一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ダナンはショッピング天国! ~ カゴバックの May Tre Di Hai

@Danang
Sponsored Link

今回ダナンに行くまでに聞いていた評判の一つに、「プラかごや、いわゆる土産物によくあるバッチャン焼きなどはホーチミンに比べて高い」というのがありました。

結構代表的なものが高い、と聞いた結果、いろんなものが高いんだろうなぁと勝手な想像をしてたのですが、ワタクシ、間違ってましたっ(๑•̀‧̫•́๑) ←色々買い物しちゃった人w

 

 

数あるかごバック屋さんの中でも人気のある店

 

実はかごバック、いろんなところで売られています。ここだけがそのお店、というわけではありません。

が、同行してくれた友人のアンテナに引っかかったようだったので、他はほとんど見ずに、こちらに突入。

 

 

さして間口の大きくない、外にも商品をたくさん並べるよくあるローカル店。でもまぁ何を売られているのかわかりやすくていいですね(笑)

 

 

周辺にはちょっとポップなウォールペイントなんかもあって、街中の賑わいはないけど、程よく雰囲気のある感じ。あんまり寂しいところにあると心配になっちゃいますもんね(笑)

 

 

ごちゃごちゃに見えてわかりやすいラインナップ!

この手のお店のいいところは、とにかく品数が多くバリエーションも豊かなところですが、ごちゃごちゃしてるお店は徹底的にごちゃごちゃしていて疲れてしまうことがある。

が、こちらのお店はゴチャゴチャ感を醸しながらもラインナップがわかりやすく、見やすいレイアウト。

 

 

まぁホーチミンで見かける商品も結構ありました。
なので、ここに来てもなお、私は特にそそられるものはなかったのですが…?

 

 

諸々のお値段を聞くと、やすーい!!
私が見かけるホーチミン市内でこういうのを売ってるお店は、観光客相手ということもありましょうが、ここにある商品の2倍や、それ以上するものもあります。

交渉をしてもそんなに下げ幅のある商品でもない。

 

 

それがここだと、あらやだお安い。ホーチミンの高め設定が燃料になって買い物欲に火がついた!

 

 

一部屋外に出されているものの、ほとんどは屋内に置かれていて、自由に商品を見ることができます。値段は貼られてないのでお店の方に聞くのですが、日本人客が多いのか、日本語で値段を教えてくれるなど。

 

 

穏やかなおばちゃんが店を仕切っていて、値切り交渉ができる感じでもなかったですが、押し売りされる感じもないです。買いやすい。

 

 

Sponsored Link*

ちぇりの収穫

 

で、今回は飛行機のチケット、預け荷物なしで行ってたんですが…

 

 

このアリクイみたいな配色の大判バッグ、150k、はい、お買い上げーヽ(・∀・)ノ

 

 

このしっかりめの編み込みで使い勝手の良さそうなトレイ、140k、はいはいお買い上げーヽ(・∀・)ノ

 

 

そしてこのランチョンプレートというか、ちょっとした小物置きなんかにも良さそうな奴が、1枚75kだったか80kだったか。はいはい、お買い上げー(≧∇≦)

どれもホーチミンで見たことのあるものです。が、ちょっと高いんですよね。お店によってまちまちですが、特にトレイ類は遥かに高い。だから多少欲しくても折り合いがつかなくて買ってなかったのですが…

安いわっ(๑•̀‧̫•́๑)
これを買わない手はありません。ってことで、心の中で預け荷物増量することを速攻で決めてお買い物。いやん、楽しい(*´ω`)

 

 

実はかごバック専門の市場もあるらしい

 

今回私たちはこちらのお店、一点集中で行きました。実は真向かいに似たようなお店があったのですが…

 

 

そして、すでに買い物をした後に、ちらっとのぞいて見たのですが、私たちが買った店舗が大人気なのに対してお客は少な目。

それにおっちゃん店主が焦っているのか、セールス攻勢が激しいのと「前のお店のものはダメだよ、こっちのがいいよ!」みたいな売り方をしてくる。

おっちゃん、気持ちはわかるが、商売敵をけなしたらあかん。相手よりいいもの売ってるというなら、そこを強調せんとなぁ。

対抗意識バリバリなのか、相手の店の価格もリサーチされてて、低価格帯のものは更に安い値段を提示していて、一瞬こちらのお店の方が安いかな?と思わせますが、高価格帯(って言っても千円前後のもののことだけど)に関してはガン!と高い。

ものによってはこちらの方が安く買えるものもあるかもしれませんが、おじちゃんの焦った売り方があまり好きでなかったので早々に退散。

そしてかごバッグ屋さんはここだけでなく、

 

 

 

上でご紹介したお店のすぐ近く、ってか真向かい=おっちゃんのお店があったエリアが市場になっており、Tran Phu  という通りに回り込むと、わっさかわっさか、籠バッグのお店がありましたw 多分市場の中にもかなりありそう?

激戦区になるだろうから、もしかしたら頑張って交渉したら若干安くしてもらえるのかもしれません。私たちが行ったお店は場外的なお店だったのかな。

が、比較的ゆっくり見れておばちゃんの感じもよかったので悔いは無しっ。

ボッタクリは論外ですがw、ご商売って買い手がその値段に納得して買えば成立するものだと思うので、多少の差額は気にしないことにしています。気持ちよく買えて楽しく嬉しくお買い物できれば、それで満足(*´ω`)

もちろん、1円でも安いお店を見つける、というのも情報の一つですし、楽しみ方の一つなので(若い頃はそっちだったw)あれこれ探求されてみるのも楽しいかと思います♪

 

 

 

 

お店情報

 

May Tre Di Hai
16 Hung vuong, Hai Chau1, Da Nang
Time : 07:00 – 19:00 
Spent : 470,000 vnd / person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました