一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【バンコクでポピュラー?】 Salted Egg味のあれこれ

@タイランド
Sponsored Link

バンコクのスーパーに昨年行って目についたのが、Salted eggのイラスト。鹹蛋(シェンタン)。え、これフレーバーになる食材だったっけ?(・∀・;

鹹蛋って?

鹹蛋というのは、殻ごとかなり濃度の高い塩水などにつけ、卵の殻を通して塩分を内部に入れた保存食的食材。

高い塩分のせいで黄身は加熱せずとも硬くなり、ちょっとザラ付きを感じる食感。月餅、という中秋の名月の頃に中華文化圏でやりとりされる、あのお菓子の中に入っていることでも知られています。

私は実はあれが苦手。というのは、こちらの記事でも告白したところ。

ですがその後使い方を覚えると、これがなかなか便利な食材!調味料的に使うと、タンパク質のうま煮を帯びた柔らかい塩味の調味料として大活躍。良き。

 

ですが…?
まさかスナックに使われるとは思わなかった!!というわけで、バンコクのスーパーに行くとあちこちで目につく鹹蛋イラストの商品をいくつか試して見ました。

Sponsored Link*

鹹蛋味の麺

まず一番目についたのが、即席麺。

袋タイプのものからカップ麺まで、各社がしのぎを削ってこのフレーバーの商品を出しているのが見て取れます。

 

まあ想像してみると、刻んだ鹹蛋を麺にまぶすだけでもそれなりに美味しそうなので、きっとこれはアリだろうと思ったのですが…

撃沈。
単にメーカーの問題かもしれませんが、このパッケージのものはクドさが先に立ち、且つ、鹹蛋の風味はそこまででもなかった。正直2口で食べるの停止。

まぁまた機会があったら別メーカーのものを試して見ましょう。

鹹蛋のポテトチップス

こちらが面白かった!!

鹹蛋アジのポテトチップス!これは非常に相性が良く、ちゃんと塩卵の風味はするけど、あの私が苦手なざらつき食感は感じられず、芋との絡みも良い商品。

鹹蛋の存在を知らないと、このパッケージの絵を見て「半熟卵の味なの?!」ギョッとするかもしれませんがw、日本ではなかなかない発想の味わいであるため、お土産なんかにも良いかもしれない。

味わい的にも塩味ベースなので違和感がなく、日本の方にも受け入れられやすいお味じゃないかなーなんて。

うん、一気食いしちゃったのが何よりもの証拠。これ、次回行ったら買い込み確実( ・`ω・´)b

オススメですよ!

 

お得なクーポン、ブログでは書かない小ネタなどなど!!

ご登録お待ちしてます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました