ホーチミンの社会隔離下でも頼むことができる食材・食品を販売してくれるお店!
【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

Phu Quoc西側 ◇フーコック名物ってわけじゃないけど今まで知らなかったスタイルの美味しい麺料理! ~ Bun Ken Ut Luom

ブンケン@Phu Quoc
Sponsored Link

さて、麺料理大国のベトナム。ホーチミン市内って東京みたいなもんだから色んな地方の料理が集まってるけど、Bun Ken は聞いたことがなかった!

Bun Kenとは

どうやらカンボジア由来の料理らしく、Phu Quoc オリジナルの料理というわけではなさそうで。

店名にある Luom って言う単語も見慣れない。Luonって単語はよくみるんだけど。

でもホーチミンでは聞いたことなかったんですよね。Google Map上でキーワード検索してみたら、あるにはあるけどかなり少なく、人の口の端にもそんなに登らなかったような。まあ自分の身の周りがそうだったって話なだけかもですが。

でも Phu Quocに行った人の話によると、「ここにきたらこれ食べなきゃ!」って感じらしい。

朝の数時間だけの営業なので狭き門ではありますが、ええ、もちろん食べてきましたとも!

朝からお店は大盛況だけど朝だけのお店

と言うわけで、旦那さんは海へ芝刈りに。ちぇりさんは街に面食いに(・∀・)

先日ご紹介した、

⬆︎のお店と同じ通り、同じ側にあります。位置的にもそこまで遠くない。この通りはこの周辺ではメイン通りに当たるのかな。大きいなお店もたくさんあります。

で、こちらは Phu Quoc 名物と聞いている Bun Quay のお店で、今回ご紹介するお店の隣にあるので目印にいされるといいかもです。

ちなみにホーチミンで食べた、Bun Quay のレポはこちら。

で、お目当のお店はこちら。路上店です。軒先き分だけ半屋外だけど。

朝6:00 – 大体10:00くらいまでと言う短い営業時間ですが、下手したらそれより早くてもものがなくなったら終了だと思います。

店名の確認はこちらで。
夜、見つけようとしてもこの屋台が出てないので見つけようがありません。朝、早起きをしていきましょう(๑•̀‧̫•́๑)

Sponsored Link*

メニューは多くないらしい

とりあえずギリギリ空いてた席に座ると、店長さんがオーダーを取りに。

他にメニューはそんなになさそうで、「モッ(1つ)、ブンケン」と言うと「ウム」と言う感じで速やかにキッチンに伝えに行ってくれました。

スムーズ。

シンプルだけど、なるほどこれは食べたことなかった!

と言うわけで、出てきたのがこれ。

汁なし麺。そこにハーブやらお野菜やら何やらがてんこ盛りになってて、BUNですから断面の丸い米麺が下に。

若い…パパイヤ、かな?丁寧に細切りにされたものが野菜のメインですが、印象的なお野菜は別にもあって…

もやし!!すっごい細いけど根切りされててめちゃくちゃ綺麗なの!最初あまりに白くて均一な細さだから、麺かと思った(笑)

そしてこのもやしが、その後、フーコックで食べたいろんなお店の料理の中に入ってて、なんか今周辺特有または、盛んに育てられてるもやしなのかなーって。

どんな種類にしたって、手入れされていることは間違いなく、そもそも手がかかることが多いベトナム料理だけど、フーコックの料理はさらに手がかかってるのは?という疑惑。(そしてその疑惑は今後への伏線であったと後に知るのであった…)

 

こういう麺料理の鉄則として、上品に上から食べていくのではなく、ワッシャワッシャと全体を混ぜて食べるというのがありますが、これもそうして食べた方が美味しそう。

調味料はごくごく少なく、辛味の少ないタイカレーのような味わい。ココナツミルクが甘やかで、そこに旨味とコクが加わり、ターメリックらしきカレー様相はあるものの、刺すような辛味はあまり感じられないまろやか味。

旨味はいろいろだと思うけど、チキン、からも出てるのかな。ココナツミルクが加熱によってモロモロと固まってるものもあるけど、トッピングに乗ってるモロモロの一部は鶏のミンチのようでした。

東南アジアのご飯にいる方の口には、さして珍しくはない辛くないココナツカレーの味かもしれませんが、言われてみれば、ブンでこの味は今までなかった。そうかこういう楽しみ方もあるよな、という目から鱗な感じの驚き。

そしてとにかく繊維質たっぷりのお野菜が多いので、食べきった後も胃がとても楽。そもそも軽い米麺の糖質がさらにゆっくり吸収されてる感。

なんなら隣の Bun Quay も食ってくか?と思ったのですが、ランチも控えていることだし、この日は我慢。でも男性とかお若い方なら、ヨユーでハシゴできると思います(笑)

ちなみに、食べ終えてさあお席を絶ちましょう、というときも、地元の方らしい人たちが次から次に!人気店なんだなあ!!

というわけで、このお味を試したいときはお早めに。そしてホテルの朝食に飽きた際にも、良い気分転換になると思うし、クセの少ないお料理なので、多くの人に楽しんでもらえるお味だと思いますー!

 


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

お店情報

Bun Ken Ut Luom
87 Duong 30 Thang 4, Duong Dong, Phu Quoc
Time : 06:00 – 10:00
Spent : (確か)30,000 vnd / person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました