一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ハノイの皆さーん遊ーそびーましょ♪ 人数限定プレゼント付きのちぇり探しゲーム、仕込んで来ました♪ ➡︎ヒント追加!~ The Note Coffee

カフェ
Sponsored Link

観光名所と言われるところに、マーズ行ってない今回も。ですが、そういうところならでは、のシチュエーションを見つけたので、ちょっと遊びごとを仕込んで来ちゃいました😁

ホアンキエム湖の北西淵付近に

2022年4月17日

このお店に行った前夜、ちぇりまっぷ限定記事で公開したフードツアーを回ってる際に、

「ちぇりさん、見てください!あのお店すごくないです?」

遠目すぎて写真は撮っていないのですが、その小さなカフェは、遠目に見ると店内がなんだか、まだら模様…?と思ったら、どうやらこの店には、訪れた人がメモを残して好きなところに貼って行く、という「旅の足跡」みたいなものを残すお店らしい。

ほお。
ほお。
ほお。

にやり(・∀・)

よく実改めての訪問!

ってことで、よく朝、朝食を食べに出た際にお立ち寄り。
夜は店内の光が漏れて目立ってたけど、昼見ると地味。そういうお店、結構ありますよね。

1階のカウンターで注文してから上に上がりますが、観光地の割にはリーズナブル。というか、安い、か?

長くあるお店なんでしょうね。以前からの値段をあまり上げてない感じの値段感。

コーヒーって感じでもなかったので、So Co La にしました。
最近、カフェで出されるCacaoやSocolaドリンクの質が上がって来てる気がするんですよね。

そもそもCacaoドリンクと、ショコラドリンクをしっかり分けてる時点でこだわりが感じられる。

10年前にホーチミンに来たばかりの頃は、うすらぼんやりしてたり、変な香料が感じられることがあって、しばらく手を出してなかったのですが、最近、何かの拍子に飲んでみたらすっかり美味しくなっていて。

で、結構あちこちで飲んでるんです。
ここのはどうかな(^・^)

ってか…

耳なし芳一スタイル

うわあああ(・∀・)
思った以上にペタペタ貼られてるw

まあここはホアンキエム湖の近くで、Covid前は相当な人出で、ここの利用客も多かっただろうし、それが長年続けばこうなるかwww

座席のある部屋だけじゃなく、2階3階とそこまで上がるまでのスペースにもペタペタww 

流石に階段の足で踏む部分には貼られてませんでしたが(か、貼ったところから踏まれて剥がれて行くか)壮観。メモ用紙を1種類にしなかったのは賢明かと。おかげでモザイク的な風合いになってるwww

なんなら開け放った窓のフレームの部分にまでビッシリ!もう、少しでも隙間があると、そこに穴を開けられるとかいう呪いがあるんか?というくらい(耳なし芳一モチーフ)

これはこれでデザインだな。
そしてすごいエネルギー。

これは私が勝手に感じたことですが、やはりその一枚一枚のメモの向こうにはそれを書いた人がいて、そこにその人がその時感じた言葉を記してる。そんな言葉が無数に止められた場所。

ほんの一部しか読めてないけど、誰かに向けて、だったり、単に旅の楽しい時間のことを呟いたり、と、ポジティブな言葉が多かったのも印象的。

だからなんだか、その場にいること自体がちょっと楽しかったです。もちろんデザイン的にこれはどうなのよ?って話はあるけど…(笑)

世界中からの人が集まて残した言葉が作る空気感。これはこれで、楽しいな?

Sponsored Link*

ドリンクはどうだったの?

で、こちら。
ああ、もうどこを撮っても同じような背景になるなw

さらにグラスにお店からのメッセージもついてきてるし。

で、こちら。
超絶濃厚、というわけじゃないので、サラリと飲めます。が、薄いという訳でもなく、外を歩いて熱い思いをしてきたときにはちょうどいい飲みごこち。

さらに甘みが…絶妙。
チョコレートドリンクやカカオドリンク、甘さがないとそっけなくなりがち(酒があればいいですが)。なので一定の甘みはあってくれた方が私は好きなのですが…

これはほんと、ちょうどよかった。
取り立てて、これを飲むためにぜひ行って!とは言いませんが、このお値段で観光地にあって、雑なものを出されても(まーね…)と納得せざるを得ないような環境にあるにも関わらず、美味しくいただけました。

また途中店員さんがやってきて「暑くないか」「味は大丈夫か」「なにか改善点があったらなんでも言ってくれ」というようなことを伝えてくれて、とても丁寧な印象でした♪

今こんな時期、というのもあるのだけど、特に付け焼き刃でやってるようにも見えなかったし、黙ってても売れるであろう観光地で、ああいう方が働いていらっしゃるというのは貴重だなあ。素敵なことだ。

Capichi バウチャープレゼント!

① ちぇりを探せ!Capichiバウチャー100k x 先着5名様!

というわけで、せっかくなので仕込んできました!これ見つけたらプレゼント!みたいなのをやろう!と思いついたはいいけど…

でもハノイまでなんかものを送るというのは郵便費用もかかるし非効率。ちゃんと届くかもわからないし送れるものも限定されるし。

で、Capichiさんに相談した。
とあるお店が、限定的にバウチャーを発行しているのを見て、システム上でそういうことができるのだな?となんとなく知ってたので聞いて見たら、

「できますよー(・∀・)」

と軽く言ってもらったので、決定。
私がCapichiからバウチャーを買って専用コードを発行してもらうことに!

上記写真のメッセージを、このお店のどこかに貼ってあるので、見つけた方は写真を撮ってちぇりまで送ってくださいLINE@にてご連絡いただけます。

Capichiで使える100k分のバウチャーとなるコードをを、先着5名様に私からお知らせします!

② Capichiさんからも 50k バウチャー x 先着10名!

という話をしていたら、「じゃあうちからも!」ってことで、Capichiで使える 50k分のバウチャーを10名様にプレゼントしてくれることに!

ただこちらは、ちぇり企画とは方法が違い、すでにバウチャーコードが書かれたメモを貼ってきました。もちろんここでは伏せてますが(笑)

先着10名様が使うまで有効♪
こちらは私に連絡をする必要はありません。

多分、お住いの方はわざわざ観光客さんが多く集まるお店に行かないこともありますよね。もしまだな方がいらっしゃったら、人の少ない今のうちに一度くらいは(^・^)

しかしCapichiさん、ありがたいな。
ものを買って送る算段をして送付する、となると、金額だけじゃなくその時間や手間もかかるわけですが、コード発行してもらえると、こういう企画の時にすごく助かる♪

今後もなんかゲーム考えたらおねがいしようっと(^・^)

発見お一人目のご報告!&こんなんわかるかごるぁぁぁ!!!という声をいただいたのでw

2022年4月23日

お一人目のご報告!

昨日、やっと最初のお一人が見つけてくれましたw
が、その他のトライした方からは、

「こんなんわかるか、ごるぁぁぁぁ!」

と舌巻き巻きの叫びをいただき、こりゃーちょっとヒントをば、と思った次第www
あひゃヽ(・∀・)ノ

ヒント1 2つのメッセージに共通したこと

このカフェに来た方でメッセージを残す人は、店中のどこに貼っても良いことになっており、つまりはどこを動き回っても良いとされてます。

だからこの企画も決行したのですが(ちゃんとしたレストランとかではあまりウロウロできませんものね)、とはいえ、人様が座ってる場所割り込んでって探す、というのはちょっとどうかと思われたので…

人が座らない場所

に貼ってます。
つまりは誰もが通ることができる通路て的なところに。

周辺に立ってじっくり探しても、よほど満席で人が溢れてる時とかでなければご迷惑になりにくい場所に貼ってます。

ヒント2 Capichi プレゼントについて

ずばり、中2階のどこか。
ちょっと誤解が生じやすそうなので詳しくいうと、

階段を上がると左手すぐに中2階的なところがあります。テーブルも置いてはあるのですが、ちょっと天井低くて、お客さんがいなくてもそこには通されませんでした。

しかし、ヒント1でも言いましたように、テーブルや椅子があって、人がそこを長時間塞ぐ可能性のあるところではありません。

このお部屋がある「付近」です。

見つけられるかな?
こちらはすでにコードを記してあるので、Capichiでオーダー時に使った方、先着10名、ってことになります。

ヒント3 Cheri プレゼントについて

これは本2階。
こんなお部屋がある階の…

やっぱりテーブルが置いてないところ。
もしかしたらこの辺かもしれない?🤔

こ、ここまで言ったらなんとか見つけてもらえないだろうか😅
でも出題した人間にはこの難易度、わからないんですよね。。。

というわけで、この週末にでもふるってご参加くださいませ。ちなみにちぇりプレゼントの方は、この企画を立ててから1年間なので、しばらく時間ありますw

こちらはあと4名。私に写真を添えての報告があった順、とします!さあ、2人目は誰だー!


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

The Note Cafe
64 Luong Van Can, Hang Trong, Hoan Kiem
Time: 08:00 – 22:00
Spent: 45,000vnd / person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!</p

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました