一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ヘムの中にある隠れハノイモチーフカフェではエッグコーヒーのこんなアレンジが楽しめる?! ! Little Hanoi Egg Coffee (Yersin)

カフェ
Sponsored Link

ホーチミンには隠れカフェが数あれど、ハノイモチーフのものとなればなおさら雰囲気がありそう!と思って行った見たら…?

ハノイモチーフなカフェ

同じ国でもハノイとホーチミンでは随分雰囲気違いますよね。地勢的なことや気候的なこと、色々要因はあると思うんですが…

ハノイ初心者&まだ4〜5回しか行ったことがない人間からすると、ハノイの素敵なところはノスタルジックな雰囲気があるところ。旧市街地なんて歩いているだけで素敵。

あとは、Cong Ca Pheのイメージでしょうか。

古き良き時代モチーフなお店は、どこか日本の懐かしさにも通じる空気感があって、とっても素敵。まああれは作り込まれてるノスタルジックなのでどうなのかって話はあるけど…(笑)

ホーチミンも代位好きでありながら、どこか憧れのようなものがあるんですよね。ってことで、行ってみた♪

見つけにくい。。。

Grab Bikeで行ったんですが、住所は間違いないものの、それらしきものがない…。うんちゃんが心配してかなりウロウロしてくれたのだけど、見つからない。

住所の場所には露天食堂が賑わっており、その奥には寺か?と思えるような門があるだけ…?と思ったら。

どうやらそこはヘムになっており、その奥に色々お店があるっぽい!?

「住所のところに店らしきものがなく、ヘムがあったらその中を探せ」

鉄則ですなw

到底店があるように見えなくても、とりあえず入って見る。すると、あったあった!いやまぢでわからん!(笑)

住んでても、ちょっと恐る恐るだから、旅行者さんとかはなおさら見つけに行くよね。ってか、私もホーチミン初心者の頃は見つけきれなかったお店がいろいろあったもんなあ(笑)

まあここはそんなにヘムの奥深くに行かなくてもいいから、知ってさえいればそんなに怖がらなくても良いと思います。

最初あまりにも見つからなくて、諦めかけたことは内緒ですがw

ハノイモチーフだけど結構モダン?

勝手にもっとノスタルジックなイメージを持ってたのですが…

わ、割とモダンだし、なんなら西洋系の方の団体さんが賑やかにしてらした上に、他にも数組の西洋人カップルさんがいらっしゃり、何かで紹介されてたんですかね。大賑わい。

もしや観光客さん?と思ってお店の方に聞いて見たら、ホーチミンにお住いの常連さんだそうで😅

めっちゃメジャーなスポットなのね。
壁にかけられてる写真や絵画は懐かしい感じですが、思ってたほどハノイじゃなかったというか、私のハノイ感が間違ってたというか。

まあ典型イメージを持つほどハノイに通えてるわけじゃないからな。勝手に押し付けてた感はある。

1階は埋まってたので、この日は2階に。

Sponsored Link*

メニュー!

ハノイといえば、エッグコーヒー!
ってほど、需要ああるのかはわかりませんが、やっぱりこちらのメニューにはトップにいエッグコーヒーが。

ただここにはエッグカカオもエッグ抹茶もあるのが特徴。なるほどw

Banh Dau Xanhとお茶のセットがあるところなんかはいいねー♪ 上の写真の一番上、小さな箱に入った緑豆のお菓子。

これ、食べたことない人はまず買わないだろうし地味だし、華やかなお土産というわけには行きいませんが、実に品があるお菓子。

緑豆を甘く炊いて潰してきめ細やかな餡状にしたものの水分をさらに飛ばして圧縮整形したもの。

食べた方の中には「落雁のようだ」という方もおられますが、ちぇり的には、落雁よりずっと美味しく、自分の初めて食べた感想としては、スペインのボルボロンのようだな、というももでしたが…

10年前はボルボロンがそんなにポピュラーじゃなかったから共感してもらえに行く買ったなあ(。-_-。)

そもそものこちらのお店の主要客が、この日居合わせた方達のように西洋の方が多いのか、食事メニューもウェスタン。

一応ベトナム料理もあるようですが、西洋系が多いなー。
マンゴートーストとかは迫力ありそう(笑)

と、思ったのですが…?
こんなものが。。
なんと、クリームディップしながら食べるバインミーとな!

というわけd

しかもこのクリームは、エッグコーヒーに使われてる卵のふわふわ。おお、なるほど!

バンミーだったらよかったな

というわけで、頼んで見たのですが…?

ありゃ。バンミーじゃなかった。
メニューの写真とは違う食パンで登場。ま、まあとにかく食べてみよう。

とにかくモップリしたエッグクリームは、卵を凝固しない、多分50〜60度くらいの温度に上げてから業務用のブレンダーでしつこいくらい回したもの(笑)

これに粉をさっくり混ぜて焼いたら、美味しいスポンジケーキですね(笑)

で、そのクリームは美味しいのですが、期待が外れた、ということがあるにせよ、食パンがかなり残念で。

これがここのデフォルトなのか、バンミーが品切れになったから間に合わせで調達したものなのかはわかりませんが…

まあ、さっきメニューを見い所ではトースト系も数多くあったから、これがここのお店で普段から使われてる食パンなんだろうな…。

アイデアはめっちゃ面白いのに、残念。まあ自分の口に合わなかっただけで、気にならない方も多いとは思うんですが。

ふと気づいたら、一緒に頼んだクムクワット(キンカンみたいなルックスの柑橘)と障害入りのお茶は大変美味しかった♪

そしてこちらはデフでこんなカップに入ったお茶が出てくるのですが(この文化ほんとにありがたいよね)

これがほのかにシナモンの香り。
一般にベトナムのシナモンのカシアは刺激が強いことが多いので、お茶などにはセイロンシナモンの方が向いているとされてますが、使い方次第だなーと思わされるほのかな香り。

多分普段からこれが普通に無料で提供されてるのだとは思うのですが、だとしたら、この暖かいお茶があること前提でドリンクを頼むと、より楽しめるかもですね。

しかしエッグクリームにディップして食べるパン、バンミーでやってくれるならまた食べたいなー。総合的に位今回はイマイチでしたが、アイデアはおもしろいな、と思ったのでご紹介。

ただし、一点ご注意が。

ちょっとだけ知っておいて欲しいこと

エッグコーヒーしかり。伊勢エッグが登場するずっと前からあるレシピで、生食用ではない卵で金の死滅にい十分な加熱はされていない工程で作られていると思われますので、そこは承知の上で自己責任でお試しください。

まあ事故が多ければ、こんなポピュラーなメニューとして継続はしてないだろうなと思うので、そこまで危惧しなくていいんじゃない?とも思うのですが…

妊婦さんやお子さんなど、特に生物の食中毒に注意をした方が良い方はお気をつけて。イメージが優しそうなだけにウッカリしがちですが、一応リマインド(-人-)

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Little Hanoi (Yersin)
119/5 YYersin, Q1
Time: 07:00 – 22:00
Spent: 115,000vnd/person

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!</p

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました