一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【ちぇり飯】これは使える!ベトナムの Kho Quet という料理のソースは日本人的にもたまらんぞ?! ~ Cho Que Nha Tu

食品
Sponsored Link

Kho Quetという料理をご存知でしょうか?いろんなベトナム料理を出してくれるお店に行くと結構あるんですが、様相が地味だからか、ちょっと取り上げられにくい?

Kho Quetとは

人に説明するときに、私はよく「ベトナム風のバーニャカウダ」だと伝えています。

何種類ものゆでたり蒸したりされた野菜が盛られ、それにオイリーなソースがついてくる。もともと味のしっかりしたお野菜が多いので、それにそのソースをつけると…

野菜だというのに(しかもシンプルな茹で!)ビールのつまみになってしまうという、なんとも美味しくヘルシーな一品。

や、ほんと美味しいんですよ、これ。
で、この料理の肝はそのソースなんですが…

エビと豚肉を甘味(砂糖など)とヌクマムでがっつり炊き上げた代物。黒胡椒や唐辛子も使われており、ピリッとさせてるのも特徴。

ベースは甘辛、ピリリと辛い。
これ、日本人も好きな人多いと思うんですよねーっ。

でも、フォーやバインセオほど、強くガイドブックで紹介されることもなく、知られてない名前の料理をメニューで見ても目を滑るだけ。結果、この料理を知ってる人が一緒にいてくれないと頼む機会がないままに、ということに→知られない。

Cho Que Nha Tuさんから発売開始!

さあでもこれが家で気軽に楽しめるとなったらどうでしょう?

じゃじゃーん!

我らが、Cho Queさんが新商品を発売!
まさに、Kho Quet。ただお店の Tu さんの出身地である、ファンランという地方のエビが使われ、もちろん彼女流の味付けです。

まあそもそも、サイゴン流、というものもあまりないようで、お店によって本当に味付けの傾向が違うから、どんなタイプの味の Kho Quet が好きなのかは自分で探すしかないんですよね。

フタを開けると、上部にオイルが溜まっています。
原料に豚肉が使われてるのでその脂。いわばコンフィの保存状態みたいになってるんですね。

しっかり煮詰めて香辛料を使い、オイルでフタをする。南国で料理を長持ちさせる知恵がたっぷりですなっ。

驚いがのがその中身。見て、もう豚肉もエビもゴロッゴロと。基本は「ソース」なので液体が多くて良いはずなんですが、具沢山ー!なにこれ贅沢!しかも多いだけじゃなく、エビが、でかい!

まさにこのエビが、海辺の町・ファンランから取り寄せているものだそうで、Tuさんのこだわりが見えますなあ。

ちなみに念のため、フタを開けて使って以降は冷蔵庫に入れてるのですが、瓶上部に溜まってるのは豚の脂なので、固まります。

溶けてる時はさほど気にならないのに、こうやって固まってると「うわ!」って思いがちですが、これ、その後の「フタ」になる部分なので(瓶の蓋はもちろん別にありますが)捨てないようにしましょうね。

捨てなくても、こうして一部を割って、そこからスプーンを差し入れれば本体は取り出せますので。

Sponsored Link*

どうやって食べる?

本来は、先ほど話したように、ゆでたり蒸したりしたお野菜につけて、バーニャカウダ的に食べるのですが、いろんなものに使えます!

生野菜に!

ゆでた野菜が主に使われるのは、今のように生野菜を食べることがポピュラーになる前までのお話の名残なのかもしれませんね。

実際、私がホーチミンに来た10年くらい前は、一部の西洋料理のお店やデリでは買えたものの、サラダが今ほどポピュラーではなかったように思います。

ただ最近は普通に出回ってますし、家でかじるキュウリにも「ジャパニーズキュウリ」なんて品種があって、スティックサラダ的なものも楽しみやすくなりました。

今回はキュウリの写真しかありませんが、普通にサラダや人参、トマト、その他を合わせたサラダにちらっとかけても美味しいかと。

甘辛醤油的な味わいなので、そこにお好みでリンゴ酢やレモンを加えたら、さらにさっぱりしたドレッシング的になっていいかも。

使われてるのが豚肉とエビの動物性タンパク質なので、あっさりな生野菜でも味にボリューム感が出て満足感が上がります。

単にご飯に乗っけて

米との相性もバッチリです。
ただ個人的な所感でいうと、日本米よりベトナム米。

もともとこのソースは甘いので、甘さを豊かに含む日本米と一緒に食べると、ちょっと甘すぎかなーと。

ただまその場合でも、醤油をちらっと垂らす、というバランスの取り方で美味し行くなる。でもできればベトナムのお米の方がしっくりくるかも。

感覚的には、ちょっと甘めの肉味噌を乗っけて食べてる感覚かしら。うんまいぞーっ。

ちょっと胃袋が追いついてなくて写真がありませんが、卵かけご飯にしてももちろん美味しい。納豆ご飯のアクセントにも(その際にはお醤油があった方が良いと思いますが)。

チャーハンの調味料として活用してもいいですね。
ああ、夢が広がる、Kho Quet。

トーストに!

ノリ、納豆、各種ふりかけ、ご飯に合うものはパンにも合うことが結構多い!(もちろん合わないものもありますが)

ってことで、この Kho Quet をソースがわりにしてチーズトースト。ミンチもエビも入ってるから具材も用意しなくて良い。

ピザチーズがなかったのでスライスチーズで。
超簡単。でも、これは美味しい!

もともと肉味噌ピザなどを我が家の定番としてン10年異常なので私がこの手の味が大好きだ、というのはあれども、これはなかなか!

お手軽に試せるし、いつもとはちょっと違った趣も楽しめ、がっつり味なのでパンを薄めにして作ったら、酒のつまみにもいいですよ!(そればっかり)

アボカドカップ

アボカドをカットして見たけど、気持ち、早めだったかなーって時、ありますよね。そんな時には加熱すると食べやすくなります。(あまりにガシガシ過ぎると加熱してもダメだけど)

半分にカットしてたねを外したアボアドに、マヨネーズとKho Quetを… 小さじ2ずつくらい?目分量です(・∀・;

ふんわりとラップをかけて、800wで40秒ほど。
そこに用意しておいたポーチドエッグ、ハーブを散らして出来上がり。あら簡単。

えーっ、ポーチドエッグ、面倒じゃん?という方には温泉卵、または半熟かお好みの硬さのゆで卵、さらには目焼きでもよければ、トロトロ仕上げのスクランブルエッグでもいい。

自分の好みとしては、卵をソースとして使いたいので半熟推奨ですが、そのための卵が手に入らないこともありましょうし、好みもあるのでそこはご自由に。

アボカドとトロトロ卵だととてもまろやかな味わいにないるので、黒胡椒などをちょっとふりかけてアクセントにしてもいいかもです。

良質なオイルと有料タンパク質が美味しくしっかり摂れるメニュー。朝食にもいいですよ♪

その他にも…

まだ実現できてませんが…



・各種生野菜などに
・そうめんの薬味として

・中華麺に、お醤油ちょっとと一緒に絡めて
・ナス炒めに
・冷奴に
・ゆで卵に

味が濃くて強いので、淡白な味のものに会いやすいかもですね。
お家にあったら色々重宝すると思います。ってか、重宝してます。久々のベトナムの味だし手軽だし!

Tuさんに連絡してもらったら、在庫なども分かるかと思います。
ちなみに、300gr 125,000 vnd / 瓶

そしてお料理のデリバリーも再開されたようなので、こちらも見てみてくださいね!

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました