一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

Hotel Hopping マレーシア ~ Shangri-la

@マレーシア
Sponsored Link

Shangri-la  過去最高レベルで好きな部屋

 

今回のクアラルンプールでのホテルホッピング、
おすすめ3件目はこちら。誰もが知ってる有名
ホテル。

 

 

このブログでも、バンコクバージョンを
ご紹介したことがありましたね。

 

https://cheritheglutton.com/again-bangkokshangri-club-room/ ‎

 

今回はそのクアラルンプール・バージョン。
ちなみに時期にもよると思いますが、
今回の旅の中で一番奮発したホテル。
でもバンコクよりもお安かったです。
やっぱりクアラルンプールって、ちょっと
良いグレードのお宿がお得だわ。

 

 

こちらもクラブルームを体験しました。
それでも。。。2万円ちょっと?2人で。
む…昔私がクアラルンプールにいた頃は、
若くてお金もなくてペーペーだったので、
身近にあったとしても、

「シャシャシャッ、しゃんぐりら?!」

とビビってしまってたことと思いますが、
良い年となって、且つお宿のあれこれを
経験させてもらった後となっては、これ、
良いホテルだと聞いているけど、お得じゃね?
と思えるように。大人になったな(。-_-。)

 

下のロビーでクラブフロアの予約を伝えると、
即座に該当フロアに案内してくれました。
もちろん、少なかったとは言えこちらの荷物を
運んでくれようとするお気遣いもあり、
ある事件があった後のことだったので、本来
普通であるべきそれらのサービスが一層身に
しみたなぁ。。。

あ、「ある事件」に関しては明日お伝えします。

さて、お部屋。
奮発した甲斐もあって、というか、価格的には
特に過去最高というわけではなかったのだけど
(だって2人でクラブルーム・2万円ちょいだし)
お部屋のお気に入り加減は過去最高クラス(๑•̀‧̫•́๑)

 

まずお部屋に入るとダイニングが。え。
これがただその様相を呈しているだけでは
なくて、ちゃんと使えるダイニング。
カトラリーから食器類、調理器具まで
色々揃ってる。

 

クラブフロアを使う人がどの程度こういう
設備を使うか疑問ですが、も、もしかしたら
こういうところにお住まいになられる方も
いるのかな(・∀・;

で、次は寝室かと思いきや、リヴィングルーム!
広い!見晴らしが良い!

 

ゆとりのある落ち着いた間取りに使いやすい
ソファにテーブル。居心地良いったらありゃ
しない。

そしてやっとこさ、寝室。

 

 

うおー。本当にこれ居住スペースだな。
バンコクのも大層気分の良いお部屋だったと
記憶してるけど、こちらのお部屋はまた格別。
どの部屋にもゆとりがあって落ち着く雰囲気も
備わっており、浮かれすぎることなく、でも
旅のワクワク感が溢れてる。良い。

ところでアレレ?風呂場はどこだ?
全体は広いが、風呂がなかったぞ???
と思ったら、寝室脇から「通路」が。

 

 

それをさらに左に曲がったところに
クローゼットが。広い。ってか風呂はぇ?
と、右手を見るとやっとありましたよ、
広いバスルーム。

 

アメニティは世界移住統一なのかな。
ロクシタン。
ってか住めるわ、私、このお風呂場に。
写真じゃわかりにくいですが、かなり
ゆったりスペースです。

キュウキュウした感の宿が多い印象の日本
に照らすと、スペースがあるだけでも
リッチな気分になるけれど、広いだけで
ガランとしてると、それはそれで貧乏くさい。
しかしこちらはそんなこともなく、本当に
良い部屋。好きだわー。

 

Shangri-la シンボリックなプールエリア

 

当然ながら、ホテル内部の素敵なデザインは
PRにも使われるわけで、こちらのホテル情報
を探した時には必ずと言って良いほど使われる
プールサイド・ヴュー。

 

SNSにサクッと流したら「あ、場所わかりました」
と、即特定した御仁もおられるほどに有名な
プールです、確かに眺めが良い。

 

私は、前後の支度が面倒であまりホテルの
プールでは泳がないのですが、日陰を作った
ベッドやベッド状のスペースが用意されてる
ので、さらっと飲み物などをいただきつつ、
この眺めを楽しむだけでも雰囲気あるかも。

 

しかし、手入れの行き届いた青いプールに
白い床の配色、緑の木々。
そして青い空に高層ビル。

 

バカンスに来たやでー!
って感じの光景です。

水遊びするのももちろん楽しいでしょうし、
この景色の中にいること自体を楽しんでも吉。
こういうのがあってくれるだけで、旅の
気分が盛り上がるよね。

 

Sponsored Link*

Shangri-la クラブフロアのアフタヌーン・ティ

 

昨日ご紹介したBerjaya Hotel のクラブルーム
・ベネフィットにはアフタヌーンティがあり
ませんでしたが、こちらにはあります。

 

 

マレーシアはイギリス領下だったことがある
ので、ホーチミンとは違うパンの美味しさや、
ティータイム文化が結構充実していたり。

 

 

ホーチミンのホテルのそれも魅力的では
あるのですが、傾向が全然違う。ツインタワー
が建つ以前からアフタヌーンティーやハイ・
ティー文化は結構あって、でもホテルのそれは
若い自分にはちょっと高級だったので、たまー
にかなり気を張って楽しみに行っていたのを
覚えてます。

その頃から美味しかったスコーン。

 

 

まぁこれは英国文化を受け継いだマレーシアが、
というよりは、ホテルに寄っての部分が大きい
と追いますので、他のお宿がどうかはわかり
かねますが、少なくともこちらのホテルの
スコーンは大変好きなタイプのスコーン。

みてください、もう刃を入れた時の割れ方が
良い。粉とバターの仕込みをしっかりして、
水分のなさにビビらず最低限の割合で抑え、
応ずにまとめると独特の割れ方するんですよね。

水分が少なすぎるとボロボロになる。
多すぎるとただのマフィンになってしまう。
スコーンとしてのベストな状態は、ナイフを
入れた時の生地の割れ方でわかるのです。

添えられてるのは当然のようにクロテッド
クリーム。ああ、なんて幸せなのか。。。

 

紅茶もさすが。
ホーチミンも、紅茶、とオーダーすると茶葉を
聞かれるくらいにはこだわりがありますが、
そしてホーチミンに限らず、5つ星のホテル
でもティーバッグを使うところが多い中、
こちらは存分に茶葉を自由に開かせてます。

これ、飲む段階ではどっちでもええやん、と
思いますが、ポットを洗う時のことを思えば、
すごい手間の違いがあって、おおすげぇ、と
思ってしまう。

ティーバッグも最近はよく考えられてて、
茶葉が窮屈にならないように考えられてる
とは思いますが、やはり本気で楽しむときは、
茶葉をフリーにしてあげるに限りますよね。

え?そこにそんなにこだわるのだったら、
家ではそうやっているのかって?

いえ、茶葉の処理が面倒なので、お茶パックに
少なめの葉っぱをいれて楽しんでますわ。
だって面倒くさいやん(・∀・;

 

ミニバーガーの具はダック。
スライスされたケーキは人参ケーキやスパイス
ケーキ、オレンジシフォンなどでした。

そして…

ここ、めちゃくちゃ居心地良いし、ソファの
座り心地も良い。PC持って行ってたんで、
すっかり居座ってしまいまして、この後に
シームレスで始まるカクテルアワーにその
まま突入しちゃったのでした(・∀・;

 

Shangri-la クラブフロアのカクテルタイム

 

シームレスとはいえ、仕様は変えなければ
なりませんので、ディスプレイエリアを
椅子で仕切ってしばしの入れ替え。

 

品数が極端に増えるわけじゃありませんが、
お酒に合うようなものに内容がガラリと
変わります。

スイーツもお酒に合う仕様にするのか、どっち
かというとティータイムよりもスイーツが充実w

ただ、ティタイムもカクテルタイムも、ナッツ
やスナック類は少なめ。バンコクのShangri-la
に比べると、規模もちいさめ。料理の質だけ
で行くと、バンコクの勝ち。とはいえ、充分
贅沢で楽しみまくってましたけど。

 

面白かったのが上の写真の左側。
これ、エッグカスタードって書いてあったけど、
要は茶碗蒸しですよ。それにビスクソースを
かけてある。なんじゃそら?と食べて見たら、

 

 

すんごい滑らかな、卵液を蒸したものに、
ビスクというよりはちょっと酸味が効いて
いたからトマトクリーム的なソースかな。
それを合わせてて、これが美味しいのよ!

もしあれを卵液から作っていたとすれば、
卵と出汁、1:2.5~3くらいで攻めてる感じで
スは一切立っておらず。もしかしたら業務用の
卵液ミックスみたいなのがあるのかもしれない。

にしても、美味しかったし驚きの組み合わせ。
そうか平たい皿で蒸気をかければ熱が伝わり
やすいしスも入りにくい。今更ながらに気づ
いて見たり。

 

こういう場ではお行儀悪いと思いつつ、
多分私あれ、何度も何度もお代わり下から
2皿ぶんくらいは食べた気がする(。-_-。)

バンコクのShangri-laのクラブルームほどの
品数や華やかさはないにしろ、少数精鋭な
感じで、常にキッチンスタッフが表の様子に
目を配り、補充自体も速やかなら、それに
追いつくよう、調理の段取りも滞りない。

ここで食事を済ませてしまおうという人も
いるのか、えらい勢いで減っていたけど、
全くバタつかず、スマートな提供を時間内、
一切途切らすことなくこなしていたのは素晴
らしかった。ああいうお仕事ぶりは見目に良い。

満足でした(*´ω`)

 

 

Shangri-la ワクワクの朝食タイム

 

 

さぁ再びの朝食会場@クラブルームです。
クラブフロア滞在者は、このクラブルームか、
メインダイニングかどちらでも会場を選べ
ますが、一般にクラブフロアの方がものが良い
ことが多いので(品数は劣る)クラブルーム
優先。あと混雑しないし。

 

複数日数ある場合にはどちらも食べ比べてみる
のが楽しいと思われますが、今回は一泊だけ
だったので。

 

ペストリーは、昔からバイクで売り歩いてる
おいちゃんのでも美味しかったんだよな。
マニュファクチャリング系のパンが美味しい、
日本的なもんがちょっとある。

 

もちろんこのホテルのクラスになれば専属の
ベーカー抱えてることでしょうが、ベストリー
の種類が多いとリッチ感高まるよねー。
カロリーも高まるけど(・∀・;

 

チーズは少なめですが、ハム類は充実。
特に写真一番左の鴨のスモークは美味し
かったなー。日本でこの手のを見ると大体
業務用のしかも冷凍のやつの解凍しくじって
水っぽく大変気が削がれるのだけど、こちら
のはとっても美味しかった。

 

 

サーモンも極上品。
白身魚のスモークだけはベトナムの勝ちw

 

基本的にメインディッシュはオーダー制なので、
ビュフェフェ台にある卵料理は、まぁ割に適当w

 

オムレツとか、エッグベネディクトとか。
裏っかわには日本語のメニューがあったので、
日本人客多いんだろうなーって感じ。特に
席を強く勧められたわけでもなかったので。

 

エッグフロレンティーナの「レ」抜けは
ご愛嬌w ただしこのメニュー、頼んで見た
けどあまり期待はできないみたい。

 

エッグベネディクトを頼んで見たら、この様相。
さて、何があかんかわかります?

卵をユニ落としただけではこんな造形になり
ません。適温の湯にポトリと卵を落とし、
クルクルと水流を利用しながらまとめると、
穏やかな球体に収まるはずなんです。でも
この白身、ワッチャワッチャですよね。

ポーチドエッグを作る際には白身が散って
しまわないよう、タンパク質を素早く固める
作用がある酢を入れるというのはテクニック
としてあるのですが、その量が多いと、白身
が滑らかに収まる前に表面を固めてしまう。
結果、お湯に落として形が乱れた状態で成形
されてしまう。

 

 

果たして口に含んだ白身は酸っぱく、作り手に
対して(ビビりすぎたな)の感情しか湧かない。

また白身が適宜な時間をかけて固まってない
ので(早すぎる)引き上げる時間が短く、
熱が黄身に届いていない。適宜な調理により
得られた黄身の粘土は味わいに関わる。色は
関係ないんだけど、濃度は大事。

プラス、オランデーズソースがシャバシャバで
白身に染みた酢に負けてたので、このクラスの
ホテルにしてはかなり残念な卵料理。そういえば、
バンコクも卵料理はイマイチだったな。

ビュフェスタイルにある他のものが素晴らし
かっただけにちょっと残念。ですがもちろん、
多勢が美味しいので総合点としては高し。

って、これ。
なんかデジャゔ。
おや?と思って見直して見たら、バンコクの
Shangri-laの朝食記事を見直してたら、同じ
ことを書いてましたw

「ビュッフェに取り揃えられてる食材が素晴らし
 過ぎて、わざわざオーダーしなくても良いかな?
 という感じ」
from https://cheritheglutton.com/again-bangkokshangri-club-room/

 

このホテルの傾向なのかな。
もしかしたら新人さんの修行の場にしてるん
かもしれんね、エッグスタンド。

ま、でもナシラマッがあったからご機嫌さん♪
街で売ってるものには、このオーブンペーパー
みたいなものは巻かれてませんが、扱い易い
ようにでしょうね。お心遣い。

 

さすがにエスニック系は照準を一般ラインに
合わせてるけど、それでも美味しい、大好き
ナシラマッ。

 

サンバル(マレーシアのチリペースト)は
デフォで中に仕込まれてるので、ピーナッツ
やイカンビリス(カリカリに揚げたイリコ)
は、追加で自分で足しちゃいます。ああ美味しい。

うん、ビュッフェの規模と食事のクオリティ
はバンコクで、お部屋の質やクラブルームの
クオリティはどちらも拮抗しており、価格は
ぐっとKLがお得ってところでしょうか

価格なりものがあるので、コスパは?と聞か
れたら、どちらも正当だと思いますけどね。

なんにしてもこちらのチェーンとは相性が
良いようです。また別のところに泊まって
みたいな(^・^)

 

Shangri-la Kuala Lumpur
11 Jalan Sultan Ismal, Bukit Bintang

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました