インスタのストーリーで、ブログに書いてない小ネタも色々アップしてるので遊びに来てね♪
【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

ホーチミンでも意外と買える&使えるライト漢方 ~ 羅漢果(La Han Qua)

食品
Sponsored Link

漢方に助けられたことが何どもあるので、場合に応じて活用するのが好きなのですが…漢方って苦い美味しくない、が定番ですよね。でも甘い漢方もあるんですよ。しかも太りにくいやつ(^・^)

羅漢果って知ってますか?

漢方、と言っても、ヘヴィな症状に対応するものと、日常的に摂取できるライトなものとありますよね。

今回ご紹介するこの羅漢果、と言うのは、中華圏の街角に行くと「涼茶」として毎日でも飲むためのお茶を売ってるお店には大抵置いているほどポピュラーな漢方。

今どうなってるかわかりませんが、10年ちょっと前だったかな?香港ではコンビニのレジ近くに一方ずつ顆粒状になったものが売られてて、もうそれ漢方なの?ってくらいカジュアルに売られてて、羅漢果好きな私は驚喜したものなんですが…

これが羅漢果、と言う代物。乾燥していて外側は硬いです。ただし薄い。

漢方的にどう言うことに良いかと言うと、個人的に嬉しかったのは「清肺止咳」と言う部分。最近はなくなりましたが、以前は風邪をひくと、他の症状は治まっても、ひどい咳が数ヶ月続くと言うことがよくあってたのですが…

その時によく羅漢果を飲んでました。ただまあ日常的に飲める成分のものなので、劇的に効くと言うわけではありません。ただ口当たりが優しくほんのり甘く、実際喉を潤すと咳が穏やかになるような気がしました。

あとこちらは基本的にゼロカロリー。甘いのに、ゼロカロリー。多少の果糖は含むものの、羅漢果に含まれるテンペングルコシド配糖体と言う成分。これ、体内に吸収されないんですよね。

羅漢果自体にカロリーがないわけじゃないのですが、実質、糖が吸収されないのでほぼゼロキロカロリー。だから糖尿病の方が糖分をコントロールするのにもよく使われてる。マグネシウムや鉄分、その他ミネラル分が、あの黒糖に比べてもダントツ高いのも魅力。

日本でも、羅漢果を模した成分の生成糖質が売られてますよね。ただし本来の羅漢果成分はかなり微小だったと思いますが、使用した商品があったかと思います。普通の砂糖に比べると高いので、そんなにポピュラーじゃないかもですが。

Sponsored Link*

どうやって飲むの?

本来の飲み方は、先ほどの球体を手でがシュッと軽く割って、1〜2リットルのお湯で煮出すだけ。煮詰めれば濃くなります。

ちなみにこれは、Tan Dinh市場で買ったもの。
他の市場にもあると思うし、5区になるともっと頻繁に見かけることが多いと思います。

まあ…今は買いに行けないのですが、もし必要であればそう言うところで買えます。ただ日本に持ち込めるかどうかは不明。あまりきちんとした製品になってないし、パッキングもしてない状態のものだとなおさら、検疫でのチェックが必要ですかね。

お店によって価格も色々だと思いますが、たしかこれは1つあたり、20〜30kくらいだったかと思います。1〜2リットルのドリンクができるのであれば高くはないですね?

でも煮出すって、ちょっと面倒ですよね?
そんな方にはこちら(^・^)

煮出すのめんどいと言う方にはこれ!

こんな商品があるんです。
日本みたいに、羅漢果を謳いつつ、実は別の成分が多い、と言うこともあるので数字を探して見たら、やっぱりこれも10%程度しか使われてなかったようですが…(笑)(ただ裏面と書き方が違うし、正確なところは不明)

日本の某製品は1%しか使われていないなんて話も聞くので、それでも多い方かな?

ただ味は…リアルに煮出したものにかなり近かったです。

箱を開けるとこんな風に小分けになってて、小さな1箱にはこんな感じのブロックが2つほど入ってます。

ゴリゴリとかなり硬くて、コリャー溶けにくそうだなーと思ったら、お湯を注ぐだけで…おや。結構溶ける。

最後はやっぱりちょっとスプーンでかき混ぜてあげないとでしたが、かなり溶けやすい部類。

最初は紅茶のような色ですが、全部溶けるとライトなコーヒーくらいの色にはなります。

味は…癖のない黒糖。それのライト版。うん、ナチュラルに煮出したものにかなり味近い。ただこちらは砂糖が混ざってるものなので、天然の羅漢果のような効能を期待して摂取するのはよろしくないと思います。

が、単純に美味しい。
あとプラセボ万歳な人なのと過去の経験から、この味を感じると自動的に喉が潤う気がしますね(んなわけない)。

ただやっぱり好きな味なんですよ。混ぜてる糖分がどう言うものかまでは書いてないのですが、邪魔しない。クリアで少し香ばしいような、地味のある甘さ。

本来のものは砂糖の300倍の甘さらしいので、むしろ砂糖で中和させてこう言うクリアな味になるのかもしれませんね。ごまかすためじゃなく味の調整。

とはいえ、少し黒糖のような風味もあるので、どんな料理にも使えると言うものではないし、砂糖に期待する「焦げ」や保湿を期待するのもまた難しいかと思われます。

が、コーヒーに合わせればその風味もあることから味への寄り添い方がしっくりくるでしょうし、しっかりした味の紅茶なんかにも似合いそう。

自分的に好きなのは煮物系に使ったもの。最近ではココナツネクターを使うことが増えましたが、ココナツネクターに出会うまでは、結構この羅漢果ブロックを使ってたなー。

しっかり砕いてクッキーなんかに使うのもあり。ただしこれだけでは甘みも焼き色もつきにくいので砂糖と併用だけど。

なにより、これをお湯で溶かしただけのものもドリンクとして成立する。とても優しい。

これ一箱で12箱入ってて、2-~30kくらいだったかと思うのでお安いものです。社会隔離が開けて、見かけることがあったら試して見てくださいね。

ちなみに、ネットショップでも売ってますし、スーパーでも見かけることがあります。ベトナムの方の間でも結構ポピュラーなのかなー。

 


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました