ホーチミンの社会隔離下でも頼むことができる食材・食品を販売してくれるお店!
【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

ホーチミンちょっと小話 01 ◆あのお店のあの袋、手作りって知ってました?

ちぇり Talks
Sponsored Link

ホーチミン在住者なら一度は手にしたことがあるかも?

食料品を買いに出かけにくい社会隔離下。
買いにいけないわけじゃないけど、なるべくなら外出したくないし、小さなお子様とかいらっしゃると、さらに大変。

と言って食材はある程度潤沢にないと不安になるし不便だし。

そんなかで連日頑張ってくれているのが、

木村屋さん。
すげー頼りになる。

 

この状況下でも品揃え、頑張ってくれてるし、なんだったら「商品として売れる」他店の商品を、自店のデリバリーに乗せて配達してくれたりもする。

これ、その委託した他店からは手数料とか取られてないらしいですよ…。(なので、木村屋さんの商品を一定額以上買った場合に追加で注文できる形のようです)

去年もそうでした。ただでさえもオーダーが集中する中でも「なにかできることはないか」と日々考えておられる。そもそも…

初期から漢気ビシバシだった木村屋さん

私がホーチミンにきたころはローカルの食材に夢中で日本人仕様の食材にはあまり目を向けてなかったんです。そこに友達が「ここいいよー」と紹介してくれ、試しに頼んでみることに。

そしたらあなた。

↑この記事は当初の場所にあった頃のお店に対する記事で、Thai Van Lungにある今とはラインナップも変わっているかと思いますが、あまりの商品の徹底さにほんと、驚いた。

 

木村屋さんは日本人向けの中食的なもの(あと焼くだけ、とか揚げるだけに仕上げた食品)をあの頃やってた数少ないお店の一つだったかと思います。まだそんなに他には競合がいなかった。なのに…

「そこまでせんでいいやろ?」という丁寧さを貫いてた。多分そんな細かいことまでしなくても売れたはず。でも、やってた。


この写真の商品の何に驚いたかは上記記事までどうぞ

正直自分は料理が好きなので、中食的なものは家でそんなに使っていなかったのですが、自分が使わないものの中にお店の本質的なものが現れてるんだなと知って、自分のお採油が許す限り、興味ないものにもトライしてみよう、と教えてもらったものです。

それももう5年以上も前のこと。
折に触れお世話になってるのですが、木村屋さんのその漢気は、今も衰えていないのは、先ほどお話しした「他店のものを手数料なしで販売している」ところにも見られる通り。

すげーなーとは思っていたけど、5年たって初めてわかった事実がありまして。

あの保冷袋は手作りだった?!

私がこちらのお店を知ったその昔から、市内では他ないあまり見たことがなかった「保冷袋」を、木村屋さんは使われていました。

あの銀の袋。ホーチミンに住む多くの日本人が目にしたこと、手にしたことがあるのではないかと思われます。

いまでこそ、冷凍物やお菓子類に保冷袋を使うお店が少なくなくなってきてますが、あの頃は「ホーチミンにもこの袋、あるんだ?!」と驚くくらいには珍しかった。そして貴重だったので、家でも大事に使いまわさせてもらってました。

いまでこそ、ハイエンドなお店や商品に関して日本ブランドを謳い、サービスの質もそこをアピールするところがたくさんありますが、木村屋さんはそんなに高くない、いやむしろお安いラインの商品をお取り扱いなのに、しかも他にどこもやってなかったのに、かなりの初期から使われてた。

それだけでもすごいことだなと思うんです。高級店がそこに割くコストと、単価の安いものを扱う食材店さんのコストは違うのではないか?と私は思っています。それだけに、すごい。

そして最近になってさらに驚きの事実が。

えっ。待って。
あの保冷袋って、ひとつひとつ手作りだったの?!(´⊙ω⊙`)

あの銀色の断熱シートがロールで売られてるのは知ってました。だから木村屋さんが、FB投稿で「保冷袋づくり…」と言われた時にすぐピンときました。

まさか、シートを買って手作りしてる…?と。

果たして確認したらその通り。
でもあれ…無料で提供されてますよね…?素材料もかかってた上に、手作りの手間までかけておられた?!

これまでもお店に足を運ぶ際には、以前もらったものを持参して再利用する、などはさせてもらっていたのですが、デリバリーがメインの今は、いただくばかり。一度いろんな方の手に渡ったものは返品しても使い道ないだろうし…なんともありがたいお話です。

そして、5年もずーっと知らないままだったわ、あの袋が手作りだなんて(-人-)

すごいお店ですね。

Sponsored Link*

他にも色々

手がかかってるものはそればかりではありません。

豚の薄切りはもう迷わずこちらのものをお願いしているのですが、肉質だけじゃなく、あんなパッキングしてくれてる店、日本でも遭遇しなかったわ(高いお店に行ってなかったからというのもあるかもしれませんが)。

そのおかげで上の記事のような料理も楽々。我が家では旦那さんの肉料理ラインキングでほぼトップに入る勢いの一品。

使いやすい商品を提供してくれるだけでもありがたいのに、丁寧さも変わらず提供してくれるとか、ありがたすぎる。

こういうお店があってくれるおかげで、厳しい環境下でも食に関して安心して暮らせますよね。ほんとーにありがたいことです(-人-)

ちょっと保冷袋の話は驚いたし感激したので、おすそ分けでした。って、つい力が入って全然「小話」になってない🙀

この記事をリリースしたその日に

そしてその後、こんなポストをしてましたよ。。。

どこまで漢なの。。。
やっと手に入れた!って言ってたお野菜。お店に買いに来られた方限定で、デリバリーはされていないようですが、太っ腹(๑•̀‧̫•́๑)

ちなみに日々の入荷情報など、FBがもっともこまめに上がっているように感じます。食材入荷状況などは、ぜひ見に行ってみてくださいね。


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

お店情報

漢の食材木村屋
8A Thai Van Lung Q1
Time : 10:00 – 21:00
FB:

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました