一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンはインスタントヌードル天国、中でもフォーはバリエーションがとても豊富! ~ Pho Tronシリーズ

インスタントヌードル
Sponsored Link

レシピはともかく、インスタント麺とかの記事を上げるたびに「あんたいつ食ってんだよ!」と言うツッコミコメントをよくもらうんですが、ええ、食ってますよ。だって色々あって面白いんだもん(^・^)

Pho Tron シリーズ

多分ずーっと前からありますよね。なんとなく食べてなかったけど、先日ふと目について、そういえば食べてなかったなーと。

Acecookさんの、汁なしフォー。
汁なしフォーとか、炒めたフォー、そもそもそんなにどこででも食べられる感じじゃないし(あるにはある)インスタント麺の中でも、少数派ジャンルではあると思う。

でもあのフォーの平べったいぺろぺろ麺で食べるのはきっと美味しいよねー(^・^)

作り方

ってか、この袋。
ちゃんと切り口がついてる(๑•̀‧̫•́๑)
うーん、ベトナムにいると幸せのハードルが下がりますな(笑)

丼に麺とカヤクを入れてお湯を入れて蓋して3分。
お湯を捨てて、添付の調味料を混ぜて出来上がり。中身は以下の感じで。

で、ふやかすだけでいいんだけれども、汁あり麺でも汁なし麺でも、私は沸かして茹でるのが好き。その際にはもちろんふやかすだけの時よりずっと時間は短くて済みます。

計ってないけど、麺がほぐれて強情なハリがなくなった頃が好き。ここ、好みなので適宜味を見ながらどうぞ。

火薬はここで一緒に茹でちゃうと鍋肌にくっついたり、この後あけたザルにくっついたりして面倒なので、器の方に入れておきます。

そこに水を切りすぎない麺を投入して蒸らしてカヤクを仕上げます。

んで、調味料を入れてかき混ぜる。
あら簡単。

結構たっぷりなソースでよく絡みます。ソースががっつり濃いのと、若干の水分量があった方が混ざりやすいので、やはりがっつりお湯を切りすぎないくらいの方がいいかもしれない。

器の底にジャバジャバ溜まってるようだと、水分多すぎだと思うけど。

Pho Tron – Huong Vi Bo

牛肉フレーバー?
紫のロゴが見分けどころ。

さっきの作り方で作ったらこんな感じ。
色は結構薄めですが、全体にしっかり絡んでて、いい香り♪

牛肉をモチーフにした商品には結構いろんなスパイスで、日本人には馴染みのない風味が強いことが結構ありますが、これはあまり強くなかったかな?

私が最近ローカルのフレーバーに慣れてるだけという可能性もあるので、もしかしたら日本の方には強いってケースもあるかもですが、少なくとも牛肉フレーバー他商品と比較しても穏やかでした。でも…

しっかり味だったので、たまごの黄身を、オーンヽ(・∀・)ノ
ぺろぺろチュルンで美味しかったです(^・^)

Sponsored Link*

Pho Tron – Huong Vi Thap Cam Cay

スパイシーミックスフレーバーって感じですかね。
赤いパッケージが目印。

赤い=スパイシーという見事に率直なイメージデザイン。

さっきのより随分赤い。スパイシーだもんねっ(๑•̀‧̫•́๑)

でも甘みも結構しっかりあって、甘ピリ辛って感じ。辛いけど食べられないほどでもなく、私的には好み。味がしっかりあるので、ガーッと一気に食べるんじゃなく、味わいながらチミチミ食べる感じも良い。

でもやっぱり卵黄混ぜが美味しいヽ(・∀・)ノ

あ、殻割損ねて黄身、くずれた(・∀・)

 

ちょい足し&アレンジ

これにネギがあれば、いっぱい足してもいいですね。好みでごま油をちょい足しというのもアリかもしれない。

面倒じゃなかったら軽く茹でたもやしとかあってもいいかも。その際にもっと刺激が必要だったら、

これ足しても美味しかった(^・^)

うん、この麺おいしい。
スープのものも好きだけど、汁なしのフォーもかなりいい。おつまみになるし、味がしっかりしてるので、サラダなんかと合わせるのもあり。やだこれ結構有用ね?

もしまだ食べたことない方がいたら、お試しあれです(^・^)

 


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

食材調達情報

Pho Tron :あちこちのスーパーに売ってると思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました