店直でオーダーできるデリバリー:カテゴリー別にしました!レポのあるお店はリンク付き!(2020年4月09日更新!)

PQ Bistro ~ プチゴージャス

ベトナム料理:ゴージャス
Sponsored Link

Nam Ky Khoi Nghiaを車で通っている時に、
パッと目についたお店。通り沿いじゃなく
ヘムの中なのに。

そういやあの辺のベジタリアン料理の店に
行ったことがあったなぁ。。

 

Hoan Hy 〜 庶民的なベジタリアン
けっこう良く行く周辺なのに、全く知らな かったこのヘムの中。ヘム、っちゅーか脇道 っちゅーか。 写真が美味しそうだったので、久しぶりに ランチご一緒しましょ♪となった人に 「ここがいい( ・`ω・´)b」と推して訪問。 ...

 

もう一年前のことなのか。
懐かしい。

 

空港に向かいつつ、平行に走ってるPasteur通り
が突き当たりまで行ったところよりも、もう
ちょっと北に、こんな派手な看板が。ここが
入り口。

 

これが目的のお店の看板。
多分いつでも出ているから目印になるはず。
ってか、このNam Ky Khoi Nghia通りを車の
スピードで通ってても目についたからすぐに
わかると思います。通りからのぞいた所は
こんな感じ。

 

 

夜になると明かりもつくので、さらにわかり
やすい。人と現地待ち合わせするときなんか
にはありがたいよね。

 

1階部分にはオープンテラス。あら、ベトナ
ミーズと聞いていたけど、テーブルセッティ
ングがおしゃれ。

 

屋内席の2階はこんな感じ。
おー。ティールームにありそうなデザイン。
素敵。カジュアル過ぎず、スタックアップ
過ぎずって所。

 

 

おしゃれベトナミーズに最近よくある、ワイン
も置いてあるらしい。日本でもこの流れ、ある
っぽいですね。ベトナム料理店にVio ワイン
とか。実際合うもの多いしなぁ。特に白系。
好きですわ、一緒に楽しむの。

 

 

それにしても、飲食店でブルーはなかなか
難しいと思うんですが、ここは綺麗にまとめ
てるなぁ。反対色に近いものを持ってくる
ことでバランスを取っているのか、寒色系
でも不思議に落ち着き、かつ気取りすぎない
良い感じ。

 

メニュー、写真入りでわかりやすいですな。
フレンチの流れを汲んでるのか、以前は
ちょっと良いお店だと、写真を載せない
メニューの方が多かったきがするのですが、
最近は外国人客を無視できないのか、割に
シャンとしたお店でも、写真を使ってくれる
ようになってきた気がします。

 

おほーっ、シーフードも揃ってる。
ホーチミン市内、シーフードの専門店って
たくさんあるけど、結構高いのよね。ここも
お安い、とは言わないけれど、味がよければ
ボチボチな金額。しかもレシピが結構おもろい。
スカンピなんて、日本だったら高いしなぁ。

 

もちろん、がっつりお肉料理もたくさん。
ベトナミーズの肉料理は、割にヘルシーな
イメージのものが多いのが嬉しい。牛肉とか
脂少なめ、脂肪燃焼にも良い赤身だし
(ちょっと食ったからってその効能は。。。)
煮豚はヘルシーとは感じないかもしれません
が、うまいしなぁ、単純に。ご飯ガツガツ
行けてしまう。

 

お野菜も、もちろん充実。
ベトナムのお野菜は美味しいからなぁ。
箸休め、というよりは、メイン級に味わい
深い。特に今回は掘り出し物を見つけまし
たよ。上の写真にもある、これ!!

 

 

お豆腐です。揚げ豆腐。
ゲーッ、緑?!って思いました?
でも日本でも結構流行ったんですよ、枝豆
豆腐。一般的な大豆の豆腐よりも豆の香りが
強く、その香りに刺激されてか、甘味も深い
気がするのよね。

確かホーチミンではスーパーにも普通に売
ってた気がするけれど、お店のメニューと
して置いてるのはあまり見たことなかった
かも。

まぁでも豆腐だしー、と思って、特に期待も
せずに食べたら。。。?

 

んなっはー!!!(≧∇≦)
とろっとろ!!揚げてはいるけど、本当に
さっと脂をくぐらせただけという感じで、
周りをあまり硬くすることもなく、全体に
絹目でトロォリ、お口の中でマタァリとした
液体に。

そこに深みを加えるのがピータン。
これ、カットしてすぐだとアンモニア臭が
強くて苦手な人が多いのですが、事前に切って
空気にさらしておくと、揮発性の高いアンモ
ニアは飛んでいき、深くまろやかな味わいに
なる。ツンツンしたのが好き、という方も
いらっしゃいますが、食べなれない日本人が
そういうのを食べると「美味しくない」と
なってしまう事が多いようですね。

ですがこちらのこのメニュー、枝豆豆腐の
風味ともあいまり、これ、私一皿いけるわ。
すんげ好き。

えー、今更揚げ春巻き?と思うなかれ。
一般的なものだからこそ、お店はカラーを出す
必要が。庶民色だからこそ、すでにバリエー
ションが多いため、どのバリエーションを
選択するか、そこにどのようなオリジナリ
ティを加えるのかは、結構大きなテーマな
気がする。お店側に立った時。

結果。
初めてでした、練り物の揚げ春巻きw

 

ブリンブリンとした食感に、中には卵の黄身?
が入ってる。うずらの黄身かな。肉肉しい
ミンチを期待していると肩透かしかもしれま
せんが、これはこれで美味しいぞ。ビールに
合いそう。

意外と食べたことがない、という人が多くて、
ええっそうなの?!と驚くのがこちらの料理。

 

タニシの肉詰め。Oc Nhoiだったかな?
本当はタニシモドキ、で、日本でいうタニシ
そのものではないそうなんですが、その大
きな身を殻から出して刻み、豚肉のミンチと
合わせて再度殻に詰め直して、レモングラス
で蒸すという、手がかかったお料理です。

多分彼らは、そのくらいのことを「手が
かかっている」とは思ってないと思われる
けど。

 

しかし魚介と豚肉を合わせる妙。
合うんよなぁ、特に貝類と豚肉のコンビネー
ション。アサリで豚肉を炊いてるやつとかも
好きだわー。もちろん、このタニシのも好き。

肉っとしたつみれの中に、ギョリュッギョ
リュっとした貝の身が。そしてそれを噛むと、
旨身がギョワッと。おいしー(*´ω`)

 

チャーハンは鉄板ですね。いつもはガーリック
チャーハンなんですが、この日はシーフードを
頼んでみると、ホタテの小柱がごろっごろ入っ
た豪華版。ピリッとした唐辛子の風味がある
のも食が進む。

ここまで調子よく美味しくきちゃったので、
もう一品頼む?ってことで、毛色の違った
一品を。

 

エビのタマリンドソース!
もうこのエビ・カニ・イカ系とタマリンド
ソースって。大っ好き♪ただこの手のは殻を
剥くのが面倒、って人がいるよね。でも。。。

 

これ、頭から尻尾まで全部食べれました。
ベトナムでは珍しくありませんが、危険な凶器
になり得る口先はカットされており、尻尾まで
カラーっと揚げられてる。いくら何でも頭の
部分は。。と思ったけれども、私は大丈夫。

繊細な方は口に触るのが嫌かもですが、バーリ
バーリいけましたわ。水分のあるソースを絡め
てこれってすごい。ただガリガリに揚げれば
いいってものでもありませんしね。身の部分は
プリプリだったし。

全体に、味は強めだと思います。
特にエビのタマリンドソースはピリ辛度も
あれば、味自体もかなり濃くて、これだけを
ワシワシ食べるのには向きませんが、ご飯と
一緒に、お酒と一緒にいただくんだったら、
むしろこれが良い。

 

さすが「今月のワイン」を置くお店。
酒を意識するベトナム料理、とは?って
面もあるかもですが、まぁこれだけ多様化
してくると、そんなことを言う方がヤボ。
こう言うものだと言うことがわかったら、
どう攻略するかを楽しむべし(๑•̀‧̫•́๑)

 

うん、ここ宴会に良さそうですね。
そして。。。

 

個室があるんですよー。
ここは10〜15人くらいのお部屋。もうあと2つ
あって、それはここよりちょっと小ぶりな感じ。
予約しとけば、人数に合わせてセッティング
してもらえそうです。

 

それなりの肩をお連れする際にも使えるし、
普段使いにしてもさほど気取った感じもなく、
酒が進む料理が揃う。まだ数品だけを食べて
の感想ですが、なかなか使い勝手が良さそう
ですね。またお友達とワイワイ言いながら
食べにきてみようと思いますー(^・^)

 

 

 

 

 

PQ  Bistro
290 / 15A Nam Ky Khoi Ghia Q3
Time: 09:00 – 22:00
Spent : 300,000 vnd / person

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

Sponsored Link
 

コメント

  1. Lisanne より:

    ありがとうございました^^custom written essays

タイトルとURLをコピーしました