一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

バンメトートからダラットまで中距離バスを使ってみた話

@Da Lat
Sponsored Link

さて、先日バンメトートの様子をご紹介しましたが、その時ついでだからとダラットに行ったんです。移動手段は、バス。

やっぱり便利なバスアプリですが…?

バンメトートから直接ホーチミンに帰らず、ダラットにいよることにしたのですが、飛行機がない。

というわけで、バスを見てみたら、4時間くらいで行く便があるらしい。そういうのは、これでチェックできます。

が、乗りたい日の数週間前と数日前では、候補の便数が全然違った。。。金額とかはほとんど変わってなかったけど、朝出発の便、なかったんですよね。

でもローカルのお友達の弁によると、朝出立の便があるという。あれぇ?私が調べた時にはなかったけどなあ?と思ってたら、数日前にチェックすると、朝便のチョイスが表示されてた。

多分。。。ですが、今はまだそこまでの乗客がおらず、あまり多くの便を早くからは予定できないのかな。というわけで、お友達が手配してくれた朝便に乗ってみました。

バンメトートのバスセンター

バスターミナルはいくつかありそうなので、どこのターミナルからの出発かはちゃんと確認しましょう。今回はこちらでした。

お友達が予約してくれた、とだけ聞いててとくに証明するものがなかったので、予約の電話番号伝えたらいいかな?と思って、こういうチケットカウンターのところを回ったけど、どこも反応薄し。

はて困ったなと思ってたら、お友達からバス会社名をもらったのでそのカウンターを探そうと近くにいる人に聞いて見入ると…

ずっと奥の方だという。
チケットカウンター、集約型じゃなかったのか😅

さっきのチケットカウンターを抜けると通路があって…

それを奥の奥まで進んで行くと、お目当の Kim Anh という会社発見!

Da Lat , Da Lat!!と叫んで聞いてみると「あーそうそう、ここだよ、いーからそこ座って待っときなさい!」みたいな感じで待足されるなど。

うん、出発予定から1時間待ったので、時間に関しては余裕を持って(苦笑)

正面から入って向かって右奥にあったのですが、トイレはずーっと左のほう。なんか専用スリッパに履き替えて入るタイプだったみたいで、えらく気を使ってるな、と思ったのですが…

床がかなり濡れてるたいぷだったので、なるほど、外を歩き回った自前の靴のまま中に入ると、すぐに床がドロドロになっちゃうって寸法なのね。それを回避するためにも履き替えてもらった方が良い、と。

1時間遅れて到着

で、お目当のバスが1時間ほどしてやっと到着。
もうこの時間帯を逃すと夜までバスがなさそうだったからどうなることかとw

ちなみに先ほどのバスアプリでリムジンだと4時間、大型バスだと8時間となってて、いやそんなに差が出る?と思ったけど、お友達曰く、

「4時間くらいでいくはずだけどなー」

ってことだったので、多分表記間違いかな?と納得して乗ったのでした。

Sponsored Link*

内装!

ちなみにバスの中はこんな感じ。

全部寝台仕様なのです♪
最後まで使い方分からなかったけどモニターがあってUSB充電口もある。充電できなかったけど(・∀・)

お水もついてるのは親切ですな。
長旅になる可能性もあったから、あまりガブガブ飲めなかったけど。

で、このタイプ。
ずーっと寝ることに徹するのならいいのですが、座席が狭く、座ると変にゆとりができるため、座って過ごすのにはとても向いてない。背もたれも起きないっぽかったし。

でもなんとかかんとか落ち着く体制を整えて席に収まる。でも…
PC作業は無理だった😅

4時間もあったら結構書き物できるかなーと思ったけど…

山道でものすごく悪路だったんですよ😅
ウネウネもしてたし、景色はいいけど、到底書き物ができる感じではない。まあもちろん車で書き物する人間なんて少なかろうから、そこは文句を言うところではない。

が、ひたすら山道。

山道、山道、山道。
ワイファイだけはつながったので良かったけれども、地図と照らして進捗状況を見てみると、どうもやっぱり4時間じゃつかなさそう。。。

ただ起きてても仕方ないので、なんとか眠ってみようとするが、

ガタガタガタガタ ドゴンドゴン ガタガタガタガタ。
これはちょっと眠れない😅

ので時折、地図を参照しながら、せいぜいSNSなどを見つつ、気分がわるくならないように時々目をつぶりながら時が過ぎるのを待ち…

なんとかかんとかやり過ごしたのでした。

やっと到着

結局 Da Lat に到着したのは8時間後でした😅
うーっ、これはちょっときつかった(苦笑)

若い頃ならなんでもなかったのでしょうが、もうちぇりさんのお年頃になるとちょっと辛い(苦笑)

しかも到着したら大雨だったし。

ダラットのバスセンターはとても綺麗で空港のゲート前のような趣。特に食べ物とか何があるって感じじゃなかったけど、こちらはバスカウンターも分かりやすそうで使いやすそうでした。

もうしばらくバスはいいやって感じだったけど(苦笑)

バスターミナルを外から見るとこんな感じ。
まだそんなに古くないのかな。新しい感じだし、すぐ目の前にバスセンターすらダラットらしさを醸してて美しや。

ともあれ…
疲れたー!(笑)

休憩所とかはなかったの?

出発してから 2.5時間くらいした時点で一応休憩所みたいなところに行ったのですが、ホーチミンから中距離で走る途中にあるSAのようなものはなくて、個人がやってる小さな立ち寄り所みたいなところ。

ご飯は…あれ、料金に込みなのかな?ご飯をもらった時点でお金を払ってる人がいなかったんだけど、あとで徴収されてたのかしら。

と言うのも、あまり衛生的に見えなかったことと、結構疲れてて食欲があまりなかったので、結局食べなかったんですよね。せめてコーラでも飲んでカロリー摂取を…と思ったのですが…

なんか列がモタモタしてて待ってるのも辛かったので、早々にバス内に引き返したのでした(苦笑)

結果、朝ごはんを食べ損ねてたので、20時間くらい絶食状態。お腹減ったー!(笑)

と言うわけで、次回はなにか非常食を用意しておこうと思います(。-_-。)
でもトイレにいつ行けるかわからないと、飲み食いもそんなに無防備にはできないし…

乗る路線が決まったら、できる限り情報蒐集して挑むのが良さそうですね。今回はちょっと私の準備がなさすぎました😅

こ、今度は飛行機で行けるところに移動しよう。。。

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!

バスセンター情報

Bus Station Buon ma Thuot North
71 Nguyen Chi Thanh, Buon Mat Thuot

Intercity Bus Station Da Lat
1 Duong To  Hien Thanh, Da lat


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました