一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【SIMに親しむ①】ベトナムのSIMを自分の携帯で使うには?

ちぇり info(生活情報)
Sponsored Link

先日香港ネタでSIM云々の話を書いたら、

「肝心のホーチミンはどうなんですか」

と言われまして、そういや書いたことが
なかったなとw ご旅行に来られる方、
新しくホーチミンに住まれる方のために
ちょっと記しておきますね。

 

 

 

その前に、SIMってなんぞね

 

前回香港の記事を書いた時に、

 

 

「SIMってなんですか?(・∀・)」

というご質問をいただきました。
笑わないし笑えないよ。ちぇりさんも大して
変わんない。旦那さんがその手のことに詳し
かったから門前の小僧で使い分けられるように
はなってるけど、説明しようとしてボロが出た。

使い分けられても、何も正しく把握できてないw

 

ち:「SIMって携帯の心臓みたいなもん?」
旦:「それはCPU」

ち:「んじゃ脳みそみたいなもん?」
旦:「それはメモリ」

 

 

(- -)

 

 

 

グーグルてんてーっ!!!(笑)
ということで調べてみたら、
「SIMとは、携帯の身分証のようなもの」
という表現が出てきました。

 

例えば、そのSIMを使ってることで、これは
ドコモの回線を使ってますとか、いえこれは
ソフトバンクの回線を使ってます、とか、
どのくらいの容量があってどのくらいの期間、
使えるものですとか、そういうことが仕込まれ
てると。なるほど(・∀・)

 

つまり「これはドコモの回線使ってます」と
言いながらソフトバンクの回線は使えないし、
日本のSIMですという記録がある限り、海外
では使えませんよということですね。納得。

 

 

じゃぁSIMフリーってなんぞね

 

SIMフリーの対義語は、SIMロック。
日本でもiPhoneあたりが流行りだした頃から
よく聞かれた言葉じゃないでしょうか。

SIMフリーというのは、端末側の話で、
いろんな身分証を差し替えて使えますよという
もの。擬人化していうと、身分証を差し替える
だけで、各国の言語が喋れるようになるといい
ますか。。。

 

日本のSIMを指していると日本語しか喋れ
ないけど、ベトナムのSIMを指すと途端に
ベトナム語が喋れるようになる、みたいな。

 

これができるためには、端末の方がそれに
対応していなければなりません、しかし日本
の通信手段は、各社と契約するのがベース。
そして各社は、一度掴んだお客は逃したく
ないのです。

 

というわけで、国単位どころか、会社単位で、
契約したらその他の会社の回線は使えへんで!
使わせへんで!!というのを通信会社側がコン
トロールするために、自分のところのSIMしか
使えないよう、端末をセットしているのです。
だから通信会社が端末ごと売ってる。
これがSIMロック携帯。

 

SIMフリーが当たり前の国では、端末は端末
で買い、SIMはSIMで別で買います。もちろん
通信会社が販売もしていますが、例えばAと
いう通信会社で売ってる端末を買ったとしても、
BのSIMを入れることは可能、ということが多々。
便利。

日本の通信事情にも良い面はあるのかもしれま
せんが、この部分だけ見るとSIMフリーの方が
大らかだし心が広いなぁ、という印象。

しかし、日本ではSIMフリー端末は未だに
少数派だし(確か全体の10%くらい?)

「海外でSIMを差し替える」

 

ということが未だにピンとこないままの
人も多い様子。まぁ国内にいるならそれでも
全然問題ないと思うんですけどね。

ただし、安くて使えるSIMが国内で売られる
ようになっても、なかなか浸透しないのは、
そもそもSIMって何?ってとこから啓蒙されて
ないからじゃないかなぁと、この辺のことに
疎い私は思ったりするわけです。

なんとなく、高くても主要キャリアの方が
安心そう、とか、漠然とした理由だけに頼っ
てる感、ある気がするなー。

新規の会社は既存の回線(すでに主要キャリア
が握ってる回線)に乗っかるしかなく、そこで
はセカンドラインなので不利な部分もないわけ
じゃないんでしょうけどね。。。

 

旅行によく行く人はSIMフリー端末が便利で有利

 

まぁ良く行く人はすでにご存知なわけですが
(苦笑)、今後もしかしたら海外に行くことが
増えるかもしれない人、仕事で長期海外滞在が
見込まれる人、そしてちょうど端末を買い換え
ようかななんて思ってる人は、SIMフリー端末
を持っているととても便利。

端末自体を海外で買ってしまうと言う手も
ありますね。TAXフリーのところなら、税金
分得しますし(私、大抵タイや台湾で買って
ます)。

なぜ有利かと言うと、どこに行ってもその
土地のSIMを刺して使えるから。そしてそれは
日本に比べると安いことが多いし手軽だから。
機動性が高いです。

 

Sponsored Link*

SIMフリー端末持ってない人はどうするの?

 

これは日本のSIMを刺したまま、契約会社の
海外パケットプランなどを使うか、Wi-Fi
ルーターというものを借りて接続、その電波
を使う必要があります。

よく日本の空港の出発口などで、タレント
さんが宣伝してる「誰それのレンタルWi-Fi!」
みたいなものがありますよね。あれです。
これがあればネットに繋げます。

 

 

SIMフリーとSIMロック、海外で使うにはどっちが安い?

 

使うことだけが目的だったら、どっちでも
良いと思います。ただし、コストが違う。
相当違う。なので、価格に関して、通信費
に金に糸目はつけませんよという人は、
深く考えずに使えるものを使ってください、
ってところでしょうか。
以下、ざっくり比較。

 

▶︎日本のキャリア各社の海外パケット料金
 
使用量などにもよるのでザックリですが、
980円〜1980円/日 

正直、高い。
それでなくても日本の固定通信費、びっくり
するほど高いなと思うのですが、海外仕様
時の料金もずば抜けて高い。怖い(ノ_・。)

 

 

︎レンタルWi-Fiの場合

こちらはぐっと安くなりますが、どこで
使うか(有効か)によりずいぶん違ってくる
みたい。例えば、

アジアなら 400円前後/日 
欧州なら  1,000前後/日 

でもそれらをぶっちぎって、どこの国でも
300円前後/日でやってるところもあるよう
なので、どういう会社を見つけるかによっ
てずいぶん違って来ますかね。情報戦w

 

▶︎SIMフリー端末に現地SIMを入れた場合

これは本当に国によってまちまち!
ですが、日本で借りるレンタル料金を超える
ことはないんじゃないかなという実感。

もちろん、何日使うのか、でも1日単価は
変わってくるので、そこは賢く計算して下
さい。場合によってはレンタルWi-Fiの方が
有利になることもあると思います。そこは
ご利用時にご確認を。

ベトナムの空港で買えるものは、何日間という
より、30日間・15日間使えて、容量の大きさは
これだけですよ、的なものが多いかも。

でもデータの容量とか言われたって、どの位の
ことかよくわかんない、って人、いません?
私未だによくわかんない。

でもまぁ、ホーチミン市内はFree-Wi-Fi使える
お店が圧倒的に多いし、宿でもWi-Fi繋げる
確率高いから、一般の旅行者さんは2週間居て
も、3GBとかので十分じゃなかろうか。
ゲームガンガンやったりPCで動画見っ放し
とかじゃあれだろうけどw

 

ちなみに空港で買わずに、街中の通信会社さん
で買う場合。私は mobiphoneさんを使って
いますが、70k / 月、ですね。約350円

1.6GBという小さな容量ですが、至る所にある
Wi-Fiのおかげで、ほとんど不便しないなぁ。
安い。

旅行者用のSIMじゃない場合、SIMカード自体
の代金が最初はかかりますが、確か50kくらい
だったかと。

この辺どのくらい使ったらー、とか、数年前
からの価格の変遷などをまとめてくれてる方
がいるので、詳しくはこちらで。

 

 

空港で買っても、街中のお店で買ってもプラン
を指定すればお店の方がやってくれますが、
セッティング方法なども上のリンクにあります
し、万が一途中で容量がなくなって追加
(TOP UPと言います)したい時の方法も
上記にあります。

 

値段だけで決めていいの?

 

▶︎重さ

そこなんですよ。
SIMフリーで現地SIMを入れて使う場合は、
日頃携帯を使っている時と、ハード的な
使用感はほとんど変わりません。充電も、
日頃のように携帯電話の充電をするだけで
大丈夫です。

取り回し部分でのことを言えば、高いけど、
キャリアの海外パケットプランを使う場合も
同じで楽チン。

 

しかし。

 

Wi-Fiをレンタルした場合は、まずそのWi-Fi
が携帯の近くにないと使えないので、携帯+
Wi-Fiルーターを常に持ち歩く必要が。

そして大抵の場合、携帯とは違う仕様のコード
を使ったりするため、充電のためのアダプター
とコードが移動時の荷物に加わります。
これが結構重い。

最近は小型化され、かつ、レンタルした宿まで
運んでくれるなどのサービスもあるようなので
場合によっては充電器に関しては負担ないかも
しれません。が、ルーターは持ち歩かなければ
ならないので、その手間はかかります。

 

▶︎電話番号

逆にSIMを差し替える時のデメリットは、
日頃使ってる電話番号が使えなくなる、
ということ。

それは仕事上ちょっと困る、という方は、
お金を出すか、Wi-Fiを持ち歩く手間を取るか。
そこは業務上のことなので、各自でご判断を。

当然ですが、元のSIMを差し戻したら、元の
番号が使えるようになります。SIMは身分
証明書なのです。SIMのアイデンテティが
端末に宿るのです(๑•̀‧̫•́๑)

ちなみに私は日頃からIP電話を愛用している
ので、ネットさえつながれば問題なし=
どこのSIMに差し替えても使えるように
しています。

 

 

で、自分はどれに当てはまる?

 

 

というわけで、タイプ別にどういうものが
使える・向いているかをまとめると…?

 

①SIMロック端末・金は出すからややこしい
こと一切嫌。重たい/煩わしいのも嫌
電話番号が一時的でも変わっちゃ困る
→各キャリアの海外パケットプラン

 

②SIMロックだけど安さ優先・重たさ煩わしさ
は大したことない。いつもの電話番号を使い
たい → レンタルWi-Fi

 

③SIMフリー端末を持ってて安くて楽なのが
いい。日本の番号、いつも使っている番号は
使えないけど問題ない → 現地SIM使用

 

こんなことかしら???
周辺諸国にちょいちょい行く身としては、
③>②>① の優先順位。当初こそWi-Fiルータ
使ってましたが、無くさないようにと気を配っ
たりするの、ほんとガサツで向いてないので、
早々にSIMフリー端末買いましたねw

数日間なら構いませんが、長期滞在される方や、
ちょいちょいお仕事で来られる方なんかだと、
端末買い替えの時期が来た時に一考されるのも
手かなと思われ。

ってか、ブランド品じゃなければ、スマホも
安く買えたりするの、ありますしね。
海外で使うためのSIMフリー端末を別持ち
する、というのもありかもです。そうすれば
いつもの番号も使えるし、そこからのテザ
リングで、いつもの携帯も使えますし。
レンタルなり、キャリアのパケットプランが
積み重なることを考えたら、端末代なんて
安いもの、かもしれませんよ?(^・^)

 

そんなこんなで、使う人の持つ端末が何か、
何を許容できるかなどで、適宜な方法は
変わって来ますね。

なんせ「SIMとは何か」に即答できなかった
人間ですからw、間違ってる箇所があったら
ご指摘してやってくださいませ♪

 

各人に快適で、納得のいく金額の方法が見つ
かることを願っております(^・^)

 

あーっ、ちなみにSIMフリーをお持ちで現地
SIMを手に入れようと思われてる方。なんと
アマゾンさんで事前に買ってしまえるベトナム
SIMもあるんですって!しかも安いし。

 

 

これがあったら、飛行機の中で差し替えて
おけば、到着してから、ちょっとしたセッ
テイングのみですぐ使えますね♪便利(^・^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました