一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ベトナムカレーってものを食べてみたよ!パン or ブンも選べる!! ~ Bun Thit Nuong 88

ベトナム料理:ローカル
Sponsored Link

お店の名前は…?

現地にお詳しい方から聞いて行ってみた。

ワタクシ的美味いもん通り・Mac Dinh Chi に更にお気に入りが加わりました♪こちらのお店!!

 
th_IMG_7612.jpg

 

えーっと。。。。お店の名前は。。。
「88」…???(^^;

「Bun Thit Nuong 88」と、マップには表記されていた。
でもその前に、Cafe – Pho とか続いてるから、Bun Thit Nuong もその並びかと思うわよね😅

シンプル店内

ま、とにかくこんなお店です。
ローカルな食堂って感じですかね。10時半という微妙な時間に行ったので、お客さんはあまりおらず。

でも朝食タイムは混雑しているそう。
加えて午後に行くとお目当てのものが売りきれいになってたりするそうで。。。

 
th_IMG_7613_20151014165609a8b.jpg th_IMG_7614_20151014165609baf.jpg

で、ここで何が食べられるかと言いますと、

本命のカレー!

チキンカレー!

th_IMG_7616.jpg

ベトナムのカレーって、美味しいんですよね。たまにべった甘い、あからさまに砂糖タップリなカレーとかもありますが(笑)

以前 Le Thanh Ton 通りにあったPho 2000(閉店)のカレーなんかも美味しかった。(Phoの店なんだからPho食えよ)

別のお店のヤギカレー、なんてのも美味しかったなぁ。
実にワイルドな感じもありつつ、旨味がコックリとあって、でも日本のカレーのようにルーを使っていないので胃にも重たくなく食べた後が楽。

いや、ヤギ肉自体は結構胃腸に来ると言う方もいらっしゃるので、胃腸の弱い方には用心してほしいのですが。。。(笑)

こちらのカレーは、スープカレーの様な風情です。一緒に頂く炭水化物は、パン(バンミー)かブンを選べます。

とりあえずここはベーシックなバンミーを選択。わたくし、スープカレーと言う食べ物には大変失礼なイメージを持っていた過去がありまして、流行りだした当時で食べた事が無かった頃は、

「薄めたカレーやんけ」

等と言う乱暴極まりないことを思ってたんです。ごめんなさい、今では深く反省しています。

札幌の名店、侍さんで頂いた時の衝撃は今も忘れません。あんなん、普通のカレー作るよりもベースに時間がかかりそうやし、サラッとしている=舌に残る時間が短い分、一瞬で美味さを伝える瞬発力とクドくなり過ぎないと言う繊細なバランスも求められそう。

こんなん同じレベルを家で作れと言われたら即白旗。作れない事はなかったとしても、時間や手間、コストが合わなさすぎる。

以来、スープカレーには大変敬意を示しており、お外で食べるもの、という概念ができたのですが。。。そうなると今度は専門店が少ない地方だと食べる機会自体が少ない。

ので、あまり回数は頂いた事が無かったのですが、ベトナムのカレーはどちらかというとスープカレーに近いカレーが多い気が。

こちらのお店のカレーもそうで、実にサラッサラしているのだけど、味のバランスがすばらしいっ。特にバンミーをつけて食べた時の絶妙なる加減。

 
th_IMG_7619.jpg th_IMG_7618_20151014165637b2a.jpg

具がゴロッゴロ入ってる割には、筋の通ったベースのスープに焦点の合ったスパイスバランスを融合させてて、実に実に「ドンピシャ!」なのであります♪

東南アジアのカレーにありがちなココナツミルクはあまり使ってないのかなぁ。サラッとさっぱりしている印象。ラーメン丼ほどはないけど、京丼くらいの大きさはあるドンブリ波々に入ってたカレー、一滴残さずいただいた(–)/

鶏肉もゴロッゴロだったのですが、芋が二種類使われていて、タロイモさんとサツマイモさんかな。タロイモさんは素直にカレーの味がしみ込んでるけど、サツマイモさん、甘いのなんの。

元から甘いのもあるんでしょうが、サリっとキメ細かくシャープに辛いカレーソースと対比されて、余計に甘く感じるのでしょうなぁ。

耐えられない辛さじゃないんだけど、けっこうスパイシーな中にホクっと甘いサツマイモさんと舌が出会うと、

「サツマイモさん、LOVEーーーー(≧∇≦)」

となります。辛(つら)く辛(から)い中の優しい甘さ。飴とムチ。そしてまた辛いカレーに挑み、サツマイモさんで安堵する。そうしているうちに今度は、サツマイモさんの優しさを感じたいが為に辛いカレーを食べるようになっていき。。。。

Sponsored Link*

衝撃の価格

って、やばいっ。
これDV被害者作成メソッドじゃん(((;゚д゚;)))

恐ろしい。。。。
なんという恐ろしい仕掛けをこのドンブリ1杯に仕込んでいるのか。一見なんでもない店を装い、人を虜にして逃げられなくするような企みをしかけているな、この店はっ。(お店に御迷惑だからやめなさい)

実際、食べた直後に(あのサラッとしたスープでブンを食べたら美味しいだろうなぁ…)という欲望がムクムクと。。。

しかもこのカレー、冷たいお茶との合計が32kドン。
はい?(・д・)

 
卓上にお茶が用意されてたのに気づかず、Tra Daを注文してしまって、今回はそのお茶が無料か有料かが不明瞭なのですが、お茶が無料で全額がカレーの代金だったとしても。。。

32kドン?????
160円?????

あの味が?
あのボリュームで?
パン付きで????

まぢか。
カレーを家でイチから作る意味を見失うなぁ、これ。。。。

味変万歳!

そういえば、カレーにはエビ塩とライム、唐辛子が付いてきてました。

味がシンプルなフォーとかの具材を食べる為にチリソースやTuong Denなど、味の強い調味料を使う事はあるかもですが、カレーなのに???
しかも単体で充分美味しいカレーなのに???
 
th_IMG_7623_201510151858123b0.jpg

不思議に思いつつ放置してたけど、やっぱり気になる。ってことで、最後の方でライムを塩の上に絞り、そのレモンエビ塩を匙の先でちょっと掬い、そこにカレーを足して混ぜて食べてみましたら。。。

あらやだっ。
ちょっとしたアサムラクサ風になるじゃない!?

カレーの粘度が高いとこういう粉状の調味料は均一に混ざり難いものですが、こちらのカレーはサラッとしてるから馴染みも良い。

且つ、ライムの香りも水分同士だからかホンノリ香りがつく程度に混ざって、爽やか。

さすがに塩全部をカレー煮放り込む、というのは塩っぱすぎになるだろうから、具材を食べる時なんかにチョイチョイ漬けて食べるのがよろしいかと思いますが、カレーにレモン、エビ塩かー。

ちょっと思いつかなかった組み合わせだけど、なかなかいけます( ・`ω・´)b

いやはや、それにいてもさすが生活に密着した食事情にお詳しい方達の情報。私なんてこちらのお店、何度も目の前通ってたのにすーーーーっかりスルーしてましたからね。

この通りには美味しいものが多い多いと言いながらでこんな体たらく。まだまだ食べ方が足りまへんな。。。。

ともあれ、ええ店教えてもらいましたーっ!
今度はカレー・ブン、食べに行く。

カレーうどん的なものになりそうだけど、あのサラッと感のスープには、グルテンの重い小麦麺じゃなく、細い米麺が絶対に合う筈だ。

想像しただけでお腹が鳴るわっ。
(←いま食べたばっかりの人の発言です)

お味はしっかりだけど、胃にはライトなベトナムカレー。よろしかったらお試しあれ♪

お店情報 

Bun Thit Nuong 88
88 D. Mac Dinh Chi Q1
Time: 06:30 – 21:30(日曜定休)

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Sponsored Link
 

コメント

  1. 森松 より:

    初めまして。お嬢さん達のマネージャーです。
    いつもSNSやBlog、ご贔屓ありがとうございます。
    おっしゃられる通り、うちはベトナム好きがいっぱいいます。
    いわゆる駐在奥様でうちで働いてる方がいますが
    彼女もだんだんとベトナムが好きになってきたと言ってました。やっぱりベトナム人と触れ合う機会が大事なようですね。
    カレーブンは僕も時々行ってます。
    今度機会があればご一緒しましょう。

  2. ちぇり より:

    まぁまぁまぁ!!!
    コメントありがとうございます!
    今回は御社お嬢さん方(って呼び方で失礼に当たらないだろうかw)に
    とても楽しい時間を頂きましてありがとうございました!
    みなさん生き生きされてて、きっと良いお仕事環境なんだろうなー、と、
    こちらまでとても嬉しくなる様な時間でした♪
    そしてこちらのカレー屋さん、教えてもらったのですが、おいっしーですねー!
    例えば遠方から来る被人をわざわざお連れする感じではないかもですが、
    日常のご飯としてものすごく優秀だなとっ( ・`ω・´)b
    すっかりファンになってしまいました。よろしかったらぜひぜひご一緒
    させてください!のんびりお時間がある時なら嬉しいですし、それだと
    中々時間が合わない、ということであれば日頃のご飯タイムでも。
    お声かけいただければ、馳せ参じますっ ( 。•̀_•́。)

  3. okawa より:

    はじめまして!お嬢さんたちと同じ会社でインターンをしている大学生です。
    いつもブログ参考にさせて頂いています。
    私もお嬢さんに教えられて今日のお昼にカレー+パンでいただきました^^
    辛いもの好きの私としては、もう少しスパイシーなのがいいかなとも思いましたが、お芋の甘さがたまらなく美味しかったです。ベトナムカレーはマイルドで、ハズレがないですね♪
    機会があれば、美味しいもの歓談にまぜてください。

  4. まゆみ より:

    エビ塩とライムってヴェトナムのローカル食にはよく付いてくるんですか?
    それを何かにつけて食べてみた〜い♪
    チキンカレーが主題なのに変なところに注目してスミマセン(^^;)
    ところで、ヴェトナムのプラスチックのテーブルとイスって低いですよね。
    ヴェトナムの方は小柄な方が多いからなんでしょうか?!

  5. ちぇり より:

    おおっ、先日は御同僚の方にお世話になりました!
    ブログをいつも見てくださっているとの事。ありがとうございます!
    あのお店のカレー、美味しいですよねーっ。そしておそうそうっ。
    あの中にあるお芋のおいしさ、たまりませんでした(≧∇≦)
    辛さ調整は、出される生の唐辛子をちぎってカレーに放り込むと言う手も( ・`ω・´)b
    ぜひぜひ、美味しいものをたくさん一緒に食べましょう!
    その機会を楽しみにしています!

  6. ちぇり より:

    エビ塩とライム、メチャクチャ良くついてきます(笑)
    料理内容に寄ってはライムとお塩、だったりしますが、かなり色んな種類のものに
    ついてくるし、海鮮料理を食べに行くと、大体ライム塩があって、そこに何か+って
    感じで、まず出て来る調味料のように思えます。もう既にライムの香りがついた
    お塩ってのがあって、お土産物にもそれはとても重宝してるんですよー♪
    プラスティックの小さなテーブルと椅子、諸説あるようですが…
    今でこそ店舗型のお店が増えたものの、まだまだ路上のお店、移動式のお店が
    多い状態。その場合にセッティングや移動の為に持ち運ぶのにコンパクトな方が
    便利だから、ということがあるんじゃないかなーと個人的んは睨んでいます( ・`ω・´)b
    それが証拠に、店舗型のお店ではほどほどに高いテーブルと椅子を用意されてる所が
    多いですし。ただ欧米の方が多く来られるお店なんかは、私だと足がブラーンとなる様な
    大きな椅子を構えてたりしますから(笑)、身体に合わせて、と言う部分もあるのかな
    とは思います(^^)
    椅子やテーブルが小さいと収納時にもコンパクトで住むし、お店が満員になった時、
    サッとそれらを奥から出してきて店前の道路に広げて客席を増やす、という
    フレキシブルな事もできちゃうので、実利も大きいんだと思いますけどね(笑)

  7. まゆみ より:

    ちぇりさん、
    またまたご無沙汰してしまいました。
    ここ一週間ほど自宅のWiFiの調子が悪く、今日やっと直りました!
    インターネットのない生活なんて、今となっては考えられませんね(苦笑)
    プラスチックのテーブルとイスの件、
    ご丁寧にお返事ただきありがとうございました。
    ふむふむ...と読ませていただきました♪

タイトルとURLをコピーしました