一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

LCC Air Asia で贅沢フラットシート♪

ちぇり info(生活情報)
Sponsored Link

ベトナムに住んでいると、タイやマレーシアなど、
東南アジア諸国に遊びに行くのは、日本の地方
から東京に遊びに行くくらいの感覚。

距離的にも、って話もあるけど、価格的にも、
LCCを使えば、タイミングによってはすごく
安い。本当に「ちょっとそこまで」の感覚です。
今回は、LCCでもちょっと良いサービスを利用
したので、そのご報告。

 

LCC乗り継ぎ時の荷物はスルー?

 

 

例えば先日我が家、バリに行ったんですが、
その時に使った直近の便を調べてみると…?

 

 

片道 US$150ちょっと。安っす。
しかも、時々「LCCは預け荷物のスルー扱い
がない」、つまり乗り継ぎがある場合は、
乗り継ぎ地点で逐一荷物を回収し、再度
チェックインし直さなければならない、なんて
ことが言われてますが、上記のように、最初
から通しで取っていれば、最終到着地点で
ピックアップすればOK、というケース、
結構あります。

乗り継ぎ地点で違う航空会社に乗り換えるとか、
ストップオーバーの際に規定時間を超えて、
乗り継ぎの地で滞在するとか、そういうケースは
もちろんダメです(笑)。一度その国に入国して
バゲージクレームにて荷物を回収し、次の便に
乗る時には入国し直す。これが必要。

ですが、上記のようなチケットの取り方をした
場合にはスルーで行けることがあるので、チェッ
クイン時にカウンターできちんと確認して下さい。
必ず、ではない場合もあるかもしれないので、
都度、確認(๑•̀‧̫•́๑)

 

 

フラットシートって高いんじゃね?

 

で。

 

今回は、ホーチミン→KL→デンパサール、
という経路だったのですが、後半部分、
KL→デンパサールで使用される機種が該当機種
だった。なんの該当機種かというと…?

 

 

フルフラットシート!!
エアアジアにはこれまでホットシート、という、
レギュラーシートよりもスペースが広く、諸々
のオプションもついた広めの席があったのです
が、さらにグレードの高いお席ができたのです。
いやもうちょっと前の話なんですがw

で、今回の場合、KL→デンパサールの便のみが
対応で、この距離そんなに長くない。ので、なんと、
金額差が普通の席とあまりない。

 

 

直近二つの便を見比べてみたのですが、大体
5割り増しくらいでしょうか。ホットシート
との差は、私たちが乗った時は、チケットを
取った旦那さんによると、ほんの2千円の違い
だったそうです。そんなもん、絶対こっちに
乗るでしょ(๑•̀‧̫•́๑) ってことで初トライー♪

 

フラットシートって、どんなのよ?

 

 

かなり偉そうです( ̄ー ̄)
相当ゆとりのある大きさ。
欧米系のかなり大きなおじさまが座っても
ゆとりがあった。

ので、チビなちぇりさんが座ると…?

 

 

 

足、プラーンwww
でも。
フットレストも細かく調整できるので無問題。

 

 

 

シートの後ろには、かなりのスペース。それは
この背もたれが倒れてフラットになるから。

 

 

背もたれだけ、とか、足元だけ、とかシート
自体の上下とか、色々細かく調整できる
みたい。

この日乗ったのは日中だったから別に寝な
くても良かったんだけど、せっかく乗った
のだから、と一度はフラットにしてみました。
しかし自分がフラットにしてるところの
撮影は無理。

というわけで、フラットになりつつある
ところの私目線の映像を。

 

 

 

うおー、過去1、つまらん動画だな(・∀・;
でーもこのシート、すっごい座り心地良い。
そしてほぼほぼ完全水平になると言って良い。
物理的には完全じゃないけど、体感的には
ほぼフラットで、もぞもぞすれば寝る体勢も
変えられる、つまり軽く寝返りもできて
しまう。

欧米人の男性も気持ち良さそうに足を伸ばし
て寝てました。ましてやチビのちぇりならば、
です。

そもそもこんな贅沢でハイテクな(ハイテク
か?)椅子には、家だろうがマッサージ店
だろうが、座ったことがありません。
うおおおおっ、よーいっヾ(@⌒▽⌒@)ノ

 

 

プレミアムフレックス特典① 優先チェックインカウンター

 

フラットシートは、以前からあった、プレミ
アフレックスのサービスに準じ、プラス若干の、
フラットシートのみの特典があると言った
感じです。

まず、マレーシア空港、KILAから乗る場合は、
チェックイン段階から特典があって、優先
チェックインカウンターがあります。
すっっっっっっっっごいわかりにくいけど(-“-;)

 

 

どこにもガイドが出てないの。
で、一般レーンはここからすごく離れたところ。
一般レーンの端っこ、とかならまだわかり易い
んだけど、全然違う場所にあります。ただし
ここは固定っぽいので、Wレーンを目指して
ください。

そもそもの席数が少ないので、ここで長蛇の
列に並ぶことは少ないのではないかと予想。
まぁ込み合う時期はともかくですが、そういう
時こそ、一般レーンは、もっと凄まじいことに
なってるはずなので、活用させていただきましょう。

因みにホーチミンにも優先レーンはあるよう
ですが、明示されていないことがあるので、
エアアジアのスタッフさんに聞いて見ましょう。
Where is Priority line ?

 

 

プレミアムフレックス特典② RED LOUNGE が使えます

 

 

え。LCCなのにラウンジがあるの?(´⊙ω⊙`)
これも本拠地、マレーシアの空港だけでの話
なんですが、なんとエアアジアプレミアム
チケット保持者限定無料ラウンジがあります。

まぁ無料なのが限定的ってだけの話で、
お金を払えばエコノミー席の方も使えます。
安くないけど。

またプレミアムクラスの人も、最初の3時間
が無料なだけで、その後はチャージされるよう
なので、乗り継ぎ時間の長さによっては、
3時間を超過しないように使うか、有料に
備えるか。

 

 

 

 

国際線乗り継ぎ時カウンターを出たら、
ちょっとした食事を取れるスペースがあるの
ですが、上の写真の緑のサインボードに、
ラウンジは上やで、と書いてあります。エスカ
レーターがあると思うので、わかりやすいかと。

登ったら右手に密やかにラウンジが。
派手さがないので見逃さないように。

 

 

エントランスに比べて中はさほどの豪華さは
ありませんが(なんせLCCですもん)落とし
めの照明が落ち着いた雰囲気を作ってます。

多少の食べ物が置いてあるのと、ソフトドリ
ンクは無料。ビールは有料(爆)。さすが
マレーシア。。。市内でも売ってるところが
限られる上に、350ml缶でも500円くらい
するんだよな。。。

 

 

左側ビールコーナーは鍵がかかってて、係りの
人に申し出て買うようになってるっぽい。ラウ
ンジだし、当然取れると思って開けようとした
人が「ガチャン!」ってドアを言わせてた。
うん、私も言わせた。そしてその後に気づく
「有料やで」の張り紙に。

 

 

食べ物は時間が経った揚げ物とかスナック
とかなのであまり食指は動かなかったけど、
この焼きそばだけは美味しかった(๑•̀‧̫•́๑)

 

 

 

Wi-Fiもサクサクだったから作業するにも
持ってこい。あまり大きな期待は禁物ですが、
こいう設備もありますよ、ということで。

 

 

Sponsored Link*

プレミアムフレックス特典③ 枕とブランケット (フラットシートのみ?)

 

 

LCCではこれも特典になるんですねw
でもこれこそが、フラットシートのみの
サービス。

プレミアフレックスは有料だそうです。
知らんかったわ。あれもサービスの内かと
思ってたら、旦那さんが、

「うちにも一枚あるよ(・∀・)」

と。
買うとったんかーい!(笑)

 

 

で。
Air Asiaのテーマカラーの真っ赤っかw

落ち着けるのか?という色ですが、まぁ
寝てしまえば問題ないw そしてブランケット
がコットンのキルトっぽいやつ!!これが
良かった!!

ホワホワぱふん。
フラットにして、お布団のように全身にかける
もよし、座ってる時の左右脇の隙間埋めにする
もよし。居心地よくなるよう、ぽふぽふあっち
こっちを埋めて、巣作りヽ(・∀・)ノ

ゴージャスシートと相まって、私はこの組み
合わせが大好きでした。すごい気に入った。
もふもふ、ポフポフ。人間って柔らかいものに
包まれるとなんであんなに幸せなんだろう(笑)

 

 

プレミアムフレックス特典④ 無料機内食

 

と言っても、エコノミーシートで有料で頼む
ものと内容は変わりません(笑)。
チケット予約時に指定します。1便1食。

これ、我が家には嬉しいサービス。
なぜなら、特典で付いてなくてもいつも
わざわざ注文するから。

我が家、Air Asia の機内食、特に東南アジア線
のものは、好きなメニューが多いんです(^・^)

 

 

LCCなんてチケットがあれだけ安いんだし、
美味しいわけないじゃん?って思いました?
よく言われるんです、それ。でも。。。

考えてみてください。
LCCの場合の機内食は有料で、且つ、チケ
ット予約時での事前オーダーをものすごく
優遇しています。機内現場で思いついて
注文するよりかなり安い。

これはどういうことかというと、ロスを最小
限に抑えようとしているということです。
実際、機内で思い立って買える分というのは
かなり限定、というか、あまり積んでないん
ですね。品切れのこと、希望のものが頼め
ないことが多々あります。

対して、従来のフルサービスキャリアの場合。
食うか食わないかもわからない人の分まで
ロスを承知で用意しなくてはならない。

乗ってる人数分はとりあえず用意しないと
いけない=ロスに予算を割かれる=実質部分
にかけられる予算は絞られる=うまいもんが
なかなか出せない。

みなさん日系の食事は美味しい美味しいと
いいますが、先日のったホーチミン〜日本間
の日系エアラインの酷かったことったら(´Д` )

あれは不味いを超えて、食材に失礼。
罪ですらあると言いたくなるほど酷かった。
あんなのを食べるくらいなら。。。

数百円出してLCCの有料ご飯食べる方が
よっぽど良い。

 

 

特に我が家が好きなのは、Nasi Lemak。
マレーシアの代表的な朝食メニューの一つで、
ココナツライスにサンバルという辛味調味料
だけで食べるのが一般的。

お店により、カリカリに揚げたイカンビリス
というジャコとピーナツやゆで卵がついて
来たりする。Air Asiaのはそれらもついた上に
チキンまでついてくるという豪華版。そして
サンバルうまい。

 

 

チープ系のものでいうと、チキンラザニアも
すっごい好きw ちなみにこれはジャンク系な。
でもあっためるだけ&多少の時間を経ても
それなりに食べられるチーズを選んでるし、
トマトソースは非常にわかりやすいやつで、
お子様にも喜んでいただけるタイプのもの。

 

 

チキンライスは、コメに鶏の旨味がよく染み
てるし、添付のチリソースな。これがマレー
シアとかシンガポール独特の薬味の効いたチリ
ソースで、自分的にはチキンライスといえば
このソースありきなんだけど、ベトナムの
コムガーに添えられてるチリソースはちょっと
違ってて、いつもエアアジアのチキンライスで
息継ぎする感じなんよな(笑)

 

まだ他にも甘酢鶏とかグリーンカレーとか
アジアンテイストなミールがあります。確か
$5くらいじゃなかったか。その価格の弁当
にしては小ぶり、シンプルという印象も
あろうかと思うけど、事前予約だと安く
なるし、内容勘案したら十分かと。

LCC飯なんぞ、と思ってる方がいたら、
是非一度試して見てくださいませ♪

(LCCのこと書いてるのに食い物案件が
 一番長い安定の我がブログ)

 

 

プレミアムフレックス特典⑤ その他アレコレ

 

全部書いてるとキリがないので、その他は
まとめますが、LCCではネックになりやすい

・有料預け荷物が20kgまで無料

とか、優先搭乗・手荷物の優先的引き渡し
とか、便の変更が2回まで無料でできる
とか、その他の保証があったりします。

バックパック一つ、預け荷物なしで動ける人は
問題ありませんが、預け荷物が必ずある場合は、
LCCでも結局荷物文が加算され、そこそこな
金額になることは、ままありますよね。そう
なるとももう、さらにこちらの席を使うことと
エコノミー席+預け荷物料金の差は縮まるばかり。
総合的に考えると、そーんなに高いものでは
なくなってくると言う話。

 

と言うことで、その他サービスについての
詳しくは、こちら。

 

ですが、上記に一点、未だ修正されていない
間違いがあります。それは…?

 

KILA2でのエクスプレス入国審査はサービス停止

 

先ほどのリンクに、エクスプレス入国のこと
が上記のように書かれています。エクスプ
レス入国。つまりイミグレーションでパス
ポートチェックをしてもらうところで優先権
がある?!それはすごい!

自社航空カウンターで優先レーンを作ると
言うのはよくありますが、イミグレでそんな
待遇があるってすごいわね。もしかしたら
他の国でも、その国の代表的な航空会社は
やってることなのかもだけど、あんまり
聞いたことがなかったです。

と言うわけで、初めての体験にワクワクして
イミグレにて該当カウンターを探したのですが…

ない。
その辺にいる係りの人に聞いても「そんな
ものない」と事も無げに言う。いやでもサー
ビス概要にはちゃんと書いてあって。。。
と、説明を見せるも、お顔の様子はクエス
チョンマーク。

別の人に聞いてみよう、とトライしたら
たまたま日本人CAさんで、事情を話すと、
ご親切にも色々調べてくださったのですが、
結局現在KILA2ではそのサービスは提供
されていないと言う事で普通の列に並びました。

先ほどの日本語表記のところから「詳細」頁
に飛ぶと…??

 

がーん。
KILA2は NA表示 = Not Available. 
チョーン(´Д` )

クチンや、コタキナバルの場合はまだサービス
提供されてるようです。しかし一番出入国が
多いであろうKILA2、期待するじゃんねぇ。
日本語の方も直しときましょうよこれ。
もしくは、この詳細の日本語版を載せるとか。
じゃないと紛らわしいし。

 

 

お試しの勧め

 

と言う事で、最後に味噌がついちゃいましたが、
いやぁよかった、フラットシート。超快適。
フルキャリアサービスのビジネスやファースト
にはまだおいそれとは手が出ませんが、これ
だったら路線によっては手が出ます。

貧乏臭いんかリッチなんかジャッジが微妙な
とこですがw、快適さで言えば、フルキャリア
のエコノミーよりずっとずっと快適でした。

日本に行く場合は乗り換えが必要で、ホーチ
ミン〜マレーシア〜日本、となり、マレーシア
〜日本間だけフラットシートが対応です。

相場は全行程で片道$500〜$600。フルキャ
リアのエコノミーを普通に買ったときくらい
の価格かしら。もちろんそこはLCCの強みで、
時期やタイミングによってもっとお安い事も
あります。

今回のようにもっと短い路線だったら手軽に
使えるわけですし、これは機会があったら、
是非一度試してみてほしい。
無理をする必要はありませんが、

知っているものがこれだけだから、これで良い。
これより良い物を知っているけど、これが良い。

では、同じものを選ぶにしても大きく違います。
また良いものを知る事で、今度もそれを選びたい、
選べるような自分でありたいと思うことは、
メンタルセットを変えるためには有効かつ簡単
な方法。欲望は良い方向に利用すると自分の
伸び率、上げますからね(๑•̀‧̫•́๑)

LCCとバカにすることなかれ。
使い方によってはとても快適ですし、機内食
のように、LCCならではの利点を楽しむ事も
できます。時と場合によって適宜な選択肢の
一つとして、使ってみるのも悪くないと思い
ますよー♪

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました