどワインが欲しいがw
コーケージ取ってくれるなら持ち込ませてほしい。なんならシェフにも飲んで欲しい。

あの料理の様子だと、あまり飲まない人なのかもしれない。できればワインの味を覚えてもらってからのレシピも味わってみたい。

距離があるので通う、とまでは言えないけれど、An Dong市場に行った時などはここ、ぜひ行ってみて欲しい。お店を応援したいし、多くの人に食べてみて欲しい。

ホテルの一流シェフと比べるわけにはいかんが、この価格を考えて、この環境を考えると、相当いいと思いますよっ。久しぶりに、なんかっ、燃えた!応援したい!

美味しかったーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

 

初訪問から3日後の再訪 ⬅︎NEW!

再訪・安定のドリンク&ブーラッタサラダ

はい再訪問(はやっ)。
色々気になりまして(^^)ゞ

ドリンクは前回と違うものを頼みましたが、やっぱり安定の美味しさ。一応ビールがあるか聞きましたが、やっぱりないとのこと。

免許的な問題なのか主義的な問題かがわからないので、持ち込みの件はまだ聴けてないのですが、ローカルのお友達に聞いてみてもらおうかな。

ブーラッタチーズのサラダはピシャリ、安定の美味しさでした。今の所ブレはなし。

ミートボールスパゲティ

さて気になってた79kのパスタから一品頼んでみようと、ミートボールスパゲティにしてみました!カリオストロー!!!

で、ミートボールは中かなボリュームのものが4個で全体はトマトソース。これが、ちゃんとトマトを使ってるけど、あまり酸味を立たせずに優しい感じで仕上げてる。

好みとしてはもうちょっとがっつり煮詰めた濃い方が好きですが、他のお料理同様、やっぱり塩気は少なめで、素材の旨味だけで勝負してる感じ。優しい。そして、これはこのラインの美味しさが。

お子さんとかにはいいんじゃないかなー。ケチャップ的な甘みは少なく、野菜の甘みって感じだったし。そして麺も悪くない。79kでこれかよ…。ほんまに怖いな。

ちなみに、着丼時の香りは楽しみ逃さないようにしてください。とても幸せな香りがするから。

Duck Sous vide

Sous videってのは確か真空調理か。
199k。どんな風にして出てくるのかと思いきや…?

OMG
なんて立派な。
そして相変わらず皮目表面のローストが美しい。

味も悪くない。かなりやはり塩気は抑えめだけど、ソースがごっつい美味しい。やはり好み的にはもうちょっと肉に下味を入れてもいいかなという気はするが…

ソースで食えってこったな。
一点難を言うと、ナイフがもうちょい切れ味良ければってところ。そして真空調理としてはきっちりできてるんだけど、素材の特性かちょっとだけお肉がタフなので、細かめに切らねばならぬこと。

なので尚更切れ味の良いナイフが欲しいとこなんだが、まぁこのカジュアルさでこのクオリティの料理が出てくること自体が贅沢な話でな。

そこはカジュアルマインドでおおらかに行きたい。
ってか。
見て、この付け合わせ。

 

ズッキーニやアスパラのグリルは完璧。ミニキャロットのガロ煮もチビジャガのフライもとても丁寧に作られているのが伝わってくる。

そして特筆すべきは、キャラメライズドされたリンゴ。奥ゆかしくシナモンが含められてて、ねっとりとした食感に。

これ単品で食べても美味しいけど、ダックと合わせて食べるとめっちゃおいしい。

うーん、これは他のパスタも、今度はステーキも食べて見ねばな。二人でドリンク&3皿頼んでも600k。一人1300円でこれ食べれたらめっちゃええやんなあ!

 

更新情報その他はFBで!
https://www.facebook.com/cheriaatw

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

お店情報

Tiem Mi Mua He
371 Vinh Vien, Q10
Time: 10:00 – 22:00
Spent : 280,000 vnd / person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました