【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

ホーチミンで是非行ってみたいガーデンカフェ ~ Mien Dong Thao Cafe

ベトナム料理:ローカル
Sponsored Link

カフェ天国のホーチミン。行っても行っても素敵なカフェが目白押し。

またホーチミンならでは、ってところも多いから、楽しみは尽きませんねー!

割に身近にあったガーデンカフェ

(2019年7月31日)

最近ご紹介いしたカフェで反響が大きかったのが、こちら。

Go Vapという、中心街から車で30分ほどかかるところにあるガーデンカフェ。その規模たるや、なんかのテーマパークかと思うほどでタメ息ものではあったのですが…

ま、ちょっと遠いわな。そしてその周辺情報もまだあまりたくさん集められてないので、あまり強くもお勧めできない。

でも実はお庭は池を意識したカフェはそんなに珍しくなくて、先ほどご紹介したとこほどの規模じゃなくても、そんな雰囲気のあるとこならある。

まぁここもちょっと遠いか、10区だし。

でも例えば、ここくらいならどうだろう?

Phu Nhuan にあるこのカフェを目指してタクシーやGrabで移動してくると、お店の真ん前ではなく、お店の脇にある角地で下されます。それ以上は車が入っていけないから。看板が目印。

脇には線路。ホーチミンでは線路自体が少ないので珍しい光景。そしてその両脇には、車が通るにはちょっと辛そうな道路があって、バイクが結構通ってます。

さっきの看板を左手に見つつ線路沿いに歩いて行くと…?

こんなお店があるのです。

入り口から絵本の世界のよう!!

入り口には、あえて、なのかな。ちょっと天井を低くした入り口がありまして…

ほわああああっ(((o(*゚▽゚*)o)))
ガーデンっ(笑)

先日のGo Vapのカフェの規模とは比べ物になりませんが、作り込みは負けてない!

ミストが散ってて日が差しててみどりがきれいで。これはちょっと見ものですねー。ってか、平日の11時くらいだったんですが、すごい人(´⊙ω⊙`)

石積み造りのようにも見えるデザインの屋内には人がみっしり。ちょっと早めのランチってとこなのかな。なんにしても、すごく人気のカフェ見たい。

まぁ単純に気持ちいいですもんえ、水辺があって、シャシャララと噴水の水の落ちる音がし、風が吹いたら木の葉が揺れる。

そういうのを見るでもなくとも、その場にいるだけで気持ちいいもんだ。

ちなみに角度によってはこんな感じになるみたい。メニューの一番最初のページにあった見開き。どやー!!!って感じ満載ですが(笑)、綺麗(^・^)

ちなみに、少ないですが完全屋内エアコンスペースもあります。入り口入ってすぐ右手。私は左からグルーっと回って店内見てから行き着いたけど…

暑いの苦手で、且つ人との待ち合わせとかだと、このスペース、使い勝手がいいかもですね。

メニューがあのお店に似てる?!

さてメニュー。かなりしっかりしたメニューブック。先ほどの景色のページの後は、まずはドリンク。

最近街中では減ってきてる、Phin(アルミフィルター)付きのベトナムコーヒーがあるようですね。

あれ、コーヒーが落ちきるまでに時間かかるし、フィルターの後掃除も大変だろうし、効率考えたらこの先段々減ってくんだろうなー。

ドリンク類、かなり豊富です。上の写真の右ページ上にあるミルクティらしきものは、相当でっかきジャグで出てきてました。あれ1杯で3時間は粘れそうw

ちょっとあまり見かけないようなものもあって、下の写真。オレンジジュースだけでもかなりのバリエーション。

オレンジジュースと蜂蜜、なんてのも惹かれるけど、自分的にはオレンジジュースと牛乳のドリンクがあるのが良いっ( ・`ω・´)b

ちょっとフルーツヨーグルトっぽくなるというか、ジョアを豊富とさせる仕上がりになるんだよね、あれ。今度飲んで見たい。

ホットレモンジュースなんてのがるのもいい。

ホーチミンに来たことない方は、暑い国なのに暑いドリンク飲むの?!と思われるかもしれませんが、クーラーの下にいることが多いと慢性的に体が冷えるのか、なんか温かいものを欲しがるようになるんですよね。

アイスクリームも色々と。プラス果物と合わせたパフェ的なものもありそうだ。右のページにはお食事の写真。

と、思ったら、さらに続くご飯メニュー。確かに大混雑してる店内の皆さん、お昼時ってこともあって、なんかしらお食事頼まれてるもんな。人気なんだなぁ。

ふと箸袋を見ると、あーっ、やっぱり!!この記事の冒頭で紹介した、Go Vap と10区のガーデンカフェ、どっちもここの系列だ!!

なるほど、水辺のあるガーデンをモチーフに徹底してお店造りをしてるのね。ふむふむ。いいなーと思うところには共通項があったってことか。

料理が侮れない!

まずドリンク、これなんの変哲も無いスイカジュースに見えると思いますが、スイカ&ストロベリー。これがなかなか美味しかった。

スイカだけでも私は大好物なのですが、イチゴと混ぜてるの初めて見た。美味しいっ(^・^)

で、この日はヌードル頼んだんですよ。日本で持ってたカフェ飯経験はあまり良いものがなかったのですが、ホーチミンのカフェ飯はヒットが多いので大好きなんだ(^・^)

スープがたっぷりで最初見たときは何も入っていないように見えるほど質素だったのですが、ちょっと箸で掘り起こして見ると、白身魚やエビ、カニがザーックザク。

なんて豪華なっ。
あ、ちなみにこれ、Banh Canh Thap Camっていう、色々載せのやつでした。エビだけ、とかカニだけ、とかのメニューもありましたよ。

で、バインカンってのはベース米麺ですが、タピオカが入ってる麺で、ぷりっぷりした食感が特徴。

お店によってはもっと透け感がある麺もあるのですが、ここのは割と白目でムッチリ。プルプル感もあるにはあるけど、ムッチリ感の方が強い。

海老もぷりぷり。こういうカフェ飯の料理でも、この辺の使い方が非常に丁寧なのがベトナムのすごいところ。

何より、スープが美味しい。。。これ、専門店で出されててもおかしく無い。カフェでもここまでやるんだよな。。。ほんとすごい。

ということは、他の麺料理やご飯料理も美味しいかも。ネットの写真で見てると、海鮮焼きそば的なものも美味しそうだったんだよな!

ヤヤーッ、ここなら街中からでも車で15分くらいのところ。ちょいちょい行く場所じゃ無いかもだけど、たまにお友達と集まったときや、気分を変えたいときにどうでしょ?

景色もよければご飯も美味しい(まだ麺だけだけど)使えるカフェ。日本からのゲストが来た時のおもてなしにも、ぜひ活用して貰いたいカフェですねーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

麺料理オールスターズ体験!

豊富なん麺料理メニュー

フォーやフーティウ、美味しい麺料理は色々あるけど、例えば友達とフォー屋さんに行ったらフォー、またはせいぜいもう一種類か二種類くらいの麺くらいしかそのお店にはありませんよね。

しかし。こちらのお店には。
いろんな種類の麺があるんです。

Bun Bo Hue、Banh Canh、Mi Quan、Bun Chaなどなど。

「でもそこカフェでしょ?」と言うなかれ。ホーチミンのカフェは侮り難く、またこの記事の前述にも麺のことは書いた。悪くないの。そりゃ老舗人気専門店のようにはいかないけど…

なかなかなんです。

牛肉、と言うカテゴリーの中にもNui(マカロニ)やMi(細い中華麺的な?) Hu Tieuもある。

シーフードカテゴリーの中にもMien(春雨メニューがあったりする)。

カフェだけどベジタリアンの方にも対応。
と言うか、このカフェほとんどがローカルの方で、ローカルの方の中には熱心な仏教徒さんも多く、月に二階の精進料理の日を厳しく守る方もおられますからねー。

で、今度はこんな疑問が出てくるはず。
そーんなに手広くやってて、美味しいの?と。

例えば日本で、豚骨と塩と醤油のラーメンを置いてるラーメン店の信頼性ってどのくらいあるだろう?って疑問に似てるかも。

専門にやってる方が断然美味しいだろうし、比較の話だけじゃなく、あんまりあれこれ置いてると信用ならない、くらいの気持ちにもなったりしません?では、行ってみましょうか。

人数がいればいろんな面を一度にあれこれ試せます!

ってことで、こんなことをやってみました(^皿^)

Hu Tieu Bo Kho(ベトナム式ビーフシチューをスープにした米麺)、Banh Cnah(タピオカ麺)Hu Tieu Suon(豚スペアリブいり米麺)、Bun Bo Hue(フエの牛肉麺)、Mi Quan(米の混ぜ麺)、Mi Xao(インスタント麺の焼きそば的な)…

いや、壮観。
ちょっとみたことない光景。だって普段それらを食べたかったら、ほぼ専門店に行きますもん。やりたくったってこんなに種類が揃わない。

レストランにしてもそう。何種類かを置いてあるところはあっても、こんなにたくさんの種類を一堂に集めることなんて、各店からデリバリーででも揃えないと難しいんじゃなかろうか。

これは、楽しいぞ(^皿^)
それぞれに美味しかったのですが、全部レポってたらとんでもない長さになるので、ちょっと以下に数品のみ詳しく。

Hu Tieu Suon と Mien Xao 

と言うわけで、ある朝の朝食です。
旦那さんと朝ごはんデート(^・^)

ここのカフェの食事は悪くない、と私一人が騒いでも説得力がありませんが、ここ、すごい敷地面積のカフェなのに、この時間帯(朝8時前後)に訪れるローカルのお客さんの多くが食事をしている、と言うことを伝えたら、ちょっとは興味を持ってもらえるだろうか。

しかも決して安くはない。どれも60k前後。ローカル専門店の、下手したら倍。いや、3倍のこともあるかもしれない。高いのは場所代ってのもありますかね。

で、Hu Tieu。
旦那さん、すごくHu Tieuが好きで、いろんなローカルのお店の味も知ってるのですが、ここのは最初の一口にちゃんと豚の脂の旨みがあって「これはなかなか!」と(^・^)

脂を除き切ったあっさり麺も悪くないのですが、ご覧の通りここは表面に油膜ができてる。熱くはないんだけど、いい具合のこってり感。言うても澄んだスープなので、そこまでくどくもないし、確かに美味しかったこれ♪

で!!もっと推したいのがこちら!!

Mien Xao Hai San.
意外と食べる機会がなかった。フォー屋さんなんかにMienも置いてあることは多いんだけど、フォー屋さんに行くときはフォーを食べるし、なかなか食べる機会を持つ気にならなかった。

春雨のシーフード炒めっ。もう着皿した瞬間にすっごい良い香り!なんかええとこの中華料理の香りがする!!(語彙)

実際、太めの春雨の食感は、むっちりしつつギョイッギョイしていてすごい食欲をそそります。さらにその奥には芯まで入った旨みがねっ。

エビの手入れも良くてプリプリ。全体的な量は少なめなんだけど、そこが良い。その後、心置きなくドリンクとかデザートも楽しめてしまうしね。

これに醤油とチリを足して、白飯に乗せて食べたいわー(お行儀悪い)。春雨惣菜のとご飯の組み合わせ、好きなんよな。。。

面白ドリンク!

さてドリンクですが、私は定番の Tra Dao 、ピーチティを、

おおこの絵面はまるで旦那さん(シュッとした180cm)と、ちぇり(ツチノコ体型150cm)ではないか(・∀・)

いつもこんな感じなんよな。並んでると。

で、まぁ旦那さんったら、今時タピオカミルクティ?とか思ったら…ベースはミルクティなんだけど、これ、タピオカじゃなかった!!

なんかっ、色々入ってる!!(((o(*゚▽゚*)o)))

チェーの具材みたいなもんかなーと思ってたんですが。。。
こいつ。真珠みたいな乳白色の玉。これ、食感がイクラだwww いや、そんな例えにするとドリンクとしては美味しくなさそうだけれども、中からプチっとフルーティな味わいがっ。

なにこれ最近流行ってるの?
高級料理店の分子ガストロのミーがどうしたこうしたってところではいろんな液体をこんな風に作れるって聞いてるけど、まさかね。ここはローカルのカフェ。

ってことは、こういう食材を商品として売ってるってことなんかな。おもしろーい!これ使っていろんなデザート作るの楽しそー!!!

そしてアガーのプンニプンニのゼリーもある。
中心にあるのはココナツチーズ????クリームチーズのようなネッチリ感もありつつ、なんかココナツの風味もあったぞ?

そのほかにもいろんな食感のゼリーやキューブが混ざってて、そしてどれも混ざると互いの味を阻害するような強い味のものではないので、単純に、デザートとしてすごく楽しい!

食事の直後だとお腹いっぱいになりそうだけどね(笑)
私は旦那さんが食べきれなかった底に残ったものだけを食べたので、ボディ部分のミルクティの味はわからないのですが、旦那さん曰く、甘すぎなくて飲みやすかった、と。

いつも、こうなんですよね。
二人して好きなものが同じこともあるのですが、例えばお店に行って選ぶメニューは全く違ってたりします。しかも私から見ると(えーそれ行っちゃう?)とか思う=自分じゃ絶対選ばなかったりするんですが…

味見させてもらったら「なにこれおいしー!!」とかってなるの(^^)ゞ
好みや趣向が違いすぎてると、一瞬理解しがたいこともあるんだけれども、近くにいればちょっと手を出してみようかなってことにもなるわけで。

そしてもし、普段自分なら手を出さない「それ」を気にいるようなことがあったら、それは…自分の世界が広がるってことでしてね。

身長も違えば得意分野も趣味も能力も別生物くらいの勢いで違う我が家ですが(そして旦那さんの方が圧倒的に賢い)、「やっぱこの人面白いわー」と思った日曜日の朝食デートなのでしたヽ(・∀・)ノ(多分向こうも「こいつオモレー」と思っていると思われる)

お店情報

Mien Dong Thao Cafe
221A Nguhen Trong Tuyen,  Phu Nhuan
Time : 07:00 – 23:00
Spent : 150,000 vnd / person

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました