一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

Querceto Toscana Sangioese 2012 〜 La Bettola にて

ワイン&チーズ
Sponsored Link

ワインを置いているレストランが多いホーチミンですが、なにせ知識が
ないので、どれにしよう?となってみても、せいぜい赤ならボディの軽い思い、
白なら辛口〜甘口の中のどれか、ということと、お財布と相談するくらいしか
決め手が無いというていたらく。。。。
ではありますが、そうやって選んだ中でも、好みに合うもの合わなかったもの
というのはあるもので、備忘録的に結果だけは記して行こうと思います。
あまり参考にはならないと思いますが(^^;
で、今回のこちはらは、最近ヘヴィローテーションで登場している


にて頂いたワイン。
la bettola600k
ご一緒した方との意見を総合し、ライトボディの赤がいいねと。
La bettorla さんのワインリストの赤に関しては、Light 〜 Full のタイプに
ザックリ分けてリストアップしてくれてるので選びやすかったです。
で、その中で Light タイプの一番リーズナブルな物をw
確か600kドン台でした思います。三千円チョイ。
お店で頂く物としてはお手頃な金額。
開戦時の香りは華やか、とまではいかないのですが、こじんまりとキュートな感じに
まとまっていて、ブドウらしい素直な甘酸っぱい感じ。Light Body と記されていた
通りに舌を滑らせてから喉越しまで、あまり引っかかりが無い感じでサラリと落ちます。
例えばこれだけをじっくり楽しもう!というタイプじゃないですが、いろんな種類の
食事と一緒にいただこうとうするには、そつなくどれとも頂ける感じ。お料理の味を
変える様な決定打にこそならないけれど、その分どれにも寄り添えるんですね。
どれにでも合う、というよりは邪魔にならない、というか。
赤は渋いのが苦手、と言う方も、これならボチボチいけるかも?
癖のあるズッシリした物がお好きな方にはものたりないかもしれませんが、
大勢で色んな好みの方が一同に集まっている場所等には無難な一本かも。
場合によってはそう言うワインが重宝する事ありますもんね。
というわけで、これは知っておいてもいいかなー、と思えるお品でした♪
小売りで探してみるつもりなので、見つけたらまたお値段掲載しますねー♪
ちなみに、某サイトでは15USD平均と書かれてました。国に寄り酒税やら
その他の上乗せ価格幅が違ってくるのでどのくらい参考になるかわかりませんが、
もしその金額で手に入るなら、出す場に寄ってはリーズナブル且つ使い勝手が
いいかなー、というのが個人的な乾燥でした♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました