2021年 テト休み中にホーチミンで開いてるお店はどこ?!
【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

ホーチミンに来たからには人気のストリートフードをお試し?! ~ Coop Mart 横の人気Bun Rieu店

ベトナム料理:ローカル
Sponsored Link

ホーチミンといえば、数々のストリートフード。衛生面ではもちろん不安な点を感じる方もいると思うので、無理にとは勧めません。しかしこれも、ホーチミンの文化の一端。

今回は、見るたびに人がたくさん並んで食べてる人気のお店をご紹介。人気スーパーのすぐ近くでもあるので、お買い物がてらにいかが?(^・^)

 

 

ランチタイムには大混雑の人気店!

 

在住者の方には日常の台所として、旅行者の方にはお土産物を買うにも重宝する、 Coop Mart。市内には結構店舗があちこちにありますが、中心部をメインに動く方に一番重宝するのは、3区にある、今回ご紹介する店舗ではないかと思います。

角地にあるのですが、そのメイン入り口側ではなく、その右側の、Nam Ky Khoi Nghiaという通りに面したところを昼頃に通りかかると…?

 

 

建物側にはバイクがずらり。そしてその少し先歩道上になにやら人だかり。

 

 

大行列、とまではいかないけど、常に3人4人と何かを注文する人が群がってます。そしてそのすぐ横、建物側を見ると…?

 

 

ずらーっ(笑)
少しみなさん、俯き加減なのがお分かりでしょうか。これ、みなさんドンブリ抱えて何かを召し上がっていらっしゃる。それを売っているのが、先ほど群がる人に囲まれてたお店。

 

 

大人気の麺屋さん

 

屋台の麺屋さんなんです。看板を一切あげてないので、なに麺を売ってるのか、いくらなのかもわかりません。しかしこのお店の横にズラーっと並んで食べてるお客さんが「美味しい」であろうことは語ってくれてる。

あくまで私が見るに、ですが、ホーチミンの方って本当に正直。美味しいお店には群がるし、美味しくないお店には足を向けない。非常にジャッジが厳しいんです。

中には、味だけじゃない要素でお客さんを呼んでるお店もありますから、混んでる=美味しい、という保証はありませんが、少なくともひどく不味くは無いと思われる。

そしてこちらのお店、この大きな寸胴に入れてるスープが切れたらおしまいの売り切りご商売っぽいです。だからいつも同じ時間までここにあるとは限らない。

この日は12時過ぎでしたが、もう鍋の中はこの有様。。。。

 

 

ランチタイムに注文が殺到するからか、注文ごとに麺を茹でたりはしない。もうスープの中にまとめて突っ込みっぱなしw 流石に大きな鍋の中に自由に放つと行方不明になりがちだからか、鍋 in 鍋仕様での対応。

こういうの、小麦の麺でないところがアドバンテージ。小麦の麺だと水分の吸収によりグルテンが切れてしまい、いわゆる「のびた」状態になってしまいますが、コメ麺だと、伸びる、という感覚にはならない。

もちろん、多少の吸水はあるわけですが、それはそれで味となり、ダメージにはならないのが強いですね。こういう販売形式の場合。

で、注文すると、こんな風に麺を先に入れてくれます。この日は、Mang Ve(マンヴェー=持ち帰り)で、とお願いしたので、発泡スチロール的容器にまずは麺をズルズル。

その場で食べると、外のため水で洗ってるかもしれない容器の衛生状態が気になりますが、持ち帰りなら使い捨て容器なので、その店の心配がなくなるのは利点ですね。

 

 

ピーク時には客を裁くために、二人掛かりであっちからこっちから、ズルズル。本当に人気店なんだなー。

英語とか全く話す感じじゃなかったけど、こっちが指一本立てながら元気に「Mang Ve!」といえば、1人前持ち帰りなのだな、というのは伝わります。

多分途中で「チリいる?」みたいなこと聞かれるけど、なにが入ってても無問題なので、OK OK!で乗り切りました。もし辛いのが苦手だったら、先手を打って、No Chili!!といえば通じると思います。

とても愛想の良いおばちゃんで、忙しく手を動かしながらも、「あらその指輪可愛いじゃない!」などとニコやかに褒めてくれたりもする。

 

 

客あしらいが非常に上手。ま、こういうお店って美味しいのはもちろんのことだけど、愛想とか、そういうのもきっと大事。お客さんの多さを見れば、愛想が良いのもわかるわかる(^・^)

 

 

Sponsored Link*

で、お味は?

 

ちょっと光の加減で、写真が赤くて恐縮ですが、実際にも結構赤目…というか、オレンジっぽい感じの出汁だったかな。そしてお揚げさんをメインに、具がいっぱい!!!

容器はキュッと小ぶりでしたが、あふれんばかりに入ってる!!こ、これで15kなのか。。。安い(・∀・;

 

 

ちなみに空芯菜を茹でたのが別袋でタープリ付いてくるので、繊維質も満載。糖質取る前には繊維質。大事。でもドンブリの中に入り切らない。。。(笑)

麺は太めのコメ麺で、ブンに分類されるかな?かなり長い間スープに浸かっていた上に、持ち帰るまでの20分くらいも、さらにドンブリの中でスープに浸かっていたわけですが、別に不快なノビかたをするでもなくプリョプッリョと愛嬌をふりまいておりました。

そしていい具合にスープが染みてる!!
そう、ベトナムの麺ってお出汁文化を象徴してて、そんなにドロドロきついスープは合わせない。カニの出汁、鶏の出汁など、素材の味を生かしたジックリ系ではあるけど、割にあっさり。

それはツルツルの米麺には乗りにくいこともあるのだけど、なるほど、これだけ太くてちょっと染ませるといい具合だな!!

 

 

練り物も結構大きいのが入ってて食べ応えあり。これ。。。コスパ、すごくない…?

 

 

出汁はちょっとピリ辛だったけど、それは多分チリを入れたせい。辛いのが苦手な人は、省いてもらえば滋味溢れるカニの出汁。明記はされてなかったけど、これ、Bun Rieu で間違い無いと思われる。

いやー、15kですよ、これ。他のベトナム料理と比べて極上!とまでは言わないものの、ちょい食べの昼ごはんには素晴らしいコスパ。そしてちゃんと美味しい。これぞベトナムのローカルフードって感じの店の感じもいいよね。

その場で食べてるローカルの方に混じって、Coop Martの壁にもたれて食べてみるのもいいけれど、持ち帰りもできるので、Coop Martでお土産買って、ホテルに持ち帰って食べるもよし。

米の麺だから軽いし、ちょっと味を見てみるだけでもいいじゃ無いですか。土産物買いに行くついでに買えるし、トライできるベトナム料理も一品増える。これ、活用し甲斐がありませんかね(^・^)

それにしても。。。ローカルの方に人気がある店はハズレなし、ってセオリーが、また強化されましたな。信じるべきは、ホーチミンっ子の舌、ですなぁ!

 

 

 

お得なクーポン、ブログでは書かない小ネタなどなど!!

ご登録お待ちしてます!

 

お店情報

 

Coop Mart横の屋台のBun Rieu屋さん
168 Nam Ky Khoi Nghia Q3 ←この付近
Time :だいたいお昼前後・12時半には閉まってる事あり
Spent : 15,000 VND/person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました